今日は商人舎Web会議。
家でZOOMに参加する。IMG_95190

先週日曜日から今週水曜日まで、
大阪出張のハードワーク。

昨日今日は午後からオフィスに出て、
ゆっくりと仕事する。

そしてミーティング。

今日は来客。

㈱紀文食品の堀内慎也さん。
事業企画室正月ユニット部長。IMG_95310

そう、紀文正月フォーラムで、
いつもプレゼンテーションをする。
いま、日本で一番、
「正月に詳しい人」。

90分ほどその年末年始商戦について、
互いに考え方をすり合わせた。

コロナ禍の年末商戦。
コロナ禍の正月の過ごし方。

何がどう変わるか。

堀内さんによると、
いまのところ各社の政策は、
二つに分かれるようだ。

それらの詳細は月刊商人舎11月号。
ご期待ください。

最後に年末年始商戦に向けて、
Go! Go! ポーズ。
IMG_95320

さて商人舎流通SuperNews。
無題

とくし丸news|
沖縄リウボウストア1号車稼働で全国47都道府県をカバー

移動スーパーのとくし丸。
全国47都道府県で運行。

心からおめでとう。

最後の47番目は沖縄県、那覇市。
㈱リウボウストア小禄宮城店。

リウボウストアもありがとう。

住友達也さんが2012年にスタートさせた。
買物難民を支援する移動スーパー。
tokushimaru

月刊商人舎は2015年4月号で特集した。
ネットスーパー! 移動スーパー!!
ポスト・モダンのノンストアリテイリングはどっちだ?!

この時に初めて、
住友達也さんに会った。
すぐに意気投合した。

移動スーパー「とくし丸」創設者
住友達也の独白
tokussimaru_taitoru

この独白の最後に、
「結城義晴の述懐」を書いた。

――元出版社の経営者。住友達也さん。
私と同じ経験とキャリアを持つ。
スーパーマーケットの経営者とは
違った視点から、マーケットを見、
地域を眺め、住民運動の中核を担った。
その上で一番困っている顧客を知った。
やがてそれが「とくし丸」という
移動スーパーのビジネスモデルへと成就した。
それはローカル・スーパーマーケットと
個人事業主の両者を結びつけ、
潜在的な社会貢献を果たすという
組織づくりであった。

商業の現代化は
近代化を内包したものである。
近代化の象徴のごとき
スーパーマーケットは行き詰まる。
それを内包してとくし丸は躍動する。

しかしそのとくし丸は、
顧客とは対等の関係を結び、
顧客にも負担を強いる。
見守り協定で行政のサポートもする。
この点はまさに現代化の条件を備えていて、
その上、
「売り手良し、買い手良し、世間良し」の
三方良し。

「ありがとう」と言っていただける商売。
近代化を超え、現代化に至るも、
商売の本道を貫いている――。
DSCN9605-5-448x336
あれから5年半、全国47都道府県を、
とくし丸のバンが走る。

2016年5月からは、
オイシックス・ラ・大地㈱の傘下に入った。

とくし丸は9月末現在、
135社のスーパーマーケットと提携。
10月28日時点では、
47都道府県で626台を稼働させている。
tokushimaru_202009sales
2012年設立以来、
稼働台数、流通金額ともに順調に増加。
2019年9月〜2020年9月の1年間で
174台が新規運行。
月平均では14台ペースで増える。

昨2019年の商人舎7月号特集は、
アスクル&とくし丸

こちらでは[対談構成]
住友達也vs結城義晴
ラストワンマイルビジネスから生まれるマーケティング201907_8_tokushimaru_title
この特集でも述懐を書いた。

――住友達也の行動力と原動力は
やはり「篤志丸」であり、
「徳島丸」であることに
起因しているのだと思う。
私も、もともとは出版人で、
住友達也と志を同じくする者だが、
Publishingとは本来、
「無私」と「利他」を力とする
篤志機能である――。

新型コロナウイルス禍で、
とくし丸にも追い風が吹く。
今年7月の月間流通総額は、
13億円を超えた。

「無私と利他」こそ、
いま、求められるものである。

明日は5年ぶりに、
土曜日のハロウィンだ。

〈結城義晴〉

1週間分をまとめて読む