Everbody! Good Monday!
[2018vol42]

2018年の第42週。
今年もあと10週ほど。

帰国しました。

10月3日水曜日に出発して、
ドイツのフランクフルト、
イタリアのミラノ、
イギリスのロンドンに1泊して、
アメリカはテキサス州のダラス、
カリフォルニア州のサンフランシスコ、
帰国はロサンゼルス経由。

San Francisco国際空港。
平和堂アメリカ研修第16団。
DSCN7503.JPG8

帰国前の昨日の朝。
最後の総括講義。
DSCN7273.JPG8

これまで訪れた店を総評して、
そのポジショニングを確認。

それからコモディティ化現象と、
プライベートブランドを整理する。DSCN7278.JPG8

さらにコンテスト型競争の時代に、
フォーマットが出現し、
ポジショニング戦略が必須であること。

最後は私の持論展開となった。DSCN7293.JPG8
若い主任中心の第16団。

むつかしいことをやさしく、
やさしいことをおもしろく。
おもしろいことをよりふかく。

ありがとう。

勉強ばかりではなく、観光もした。

ゴールデンゲートブリッジ。DSCN0828.JPG8

全員でハトッピーのポーズ。DSCN0830.JPG8
元気でいいねえ。

ドライバーは、
今週だけ復活してくれた杉さん。
米国ナンバー1ドライバー。DSCN7466.JPG8

その快調なドライビングのおかげで、
全員が順番に感想と決意表明。DSCN7467.JPG8

率直な仕事の改善改革を訴えてくれて、
私はとてもうれしかった。DSCN7469.JPG8

杉さんの運転でベイブリッジを渡る。DSCN7470.JPG8

到着して固い握手。
杉さんはまた隠遁生活に戻る。
DSCN7473.JPG8

お元気で。
DSCN7474.JPG8

さて振り返ってみると、
ダラスでの調理大会が抜けていた。

ダラス2日目は、
視察研修しながら、
班ごとに夕食材料の買物。
予算は100ドル。
DSCN0228.JPG8

ただ見るだけだったり、
ちょっと水を買ったり、
お土産を買ったりするのでは足りない。

夕食の献立を立て、
その材料を本気で買う。
それが勉強になる。DSCN0247.JPG8

買物と視察が終わると、
キッチン付きのホテルの部屋で調理。DSCN0388.JPG8

役割分担。
DSCN0389.JPG8

御覧ください。
DSCN0391.JPG8

こちらはこれから佳境に入る。DSCN0392.JPG8

味見するのも楽しい。DSCN0393.JPG8

調理道具は一揃いあるが、
ナイフが切れない。DSCN0396.JPG8

それでも日ごろの腕を発揮する。DSCN0397.JPG8

男の料理です。
DSCN0398.JPG8

カボチャをくりぬきました。DSCN0399.JPG8

出来上がりを楽しみにしてください。DSCN0400.JPG8

僕たちはクールです。DSCN0401.JPG8

メニューテーマは、
ハロウィンのテーブル。DSCN0402.JPG8

ハロウィンだけにカボチャで苦労する。DSCN0403.JPG8

団長と副団長も料理する。DSCN0394.JPG8

コーディネーターの藤森正博さんも。DSCN0395.JPG8

1時間半後には全班が調理を済まして、
テーブルセッティングを終了。DSCN0407.JPG8

まず1班からプレゼンテーション。
班長は和迩(わに)店の上原秀郎店長。
テーマは、
「オーバーしちゃいました!」
予算の100ドルを大幅にオーバー。DSCN0410.JPG8

それでもローストビーフとハンバーグは、
自信作。
DSCN0412.JPG8

2班班長は守山店の木野照彦店長。
「ハッピーハロウィン&バースデー」
木野店長の誕生日を同時に祝う。DSCN0414.JPG8

工夫を凝らして10品作りました。DSCN0417.JPG8

3班班長はFM小柿店の田村哲史店次長。
ホールフーズのフラワーマイスターの、
カボチャを中央に配して、
スペイン風のオムレツなど多彩。DSCN0422.JPG8

テーブル演出にこだわりました。DSCN0423.JPG8

4班班長は池憲明スーパーバイザー。
店舗サポート部SV課。
テーマは「開けてびっくり玉手箱」
DSCN0425.JPG8

チーズフォンデュと和食を融合。DSCN0428.JPG8

5班班長はFM日野店の梅原良和店次長。
テーマは「エンジョイ・ハロウィン」
DSCN0429.JPG8

スイカとカボチャに、
蜘蛛の巣。
アンガスビーフのメニュー。DSCN0430.JPG8

最後に6班は
アルプラフーズマーケッ大河端の吉村貴志店次長。
テーマは「男のパーティー」
99ドルの予算内でぴたりと収めた。DSCN0431.JPG8

料理は「男の酒のアテ」
楽しみます。
DSCN0432.JPG8

最後に団長の廣政久美子さん。
カスタマーリレーション部部長。
「うちの旦那さんの好きなもの、
つくりました」
おのろけ。
DSCN0434.JPG8

そして藤森さんも、
スフレやブラックライスを用意した。DSCN0436.JPG8

いよいよ乾杯。
音頭は5班班長の梅原さん。
DSCN0439.JPG8

「カンパーイ!!」
DSCN0440.JPG8

あとは怒涛の食事会。
自分の班の料理だけでなく、
他の班のメニューも楽しんだ。

これは5班のスイカのお化け。DSCN0444.JPG8

かわいい。IMG_6774.JPG8

2班のハロウィン・ハンバーガー。IMG_6775.JPG8
食事が終わると、表彰式。

副団長賞、団長賞。
そして結城義晴賞。

大賞は全審査員の意見が一致して、
2班の「ハロウィン&バースデー」DSCN0446.JPG8
副団長、団長、そして、
私の講評のあと、お開き。

ダラスの楽しい調理大会。
一方、サンフランシスコの最後の晩餐。

フィッシャーマンズワーフ。DSCN7475.JPG8

大きな「カニ」が名物。DSCN7476.JPG8

メリーゴーランドもある。DSCN7477.JPG8

夕日が沈んでいく。DSCN7479.JPG8

イベントが開催されている。DSCN7480.JPG8

レストランはいつもの「チャートハウス」

貸し切りの部屋からアルカトラズが見える。DSCN7481.JPG8

アンモナイトの部屋。DSCN7484.JPG8

窓の外には夕日がいっぱい。DSCN7485.JPG89

美しく暮れていく。DSCN7486.JPG8

乾杯の音頭は3班班長の田村さん。DSCN7492.JPG8

クラムチャウダースープの後は、
ロメインレタスのシーザーサラダ。DSCN7493.JPG8

そして一人一杯ずつのダンジネスクラブ。DSCN7496.JPG8

これを食べているときは、
全員が静かになる。DSCN7497.JPG8

食べているときに、
私たちの部屋の前で、
花火があがり始めた。
IMG_6820.JPG8

夕日が沈んだら花火。
なんということでしょう。
IMG_6821.JPG8

そのあと各班の代表が決意表明。
みんな素晴らしかった。

それから誕生日の二人のお祝い。
調理大会大賞を獲った木野本一紀さんと、
林健太さん。
おめでとう。

最後に副団長の玉垣寛さん。
SM第5エリアマネジャー。IMG_6828.JPG8

そしてわれらが廣政久美子団長。IMG_6836.JPG8

さらに藤森正博さん。IMG_6846.JPG8

締めは結城義晴。
IMG_6862.JPG8
「すぐ役に立つことは、
すぐに役立たなくなる」
元灘高校教頭の橋本武先生の言葉。

学ぶとはそういうこと。

しかしすぐ役立つことは、
すぐに実行すること。

これを忘れてはいけない。

私の話の間も、花火はあがっていた。IMG_6860.JPG8

最後に、
レストラン中に響き渡るような拍手。
ありがとう。
IMG_6872.JPG8
楽しい晩餐の後、みんなで、
ケーブルカーに乗った。
私だけタクシーで帰らせてもらった。

この旅の疲れが、溜まっていたからだ。

しかし一晩寝て、元気回復。
朝5時50分の集合で、
サンフランシスコ国際空港へ。
バスの中でも最後の講義。
「自ら、変われ!!」

若い人たちがそれを貫けば、
大化けするに違いない。

空港で藤森さんと握手。
ありがとう。
DSCN7504.JPG8

みんな、大化けしてもらいたいものだ。DSCN7503.JPG8
しかしイノベーションは、
自分の目と耳で確認せよ。
焦点を絞り、単純なものにせよ。
小さくスタートせよ。

では、みなさんも、
頑張れ!!!
Good Monday!
(つづきます)

〈結城義晴〉

1週間分をまとめて読む