結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年02月25日(土曜日)

安島英城・千知さん結婚披露宴とアランの「悪い天気の良い顔」

2月25日、土曜日。
大安。

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口、
6種の「曜」を「六曜」という。

その「大安」は「大いに安し」。
六曜の中で最も吉の日。
何事においても吉、
成功しないことはない日とされる。

東京・紀尾井町。
ホテルニューオータニ。DSCN9556.JPG-7

安島英城さんと田野岡千知さんの、
結婚式と披露宴。
DSCN9563.JPG-7
仲人は設けず、
英城さんのスピーチから、
宴は始まった。

お二人とも、
三菱食品株式会社の社員。
同期入社の職場結婚。

英城さんは商品開発本部、
千知さんは市場戦略本部、
それぞれに属する。

だから三菱食品一色の披露宴。
同社代表取締役社長の森山透さんが、
まず新郎側主賓の挨拶。
DSCN9577.JPG-7

新婦側は戦略市場本部長の重光秀明さん。
DSCN9588.JPG-7

そのあとウェディングケーキ入刀。
DSCN9607.JPG-7

美男美女のカップル。
IMG_0610.JPG-7
英城さんの父上は、
株式会社マルト社長の安島浩さん。

英城さんは、
米国カンザス州立大学に留学し、
卒業と同時にバークレーボウルで、
約1年間、インターンシップ研修をした。

私はその橋渡しをして、
だから大学生の時から知っている。

実に実にいい人間で、
すこぶる性格もいい。

帰国後、三菱食品に入社し、
現在は商品開発本部で、
貿易に関する仕事をしている。

千知さんは市場戦略本部ECグループ。
つまりEコマース関連の仕事。

二人とも大いに期待される人財だ。

乾杯の音頭は、堀内淳弘さん。
㈱シジシージャパン代表取締役、
グループ代表。
DSCN9628.JPG-7
菱食時代の廣田正さんの話から始めて、
三菱食品、シジシ―ジャパンと、
マルトのスーパーマーケット経営まで、
そして最後に新郎新婦への祝辞。

乾杯の後は、
ニューオータニのフルコース。

私は廣田さんの隣の席で、
ずっと話をしていた。

その私たちのテーブルの面々と、
新郎新婦の記念写真。
DSCN9647.JPG-7
前列右から森山さん、堀内さん、
そして廣田さんと私。
後列は新郎新婦を挟んで右から、
杉山吉彦取締役加食事業本部長、
古屋俊樹取締役菓子事業本部長、
小野瀬卓低温事業本部長。
三人の常務執行役員が揃った。

披露パーティは、
シンプルでスマート。

淡々と進んで、
新婦の千知さんから、
ご両親への感謝のメッセージ。
これには泣けた。

そして最後に安島浩さんから、
お礼のご挨拶。
IMG_0623.JPG-7

私は英城さん、千知さんを、
心から祝福した。
DSCN9669.JPG-7
おめでとう。

気分のいい披露パーティでした。

さて「ほぼ日刊イトイ新聞」
巻頭言は「今日のダーリン」

ずいぶん昔になるけれど、
「亭主元気で留守がいい」
と、おばちゃんたちが集って
唱和しているCMがあった。

あらためて、
そのことばをいま考えると、

亭主が、元気でしかも
留守である、なんてことは、
もう最高の家庭なのでは
あるまいかと思えてくる。

「留守」であることの
それぞれの理由については、
これはもういろいろ
ありそうなのではあるが、

少なくとも家の外のどこかに、
亭主であるところの彼を
必要としている場がある、
ということが言えそうだ。

家だけで必要とされている男というのも、
なかなか哀しいものだと
思いますからねぇ。

そして、なにより
「元気」なのだということが
すごい。

そうなんだよ、
「元気」だというだけで、
とっても
ありがたいことなんだ。

それは、他の人たちが
「目を離していられる」ことだ。

親しさだとか、愛情だとか
呼ばれているような感情が、
ないわけじゃないのだけれど、
忘れていられる。

「ずっと見ていなければならない」という関係は、
見ている側の人の行動を
ずいぶんと制限することになる。

「目を離していられる」
くらいの「元気」は、

もうとんでもなくありがたいことなのだ。

おまけとして言えば
「留守」も同じ意味を持ってるね。

ただ単に「元気」であるとか、
もっと即物的に
「丈夫」であるとかいうことは、
人をほめるときの最後の
一要素みたいに思われているが
それが、どれほど
たいしたことなのか、

いまくらいの年齢になって
しみじみわかるようになった。

亭主だけではない。
女房も「元気」で「丈夫」がいい。

それだけで、
とんでもなくありがたいことだ。

英城さん、千知さんも、
元気で丈夫。

それを祈りたい。

もう一つ、
アランの「幸福論」から。
エミール・オーギュスト・シャルティエ。
「アラン」はペンネーム。

「幸福たらんと欲しなければ、
絶対に幸福にはなれぬ」

そして、
「幸福である人以外には、
愛される人はいない」

さらに「幸福である法」
「第一の規則は、
現在のものにせよ
過去のものにせよ、

自分の不幸の話をけっして
他人に話さないことだ」

安島浩さんをはじめ、
マルトの人たちはみな、これだ。

福島原発の事故を、
絶対に後ろ向きにはとらえない。

「もしきみが自分の悩み、
といっても些細な悩みだが、
その話さえしなければ、
くよくよと考えずにすむだろう」

そしてアランは最後に、
忠告を付け加える。
「悪い天気の良い使い方」について。

「さあ、雨降りのときこそ、
晴ればれとした顔が見たいものだ」

「だから、
悪い天気の日には、

良い顔をすること」

これはもちろん、
天気のことだけではない。

〈結城義晴〉

2017年02月24日(金曜日)

1WorldSyncアーカンCEO対談と「進化」のブレーキ

Webサイト商人舎magazine

三つのメディア、
二つのデータベースで、
構成されている。

Monthly商人舎は月刊誌。
現在の号特集は、
地球イータリー化現象」

Weekly商人舎は週刊誌。
日替り連載と、
週刊特別企画。
現在は、
ピカール3号店スタディ。

そしてDaily商人舎は、
日刊ニュース。
商人舎マガジンサイトの、
右サイドを占めています。

思うところあって、
このDaily商人舎を、
全公開にしました。

過去のニュースも、
遡って検索することができます。

どうぞ、ご活用ください。

ちなみに今日のDailyニュースは、
6本公開しています。

①イオンリテール機構改革と新人事断行

②イオンの3月1日付新役員体制

③年末年始商戦総括⇒
年末4.7%増・年始1.0%増

④【1月SC】1月既存売上高昨対▲1.2%

⑤【1月主要4小売業態まとめ】

⑥ウォルマート2017年1月決算

さて今日は1日、
横浜商人舎オフィス。

今日は2月最終金曜日で、初の
プレミアムフライデー。
毎月末の金曜日に早期帰宅を奨励し、
新たな消費喚起を促す試み。
20161212001-a

アフター3に新たな消費は動くか。

イオンもイトーヨーカ堂も、
三越伊勢丹ホールディングスも、
その他の小売サービス業も、
プレミアムフライデー狙いで、
様々なプロモーションに挑戦する。

それは、とても、いいことだ。
商業として。

しかし、そのプロモーションに、
想定通りのターゲットが、
想定通り反応するとは限らない。

そこが小売りサービス業の面白さ。

セレンディピティ。
serendipity。

大いに、顧客を喜ばせてほしいものだ。
たとえ、想定とは違っていても。

プレミアムフライデーなのに、
夕方から商人舎では、
1WorldSync Japanの、
トップのみなさんの訪問を受けた。

右が朴 水石さん、
代表執行役員社長。
左が久恒整さん、
ビジネスデベロップメントマネジャー。
DSCN9348.JPG-7
1WorldSyncは、
世界最大の商品情報プラットフォーム。

朴さん、久恒さんと、
徹底的にディスカッション。

左は高久沙織さん、
アカウント・エグゼクティブ。
DSCN9350.JPG-7
そしてドイツ・ケルンと、
スカイプで対談。

お相手は、
ニハット・アーカンさん。
1WorldSyncのグローバルCEO。
トルコ系アメリカ人。
DSCN9355.JPG7
1WorldSyncはGDSN®によって、
欧米の商品情報の80%を管理している。
GDSNは、
Global Data Synchronization Network™。

アーカンさんとの対談の後も、
じっくり情報交換と討論をして、
大いに満足。
DSCN9383.JPG-7

さて日経オンライン『経営者ブログ』
宮内義彦さんは、
オリックスのシニア・チェアマン。
「親の世代より豊かか貧しいか」

「米国の友人から勧められて」
宮内さん、「なかなか面白い本」を読んだ。
『PROGRESS』
Oneworld Publications刊。
著者はヨハン・ノルバーグ、
スウェーデンの若手経済評論家。
41fdTu6aJ7L
宮内さんのコメント。
「とてもわかりやすい英語で書かれており、
大学生なら十分読めそうです」

私もさっそくAmazonに注文。
品切れ状態の人気本。

「PROGRESS」は「進歩」の意味。
この本は、
「楽観的に歴史の流れを分析する内容」

「この本は社会の動きを
食糧、衛生、寿命、貧困、暴力、環境、
識字率、自由、平等の9項目に分けて、
世界がどれだけ進歩したかを
客観的なデータに基づいて
淡々と述べています」

「多くの人は世の中は混沌として
親の世代より悪くなっており、
自分の子供や孫の時代は
もっと悪くなっているだろうと
考えているかもしれませんが、
それは間違いだというのです」

面白そうだ。
楽しみでもある。

ブログの中で、宮内さんは言う。
「PROGRESSは、
米国のある経済学者の著書から
こんな言葉を引用しています」

「世界の進歩を促す原動力は
知識の蓄積で、
進歩にブレーキをかけるのは
想像力の欠如と
社会の不健全な規制である」

同感だ。

例えば11WorldSyncも、
その商品情報プラットフォーム構築に、
ブレーキをかけるのは、
想像力の欠如と不健全な規制である。

〈結城義晴〉

2017年02月23日(木曜日)

ジャパン・インフォレックス訪問と「イオン/セブン&アイ異変」

昨日がネコの日。
2月22日は、
にゃん・にゃん・にゃん。

今日は富士山の日。
二=ふ、二=じ、三=さん。DSCN8856.JPG-7
いずれも、語呂合わせ。

それはそれでいいけれど、
猫にしても富士山にしても、
もっと説得力のある日を、
記念日にしてあげたい。

今日は朝から、
東京・日本橋。
日本銀行の隣の社労士会館。

3階のオフィス。
㈱ジャパン・インフォレックス。
食品産業の商品マスタを登録・管理し、
業界全体の合理化と生産性向上に、
貢献するIT企業。

その代表取締役社長、
西田邦生さん。
そして常務取締役、
八十島幹夫さん。
DSCF5538.JPG-7
目から鱗の話ばかり。
西田さんは多摩大学客員教授でもあって、
だから実にわかりやすいし、論理的。

商品マスタと商品情報、
その問題点と将来の方向性が、
くっきりとしてきた。

ジャパン・インフォレックス。
大事な会社です。

西田さんと固い握手。
DSCF5571.JPG-7

さて今日は、
イオンの新体制が発表された。
3月1日付で実施される。
IMG_8354-6

イオン㈱の新執行役が7人。
引き続きの執行役は8人。
つまりトップマネジメントの新陳代謝。

イオンリテール㈱も、
新任の代表取締役2人、新取締役2人、
退任取締役12人。
その代わり執行役員が14人。

取締役は取り締まりをし、
執行役員が執行する。
そんな体制になった。

退任の皆さん、ご苦労様でした。
新任の皆さん、頑張ってください。

さらにイオンリテールは、
各商品ライン別商品企画本部を廃止。
そのかわりに、
18商品部を配置。
①レディス商品部
②服飾商品部
③メンズ商品部
④インナー商品部
⑤ショップ商品部
⑥キッズ商品部
⑦ホームファッション商品部
⑧ホームアプライアンス商品部
⑨グロサリー商品部
⑩リカー商品部
⑪デイリーフーズ商品部
⑫農産商品部
⑬畜産商品部
⑭水産商品部
⑮デリカ商品部
⑯デイリーコンビニエンス商品部
⑰ファーマシー商品部
⑱ビューティ商品部

それとともに新設されるのが、
三つの本部。
①商品企画本部
②商品開発本部
③商品管理本部

これはイオンリテールの商品部の、
根本的組織改編だ。

この組織改編の意味と意図については、
いずれきちんと取材し、報告しよう。

一方、セブン&アイ・ホールディングス。
こちらはあまり、よろしくないニュース。

セブン-イレブンの事件。
名古屋市北区の加盟店。

愛知県警がオーナーと店長の男女を、
労働基準法違反の疑いで書類送検。
「賠償予定の禁止」に違反した容疑。

昨年9~12月の3カ月間に、
アルバイト店員の男女5人に、
正規の雇用契約を結んだ上に、
「急に欠勤した場合、1万円の罰金徴収」
こんな内容の書類に署名、契約させた。

このうちの1人には、
遅刻した時に罰金を徴収した。

これは明らかな労働基準法禁止事項。

セブン-イレブンは1月に、
東京都武蔵野市の加盟店が、
病気欠勤したペナルティとして、
アルバイト女子高生から、
9350円の賃金を差し引いていた。

セブン-イレブン加盟店のマネジメントが、
明らかに乱れている。

スーパーバイザーの指導、監督も、
以前のように行き届いてはいない。

鈴木敏文前会長の時代には、
こんな事件は起こらなかった。
もしくは続けて表沙汰にはならなかった。

日曜日の日経オンラインの記事。
「人事混乱のヨーカ堂」

「セブン&アイ・ホールディングスを
約25年にわたり率いた
鈴木敏文氏の退任から9カ月。
井阪隆一社長による新体制が始動したが、
社内は今なお混乱の渦中にある」

イトーヨーカ堂は、
イオンの組織改編と同時期に、
三枝富博常務執行役員が社長となる。
三枝さんは中国で辣腕を振るった、
最後の切り札。

しかし社長人事だけで、
イトーヨーカ堂の業態衰退問題は、
解決できるはずはない。

2月10日付「日経MJ」には、
中村直文編集長の署名記事。
「アイ&セブン」? 時計の針戻る

「井阪体制1年目の通信簿はどうか」

セブン-イレブンは好調なのに、
株価は反応しない。

なぜか。

「時計の針が戻ったグループへの
成長期待が薄いからだろう」

中村編集長も、
鈴木さん健在のころには、
こんなことは絶対に書けなかった。

「リーダーシップの不在も大きい。
鈴木氏の後を受けた井阪氏は
ヨーカ堂の人事すら決められない」

「名誉会長の存在感は大きいが、
やはり92歳と高齢。
いつまでも頼れない」

「ただただ混乱しているだけなのだ」

よく言うよ。

「コンビニ業界でセブンの優位性が
急速に低下するとは思えないが、
このままではセブン-イレブンにも
影響しかねない」

これは妥当な見方で、私も同感。

セブン-イレブンのシステム力や人材力は、
すぐには低下しない。

しかし、マネジメントのゆるみは、
すぐに表に出てくる。

マスコミの声が、それを増幅させる。

3月の新年度を迎える直前、
イオンとセブン&アイに起こった、
今日の事件。

今一度、商業、小売業の、
社会的意義を再確認したいものだ。

存在の意味は大きい。
今後の役割も計り知れない。

マネジメントのゆるみは、
断じて許してはならない。

自分たちの力で、
何とかなるのだから。

〈結城義晴〉

2017年02月22日(水曜日)

ネコの日の「最悪を覚悟して最善を尽くす」と万代新店の現場力

2月22日。ネコの日。

朝日新聞「天声人語」
俳句のなかの猫の恋を取り上げた。

なんといっても松尾芭蕉。
またうどな犬踏みつけて猫の恋

面白い。

「またうど」は漢字では「全人」
意味は正直、まじめ、律儀など。
この句では、
くそまじめで間抜けな番犬。
恋に狂った猫が、
このまとうどな犬を踏みつけて、
出て行ってしまう。

コラムニストが一つだけ選んだ句。
うらやまし思ひきる時猫の恋
〈越智越人(えつじん)

師匠の芭蕉も激賞した。

大岡信さんの「ことば館」に解説がある。
「猫は夜も昼も鳴き廻り、
哀切しかも喧騒を極めるが、
やむ時はつき物が落ちたように
静かになる。その思い切りのよさを、
未練多い人間の恋に引き較べて
『うらやまし』と言い切った」

しかし猫の句は、
現代の俳人・大木あまり。
恋猫や世界を敵にまはしても
〈共著句集「猫二〇〇句」より〉

世界を敵に回しても、恋に生きる猫。
いい句だ。

しかし私はどうしても、
ネコの日にはジジを思い出す。
IMG_6902-4-10
雄猫だった。

あやまちは猫飼ひしこと水うらら
〈大木あまり〉

日経オンライン「経営者ブログ」
鈴木幸一さん、IIJ会長。
「ロシアが極右政党を援助する時代?」

「ロシア革命が起きたのは、
1917年である。
コミンテルンの『インターナショナル』
という労働歌を、私たちの世代は、
いつまでも記憶している」

同感。

「今や、ロシアの資金援助先が
社会主義政党ではなく
極右政党に向かう時代だ」

「時代というのは、後になってみると、
笑い話のような大げさな冗談に、
人生を翻弄されることなのかも知れない」

これにも同感。

「人殺しはたくさんいる。
われわれの国にも多くの殺人者がいる。
われわれの国がそんなに潔白だと
思っているのか」

もちろんドナルド・トランプ、
大統領の言葉。

インタビュアーは、
FOXニュースのビル・オライリー。

鈴木さん。
「(これほど)驚いた言葉はない」

オライリー。
「彼は殺人者だ。プーチンは人殺しだ」

それにトランプが答えた。

「一国の元首が、自ら、
『われわれの国がそんなに潔白だと
思っているのか』という言葉を
吐いた記憶を知らない」

鈴木さんの嘆き。
「私のような、奥深い情報に
縁のない人間にとっては、
なにが起きても驚かないと
決めこむことしか、
知的な意味での防御はないのである」

最悪を覚悟して、
最善を尽くす、か。

さて関西で万代の新店巡り。

まずは兵庫県の加古川へ。
加古川といえば、「かつ飯」
DSCN9217.JPG-7
㈱万代人事部マネジャー津田睦さんと。

いただきました、B級グルメ。
DSCN9218.JPG-7
感想は、「ん~」

ニッケパークタウン。
兵庫県加古川市加古川町。
日本毛織が運営に参画する、
大型ショッピングセンター。DSCN9369.JPG-7

1984年2月8日に、
ダイエーを核店舗として、
64の専門店などをテナントにオープン。

しかしその後、ダイエーの衰退もあって、
閑古鳥が泣いていた。

2002年、ダイエー経営再建のために閉店、
2003年、1階に、
コープこうべを誘致して再出発。

しかし、それでも回復せず、
昨2016年10月21日、
全体が改装・増築オープン。

現在は、万代を核に、
マツモトキヨシ、ダイソー。DSCN9361.JPG-7
さらにユニクロ、無印良品、
ABC-MARTメガステージ、エディオン、
トイザらス・ベビーザらスなど。DSCN9362.JPG-7

万代としては初の、
大型ショッピングセンターへの出店。
ニッケパークタウン加古川店。DSCN9363-3

しかしモール側に間口を広くとって、
上出来の店づくり。DSCN9359-3

青果部門の横の入り口に、
インストアベーカリーをもってきて、
その奥はケーキ&スープバー。DSCN9286.JPG-7

ベーカリーから惣菜部門につながるが、
惣菜にはR型ケースの対面売場を設ける。DSCN9292.JPG-7

もちろん平台でも、
万代らしい「おいしくて安い」惣菜を展開。DSCN9297.JPG-7

その奥が鮮魚部門。
「立ち売り」で強烈なインパクト。DSCN9302.JPG-7

ブリの立ち売りが今日の眼玉。DSCN9306.JPG-7

奥主通路は多段ケースで、
鮮魚から精肉へと続く。DSCN9314.JPG-7

ステーキバイキングは、
牛ロースステーキ2枚で980円。DSCN9317.JPG-7

3月1日の「春の大総力祭」を告知する。DSCN9329.JPG-7

アンパンマンのデコレーション。
この店は立体ディスプレーが特徴的だ。DSCN9336.JPG-7

強力な流通パンの売場が、
店舗右翼に位置づけられ、
左翼入り口のインストアベーカリーと、
対をなす。
DSCN9339.JPG-7

ひな祭りの大展開も始まっている。DSCN9342.JPG-7

入り口に近いデザート。
楽しい手づくりのディスプレー。DSCN9355.JPG-7

店長の衣本義之さんは、
万代知識商人大学第一期生。
新店店長にうってつけの元気印。
DSCN9311.JPG-7
固い握手で健闘を称えた。

次に明石へ。

ミリオンタウン明石硯町
一昨年の2015年9月5日にオープン。DSCN9370-3
万代を核店舗に、
ココカラファイン、Seriaが出店。
ネイバーフッド型ショッピングセンター。
万代にとっては手慣れたタイプだ。

この青果部門が第一の武器だ。DSCN9432-3

良いものが安い。
わかりやすいが、
それがなかなかできない。
模倣困難性。
DSCN9374.JPG-7

この店も左翼の奥は鮮魚部門。
立ち売りを大展開。
DSCN9379-3

「万代のぶり」のPOPが自信満々。DSCN9388-3

タイムサービスは、
天然ブリ1切れ100円。DSCN9381-3

そしてハマチの刺身。
試食の商品が実においしい。DSCN9380-3

こちらもタイムサービス300円。
DSCN9385-3

「これ」はすごい。
DSCN9384-3

そして収益性の高い畜産部門へ。DSCN9394-3

この店も「春の大総力祭」を告知。
2月28日は全店休業する。
そして翌日が大総力祭。DSCN9395-3

この店からR型対面ケースが導入された。DSCN9412-3

この揚物売場がすごい。
串揚げバイキングは68円。DSCN9405.JPG-7

左が巻き寿司、右が揚物。
恵方巻は5000本売った。DSCN9414-3

そのチーフは鈴木早紀さん。
入社3年目で今年1月に、
惣菜チーフに昇格。
昨年の商人舎ビギナーズコースに、
参加してくれた。DSCN9404.-3JPG

この店のインストアベーカリーは、
店舗右翼にある。
DSCN9420-3

とくにこの中央平台が素晴らしい。DSCN9425-3

その中でも超売れ筋が、
塩バターパン90円、3個270円。DSCN9422-3

最後に桝田保店長、津田マネジャーと、
三人揃ってポーズ。DSCN9438-3
Knowledge Merchant College、
商人舎研修会、
それぞれの修了生たちが、
現場で頑張ってくれているのは、
なによりもうれしいことだ。

それは万代に限らない。

知識商人は、
ブレイン&ハンズを使う。
つまり脳と手を駆使する。

それが売場に如実に表れる。

やりがいはあるけれど、
恐ろしい。

だからいつも、
最悪を覚悟して、
最善を尽くす。

頑張れ。

〈結城義晴〉

2017年02月21日(火曜日)

知識商人大学第二期スタートの「縁を大切に」と「一期一会」

2月、如月。
「縁を大切に」
IMG_0588.JPG-7
昨夜は新大阪駅に着いて、
㈱万代加藤徹会長にお迎えいただいて、
料亭・久恵へ。

そして万代知識商人大学。
第二期スタートの前夜祭。
Mandai Knowledge Merchant College。

万代トップと人事部関係者が集って、
第二期の抱負を語り合った。IMG_2851.JPG-7
前列真ん中が加藤さん、
その右に阿部秀行社長、
下岡太市副社長。
私の左が不破栄副社長。
後列は左から、
人事部教育チームマネジャー東尾里江さん
人事部マネジャー津田睦さん、
人事総務部門担当取締役の河野竜一さん、
そして第二期生代表の松岡俊行さん、
第3運営部部長エリアマネジャー。

明けて大阪・渋川の本社に隣接する建物。DSCN9163.JPG-7

万代会議棟。
DSCN9164.JPG-7

その大ホール。
DSCN9201.JPG-7

32人の第二期生と万代取締役が、
全員参集。
DSCN9165.JPG-7

万代知識商人大学第二期が開講。
DSCN9167.JPG-7

第一期は1月16日にめでたく修了。
DSCN2237-1

アカデミックガウンと帽子投げ。
http://www.shoninsha.co.jp/wp-content/uploads/2017/01/IMG_2382-1.jpg
第一期が修了して、
すぐに今月、第二期スタート。

東尾さんが司会の挨拶。
DSCN9172.JPG-7

初めに阿部秀行社長。
DSCN9213 (2).JPG-7

学ぶことの意味、
仕事の位置づけ、
この万代カレッジの意義など、
丁寧に話してくれた。

今年のスローガンは、
「挑戦してやり抜く」

阿部さんの語りはじつに、
わかりやすい。
DSCN9176 (2).JPG-7

続いて辞令の交付。
DSCN9216.JPG-7

今回の第二期生は、
44歳から32歳まで、
女性4人を含む32人。
今年2月から来年1月までの、
研修生としての辞令が、
阿部社長によって読み上げられ、
一人ひとりに手渡された。
DSCN9221.JPG-7

続いて開講講義。
学長の結城義晴。
DSCN9234.JPG-7
思い返せば2008年、
コーネル大学RMP副学長に就任した。
あの時は産業内大学として、
その意義をふまえながら創設した。

しかし今度は、企業内大学。

万代という企業にカスタマイズしつつ、
しかし明確な目的をもって、
運営、教育していくことができる。

それは目的合理性が高い。

企業内大学の歴史と意義をかみしめつつ、
本学の基本的な考え方を説いた。
DSCN9236.JPG-7

もちろんはじめは、
「店は客のためにある」
そして、同意の、
「企業の目的は顧客の創造である」

倉本長治とピーター・ドラッカー。
その教えが万代知識商人大学の基本。

Knowledge Merchantという言葉も、
ドラッカー先生からいただいた私の造語。

Integrityと、
Marketing、Innovation。
「損得より善悪を先に考えよう」
「創意を尊び良いことは真似よ」
「お客に有利な商いを毎日続けよ」
DSCN9252.JPG-7

万代の2大スローガンは、
「日本一買い物に行きたい店舗」
「日本一働きたい会社」

Customer Satisfaction、
Employee Satisfaction。

その実現のために、
何を考え、どう行動するか。
DSCN9260.JPG-7
知識社会に基幹産業となろう。
それを成し遂げるのが知識商人だ。
Mandai Collegeの目的もここにある。

私が強調したのは、
「Big Thinker」になること。
つまり「大きな考え方をもつ人」
「大きな視野をもつ人」
「高い視点をもつ人」

哲学すること。
「人として生きるために
ほんとうに大切なことを探す」

考えて、考えて、考え抜こう。
そして行動しよう。

私に続いて、
下岡副社長の話。
ダントツの人、商品、売場をつくろう。
それが今年の目標。
そのために学べ。
DSCN9262.JPG-7

そして第二期生代表の決意表明。
松岡俊行さん。
DSCN9175.JPG-7

さらに不破副社長。
銀行員時代に日本生産性本部で、
6カ月の研修を受けた。
実に有益で有名な研修だ。
その時の経験をもとに、
有意義な教訓を語ってくれた。
「たくさんの引き出しをつくれ」
DSCN9179.JPG-7

最後の最後は本学理事長、
そして万代会長の加藤徹さん。DSCN9188.JPG-7
「目に見えない資産を増やせ。
自分のために。
自分を大きくせよ」

会社のためにではなくて、
自分のために。

それが加藤さんのメッセージの特徴だ。

開講式がすべて終わって、
4人で写真。
DSCN9197.JPG-7
ありがとうございました。

そのあと、6つのチームに分かれて、
自己紹介とこれからの1年の目標などを、
語り合った。
DSCN9200.JPG-7

第二期はチームを重点的に運営する。
DSCN9202.JPG-7

そして最後の最後に、
もう一度、結城義晴の講話。
DSCN9203.JPG-7

自分の学生時代の不勉強や、
社会人となってからの猛勉強。
編集長になり、社長になり、
立教の教授になった時の勉強。
DSCN9208.JPG-7

今度は学ぶことの考え方を、
とつとつと説いた。
それぞれに学べ。
DSCN9209.JPG-7

最後に全員で写真。
みんな、ちょっと不安そうで、
元気は足りないけれど。
DSCN9215.JPG-7
Mandai Knowledge Merchant College。
2017年2月21日、スタートしました。

さて、朝日新聞「折々のことば」
その673回も鷲田清一さん編著。

なぜか波長が合って、
いつも引用させてもらう。

今や看板と伝統の「天声人語」を超える。

最後にかわした言葉が
心残りだった、
ということに
ならないように

(田部井淳子)

昨年10月20日に亡くなった登山家。
女性として世界で初めて、
世界七大陸最高峰登頂に成功。
その著『それでもわたしは山に登る』。

「見るのはもうこれが
最後かもしれないと思うと、
その姿がとても愛おしくなる。
死を意識することは、
人や生き物にていねいに
向きあう態度を養ってくれるのだろう」

一期一会。

「つねに死と隣り合わせでいた
登山家だからこそ、
家族がどこかに出かけるときも、
まさかの事故の時のため、
その日の服装をしかと
脳裏に焼き付けるようにしてきた」

田部井淳子さんと同じ心構えで、
日々学びたい。
一期一会で、
日々教えたい。

よろしく。

〈結城義晴〉

2017年02月20日(月曜日)

21世紀の問題・20世紀の方法と「人々のための哲学」

Everybody! Good Monday!
[2017vol8]

2017年第8週です。
そして2月の第4週。

一月往ぬる、
二月逃げる。
三月去る。

ああ。

今日は2月第3月曜日。
アメリカでは、
プレジデントデーの祝日。
歴代大統領を称える日。

2月22日は、
ジョージ・ワシントンの誕生日。
ワシントンは初代大統領。
また2月12日は、
アブラハム・リンカーンの誕生日。
奴隷解放宣言の大統領。

二人の大統領は、
亡くなってからも尊敬され続けて、
国民はその誕生日を祝っていた。

1971年、当時の大統領は、
リチャード・ニクソン。
あんまり評判のいい大統領ではないが、
彼がすべての歴代大統領を、
同じ日に祝おうと決めた。

そこで2月第3月曜日が、
「大統領の日」となって、
連邦の祝日とされた。

ほとんどの公共機関や銀行は休業。
しかし民間商業施設は、
プレジデンツセールを展開する。

日本には総理大臣の日がない。
その代わりに天皇誕生日がある、
と考えればいいだろう。

ただし歴代大統領を祝う日で、
現役大統領の日ではない。

日経新聞『オピニオン』欄。
「時代遅れの米関税政策」
リチャード・ボールドウィン教授執筆。
ジュネーブ国際高等問題研究所所属。

実に的確な論述だ。

「米労働者の多くは、
この20年のあいだ
所得が停滞しているのは
自由貿易協定のせいと考えている」

「トランプ氏はグローバル化を批判し、
主要経済閣僚に
保護貿易主義者を起用することで、
こうした労働者を保護しようとしている」

「しかし、この判断は間違いだ」

「21世紀の問題を
20世紀の方法で
解決しようとしている」

「21世紀のグローバル化は
知識主導であって、
貿易主導ではない」

ドナルド・トランプは、
このごく単純な点を見逃している。

ピーター・ドラッカー教授は、
21世紀を「知識社会」と看破した。

ボールドウィン教授も同じ見方だ。

情報革命によって、
通信コストが劇的に低下した。
だから米国の大企業は、
生産拠点を低賃金の国へ移した。
同時に技術、マーケティング、
そして経営管理のノウハウも、
海外に移転した。

ここで生まれたのが、
「後進の先進性」

「知識のオフショア化が、
米労働者の状況を
根本から変えてしまった」

「2017年の米労働者は、
1970年代のように
外国の低賃金の労働や資本、技術と
競争しているわけではなく、
低賃金の外国人労働者と、
米国のノウハウという、
ほとんど勝ち目のない組み合わせと
競争しているのだ」

トランプのやり方は、
「アイデアや知的財産の流れを止めずに、
輸入品に関税を課す」

ボールドウィン教授のたとえ話。
「こぶしを握って
指の間から水が流れ落ちるのを
防ごうとするようなものだ」

そんなプレジデントデーである。

まばたけばまばたき返す梅の花
〈朝日俳壇より 合志市・坂田美代子〉

もう、一句。

光より始まるこの世春立ちぬ
〈同 岡山市 内田一正〉

昨日のブログ[日曜漫歩]の、
イントロダクションをこの俳人は、
あらかじめ読んでいたかのようだ。

今週金曜日は、
プレミアム・フライデー。

そのあたりのことは、
Weekly商人舎日替り連載、
月曜朝一・2週間販促企画。

さて昨日、岡山から帰って来て、
今日はまた大阪へ。

東京・横浜など関東は、
大風。
DSCN9192.JPG-7

新幹線から富士山の姿は見えず。

その代わり、名古屋を過ぎて、
関ケ原のあたりでは、
墨絵のような景色。
IMG_0582.JPG-7
素晴らしい。

だから旅はやめられない。

最後に、昨日の朝日新聞「折々のことば」
鷲田清一さん編著。

たまたま
立ちつくしたところから始め、
茫然と立ち止まったところで
一休みするというのも、
哲学のふつうのあり方なのである。
(野矢茂樹『語りえぬものを語る』講談社刊)

哲学を語る。
「人があたりまえのように
やってきたことの
意味を考え、掘り下げ、
人として生きるために
本当に大事なことを探すこと」

「ただし、誰も一つの場所から
それを見通すことはできない。
だから扉だらけの家のように、
どこから入ってどこから出てもいい、
そんな風通しのよさが、
哲学には必要だ」

さまざまな言葉が引用される。
それは広告宣伝に使われたり、
主張の我田引水の道具となったり、
ひどい時には自慢の種にされたり。

しかしどんな言説も、
哲学されねばならない。

「人として生きるために、
ほんとうに大事なことを探す」
そのために哲学がある。

誰もが、哲学することができるし、
哲学しなければならないと思う。

21世紀の問題を、
20世紀の手法で、
解決できると思い、
解決しようとするのは、
哲学が欠落しているからだ。

もちろん我々には、
商人哲学というジャンルもある。

人々の、人々による、
人々のための哲学。

リンカーンも賛同してくれるだろう。
これは人任せにしない方がいい。

では、皆さん、
今週も、哲学しよう。
それぞれに。
Good Monday!

〈結城義晴〉

2017年02月19日(日曜日)

[日曜漫歩]岡山城と後楽園

天地創造の物語。

第1日目に神は、
光と闇とを区別した。
光を昼と名づけ、
闇を夜と名づけた。

第2日目に神は、
大きな空を造り、
空の下にある水と、
空の上にある水とを区別した。
そしてこの大空を天と名づけた。

第3日目に神は、
天の下の水を一所に集め、
乾いた所を現われさせた。
水の集まった所を海と名づけ、
乾いた所を地と名づけた。
そして地には植物、
種の生じる草、
種のある実を結ぶ果樹、
木を芽生えさせた。

第4日目に神は、
昼に輝く太陽と、
夜にきらめく月と星を造った。

第5日目に神は、
海に生きる巨獣と、
水の中を泳ぐ魚と、
翼のある鳥を造った。

第6日目に神は、
地に生きる家畜や爬虫類、獣を造った。
そして神は自身のかたちに、
男と女を創造した。
人間にすべての生き物を支配させた。

そして第7日目に神は、
天と地とすべての万象が、
完成したことを祝して、
休んだ。

神は第7日目を祝福し、
この日を聖なる日とした。

それが日曜日だ。

だから、日曜くらいは、
ゆっくり漫歩。

今日は岡山県の旭川。
DSCN8890.JPG-7

岡山市の中心部を貫く一級河川。DSCN8891.JPG-7

楕円を描いて、ゆるりと流れる。DSCN8892.JPG-7

旭川の右手に、
天守閣が見えてくる。DSCN8901.JPG-7

土手の向こうに、城郭。DSCN8893.JPG-7

右側から城壁。
DSCN8897.JPG-7

そして天守閣。
DSCN8898.JPG-7
岡山城、別名は烏城。
「うじょう」と読む。

カラスの城。
真っ黒だから。

築城したのは、
戦国大名だった宇喜多秀家。

豊臣秀吉が天下を取り、
その秀吉に厚遇されて大大名となった。
この城も秀吉の指導を受けてつくった。

8年の歳月をかけて、
慶長2年(1597年)に完成した。

ちょうど420年前のこと。

西向きの城構えのため、
旭川を改修して、
城の東の背後を流した。

これが天然の外堀となった。

天守閣の壁に付いているのは下見板。
この板が黒漆塗りで、
だから外観が黒い。DSCN8898.JPG-77

日本の城には白と黒がある。

黒がこの岡山城、熊本城、松本城、
広島城、島根城など。

白は姫路城、名古屋城、彦根城、
高知城などなど。

豊臣秀吉の時代に築かれたのが黒、
徳川家康の時代につくられたのが白。

1600年の関ケ原の戦いを分岐として、
それ以前が黒城、以後が白城。

高知城は1603年、彦根城は1606年、
姫路城が1609年、名古屋城は1611年。

岡山城が1597年、広島城は1591年、
松本城は1590年、熊本城は1588年。

秀吉の時代の城は、
岡山城のように外壁に、
防腐剤として黒漆板を使用。

家康の時代の城は、
外壁に石灰を使った漆喰を塗った。
漆喰は当時の最新技術で、
火に強いという特性を持っていた。

白い城と黒い城。
もうひとつの理由は、
白と黒の色の機能。

黒は敵から隠す効果があり、
白は大きく見せる効果がある。

白は膨張色、黒は収縮色。

秀吉以前の戦国時代は、
敵から見つかり難い黒で、
しかも小さく見えるけれど、
攻めにくい威力のある城が必要だった。

つまり実践の城。

関ヶ原以降の江戸時代になると、
戦さが減って、城は威厳の象徴となった。
大きく見えて美しい白い城に変った。

関ヶ原合戦で豊臣方についた宇喜多秀家。
八丈島に流配となった。

秀家に代わって、
小早川秀秋が城主となった。
西側の外堀の外側にさらに外堀を設けて、
城域を拡張し、その外に寺町を配置した。

岡山は大きな城下町となって発展した。

その後、長らく池田藩となって、
明治を迎える。

しかし昭和20年(1945年)の空襲で、
天守閣が焼失し、昭和41年(1966年)再建。
現在の姿になった。

そんなことを思いながら、
日曜漫歩を楽しむと、
後楽園に行きつく。
DSCN8918.JPG-7

水戸の偕楽園、金沢の兼六園と並んで、
日本三名園。
DSCN8919.JPG-7
池田藩第4代池田綱政が、
1687年から14年をかけて、
1700年に完成した。

総面積は13万3000㎡。
東京ドームの約3倍の広さ。
DSCN8904.JPG-7

1689年には菜園場ができて、
水田や茶畑もある。DSCN8912.JPG-7

庭園は池泉回遊式。DSCN8905.JPG-7

つまり池の周りを回遊する庭園。DSCN8907.JPG-7

太鼓橋を渡ると池の中心には、
賓客をもてなす延養亭(えんようてい)。DSCN8909.JPG-7

そして後楽園から望む岡山城。DSCN8916.JPG-7

烏城は近くに寄って見るもよし、
遠く、後楽園から見るもよし。DSCN8913.JPG-7
満足の日曜漫歩だった。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外 視察研修会
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会in湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2017年2月
« 1月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.