結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年09月02日(木曜日)

結城義晴誕生日の「紀文正月フォーラム」無観客講演会

9月2日。
結城義晴の69回目の誕生日。

午前0時を過ぎたあたりから、
Facebookやメールで、
次々にお祝いの言葉をいただいた。

心から感謝したい。
ありがとうございました。

還暦のときには、
立教大学大学院の特任教授だった。

ゼミ生が中心となって、
お祝いの会を開いてくれた。

うれしかった。

しかし今はCOVID-19パンデミック。
しかも高齢者に属していて、
誕生日を祝うほどではないとも思う。

77歳の喜寿あたりから、
80歳の傘寿、88歳の米寿、
90歳の卒寿などになると、
今度は長生きしたことを、
祝うのかもしれない。

還暦から古稀、
そして喜寿までの間は、
昔と違って、
何とも中途半端な気がする。

「人生100年時代」ブームの影響か。

それでも多くの方々が、
健康に気をつけるように、
と言ってくれた。

ありがたい。

このブログでも毎月報告するが、
父親から受け継いだ軽い2型糖尿病で、
血液検査と診断をしてもらっている。

主治医は田嶼尚子先生。

私は田嶼先生のいい生徒だ。

ほかには左膝や左肩、両手首など、
痛いところもあるが、
これはゴルフスウィングのし過ぎ。

ちょっと心配なのは、
右目の眼圧が高まっていること。

10歳で白内障の手術、
商業界の社長となって網膜剥離の手術、
その後、商人舎を立ち上げたときに、
緑内障がひどくなって、
長時間の手術を二度、やってもらった。

このブログで10日連続の連載を書いた。
「結城義晴・燃える闘病日記」
DSCN0541-2
55歳。若かった。

主治医の富田剛史先生からは、
すでに言い渡されている。
「あなた自身の命よりも、
あなたの右目の命は短い」

それでも右目の疾患は、
命にかかわるほどのことではない。
だから達観している。

これ以外には、心配はない。

㈱商業界で約30年働いた。

そのあと「30年、現役で頑張る」
と言い切って商人舎を始めたが、
もう15年が過ぎてしまった。

あと15年か、いや20年か。
イオンの岡田卓也さんや、
ライフの清水信次さんのように、
あと25年か、30年か。

どんなかたちになっても、
現役で頑張ろうかと、
漠然と思っている。

よろしくお願いします。

さて8月31日に、
このブログで解説した問題が、
新しい展開を見せたようだ。

H2Oリテイリング㈱と、
㈱関西スーパーマーケットとの経営統合。

㈱オーケーが割って入った。

日経新聞がスクープして、
電子版で報じた。
他のメディアは記事にしていないが、
日経新聞のことだから多分、
事実なのだろう。

今日の関西スーパーの株価終値に対して、
6割以上上回る1株2550円で、
公開買い付けをする。
いわゆるTOB(Take-Over Bid)

そして完全子会社化するという。

さて、どうなることか。

私の見方や見解ははっきりしているし、
きっとそうなるだろうと確信しているが、
それはここでは書かない。

お客さまは支持してくれるか、
社員・従業員はどう考えるか、
お取引先はどう対応するか。

会社のためにはどうなるのがいいか。

どちらに大義があるか。

それが大事だ。

さて、今日は午前中に、
東京・東銀座の時事通信ホール。

2021紀文正月フォーラム。
ただしコロナ禍で無観客。
ビデオ撮りして、
商談会で流したり、
各社に贈ったりする。
IMG_65651

時事通信ホールは天井が高くて、
講演もしやすいし聴講もしやすい。

紀文食品正月担当部長の堀内慎也さん。
「2021正月フォーラム 紀文からの提案」IMG_65641
紀文ならではの丁寧な調査と、
具体的な提案。

それから関智美さん。
㈱クレオ生活行動研究部部長。IMG_65711

テーマは、
「ポストコロナの生活者潮流を読み解く」IMG_E65681

講演の最後は結城義晴。IMG_65831

紀文の役職員やスタッフが聴いている。IMG_65791

「2021年末商戦の戦略と政策」IMG_65841

私の講演が終わると、
堤裕紀文食品社長が、
花束を持って登場。

サプライズの誕生祝い。IMG_65861

カメラ担当も寄って来て、
シャッターを切った。IMG_65911

会場からは全員の拍手。IMG_65921

堤さんとツーショット。IMG_65881
ありがとうございました。

ここでちょっと休憩。IMG_66031

スタッフは朝一番でやって来て、
夕方までの一日仕事だ。IMG_66081

そして最後に締めは、
その堤社長のスピーチ。IMG_65961
堤さんは姿かたちもいいし、声もいい。

きちんとしたスピーチで、
今日の無観客講演会は終了。

最後の最後に講演者全員で写真。IMG_66111

一瞬だけマスクを取って、
息を止めて~、スマイル。IMG_66131
ありがとうございました。

今日の私の講演の最後の言葉。

「ポスト・コロナ時代への決断とは
“不確実な成果”に対して、
目隠しで一歩、踏み込む
心の在り方である。」

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.