結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年10月08日(木曜日)

寝屋川市へのさとう出店とイオン・セブン&アイの上半期決算発表

今日の10月8日、
大阪府寝屋川市に、
㈱さとうの986㎡店舗がオープン。
業態はスーパーマーケット。
バナーは「フレッシュバザール」
その「寝屋川公園駅前店」
satou
JR西日本の学研都市線寝屋川公園駅の前。
住所は寝屋川市打上高塚町。

話題のロピア寝屋川店(略称)や、
アル・プラザ香里園とは、
ずいぶん離れていて、
直接競合はしない。

さとうのフレッシュバザールは、
むしろ寝屋川のもう一つの激戦地、
寝屋川南地区に近いし、
イオンモール四条畷とも競合する。

寝屋川南地区には、
平和堂・バロー・万代が並んでいる。

平和堂は「フレンドマート」で、
「ビバモール寝屋川」に入居する。
それからバロー寝屋川店、
さらに万代寝屋川宇谷店。

いずれにしても競合の激しいエリアへの、
さとうの勇気ある出店である。

京都府福知山市に本部を置くさとうは、
食品スーパーマーケットを66店、
大阪府にはもう5店出ている。

ローカルチェーンは、
県単位に収まっていては、
成長を見込むことはできない。

もうリージョナルチェーンの時代である。

そして異なる商勢圏に出店していくとき、
わが社、わが店の他との違いが必須となる。

それを「ポジショニング」という。
そして2020年の今、
「ポジショニング戦略」は必須である。

この戦略に関しては、
誤解も多いのだけれど。

さて昨日今日と、
上半期の決算発表が相次いでいる。

「第2四半期」と呼ぶことが多くて、
その営業収益や売上高は、
第2四半期までの累計で公開されることが、
これまた多い。

私は「上半期」と呼ぶのも好きだ。

昨日の10月7日は、
イオン㈱の上半期決算発表。
コロナ禍でオンライン記者会見。
もう当たり前になった。
DSCN21620
吉田昭夫社長は、
このオンラインでの発表もうまい。

イオンnews|
営業収益4兆4705億円・純損失575億円/6~8月利益改善

3月から8月までのイオンは、
営業収益4兆2705億万円で、
前年同期比0.5%減。

私は最近は、
「コングロマーチャント」と呼んでいるが、
それだけにコロナの影響が出た。

営業利益は39億200万円で60.7%減、
経常利益は279億7600万円で64.9%減。
当期損失は575億5600万円。
前期は37億9100万円の当期利益だった。

吉田さんの発言。
DSCN21650
「新型コロナウイルスの影響で
変化が早くなった」

「スピード感を持って対応し、
変化からチャンスを見出したい」

これこそ「コロナは時間を早める」である。

右端が井出武美イオンリテール㈱社長。
DSCN21730
「仕入れと在庫の適正化を進めて、
粗利益率が改善できた」

井出さんの着眼点もとてもいい。

コロナ禍の中では「入りと出」を把握し、
「在庫」の動きをしっかり察知して、
そのうえで「適正化」を目指す。

「適正」とは何か、
適正値は何か。

それらをしっかり議論してほしい。
その根拠を知覚してほしい。

一方、今日は、
セブン&アイ・ホールディングス。
こちらは電話記者会見。

ええっと思ったが、
あらかじめメールで教えられた、
〈050〉から始まる電話番号に、
こちらから電話する。
そのあとパスコードとピンコードを打つ。
これもメールで教えられている。

すると電話で声が聞こえてくる。
ビジュアルはない。

資料だけ示されているから、
これはネットで見る。

延々と井阪隆一社長が、
電話の向こうから説明する。
原稿や資料を読んでいるようでもあり、
時々は自分の言葉が加わる。

しかし残念ながら、
その表情などが見えない。

写真は去年のこの時期の上半期決算発表。
DSCN76589-448x333

米国スピードウェイの買収の時も、
電話記者会見だった。
私はそれを聞くことができなかったが。

しかし余計なおせっかいだろうが、
これはすぐにオンラインに変えたほうがいい。

日本を代表する上場企業。
イオンと並ぶコングロマーチャント。

トップは自分の顔を見せて、
コミュニケーションしたほうが、
絶対にいい。
そうしなければいけない。

そのセブン&アイの上半期決算。
セブン&アイnews|
第2Q 収益2兆7884億円15.8%減/国内コンビニ10%減

営業収益2兆7884億円で、
前年同期比15.8%減。

営業利益1797億3800万円で12.4%減、
経常利益1752億4100万円で13.8%減。
親会社に帰属する当期利益は、
34.5%減ながらも725億1900万円。

イオンは当期損失だったから、
よく頑張った。

私はスピードウェイの買収を評価した。
一度、挫折しかかったときには、
「もったいない」を繰り返した。

この電話会見でも井阪さんは、
日米のセブン-イレブンを、
グループのコアとすると表明。

前から言っているが、同感だ。

その日米セブン‐イレブンなどの総売上高は、
上半期で5兆4211億6700万円。
これは9.6%減だったが、
セブン&アイの半期営業収益の1.94倍。

しかも米国のコンビニは、
いまだ寡占状況まで時間がある。
つまり伸びシロがある。

成長軌道を描くことができる。

もちろんイトーヨーカ堂や、
ヨークベニマルとヨーク、
そごう西武なども見放していいわけではない。

現時点で強化するのは、
「首都圏での食品販売」らしいが、
この計画には成長性のビジョンが足りない。

ずっと先の、長いスパンで見れば、
やがてヨークベニマルも、
統合していくのだろうが、
このあたりの井阪さんの説明は、
用心深すぎるか。

イオンとセブン&アイ。
オンラインと電話。

コミュニケーションにこそ、
何よりも神経を使わねばいけない。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2020年10月
« 9月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.