13日の金曜日。
英語圏とドイツ、フランスなどで、
不吉な日とされる。

最低でも1年に1回はやってくる。

私など「キリストの磔刑」の日と覚えた。
しかしこれは俗説で正しくないらしい。

それよりも13という数字が、
欧米で「忌(い)み数(かず)」だという。

日本では「4」の「死」や、
「49」の「死」「苦」が忌み数だ。

そんな13日の金曜日。
静かにしていよう。

一方、
今年の漢字は「令」。
「令和元年」の「令」。

昨年は「災」で、
一昨年は「北」。
その前の2016年は「金」。

年末恒例となっているが、
どれもあまり面白くはないし、
意外性と納得性が薄い。
こじつけも多い。

こんなことを書くなんて、
ちょっと年を取ってきたか。

さて今日、届いたのは、
「明治マーケティングレビュー」
DSCN95889
私の連載タイトルは、
「小売業のスーパーマーケティング」

「食品小売業のマーケティングを
超級の現場感で展開したい。
それが”スーパーマーケティング”です」

㈱明治が発刊する季刊誌で、
私の執筆はもう46回目になる。
つまり11年半の長期連載。

ありがたいことです。

今回のテーマは、
「データをドライブする
マーケティング」

手に入る方は読んでみてください。

夕方、商人舎オフィスにお客様。
竹垣吉彦さん。DSCN95919
現在は㈱イオンファンタジー常勤監査役、
兼イオンエンターテインメント㈱監査役。

5月までは、
イオン北海道㈱の取締役常務執行役。
管理本部長や営業本部長を歴任。
北海道のこの業界で、
竹垣さんを知らぬ人はいない。

その前は、長崎屋、
その前は、ダイエー。

それも節目節目に、
それぞれの会社のキーマンとなって、
結果として貴重なキャリアを磨いてきた。

私も結構、長い知り合いとなるが、
最近はごく近いFacebook友達。

今日はわざわざ横浜まで来ていただいて、
商人舎オフィスで1時間ほど話し込んだ。
それから商人舎御用達の「魚盛」で、
また2時間半ほど懇談した。

この30年くらいの様々な出来事が、
次々に遡上に載せられ、
私もそれを堪能した。

タイトルすれば、
「流通業界の過去・現在・未来」

ダイエーでは中内功さんのこと、
長崎屋では岩田文明さんのこと、
ドン・キホーテの大原孝治さんのこと、
そして北海道の流通人のこと、
イオンの人々のこと。

私自身も最近は、
こんなに濃密に話し合える相手は少ない。

私が特に思い出したのは、
21世紀に入る前後の、
ダイエーの話。
070901_2323~0001

1999年にダイエーは、
中内㓛さんが会長に就任し、
味の素㈱社長だった鳥羽董(ただす)さんが、
副社長から社長に昇格した。

そしてダイエー再建3カ年計画を策定した。

私はこのとき㈱商業界で、
取締役編集担当兼販売革新編集長だった。
鳥羽さんのインタビューをして、
雑誌に載せた。

残念ながらこの再生計画は挫折した。
そして鳥羽さんは辞任し、
中内さんも2001年、
すべての職を辞してダイエーを去った。
516jyL80YSL._SX351_BO1,204,203,200_

ダイエーは2000年11月に、
起死回生の「修正再生3カ年計画」を出した。
名づけて、
「フェニックスプラン」

竹垣さんはこのころ、
中間管理職ながら、
それを財務面から支えた。

実に現在までを見通した、
秀逸のプランだった。

このプランを実行するために、
高木邦夫さんが、
リクルートから戻って社長に就任し、
ニコニコ堂社長の平山さんも、
ダイエーに戻って副社長になった。

私はこの時も、
高木さんと平山さんにインタビューして、
このプランを応援した。

私もダイエーを再生させたかった。

しかしこの起死回生策も成就せず、
高木さん、平山さんもダイエーを去った。

もしも、フェニックスプランが、
成果をあげていたら、
現在の業界地図は変わっていた。

いろいろな人の話題に花が咲いたが、
いわゆる「悪口」は出ないし、
互いに下品にはならない。

その意味でも竹垣さんが、
小売りサービス業を愛していることが、
本当によくわかった。

13日の金曜日だが、
実にいい日だった。

ありがとうございました。

最後に拙著『Message』から、
私の好きな人

笑顔の人。
はっきりとした人。
晴れやかな人。

機敏な人。
元気な人。
清潔な人。

素直な人。
明るい人。
意欲ある人。

勇気ある人。
正義の人。
まっ正直な人。

優しい人。
耐える人。
辛抱強い人。

太っていても、やせていても。
大きくても、小さくても。
若くても、老いていても。

男でも、女でも。
日本人でも、外国人でも。
豊かでも、貧しくても。

心の力を持つ人。
頭の力のある人。
言葉の力を有する人。

私の好きな人。
ほんものの商人。
素晴らしい人間。

〈結城義晴〉

1週間分をまとめて読む