結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2016年04月15日(金曜日)

熊本地震と井阪セブン&アイ 誕生と11回平和堂米国研修

九州熊本を震源とする地震。
マグニチュード6.5。
「横ずれ断層型」だった。
つまりは南北方向に引っ張られる力で、
断層が横に動く型。

震源の深さが11キロと浅かった。
だから逆に震度7。
東日本大震災以来の激しい揺れだった。

被災した人たちの不安や恐怖は、
それだけ厳しいものとなった。

震源の近くにあるのは二つの断層。
熊本県内を北東から南西に延びる、
布田川断層と日奈久断層。

布田川断層帯は、
阿蘇外輪山の西側斜面から、
宇土半島の先端に至る活断層。
日奈久断層帯は、
その北端が布田川断層帯と接していて、
八代海南部に至る活断層。

どちらも全長約100キロ。
今回の震源が予測されているが、それは、
布田川・日奈久両断層帯が交わる地点に近い。

政府地震調査研究推進本部の見解。
布田川・日奈久断層帯が連動する地震の場合、
最大でマグニチュード8.2の可能性がある。

まだまだ、油断はできない。

ただしこのエリアで、
30年以内に大規模地震が起きる確率は、
ほぼ0〜0.9%。

最悪を覚悟して、
最善を尽くす。

だとすれば原発問題への解答も、
明白なはずだ。

さて、毎日報道している「事件」、
セブン&アイ・ホールディングス。
決着が見えてきたようだ。

日経新聞朝刊の一面。
「セブン&アイ社長に井阪氏」の記事。

このブログでは昨日の夜、
その予測を、すでに報じた。

しかしこの情報に関しては、
日経新聞と同社の情報ルートが、
ほぼ正常化してきた。

今日、開かれる指名報酬委員会で、
セブン-イレブン・ジャパン井阪隆一社長が、
昇格して持株会社セブン&アイ社長に就任、
後藤克弘常務執行役取締役が副社長に昇格。

鈴木敏文会長は最高顧問。
村田紀敏社長は退任。

セブン-イレブン社長は古屋一樹副社長。

井阪さん58歳、後藤さん62歳、
古屋さん66歳、
そして村田さん72歳、鈴木さん83歳。

セブン&アイ取締役は、
鈴木さん、村田さんを除いて、
全員が留任。

肝心の鈴木さんは、
5月末の株主総会後、
グループのすべての役職を退任、
しかし最高顧問で残る見通し。

こんなに醜い暴露戦を展開せず、
きちんとした議論の上で、
この体制にすれば、
何ら問題はなかったはずだ。

特に4月7日の記者会見は、
まったく余分だった。

私はそう思う。

社員・従業員も、
顧客も取引先も、
そして株主もマスコミも、
あきれ返った。

もう一つ、私は鈴木さんが、
最高顧問でも、
残るべきではないと思う。

全役職を辞すると言い切ったのだから、
それはすっきりとしたほうが、
ほんとうは良かったかと思う。

多分、伊藤雅俊名誉会長の配慮だろうが、
ここは完ぺきに身を引いたほうが、
鈴木敏文らしい。

まったくの岡目八目の私の案は、
伊藤順朗さん(57歳)のファウンダー、
井阪隆一さんのCEO。
サム・ウォルトン方式。
あとは実力主義。

そして伊藤雅俊さんも名誉会長で、
完全引退。

これですっきりする。

しかしそんなごたごたが続いたが、
ユニクロとセブンイレブンの、
コラボレーションが、

19日から全国展開となる。

すでにユニクロのネット通販商品は、
セブン-イレブン店頭で受け取れる。
2月に首都圏の約5700店で始まった。
それが4月19日から、
全国約1万8600店に広がる。

顧客がユニクロのネット通販で注文する際、
受け取り場所として、
全国のセブン-イレブンの店舗を指定できる。

原則的にユニクロの全商品が対象。
コンビニ受け取りの手数料は無料。
購入額が5000円未満(税別)で送料450円。
通常のユニクロサイトと同様。

セブン-イレブンは24時間の受け取りが可能。
つまりセブンのインフラをユニクロが、
最大評価しているということだ。

古屋社長のセブン-イレブン、
井阪社長のセブン&アイが、
そんなインフラとポテンシャリティを、
最大化していく。

特に井阪さんは、
鈴木敏文さんから一度、
「駄目出し」されただけに、
逆に奮起のパワーが期待される。

さて、私は今日、
横浜シティエアーターミナルから、
リムジンバスに乗り込む。

すぐに、みなとみらい。
DSCN7275-6

そしてベイブリッジ。
DSCN7277-6

我が故郷・横浜港が見送ってくれる。DSCN7279-6

東京を抜けるとスカイツリー。
DSCN7289-6

1時間ちょっとで、
成田国際空港第2ターミナル。DSCN7295-1

アメリカン航空のEカウンターで
先にチェックインを済ませて、
平和堂メンバーの到着を待つ。DSCN7291-1

やって来ました。
平和堂旅行課スタッフの引率の下、
総勢40名。
DSCN7293-1

あいにく機械の不具合で、
セルフチェックインができず、
カウンターに並ぶメンバー。DSCN7294-1

しかしスピーディに、
カウンターで手続き。
DSCN7298-1

あっという間に、
チェックインが進む。
DSCN7299-1

われわれが搭乗するのは、
18時30分発のAA60便。
ダラス・フォートワース国際空港への直行便。
DSCN7305-1

副団長の二人と写真。
島津克さんと三田村勝彦(右)さん。
島津さんはアルプラザ香里園支配人。
三田村さんはアルプラザ茨木支配人。
DSCN7303-1

A3会議室で、
平和堂アメリカ研修団結団式。
DSCN7331-6

みんな緊張気味だが、
心はドキドキワクワク。
DSCN7306-1

事前勉強会を済ませているので、
出発前の簡単な檄。
DSCN7313-1

11回目の今回の平和堂アメリカ研修。
勉強するだけでなく楽しんでほしい。
DSCN7316-1

そして団長のあいさつ。
冨岡勇夫さん。
東海営業部部長。
DSCN7328-1

最後に、出発前の全員写真。
DSCN7336-6
元気で無事に帰国します。
成果を期待してください。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2019年5月7日(火)~5月13日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベガス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年6月4日(火)~6月6日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.