お盆が終わって、
急に秋めいてきた。
毎日真夏日の酷暑の中にいると、
気温が30度を切るだけで、
涼しさを感じる。

今週は商人舎流通スーパーニュースが、
夏季休業に入っているが、
8月10日のセブン-イレブンnews|
2018年度おでんはにんじん・玉ねぎの旨味つゆ

(株)セブン‐イレブン・ジャパンは、
8日9日(木)から、早くも、
2018年度の「おでん」を投入している。
7月末時点で2万0437店。

立秋が過ぎて、
お盆時期に向けてのタイミング。

しかしそれは早仕掛け。
盆明けの今こそ、
気温が下がって、おでんが売れる。

つゆの基本ブレンドは、
かつおだしと昆布だし。
今年の新趣向は3つ。

第1に、“野菜の旨み” を加えて、
コクと甘みが増した味わいにした。
その野菜はにんじんと玉ねぎ。
この2品種を炊きだして、
野菜の旨みを抽出。
それを加えた。

果たして思惑通り、
旨くなったか。

セブン-イレブンは1977年から、
おでんの販売を始めている。
もう41年になる。

“野菜の旨み” をつゆに加えるのは初めて。

第2に、地域ごとに特徴的なダシを加えた。
結果として、全国エリア別に8種類。
7-11_oden

第3に、具材は、
カッティングや調理法にひと手間かけて、
具材への「味しみ」を向上させた。

私はセブン-イレブンのおでんの、
ファンの一人だが、
玉ねぎとにんじんの旨みとは、
結局、甘みを加えたのだと思うが、
違和感を感じるかもしれない。

要チェックやで!!

さて第100回全国高校野球選手権大会。
通称、夏の甲子園。

今日はベスト8が闘う準々決勝。
このブログで毎年書いているが、
この準々決勝の日が一番楽しめる。

結果が面白い。

[準々決勝第1試合]
浦和学院(南埼玉)2対11大阪桐蔭(北大阪)

大阪桐蔭は二度目の春夏連覇がかかる。
これは初めてのこと。
プロ予備軍がずらりそろって、西の横綱。

[第2試合]
報徳学園(東兵庫)2対3済美(愛媛)

愛媛の済美は2回戦で、
石川の星稜と死闘を演じた。
延長13回満塁さよならホームラン。
今夏、何かが”ついているチーム”だ。

[第3試合]
日大三高(西東京)3対2下関国際(山口)

リードされた8回、
一気に3点を奪って逆転勝ち。
小倉全由監督の指導と采配が光った。

2011年に全国制覇した東の横綱。

アメフトやチアリーディングで、
何かとケチがついた日大ブランド。
高校生が復活させるか。

[第4試合]
金足農業(秋田)3対2近江(滋賀)

金足農業は、9回裏無死満塁から、
2ランスクイズでサヨナラ勝ち。

5回にもスクイズで同点として、
この試合はすべてスクイズでの得点。

エースの吉田輝星は、
美しいフォームから見事な球を投げる。

3回戦では、わが横浜(南神奈川)を、
8回裏、逆転3点本塁打で破った。

面白いのは、
農業専門紙の日本農業新聞。
本格的に高校野球を取り上げている。

同紙大阪支社の前田大介記者は、
「100回の記念大会に、
“農業”と付く学校が出場しているのに、
取材しないわけにはいかない」

私も寄稿したことがある新聞だが、
とてもユニークな専門紙だ。

食品では日本食糧新聞、
衣料品では繊研新聞。
農業は日本農業新聞。

専門紙は重要だ。

さて金足農業高校。
勝利のときの校歌斉唱もいい。
このチームにも「何かがついている」
kanaasinougyou

しかしベスト8に残ったチームを見ると、
100回記念大会で出場枠を増やして、
9都道府県から2校ずつとした特例は、
結果を出したことになる。

準決勝は1日休養を取って、
月曜日の8月20日に行われる。
第1試合が金足農業対日大三校。
第2試合が済美対大阪桐蔭。

「ついているチーム」と、
「東西横綱」。

まったくの個人的な意見だが、
横綱同士の決勝では、
あまり面白くはない。

最後に朝日新聞「折々のことば」
第1201回。

師匠というものは
まちがいのない基本を
正しく教えれば、
いい師匠だ。
(高橋竹山『津軽三味線ひとり旅』から)

「師匠は、”筋”だけを
きちんと教えればいい。
弟子にとって師匠は、
商売一代の飯の種を
わけてもらうのだから、
命の親、生活の親だ」

竹山は人並みでない苦労を重ねた、
津軽三味線奏者。
TKY201006280229
編著者の鷲田清一さん。
「習いは彼にとってすべて
生活の土台をなすものとしてのみ
意味をもった。
その土台を確実に身につけること。
習いはそれにかかっていた」

高校野球の監督も、
会社の上司も、
「間違いない基本を正しく教える師匠」
でなければならないと思う。

〈結城義晴〉

1週間分をまとめて読む