結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年08月07日(土曜日)

東京2020オリンピックのアスリートたちの「感謝」の意味

東京2020オリンピック。
終わりに近づいた。

メダルを獲得した選手。
惜しくも敗れた選手。
遠く及ばなかった選手。

例外なく言葉にするのが、
「感謝」

それだけ今回のオリンピックは、
実際の競技の舞台に立つまでの、
障害が大きかったのだと思う。

COVID-19の影響である。

1年遅れの開催も、
ある意味では仕方のないことだった。

けれどアスリートにとって、
この1年の延期は、
辛い辛い練習が、
1年伸びることだった。
表舞台に立つまでの緊張が、
1年続くことを意味した。

それに耐え抜いて、
ひのき舞台に立った選手たちは、
誰もが感謝の気持ちをもち、
ごく自然に、こころから、
感謝の言葉を発したのだろう。

私たちも、
生きていること、
仕事ができることに、
感謝したくなる。

商売の世界ならば、
お店があること、
お客さまが来てくれること、
そこで働くことに、
自然に感謝したくなる。

そういう感謝を実感する。

障害が大きければ大きいほど、
支えてくれる人たちへの、
感謝の気持ちも大きくなる。

反対が強ければ強いほど、
支持し応援してくれる人たちへの、
感謝の気持ちも大きくなる。

素晴らしいことだ。

しかしその感謝の気持ちを、
利用しようとする輩には、
大いに腹が立つし、
許してはならない。

それでもイエス・キリストは言った。
「右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ」
新約聖書『マタイの福音書』第5章。

アスリートたちの感謝には、
そういった無償の「愛」がある。

それが私たち全員が、
五輪延期から得られたものだ。

オリンピック最終日の前日にも、
素晴らしい活躍があった。

野球では侍ジャパンが、
アメリカに快勝。
20210807_1_3-1
「快勝」のお手本のようなゲームで、
しっかり守り、的確に攻めた。

結果は2対1。

稲葉篤紀(あつのり)監督の采配が光った。
稲葉は男を上げた。
51gMdjq6IoL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_
その稲葉篤紀は名古屋生まれ。
中京大学中京高校から法政大学へ、
そしてプロ野球ドラフト3位で、
ヤクルトスワローズ。
さらに日本ハムファイターズへ。

引退後、解説者や打撃コーチを務め、
2017年から日本代表監督。

テレビなどで見るとわかるが、
右頬に大きな痕がある。
「太田母斑」と呼ばれる痣(あざ)だ。
原因不明の生まれつきのもので、
治療によって消したりすることもできる。

しかし稲葉は、
同じ症状で苦しむ人の励みになるよう、
あえて治療したり隠したりはしない。

そんな人柄が、
稲葉篤紀のリーダーたる所以だ。

良いリーダーが、
良い仕事をした。

私はそれがうれしかった。

レスリングも強かった。

レスリング女子50キロ級は、
須崎優衣選手が金メダル。
圧倒的な強さで、
全試合テクニカルフォール勝ち。
柔道で言えば合わせ技一本勝ち。
須崎

オリンピック開会式で、
バスケットボールの八村塁と一緒に、
国旗をもって入場したのが、
小柄な須崎だった。
IMG_51911
その責任を感じつつも、
責任を果たした。

レスリング男子フリースタイル65キロ級では、
乙黒拓斗が残り14秒で逆転勝ち。
otoguro2
ひたすら勝利に向かって挑戦した、
才能と努力を兼ね備えたレスラー。

彼らもみな、
「感謝」の言葉を口にした。
2019120501
朝に希望、

昼に努力、
夕に感謝。

毎日毎日、
この繰り返し。

そして無償の愛。

これも商売に通じることだ。
その無償のものに感謝しよう。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.