結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年11月11日(月曜日)

商人舎11月号「波の下にある潮流」とヤオコー中間決算の「運」

Everybody! Good Monday!
[2019vol45]

2019年第46週、11月第3週。

先週金曜日8日の立冬を過ぎて、
秋も深まってきた。

月刊商人舎11月号
通巻79号、発刊しました。

特集は、
「波の下にある潮流」
消費増税直後の小売業トップマネジメント発言集

201911_cover

月刊商人舎だけの[Cover Message]――。

「波は短期的に動揺と混乱を引き起こすが、長期的には波の下にある潮流のほうがずっと重要である――」。アル・ライズ&ジャック・トラウトの名著『ポジショニング戦略』の「12の決め手」から。10月1日に消費税率が10%に引き上げられた。軽減税率制度が初めて導入され、中小企業での購買には、キャッシュレス決済に対して5%のポイント還元がなされる。消費低迷や価格競争・ポイント競争の激化は明白であるし、消費者心理や買物行動は大きく変わるに違いない。しかしその海の上の波が変化するときに、海の下の潮流はどう変わるのか。短期的な動揺と混乱の下で、長期的な変動と変容は起こっていないのか。イオン岡田元也、セブン&アイ井阪隆一、ファーストリテイリング柳井正をはじめ、小売業首脳陣の発言から、「波の下にある潮流」を探った。ライズ&トラウトは「12の決め手」のなかで真っ先に挙げている。「変化が激しくなるほど変わらないものの価値は上がる」。その変わらないものこそ、潮流の正体である。

その目次。201911_contents
タイトルはビジネス的ではない。
多分、私の初めての小さな試み。

まあ、私のささやかな楽しみです。

しかしトップの皆さんの考え方、
しっかり受け止めました。

先月号は、お陰様で完売。
特集は、
Big Data✕Marketing4.0
令和データドリブン・マネジメントと生活ルネサンス
201910_coverpage-448x632
これから3年くらいは、
最も重要なテーマとなります。

ついでに先々月号も大好評。
その月刊商人舎9月号。
特集は、
2019★「アメリカの歩き方」
US-Retail視察ガイドブック「16都市圏☆評価」
9gatugou-448x630
日本スーパーマーケット協会、
その20周年記念パーティーでも、
三菱食品㈱社長の森山透さん(左)から、
お褒めの言葉をいただいた。
IMG_25749
「とてもいい内容なので、うちのみんなに、
しっかり勉強せよと、奨めました」

実際に三菱食品の幹部・社員から、
急遽、申し込みがあった。

ありがとうございました。

さて、11月11日の今日は、
中国の「独身の日」

中国のeコマース取扱量が、
1年間で最大となる日。
いまや国民的行事だ。

しかし歴史は浅い。

10年前の2009年に、
アリババのダニエル・チャン現CEOが、
米国Black Fridayを真似て仕掛けた。

チャンCEOはジャック・マー創業者から、
この9月に会長職を引き継いだばかり。

実質的なトップとなって、
初の「独身の日」セールを展開。
力が入る。

アリババサイトの売上高は、
最初の1分半で96億元(1500億円)、
最初の1時間で840億元(1兆3000億円)、
この1時間の売上げだけで、
前年同期の690億元を22%上回った。

さらに昨年同日の過去最高記録は、
16時間半で突破した。
その昨年の額は、
2135億元(約3兆3000億円)、
305億ドル。

米国サイバーマンデーは昨年、
79億ドルの総販売額だったから、
中国のオムニチャネル経済の巨大さを、
この305億ドルは物語る。

今年は昨年比20%~25%増で推移した。
だから今年の推測は、2500億元。
4兆円、400億ドル規模。

アリババの天猫モールは、
eコマースのプラットフォームである。
ウォルマートのように、
自分の売上高ではない。

日本製品もアリババでは大人気で、
開始1時間の国別統計で首位だった。

さて、日本の年末eコマースはどうなるか。

イオンが11月5日(火)~11日(月)まで、
「サイバーeセール」を仕掛けた。

商人舎流通スーパーニュース。
イオンリテールnews|
2019サイバー“e”セール11/5日から7日間実施
3fa7485820ed07baefba1779242a83f7
イオンは今日の「独身の日」には、
ゾロ目価格の目玉商品を打ち出した。

一方、楽天は1日限定で、
「おひとりさまDAY」を開催。
rakuten-ohitorisama

ネット通販に先行されて、
リアル店舗もますます、
「早仕掛け・早仕舞い・際の勝負」

「2週間販促企画」は言う。
「令和最初の年末年始商戦がスタートする」

さて今日の私は、
朝から自由が丘。

いつもの花屋。IMG_26889

こちらもクリスマスモード。
IMG_2686

午後は、銀座に出ると、
GINZA SIXは、
11月5日(火)~12月25日(水)まで、
「Celebration of Life-星の海の祝祭」
クリスマスプロモーションの早仕掛け。
IMG_26899
とはいっても、明らかに、
中国人狙い。

クラウス・ハーパニエミのデザイン。
フィンランド人アーティストで、
宇宙を舞台に「Astral Sea」の世界を描写。
Astralは「星のような」と言う意味。

中央吹き抜け空間には、
全長約10mのクジラ。
これは弘前のねぷた師が制作。IMG_26929

そして今日は、
ヤオコーの中間決算発表会。
DSCN93699
川野澄人社長がパワーポイントを使って、
実にわかりやすく、正直に、
上期決算の要点を説明した。

2020年3月期の中間決算は、
連結営業収益2252億9300万円で、
これは前年同期比104.4%。
営業利益は108億6800万円で100.2%、
経常利益も107億8700万円で101.4%。

ただしヤオコー単体では、
営業利益98.8%、経常利益99.9%。

7月の業界全体の落ち込みは、
ヤオコーにも影響を与えた。

だから「粗利益率を下げて、
売上高を上げる作戦」を採用した。

ヤオコー単体の数値だが、
客数が99.6%、
客単価が101.1%。
その客単価を構成する、
点数PI値は100.6%、
1品単価は100.3%。

それでもヤオコーカードは累計会員数が、
この9月で234万人となり、
その会員売上比率は、
なんと81.0%である。

この会員の購買履歴データを、
もっともっと分析し、活用すれば、
顧客の痒い所に手が届くほどの、
丁寧な商売と仕事ができる。

レイバースケジューリングのカイゼンも、
「午後一」から「午後二」まで進捗し、
夕方へシフトする。

消費増税後の厳しい時期に突入したが、
「カイゼン」が間に合った。

川野澄人は「運」を背負っている。
DSCN93719
頑張りすぎずに、頑張れ。
そして「波の下にある潮流」を、
川野澄人さんなりに見定めてほしい。

先日のパネルディスカッションでは、
率直に語ってくれた。

そのお礼を言おうと思って出かけたが、
記者会見が終わるとすぐに、
「囲み取材」が始まって、
それもできなかった。

この場を借りて、
お礼を言おう。
ありがとうございました。

では、みなさんも、
頑張りすぎずに、頑張ろう。
「波の下の潮流」を見定めつつ。
Good Monday!

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.