三月、去る。
今月も早い、早い。

引退宣言をしたイチロー。
「引退するというより、
いつクビになるかばかり考えていた」

本当のプロフェッショナルは、
そういうものだ。

球団からのクビというだけでなく、
マーケットからの支持を失う。
そのことをいつも考えている。

そしてイチローは、
一般人に戻って、
シアトルに去った。

三月、去る。

新規出店は多い。

今日も朝から、
ゴルフにでも行くような時間帯に、
東京・新中野へ向かう。

サミットストア鍋屋横丁店。

本日あさ10時OPEN!
「美味しさの魅力いっぱい」

プレチラシは店長とチーフたちの写真がトップ。S

 商人舎流通Supernews。

3月8日の報道は、
サミットnews|
4店目の都心型小型店「鍋屋横丁店(中野区・278坪)」3/23出店

鍋屋横丁店は、
売場面積278坪の都心小型店。

昨年、サミット㈱は、
300坪クラスの店舗を3店、
東京都心につくった。
それらがいずれも好調。

2018年2月、江原町店、
10月、本天沼店。
そして11月、三田店。

これらの成功によって、
サミットの出店余地が、
格段に広がった。

小型店物件のほうがはるかに、
都心には多いからだ。

流通Supernewsに、
サミットストア鍋屋横丁店概要がある。
住所は東京都中野区本町4丁目30番21号。
建物は地上12階建てのマンション。
その1階と2階の2層の店舗だ。
都心で、バックヤードを確保し、
売場を1000㎡級にするには、
2層が必須となる。
それをきちんとした店に仕立て上げる。

この理論性がまず必要で、
サミットにはその理論がある。
同時に三軒茶屋店以来の、
長い長い経験の蓄積がある。
懐かしい。
もう、三軒茶屋店はないけれど、
関西スーパーの住之江店とともに、
業界をリードした2層小型店だった。

部門売場やバックルームの配置は、
2階に売場と青果・鮮魚作業場、
フレッシュサラダ・カットフルーツ作業場
おさかなキッチンコーナー、
グロサリーストックなど。
1階に売場とサミCafe、
総菜・寿司作業場、
ベーカリー作業場、
グリルキッチン作業場、
煮魚・焼魚作業場。
さらに納品口、駐車場・駐輪場など

売場面積の918㎡(278坪)に対して、
バックヤード面積は645㎡(195坪)。

加工製造機能は600坪の売場の店と同等。
これがサミットの、サミットたる所以だ。

駐車台数は6台に対して、
駐輪台数50台と多い。
都心型の特長。

営業時間は9時から25時。
地下鉄の新中野駅の終電が終わる時間帯。

年商目標は18億9000万円だが、
軽く20億円を超えて25億に向かうだろう。

従業員数は78.1人と計算されている。
正社員24.0、パートタイム・アルバイト社員54.1人。
パートタイム・アルバイト社員は、
月間173時間を1人と換算している。

オープン前から顧客が並んでくれる。DSCN24859

そしてビデオが流れる。DSCN23499
サミット全体がそうだが、
この店も「人」を前面に打ち出す。

8時に到着すると、
店内は開店作業の真っただ中。DSCN23519

その業務の邪魔をしないように、
写真を撮ったりインタビューをしたり。

竹野浩樹社長が説明してくれた。DSCN96059
絶好調の企業の社長に対して、
本当に失礼かもしれないが、
住友商事の商社マンだった竹野さんが、
立派なスーパーマーケットマンに、
見事、変身した。

商人舎ゼネラルマネジャーの亀谷しづえに、
手振り身振りで解説してくれた。DSCN96089

それから赤迫伸一さん。
執行役員店舗サポート部マネジャー。DSCN24059
月刊商人舎2月号に登場してもらった。
サミット「究極のLSP」
その第3部は、
「LSPが店を楽しくする」

ぜひ、この記事を読んでから、
鍋屋横丁店を訪れてほしい。

すごくよくわかる。

今回はレジに新しい趣向を凝らした。
それは月刊商人舎4月号で、
詳細に解説する。

それからレジ袋のデザインを刷新した。DSCN24069
環境循環のコンセプト。
イリイチの「コンヴィヴィアリティ」、
「自立共生」の考え方に通じる。

9時ごろから開店朝礼が始まった。IMG_42549

店長の加藤有士仁(ともおみ)さんが、
ユーモアたっぷりにあいさつ。IMG_42619

8部門8人のチーフがまた、
それにこたえるように決意表明。
「みんなひそかに練習して、
加藤さんを泣かせようとしました」IMG_42649
このチームワークが、
鍋屋横丁店の真骨頂だ。

それから竹野浩樹さん。IMG_42799

全員を励まし、勇気と元気が出るような話。IMG_42869
これも月刊商人舎4月号で紹介しよう。

最後は勝ち鬨。
IMG_42949
素晴らしい。

今日はテレビクルーが入って取材。
サミットはそれに協力した。IMG_43399

まったく突然だが、
取材していた私にもインタビュー。DSCN24379

向こうが私のことを知っていた。
とっさに三つのポイントを話した。DSCN24389
放映があったら見てください。

そして竹野さんと服部哲也さん。
服部さんは取締役専務で、
コーネル大学RMPジャパン伝説の1期生。
いわば私の弟子のひとりです。

そしてサミットnews|
服部哲也取締役専務商品統括がプロセスセンター担当など兼務DSCN24419

店頭では行列が続いた。DSCN24449
10時に開店すると、
2階のエスカレーターを登ったところで、
竹野さんと服部さんが、
顧客にカゴを手渡し。DSCN24519

いつも1時間くらいそれをする。
「けれどこの店は狭いので10分くらい」
と竹野さん。
DSCN24539
この店は絶対に成功する。

名前がいい。

「鍋屋横丁店」

庶民的で、
「なんか、いいもん売ってるよ」的な、
いい感じの名前です。

よろしく。

近くの店も覗いてみた。

丸正中野鍋横店。
DSCN23889
のれん分けの丸正グループの店。

商売の三原則「QSC」。
品質、(フレンドリー)サービス。
そしてクレンリネス。

それをもっともっと磨かねば、
サミットに凌駕されてしまう。

商略よりもまず基本の徹底だ。

サミットの目の前に、
ファミリーマート+薬ヒグチ。DSCN24879
こちらは業態が違うので、
きちんと機能するだろう。

そして全日食チェーンの店。
DSCN24909
クレンリネスも一定以上のレベル。
ボランタリーチェーンの良さを生かして、
地域になくてはならない店になりたい。

そんな店を眺めて、
日経新聞次長の白鳥和生さんと、
1時間以上も懇談。
DSCN96219
白鳥さんはサミット鍋屋横丁店から、
2分の所に住んでいる。

幸せだね。

最後に朝日新聞「折々のことば」
今日の第1411回。

当たり前のことを
ちゃんと続けるっていうのが、
何でもいちばん
大事なんじゃないですか。
特別なことなんてなにもないの。
(ふじこさん)

「東京の立ち食いそば店
“ファミリー”の女将の言葉」

「吸う/吐く、食う/出す、
覚める/眠る、働く/休む……。
いのちは同じことの
果てしないくり返し」

「だからその世話と下支え、
休みない手入れが何より大事。
仲間の食事を作ったり、
職場の環境を整えたり、
人を育てたり看病したり」
エッセイスト、平松洋子の『そばですよ』から。

これこそ基本の徹底だ。

サミットストア鍋屋横丁店も、
1年に2日の休みを除いて、
同じことの果てしない繰り返し。

それがお客様の命を守ることだ。
がんばれ!!

〈結城義晴〉

1週間分をまとめて読む