昨日の18日(月曜日)に、
サンフランシスコから帰国。

昨年の11月は3都市を訪れた。

ニューヨークからサンフランシスコ、
サンフランシスコからホノルル。
3段階で研修旅行をコーディネートした。

ニューヨークは万代ドライデイリー会、
サンフランシスコは万代知識商人大学、
ホノルルは商人舎ビギナーズコース。

今年はそのうちの万代大学だけにした。
ビギナーズコースは9月開催に戻した。
ちょっと楽ができたか。

現地時間で昨日の朝。

ホリデーインゲートウェイ26階の自室。
朝日に染まる桑港市街が見える。DSCN96469

右手を覗くとサンフランシスコ湾。DSCN96499

木々とビルの間に、
ゴールデンゲートブリッジ。
DSCN96479

昨日は霧に隠れていた。
DSCN90049

ホテルの部屋から左手に目を移すと、
ツインピークス。
DSCN96509

頂上からの景色は昨日、紹介した。
DSCN90019

美しいサンフランシスコ。
お別れだ。

朝8時に集合して、リムジンバス。
いつものように空港までの時間に、
最後の最後の講義。

テーマは「イノベーション」

日本に帰ってからの毎日の仕事は、
イノベーションを興すこと。

その意味は、
「新しい、より大きな幸せを生み出すこと」
このドラッカー先生の定義は素晴らしい。

そして「イノベーションの原理」は5つある。

第一は、機会を徹底して分析する。
そのためにSWOT分析は有効だ。

第二は、自分の目と耳で確認する。
他人の目と耳を信用してはならない。
自分の五感で知覚すること。

そして次の3点が重要だ。
第三は、焦点を絞り、単純なものにする。
第四は、小さくスタートする。
第五は、最初からトップの座を狙う。

シンプルにして、小さく始める。
しかし大きな志を持つ。

着眼大局、着手小局。
ドラッカー先生は東洋哲学を知っている。

日曜日の早朝だから、
フリーウェイは空いていて、
すぐにサンフランシスコ国際空港。IMG_31269

手続きを済ませてから、
添乗の佐藤公彦さんが、
的確に帰国の注意点をレクチャー。
IMG_31259

そして最後の全員写真。
IMG_31279

カリスマ添乗員の佐藤さんと握手。
昨年のニューヨークからホノルルまで、
ずっと同行してくれたし、
私の研修ではいつもお世話になる。IMG_31329

第4期生と佐藤さんは関西国際空港へ。
私は成田国際空港へ。
IMG_31359

乗り込んで空港ビルを眺める。
DSCN96599

長いながい滑走路。
DSCN96639

飛び上がると、
サンフランシスコの街が見える。DSCN96649

そして太平洋上へ。
DSCN96689

機外はずっと昼間。
DSCN96709

インターネットをつないで、
商人舎流通スーパーニュースなどを、
チェックしたり、書き直したり。

映画も3本、観た。
とくに『グリーンブック』は良かった。
movieposter.webp

行きの機内で見た映画は
『イエスタデイ』。
これも凄く良かった。
640

10時間ほどで日本列島。
DSCN96719

九十九里浜。
DSCN96729

霞ヶ浦。
DSCN96739

そして成田国際空港の上空。
DSCN96749
かつて三里塚闘争が展開された。
あれはいったい何だったのだろうか。

1977年5月5日、新東京国際空港の開港。
私は㈱商業界に入社したばかりだった。

一夜明けて今日は、
横浜商人舎オフィス。

午後2時、
石原靖曠先生来社。
スペシャリティ研究所所長。
御年84歳。
DSCN92279
現役最高のコンサルタントで、
長老中の長老。

10月にもロサンゼルスを訪れ、
そのあと車を飛ばして、
オレゴン州に足を伸ばされたとか。

「僕は人口3000人くらいの街が
好きなんです」

凄い。

そのアメリカ流通業をはじめ、
日本のチェーンストアの進化について、
2時間近くもお話を伺った。
DSCN92319

ものすごく若くて、
その若さの秘訣を聞いたら、
「アメリカに行くと若返ります」とのこと。DSCN92409
見倣いたい。

小売業の近代化の本質、
そして現代化のビジョンに関して、
貴重な対論だった。
DSCN92489
心から感謝しつつ、
月刊商人舎11月号で詳報しよう。

ありがとうございました。

〈結城義晴〉

1週間分をまとめて読む