結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年03月15日(金曜日)

平和堂第17団アメリカ研修会事前講義の「時代観と反骨と勇気」

㈱平和堂本社HATOC(ハトック)。DSCN9453-1
「平和堂」の社名は、
夏原平和さんの名前に由来する。
現・代表取締役会長。

創業者はその父上の、
故夏原平次郎さん。

夏原平和さんは、
1944年9月15日の生まれだから、
戦中派。

太平洋戦争はその誕生の1年後に終結する。
まさに「1億総特攻」「1億総玉砕」など、
悲惨な戦意高揚が叫ばれた時代に、
平次郎さんは生まれた長男に、
「平和」と名づけた。

なんという時代観、
なんという反骨精神、
なんという勇気だろう。

そして戦後に始めた自分の商売に、
「平和」の屋号をつけた。

時代観と反骨と勇気が、
チェーンストアへとつながった。

一昨年2016年3月1日に60周年。
いま、「百年企業」を目指す。

エントランス壁面の絵。
36人の人間と108羽のハト。DSCN9391-1

プロバスケットボールチーム、
滋賀レイクスターズ。DSCN9390-1
平和堂はbリーグのこのチームの、
オフィシャルパートナー。
夏祭りやクリスマスイベントなど、
コラボ企画の時にも協力してもらう。

今日はアメリカ研修事前講義。
4月の第17団に対してはガイダンス。
昨年10月の第16団は報告会。DSCN9394-1
商人舎と結城義晴は、
「知識商人の養成」を標榜している。
この平和堂のアメリカ研修も、
その一環である。

午前中は事前講義。
2011年から始まって、
春と秋に40人ほどの米国研修をする。
それが9年目に入って、第17回目。
17団ともなると、
店舗では店長、店次長は終了して、
ほとんどが主任クラスとなる。
バイヤーも若手中心だ。

だから講義は基本から、
丁寧にわかりやすく語る。DSCN9395-1

この視察研修の目的、
知覚しておかねばならない基礎データ。
ウォルマートとアマゾンを中心に動く、
アメリカ市場の最新動向など。
DSCN9408-1

今回は店舗視察の考え方と方法を、
特に詳しくレクチャーした。
彼らにとって一生の勉強法となるからだ。
DSCN9405-1

昼食はHATOCの社員食堂で、
ハンバーグランチ。
ご一緒したのは、
平松正嗣社長と夏原行平専務。
情報交換を兼ねたランチミーティング。

そして午後は、第16団の報告会。

17団のメンバーに加え、
平松社長をはじめ経営幹部、
地区長などが参集。DSCN9410-1

はじめに16団副団長のあいさつ。DSCN9414-1

玉垣寛さん。
SM営業部SM第五エリアマネジャー。DSCN9413-1JPG

米国視察から帰国したら、
チームごとにイノベーションに取り組む。
6班がその成果をそれぞれ発表する。

第16団の取り組みテーマは3つある。

共通のテーマ、
班ごとのテーマ、
そして個人が実践したテーマだ。DSCN9415-1

スライドで取り組みを報告して、
その成果を発表する。

1班が15分の持ち時間で、
2班ずつ発表する。
DSCN9420-1

その後、参加している地区長や
本部長から具体的で鋭い質問が飛ぶ。
DSCN9421-1

2班の発表と質疑応答が終わると、
結城義晴の総括。
DSCN9418-1

もちろん質問だけではなく、
指摘や指導がこの場でなされる。
DSCN9424-1

これを3回繰り返して、
全6班の発表が終わる。

午後1時から始まって、
発表は4時まで続く。DSCN9425-1

最後に全体の総括。DSCN9426-1

私は今回の取り組みを評価しつつ、
平和堂全体のイノベーションに対して、
3つの観点から分析し、指摘した。DSCN9429-1

前回派遣されたメンバーの報告を聞いて、
次に派遣されるメンバーが、
その上のレベルの取り組みに挑戦する。

数珠つなぎのように、
これが8年間、16回、
連綿と続けられてきた。

それが平和堂の進化に貢献した。

平和堂のアメリカ視察は、
ダラスとサンフランシスコの2都市。
同じ地で、同じ企業の店を見る。

それがすでに16回、630名を超える。
共通認識ができあがって、
改善・改革への協力体制が出来上がる。
DSCN9428-1

第16団団長の廣政久美子さんのあいさつ。
初の女性団長として、皆を統率した。
DSCN9432-1

最後の最後は平松社長の総括。

平松さんは、
PDCAに関してもコメントした。

Planに時間をかけるのではなく、
Doを素早くしなやかに、
Checkでブレーキをかけることなく、
アクションをスピーディーに。
現場の旺盛な意欲の大切さを強調した

「とっとと、やろう。
だめならすぐやめる」

実にいい総括だった。DSCN9437-1

1カ月後に出発する17団のメンバーは
班に分かれて視察の目的やテーマを、
ディスカッション。DSCN9459-1

一方、16団のメンバーは、
社員食堂で懇親会。
乾杯の音頭は上原秀郎さん。
平和堂和迩店店長・第1班班長。DSCN9456-1

ここでは班ごとに、
視察のときの写真を写して、
楽しい思い出を語り合う。DSCN9458-1

私は途中で抜け出して、
第16団の6班の視察テーマ発表を聞く。DSCN9461-1

そしてそれぞれのテーマを講評し、
視察の心構えを語る。

ここで指摘するのは、
Serendipity。
決めた目的でも、
途中でこちらの方がいいと思ったら、
方向転換する姿勢を持つこと。DSCN94639

私の隣から第17団のリーダー。
阿部千博団長と野村博副団長。

阿部さんはGMS営業部長、
野村さんはアルプラザ長浜支配人。

必ず成功させましょう。DSCN9466-1

再び懇親会場。

大いに盛り上がって
一丁締め。

よ~!
DSCN9471.-1JPG

シャン!!
DSCN9472-1

恒例のハトッピーポーズで、
全員の記念撮影。DSCN94789

廣政団長、お疲れさまでした。
素晴らしいリーダーシップだった。DSCN9482-1

平松さん、今年もともに、
知識商人を育てましょう。
平和堂をいい会社にしましょう。DSCN9480-1
夏原平次郎の時代観と反骨と勇気が、
平和堂には貫かれていなければならない。

〈結城義晴〉

2019年03月14日(木曜日)

万代知識商人大学第4期開講講義の「ミッションとビジョン」

今日はホワイトデー。
世の男性陣は、さて、
きちんとお返しをしているのだろうか。

さて商人舎流通Supernews。
米国の2018年度決算が次々に発表されている。
今日は2社。

ノードストロームnews|
‘18通期増収増益/ラック業態3.5%増・ECは3割増

ロス・ストアーズnews|
’18年通期増収増益/売上高150億ドル・純利益17%増

アメリカのアパレルやノンフードは、
もうラック業態しか伸びないのではないか。
そんな気分になる決算だ。

日本の非食品分野はもっと深刻だが。

大きな節目が来ている。

さて昨夜大阪入りをして、
今朝は東大阪市の㈱万代本社へ。

万代知識商人大学第4期。
今日からスタートする。

本部の横に併設された会議棟が、
この企業内大学の校舎。
DSCN9302-1

第4期生は万代社員30名、
グループ会社のアドバンスから2名。
総勢32名。
DSCN9225-1

司会進行は津田睦さん。
人事部マネジャー。
DSCN9354-1

初めに開講式。

阿部秀行社長が
第4期生たちに向けてメッセージ。
DSCN9230-1

「自分の可能性にチャレンジし、
周りの皆を巻き込んでいく。
そうしたリーダーシップを発揮して、
新たな挑戦をしよう」
期待を語った。

後列では経営幹部全員が見守る。DSCN9232-1

そして学長の結城義晴からのあいさつ。DSCN9234-1

皆、緊張しつつ、
真剣にメモを取る。DSCN9240-1

そして辞令の授与式。

阿部社長自ら、
辞令を読み上げて手渡す。
DSCN9243-1

一人ひとりの名前が読み上げられ、
32名全員が正式に、
万代知識商人大学第4期生となった。DSCN9244-1

営業部門から芝純常務が、
営業トップらしいメッセージを寄せた。
「愛される店づくりをしよう、
そして利益を上げよう」
DSCN9248-1

管理部門からは不破栄副社長。DSCN9251-1

不破さんはいつも、
含蓄のある話をしてくれる。
「五感を鍛えたうえで、
さらに物事の本質を掴む第六感を養う。
そのためにこの1年を一番勉強した年、
成長した年にしましょう」DSCN9254-1

無事に開講式を終えて、
今日の第1講義に入る。

今日一日のテーマは
「ミッションマネジメント」。

私は冒頭で、
商業近代化を唱えた倉本長治と、
ドラッカーの考え方を整理しつつ、
商業が果たすべき使命を講義。
DSCN9258-1

会社のミッションやビジョンこそ、
すべてのスタートとなるし基盤になる。
使命のない商売は続かない。DSCN9262-1

万代には二大ビジョンがある。
「日本一買い物に行きたい店舗
日本一働きたい会社」
このビジョンこそ、
行動の指針としなければならない。
DSCN9264-1
会社のミッションやビジョンは、
お経のように唱えているだけでは、
いけない。もったいない。

日々、道具のように使いこなし、
活用しなければならない。

そのことを強調して、
すぐに行動することを求めた。

そして改めて阿部社長が、
32名の幹部候補生に向けて、
万代のビジョンを講義。
DSCN9272-1

受講生たちにとっては、
社長や経営幹部から直接講話を聴く。
これが企業内大学の良さだ。DSCN9273-1

午前の講義を終えた阿部社長と、
日本のスーパーマーケットの最新情勢を、
意見交換。
DSCN9275-1

昼食は本社の下にある万代渋川店で購入。DSCN9282-1

一丁目一番地はサラダ野菜。
よりどり3個350円。DSCN9278-1

鮮魚の目玉は、
1尾100円のエビ。
DSCN9283-1

店内に大感謝祭の告知POP。DSCN9284-1

コロッケバイキング1個68円の売場。
DSCN9277-1
私はつくり立て牛焼肉弁当450円を購入。
もちろん、鯖鮨も。
ちょっと食べ過ぎた。

午後の講義は、
結城義晴が担当。

商売の使命・万代の使命と題して、
災害時の小売業の活躍から、
人間力経営までをスライドで講義。DSCN9289-1

さらにAIやビッグデータがもたらす、
小売業のイノベーションの方向性を示す。DSCN9291-1
ミッションマネジメントの要諦を、
さまざまな角度から、
2時間30分ほど講義。

最後は、結城義晴の文章法・訓練法を解説。

万代知識商人大学では、
毎月、レポートを提出させる。
最後は卒論を書く。DSCN9295-1

だから文章の書き方や体裁を、
月刊商人舎の私の記事を参照しながら、
ていねいに解説した。DSCN9297-1

2019年3月から2020年1月まで、
9回の講義とアメリカ修了ツアー。
1泊2日の合宿もある。DSCN9304-1

いよいよ始まった、
万代知識商人大学第4期。

創設者の加藤徹さんも、
開校式から講義まで、
ずっと聴講してくれた。
加藤さんは現在、
親会社の㈱万代油脂工業社長。DSCN9257-1
ありがたい。

そして講義を終えると、
あわただしく彦根に移動。

彦根城がホテルの窓から見える。DSCN9364-1

彦根では㈱平和堂のお二人と交流。
田中仁史さん(中)と本持真二さん。
田中さんは取締役食品統括、
本持さんは教育人事部長。
IMG_38629
田中さんの情報網はすごい。
しかもよく勉強している。
貴重な情報交換ができて、
実に有益だった。

まさにパラダイム転換の時だ。

〈結城義晴

2019年03月13日(水曜日)

「ドンキUNY業態転換」100店構想と「消費増税ポイント還元」

月刊商人舎3月号。201903_coverpage
おかげさまで、
月刊商人舎webコンテンツも、
アクセス数がうなぎ上り。

ありがとうございます。201903_contents

その好調ぶりは、
この2年間の出店スピードが示す。

ドン・キホーテUNYのダブルネーム化は、
昨2018年2月から始まった。

そして今年12月までになんと28店。

さらに2020年もそれが続く。

今日の商人舎流通Supernews。
ドンキnews|
2020年ユニーのダブルネーム業態転換店第1弾発表

2020年の2月に4店が転換。
⑴アピタ小牧(愛知県小牧市堀の内)
⑵アピタ岐阜(岐阜県岐阜市加納神明町)
⑶アピタ大口(愛知県丹羽郡大口町)
⑷アピタ市原(千葉県市原市青柳北)

2023年までの期間を目途として、
アピタ、ピアゴ約100店舗を、
ダブルネーム店舗に業態転換していく。

もう一つの、
ドンキnews|
ピアゴ転換の「MEGAドン・キホーテUNY伝法寺店」3/27開業

愛知県一宮市のピアゴ伝法寺店が、
MEGAドン・キホーテUNYに転換。

もう、ユニーがなくなって、
みな、ドンキに変わっていく。

なぜうまくいっているのか。
月刊商人舎でそれが解明される。

根本的な理由は、
不可逆性の転回。
じっくり読んでみてください。

今日は夕方、新幹線で西へ。
IMG_61749

富士の姿は見事としか言いようがない。IMG_61839
明日から頑張ります。

さて、日経電子版。
「消費増税ポイント還元」の記事。

今年最大の2つの変化。

第1は5月の新天皇即位、
第2は10月の消費税10%増税。

この増税に合わせて政府は、
キャッシュレス決済への、
ポイント還元を実施する。

期間は9カ月で、
10月1日から2020年6月末まで。
中小の飲食店や小売店の買い物代金を、
キャッシュレスで決済した消費者に、
国が5%分をポイントなどで還元する。
コンビニなどフランチャイズ店でも、
2%を還元する。

理由は2つ挙げられている。
第1は、増税後の消費の落ち込みを防ぐ。
ポイント還元して消費を喚起するらしい。

第2は、キャッシュレス決済比率を上げる。
なぜキャッシュレス比率を上げるのか。
「欧米よりも低いから」と表現されるが、
まったく理由になっていない。

しかしキャッシュレス比率が上がると、
税収が増えると言われる。

欧米ではそれが証明されている。

だから経済産業省は12日、
この制度に参加する事業者に対して、
登録受け付けを始めた。

そしてこの事業に対してまず、
大手カード会社5社と、
非金融系の決済事業者5社が参加する。

合計10社。

日経の取材。

カード会社では、
JCB、楽天カード、三井住友カード、
三菱UFJニコス、クレディセゾン。
5社のカード取扱高合計は、
国内の過半を占める。

だから他のカード会社も追随する。
20160110_cover_01

非金融系の決済事業者は、
ペイペイやNTTドコモ、メルカリ、LINE、
そしてスタートアップのオリガミ。

話題のペイペイは、
ヤフーとソフトバンクの出資企業。

この事業によって消費者は、
クレジットカードやQRコードなど、
多様な決済サービスで還元が受けられる。

しかしこれまで、
経産省とカード業界との調整は、
難航していた。

その理由。
第1に、中小店舗での決済だけに、
5%が還元される。
それが政府の方針。

しかしカード会社のシステムは、
加盟店の識別が規模別になっていない。
だからそのための大幅改修が必要だ。

経産省が共通システムをつくる。
カード会社側の負担が軽減される。

第2位の壁は手数料問題。

政府方針は、
加盟店から受け取る手数料に、
上限を設けていた。
その上限は3.25%。

しかしカード会社は、
信用力の低い加盟店には、
5%を超える高い手数料を設定している。

そこで政府は手数料の上限設定に関して、
恒久措置にすることを見送ることにした。

中小企業の定義も明確ではない。
弥縫策を講じる。

政府は必死だ。

キャッシュレス化によって、
税収が増える。

2015年の調査だが、
日本のキャッシュレス比率は18.4%。

アメリカが45.0%、
イギリスが54.9%。

フランスは39.4%、
ドイツに至っては14.9%。

韓国が89.1%、
中国が60.0%。

「欧米並みに」という理由だけで、
非現金化比率を上げるのが、
そんなに意味があるのか。
そして税収が増えるのか。

ドイツの14.9%という数字も、
反対の意味で、の説得力がある。

キャッシュレスは便利だし、
消費者にとっては、
現金を引き出す手間が省ける。
私自身、その比率が増えている。

店の側はレジのコスト削減ができる。
これは小売業やサービス業にとって、
大きなメリットだ。

昨日の日経新聞コラム「大機小機」
タイトルは、
「拝金主義と国債」

「日本の財政状況は最悪だ。
本年10月の消費増税は避けて通れない」

その通り。

財政破綻寸前の現状で、
国債を増やし続けて賄っている。

そしてこのままでは我が国の国債は、
税金で返済しきれない規模に膨れ上がる。
「財政が破綻して、国債は価値を失う」

「莫大な量の金融資産」が信用を失って、
それが一斉に、
「物やサービスの購入に向けられたら、
物価が高騰して円が価値を失い、
市場取引が滞る」

「ところが、国民が、
お金を使わず持ち続けるなら、
金融市場は破綻しない。
国民が拝金主義を徹底すれば、
国家財政も金融市場も支えられる」

不思議な現象が起こる。

現状は、
「家計の金融資産保有額が増大し続けても
消費増に結びつかない」

健全な消費を生み出すには、
まずは財政破綻を避けるべきだ。

だから消費増税はすべきだ。

しかしその時に、
小賢しい弥縫策はいただけない。

健全な消費は、
公平で公正な競争の中からしか、
生まれない。

〈結城義晴〉

2019年03月12日(火曜日)

ラファエッロ時代の「さりげなさ」と「小さな試み・大きな思い」

3月上旬は組織改編と人事異動の季節。
いろいろと報告メールが入る。

商人舎流通Supernews。
組織に関してはできるだけ解説を入れる。

今日はイオンリテール㈱の組織と人事。
イオンリテールnews|
3/12機構改革/商品担当組織に「新業態開発部」を配置

井出武美新社長となって、
今日付けで機構改革と人事異動。

このニュースの中で、
デジタル本部に二つの部が新設された。
デジタル企画部と、
マーケティング企画部。

また、デジタルイノベーション部は、
Eコマース部に改称して、
本格的に電子商取引に取り組む。

このマーケティング企画部長に、
広報部長の栢野博子さんが異動する。
アメリカでもご一緒した。
DSCN9207-7

さらにその栢野さんの後任に、
吉田和弘さん(私の隣)。
IMG_09629

おめでとう。

それから、
人事部教育担当部長の東昌世さんは、
店舗現場に戻ってイオン吹田店長。
その後任は吉田元さん。
右が東さん、左が吉田さん。
IMG_7265999
皆さん、おめでとう。

新しい役割に、
真摯に取り組んでください。

今日は午前中に、
佐藤一夫さん来社。IMG_38449
元三井物産USA副社長。
コーネル・ジャパンの1期から3期のとき、
ニューヨーク修了旅行でお世話になった。

その後、帰国してから、
㈱アークスに出向。

そして今、
辻・本郷ビジネスコンサルティング㈱で、
執行役員。

経営継承、事業再生などの領域で、
コンサルティング業務に従事している。

午後には私の隣の佐原義規さんが、
二見仁基さん、木下幸夫さんと来社。
IMG_3846
佐原さんは、
㈱セブンカルチャーネットワーク、
デジタル推進部部長で、
旅行事業販売促進法人営業担当。

二見さんと木下さんは、
㈱セールスフォース・ドットコム所属。
二見さんはコンシューマー通信メディア営業本部第一営業部長。
木下さんはその部下で、
ストラテジックアカウントマネージャー。
IMG_38499
佐原さんはセブン&アイらしからぬ人物で、
聞いてみると近畿日本ツーリスト出身。

「セブン&アイらしからぬ」は、
誉め言葉です。

現在はデジタル推進部部長でありながら、
旅行事業の企画・運営を担当している。

様々な情報交換をして、
実に楽しい時間だった。

その後、猪股信吾さんがやってきて、
これもたくさんの議論。
猪股さんは立教大学大学院で、
結城ゼミ第2期生の俊英。
Webコンサルタントとして活躍中。

有り難い。

さて、日経新聞電子版の「経営者ブログ」
鈴木幸一さんのブログ。
日本のインターネットサービスの草分け。
㈱インターネットイニシアティブ会長。
suzuki_s
93年にネット接続サービスを開始。
ネット企業に道をひらいた業界の重鎮。

毎週火曜日の朝、このブログを執筆。
私は愛読している。

今日のタイトルは、
「ちいさな試み、おおきな思い」

読書家の鈴木さんが読むのは、
『ラファエッロの秘密』
コンスタンティーノ・ドラッツィオ著。
41VcRZ2K-1L._SX345_BO1,204,203,200_
イタリアルネサンスの三大巨匠。
レオナルド・ダ・ヴィンチ、
ミケランジェロ、
そしてラファエッロ。

このルネサンス期に、
「紳士にふさわしいさりげなさ」が流行る。

その宮廷人による定義。
「あらゆる言動は、
ほとんどなにも考えることなく
自然になさなければならない」

「多大な注意を払って、
その能力を隠さなければならない」

「もし、それに気づかれた場合、
信用を失い評価されなくなるからである」

ラファエッロこそ、
この時代の寵児(ちょうじ)であった。

コラムニストの鈴木さん。
「およそ、さりげない振る舞いなど、
忘れてしまったような日本にいると、
こんな言葉にひかれてしまう」

同感だ。

「見透かされようが、
馬鹿にされようが、
ありったけの大声で、
ささやかな能力を誇示し続ける」

「瞬時でも注目をされないと
生きていけない」

これがまるで、
「当たり前のよう」になってしまった。
ポピュリズムに侵された日本、
そしてアメリカ。

「それは政治家や芸能の世界だけの
ことかもしれないのだが、
ついつい、耳を塞いでしまうことになる」

そこで鈴木さんは、
「ちいさな試み」を始める。

リーマン・ショックの翌々日。
大手町にある銀行のロビーで、
無料のトワイライトコンサートを始めた。
それが、先週、100回目となった。
「おおきな思い」に支えられて。

「紳士にふさわしいさりげなさ」
「ちいさな試み、おおきな思い」

なぜかドラッカーの、
イノベーションに似ている。
焦点を絞り、単純なものにする。
小さくスタートする。
最初からトップの座をねらう。

新しい職場、新しい仕事、
新しい役割、新しい貢献。

そんなときの心構えは、
紳士であること。
さりげなさを失わないこと。

そして「ちいさな試み、おおきな思い」。

小さくスタートし、
しかしトップを狙う。

〈結城義晴〉

2019年03月11日(月曜日)

3・11の和合亮一「明けない夜は無い」と特集「ドンキはなぜ好調か?」

Everybody! Good Monday!
[2019vol10]

2019年第11週。
3月の第3週。

そして今日は3・11。IMG_38269

あれから8年。
東日本大震災。

私は今でも、
「東北関東大津波大震災」だと思う。

復興庁は2012年2月10日に発足した。
これもちょっと遅いと思った。
IMG_38359

その復興庁によると、
発生直後の避難者は最大約47万人。
もちろん減少しているけれど、
2月時点で5万1778人が、
いまだ避難生活を続けている。

特に福島県では約3万3000人が、
県外への避難を続けている。
福島原発事故の影響だ。
IMG_38299

復興庁が胸を張る。
直轄国道の99%が復旧。
復興道路・復興支援道路も62%が完成。
鉄道は97%が再開。

住宅地の再建も進んだ。
高台移転を中心とした住宅用地造成も、
戸数ベースで93%が完了。

災害公営住宅の計画は3万戸余りだが、
今年1月時点で98%が工事完了。

だがそれでも、住民の帰還は遅れている。

福島の詩人・和合亮一さん。
yn1yj5l0_400x400
その詩集『詩の礫』にある。

「あなたにとって故郷とは、
どのようなものですか。
私は故郷を捨てません。
故郷は私のすべてです」
(2011年3月16日21:41)

「私は震災の福島を、
言葉で埋め尽くしてやる。
コンドハ負ケネエゾ。」
(2011年3月18日1:06)

「そうだ、そうだ」と応援したくなる。

「命を賭けるということ。
私たちの故郷に、
命を賭けるということ。
あなたの命も私の命も、
決して奪われるために
あるのではないということ。」
(2011年3月18日14:21)

和合さんの詩集。
ぜひ、読んでほしい。
IMG_38419

朝日新聞「折々のことば」
今日の1399回。

言わば
震災後八年ではなく
震災八年。
(和合亮一)

編著者の鷲田清一さん。
「詩人は原発の爆発のあと、
何かこれまでとは”全く違うこと”を
しなければならないと思い、
誰に届くやも知れない呟きを、
“苦手”なツイッターに書き込み続けた」

それが『詩の礫』
2011年6月30日発刊。

鷲田さんが和合さんの仕事を説明。
「この事故の”不条理”に向き合って
それを”ありのままに”書くことの難しさが、
以後の詩業の原点にある」
(「現代詩手帖」3月号より)

和合さんは2016年3月31日に、
新しい詩集を出した。
『昨日ヨリモ優シクナリタイ』

こちらも読んでください。

「ふるさとについて
誰彼ともなく語り始めた
ふるさとについて
誰彼ともなく口をつぐんだ
ふるさとについて
誰かれともなく目を細めた
ふるさとについて
誰かが耳をふさいだ」

ふたたび『詩の礫』

「福島を誇りに思う。
福島の力を信じる。」
(2011年3月20日23:46)

私は福島生まれではない。
福岡生まれだ。

しかし私も、
福島を誇りに思う。
福島の力を信じる。

宮城を誇りに思う。
宮城の力を信じる。

岩手を誇りに思う。
岩手の力を信じる。

今日、2時46分。
静かに合掌して、黙とう。

さて、月曜日。
商人舎webコンテンツ。
月曜朝一・2週間販促企画。
それでも商売のうえでは、
防災グッズを品ぞろえしよう。

今日、月刊商人舎3月号発刊。
201903_coverpage
特集は、
[質問]ドンキなぜ好調か?

[Cover Message]
ドン ・キホーテはなぜ、好調なのだろう。ユニーのアピタやピアゴをMEGAドン・キホーテUNYなどのダブルネームのフォーマットにすると、なぜ売上げが2倍にもなるのだろう。一方で、ライフコーポレーションは1000坪クラスの中型総合スーパー「CbS」を59店も展開して、最新の桜新町店は絶好調だが、これはなぜなのだろう。「業態」にはライフサイクルがある。導入⇒成長⇒成熟⇒衰退。業態の盛衰理論によれば、このライフサイクルには不可逆性がある。つまり歴史は逆戻りしないということだ。しかし、ドン・キホーテもライフ1000坪も、その不可逆性を覆(くつがえ)している。「中型総合スーパー」は衰退したという事実に、不可逆性の転回という異変を起こしている。なぜなのか。小売業の3月は新年度。新入社員も入ってくる。新しい部下も異動してくる。現代の「若い者」は馬鹿ではない。あなたは彼らのこの素朴で厳しい質問に、正しく、わかりやすく答えられるか。201903_contents
田村正紀先生と対談して、
業態の不可逆性について考察した。
神戸大学名誉教授で、
日本の業態論の最高権威。
201903_tamura8_jukkai

㈱ライフコーポレーションを研究した。
岩崎高治社長のインタビューを行った。
201903_6-1_iwasaki_02

そのうえで、
ライフ桜新町店を、
写真構成で分析した。
201803_6-2-2_life_06

美しい青果部門。
201803_6-2-1_life_06

さらに「中型総合スーパー」復活の条件を、
巨匠・鈴木哲男先生に、
調査、検証してもらった。

その「A-B-Cの原則」とは?

読んでください。

最後に、今日はやっぱり、
和合亮一の『詩の礫』。

「明けない夜は無い」
(2011年5月26日5:26)

では、みなさん、
今週も、「福島を誇りに思う」

Good Monday!

〈結城義晴〉

2019年03月10日(日曜日)

ジャック・ニクラウスの「良い人柄と良いスウィング」

今日はホームコース。
ジャック・ニクラウス設計。
大久保恒夫さんとラウンド。IMG_38139
Jack Nicklausは、
1940年1月21日生まれ。
ゴルフの「帝王」と呼ばれる。

アーノルド・パーマー、
ゲーリー・プレイヤーとともに、
ビッグ3と称されたが、
二人を超えて、
史上最高のゴルファーとなった。

4大メジャー選手権では、
通算優勝18回で歴代1位。

2位のタイガー・ウッズが14回、
3位ウォルター・ヘーゲンが11回。
4位の9回優勝が二人。
ベン・ホーガンとゲーリー・プレイヤー。
6位の8回がトム・ワトソン。

すごいゴルファーばかり。

ゴルフメジャー選手権とは、
全英オープン、全米オープン、全米プロ、
そしてマスターズ。

ニクラウスの圧倒的な強さは明白だ。

2005年に大統領自由勲章を授与された。
この勲章は1992年に、
サム・ウォルトンも受章している。
もちろんサムはウォルマート創業者。

なんといっても、
ニクラウスの美しいスウィングは、
目に焼き付いて離れない。

2005年に65歳で引退したが、
ゴルフコースも多数、設計している。

ドラッカーと同じように親日家で、
日本でも28コースを設計している。

そのニクラウスのコース設計理念は、
第1にパワーより正確さを競うコース。
第2に筋肉より頭脳を使うコース。
第3に自然を可能な限り損なわないコース。

素晴らしい。

私もこの考え方が気に入って、
メンバーとなった。

そのニクラウスの名言は、
仕事や経営に通じる。

まず、
「全力で闘おうとしない者に、
勝利は、微笑まない」
何事にも、全力を挙げて取り組むこと。

「失敗を恐れない」
という姿勢では弱い。
「必ず成功させるのだ」
という強い意志を持て。
必ず成功させるのだ。
そう考えて行動する。

セットアップが間違っていたら、
いくら世界で一番素晴らしい
ゴルフスイングをしたとしても、
いいショットは打てないだろう。

セットアップは、
ゴルフではアドレスともいう。

最初の体の構え。

世界で一番の商品をつくっても、
世界で一番の店を出しても、
経営の方向性や方針が間違っていては、
良い成果を上げることはできない。

私は時々、
ボールの右半分を見ることで
よりボールを芯で
とらえやすくなることを
発見した。

これは純粋に、
ボールの打ち方を言っているが、
「半分を見ることで芯をとらえる」は、
商売の真理に近い。

チャーリー・ニクラウスが、
息子のジャックに言った言葉。
「ジャック。負けたときこそ、
堂々と勝者を称えることを忘れないように。
それこそがスポーツマンであり、
スポーツの醍醐味なのだから」

過ぎた失敗は忘れ、
目の前のショットに専念し
次のチャンスに賭ける

日々の仕事への向き合い方の基本である。

さらに
私は、
打ちたいボールの軌跡を
イメージせずに打ったことは
一度もない。

ゴルフスウィングのイメージとは、
Plan⇒Do⇒Check⇒Actionにおける、
Planである。

人は、
心から楽しめるもののみに
ベストを尽くせると、
私は強く信じている。
ちっとも楽しくないことに
高い能力を発揮するのは
至難の業だ

だから自分の仕事を、
心から楽しめるようにする。
それがベストを尽くすことになり、
高い能力を発揮することになる。

自分自身をコントロールすること。
それは激情を抑えることではない。
激情を自分に起こさせない能力を
言うのだ。

ゴルフプレーにおいて、
セルフコントロールこそ、
何よりも大事だ。

激情を抑えるというのは、
まだまだ次元が低い。
自ら激情を起こさせない。
そんな能力をつける。

夢は、
モチベーションを
駆り立ててくれるけど、
夢を実現させるには
具体的な要因、知識と
努力が必要になる

夢を成し遂げるには、
要因と知識と努力が必須だ。

最後に、これが一番好きな言葉だ。
「ゴルフでは、
良い人柄と
良いスイングしか
役に立たない」
IMG_38169
ゴルフに限らない。

商売における「スウィング」も大事だ。
「商売のスウィング」とは、
「カ・カタ・カタチ論」の「カタ」である。

「カ・カタ・カタチ」論は、
建築家・菊竹清訓の持論。
IEの巨人・城功の考え方。

「カ」は最も根源的なもの。
経営理念や社会的使命、
わが社のビジョンやコンセプト。

「カタ」は「カ」を実現する手段・方法。
たとえばわが社らしい技術、仕組み、
特有の組織とヒューマンリソース。
これがゴルフにおける「スウィング」だ。

そして「カタチ」はできあがった成果物。
たとえば完成された商品、売場、
たとえば旗艦店舗、フォーマット。

商売には、
良い人柄と、
良い「カタ」しか、
役に立たない。

ありがとう! ジャック。

〈結城義晴〉

2019年03月09日(土曜日)

最高齢ギネス世界記録の田中力子さんの「今!」と不可逆性の転回

三月、去る。
時の移り変わりは早い。

しかし田中カ子(かね)さん。
福岡市東区に住む116歳。

世界最高齢のギネス世界記録に、
認定された。

明治36年(1903年)年1月、
旧和白村(現福岡市東区)生まれ。

福岡市東区で餅屋を切り盛りして、
実子4人と親戚の子ら4人を育てた。

好奇心旺盛で勝ち気な性格だそうだ。

私の祖母も福岡生まれ、
福岡育ちだったが、
99歳8カ月まで生きた。

福岡の女性は長生きが多いのか。

田中さんは老人ホームに入所している。
手押し車を押しながら歩いて登場。

朝日新聞によると、
甘い物が大好物。

私の祖母は、
タバコとウィスキーが好きだった。
亡くなる少し前まで、
タバコとウィスキーをたしなんだ。

田中さんは、
ひ孫からチョコレートを渡されると、
ぱくっと口に入れた。

「いくつ食べたい?」
「100個」

ユーモアも健在。

私の祖母と同じだ。

そしてこれが良かった。
「今までで一番楽しかった出来事は?」
力いっぱい答えた。

「今!」

黒澤明もチャールズ・チャップリンも、
「あなたの最高の作品は?」と聞かれると、
すぐに答えた。

「ネックスト・ワン!!」
「次の作品だ」

私の言葉でいえば、
「小さな喜び、
ささやかな幸せ、
明日への希望」

それが生きるエネルギーだ。

それに好奇心が加わるのだろう。

生きる意欲がわいてきた。

さて3月の商人舎標語。
そして月刊商人舎3月号の、
[Message of March]

不可逆性の転回を起こせ!

どんな現象にもライフサイクルがある。
もともとは人生を円環にして描いたものだ。
幼年、少年、青年、中年、壮年、熟年、老年。
それが商品や企業や業態などに当てはめられた。

これらのライフサイクルは、
導入期⇒成長期⇒成熟期⇒衰退期を辿る。
そしてここには不可逆性がある、とされる。
人生が二度と取り戻せないことと同様に。

しかし人生は別にして、
商品や店舗や企業や業態には、
それほど安易に実現するものではないけれど、
本当に稀に不可逆性の転回が起こる。

佐藤一斉は言葉を残す。
(わか)くして学べば、
壮にして為すこと有り。
壮にして学べば、
すなわち老いて衰えず。
老いて学べば、
すなわち死して朽ちず。

最後の最後に、老いて学ぶことが、
奇跡を生み出すのだと思う。
衰退期に必死で生きようとすると、
死に体の組成が甦る。

それが不可逆性の転回である。
商品や店舗、企業や業態には、
ときとしてこの現象が起こる。
そしてそのメカニズムこそ生命の秘密である。

不可逆性の転回現象を探せ。
不可逆性の転回事例を追いかけよ。
そこからライフサイクルの秘密を発見せよ。
好循環の生命力はここに源を発する。
〈結城義晴〉

 

「不可逆性」ともいうし、
「非可逆性」とも表現する。

「逆戻りしないこと」

しかし、その不可逆性も、
転回させることができる。

人間の一生は、
「不可逆性」の代表例である。

しかし116歳の長寿は、
どこかで「不可逆性の転回」を、
しているに違いない。

それが長寿となる。

そしてそれは、
「小さな喜び、
ささやかな幸せ、
明日への希望」

そして旺盛な好奇心だろう。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2019年5月7日(火)~5月13日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベガス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年6月4日(火)~6月6日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2019年3月
« 2月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.