結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年04月22日(木曜日)

イトーヨーカ堂大和鶴間店リニューアルオープン内覧会取材

コロナは時間を早める
「キャズム」の淵の知識商人
著者・結城義晴
発行者・結城義晴
発行所・㈱商人舎
tannkoubonnhyousi

本ホームページの巻頭に、
バナーができました。

FAXでのご注文:コチラから
Emailでのご注文:info@shoninsha.co.jp

そして、
2刷が決定しました。

ありがとうございます。

大量の購入申し込みが、
相次いで入ったからです。

すぐに印刷して、
ご要望にお応えします。

目次は「章」で構成されています。
第三章は長いので、
その下に「節」をつけました。

序章 三千年紀の「流通」の時間
三千年紀の夜明けに
カミュ『ペスト』の予言
「2年分の変化が2カ月で起きた」
「10年間が1年間で来たって感じ」

第一章 コロナが時間を早めた。
中世ペストの大流行は時代を早めた
スペイン風邪はセルフサービスを広めた
福岡伸一が明かす「時間が早まる」理由

第二章 艱難は商人を鍛える。
サミットの「コロナ感染」奮闘記

第三章 日本小売業態地殻変動
序節 業態地殻変動とは何か?
第1節 「嵐の前」前の日本小売産業
第2節 コングロマーチャントの「強運」
第3節 双子の総合スーパーと百貨店
第4節 スーパーマーケット「特需」
第5節 コンビニ「複占」への軌道
第6節 ドラッグストア「経営統合加速」
第7節 ホームセンターの「フード親和性」
第8節 「ティファニーで朝食を?!」

第四章 コロナ禍の「キャズム」
「キャズム」とは何か
「イオンのマスク禁止論争」
「キャズム」によって変わったもの
ライフスタイルの二極化と「トレード・オン」

第五章 ブレイクスルーの「戦略計画」
キャズム期に組織を若返らせる
「経済活動とはリスクを冒すこと」
「ブレイクスルー思考法」
ブレイクスルー思考における演繹法

第六章 ポスト・コロナ時代への決断
確かな損失と不確かな利益
ウォルマートのチームマネジメント導入
ヤオコーの「フーコット」始動の時代観

第七章 リテールDXと「加速の加速」
コロナパンデミックとDX狂騒曲
「ムーアの法則」から「ローズの法則」への衝撃
コロナワクチン開発のダイバーシティ
コロナ禍と「リスクマネジメント」

終章 「いちばん大切なことは目に見えない」

この本では、
初めての試みをたくさん、
しました。

ずっとやってみたかったことを、
このコロナ禍だからこそ、
勇気をもってやってみようと思ったのです。

それは読んでから、
発見してみてください。

ビジネス書や小売流通業の本として、
多分、初めてのことが多いでしょう。

このブログでもおいおい、
ご披露していきます。

しかし一つだけ言っておきましょう。
三千年紀の私たちのテーマは、
「時間」です。

「三千年紀」とは、
2001年から3000年までの、
1000年間のことです。

最大のテーマは「時間」です。

それが根底にある潮流です。

月刊商人舎2019年2月号。
特集は、
幸せの「時間管理」
タイムマネジメントとMHコントロール
201902_coverpage-448x634
自分で言うのも気が引けるのですが、
いい雑誌でした。

ドラッカーが、
ミンツバーグが、
ポーターが、
「時間」の大切さを、
教えてくれました。

2019年のはじめにそんなことを考えたら、
1年後にCOVID-19パンデミック。

そしてこれは、
1000年間の人間のテーマとなりました。

コロナは時間を早める
ご購読、ご愛読をお願いします。

今日まで、
ファベックス2021が開催されている。
東京ビッグサイト。
日本食糧新聞社主催。

今野正義会長のご厚意によって、
この書籍売場で、
「コロナが時間を早める」が、
販売されている。

今、すぐに購買できるのは、
このファベックス会場か、
横浜の商人舎オフィスだけ。

しかも「一刷」は、
あとわずかしか残っていない。
貴重な本だと思う。

ファベックスに行った人は、
書店を覗いて手に取ってみてください。

さて今日は神奈川県大和市下鶴間へ。
横浜駅から相模鉄道で大和へ。
そこから小田急線に乗り換えて鶴間。

イトーヨーカドー大和鶴間店。IMG_27071

商人舎流通スーパーニュース。
イトーヨーカ堂news|
イトーヨーカドー大和鶴間店4/23大改装オープン

2001年11月オープン。
すると1カ月後の2001年12月、
イオンモール大和が隣接して開業。

まさに「鶴間の陣」です。

イオンモールは2017年3月18日に、
リニューアル・グランドオープン。
それから遅れること4年、
やっとイトーヨーカドーが大改装。

その事前内覧会。
IMG_27081

2階と3階のライフスタイル事業部門を、
店内ツアーの形でマスコミに公開。IMG_27101

コロナ対応の売場やカテゴリーを満載。IMG_27111

説明してくれたのは梅津尚宏さん。
執行役員ライフスタイル事業部長。IMG_27121
多分、記者たちの最高齢の私は、
いつもちょっと離れて、
個人的ソーシャルディスタンシング。

遠くから聞いて、写真を撮った。IMG_27151

これはデジタルサイネージと、
AV(拡張現実)を使った採寸と試着。
デモンストレーションをしてくれた。IMG_27171

わざわざ試着しなくても、
多くの「服」を試すことができる。IMG_27191

最後に店長への質疑応答。IMG_27281

これにも丁寧に答えてくれた。IMG_27211

説明してくれたのが、
横倉安光さん。
イトーヨーカドー大和鶴間店店長。

そして力を込めて発表したのが、
隣のイオンモールとの共同チラシ。IMG_27261
昨日の緊急web講演会で、
私はイオンとセブン&アイとの、
プリズム効果による、
協力態勢の話をしたばかりだ。

産業は少しずつ、
その方向に動いている。

昨年11月に改装済みの食品フロアで、
横倉店長とツーショット。IMG_28401
頑張ってください。

それから加藤聖子さんに、
売場でインタビュー。
執行役員食品業務部長。IMG_28421

亀谷しづえ商人舎ゼネラルマネジャー。IMG_28431

マスクを取ってツーショット。IMG_28451
加藤さんは1997年入社で、
2001年のこの店のオープンには、
スーパーバイザーとして参加した。

私は加藤部長に対して、
少しだけ売場づくりの注文を出した。

私もツーショットをお願いした。IMG_28481
久しぶりにイトーヨーカ堂の取材。
広報の対応も、さすがヨーカ堂。

気分のいい取材だった。

感謝したい。

コロナが時間を早めて、
イトーヨーカ堂とイオンとの協業が実現した。

画期的なことだ。
ありがとう。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.