結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年06月06日(日曜日)

大手町自衛隊大規模会場でモデルナワクチンを接種しました。

6月6日、日曜日。

土曜日の昨日が、
二十四節気の芒種だった。

1年を24分割して、
ほぼ15日ごとに季節を区切る。
それが二十四節気。

次は6月21日の夏至だ。

朝から雨模様。
IMG_36571

アジサイも雨に濡れて、
瑞々しい色を見せる。IMG_36561

10時半ごろ妙蓮寺駅から東横線に乗って、
目黒線、都営三田線と乗り継いで、
地下鉄大手町駅へ。

大手町はJRで言えば、
東京駅と隣の神田駅の間にある。
西には皇居がある。

改札口にはプラカードを持って、
女性が立っている。IMG_36181

新型コロナワクチン大規模接種センターへ。IMG_36191

広大な大手町の地下通路だが、
その矢印を辿っていくだけで、
ワクチン接種センターへ続く。IMG_36201

目指すは大手町のC2bの出口。 IMG_36211

7分ほど歩いて、
ワクチン接種会場の出口に到着。IMG_36221

自衛隊大規模接種センターは、
大手町合同庁舎第3号館。
IMG_36501

ちょっと古い建物だ。
IMG_36511

立て看板に3つの質問事項。
65歳以上の高齢者、
本人確認書類、そして接種券。
IMG_36251

ビルの横にテントが張ってあって、
ここが入口。
IMG_36271

マスクを確認され、
手の消毒をし、
それから体温が計られる。

私はなぜか35.7度。
合格。

そして受付レーンへ。
IMG_36281

運転免許証と接種券を出して、
書き込んでおいた予診票を提出。IMG_36291

するとこのセットをもらえる。
私が割り当てられたのは黄色だが、
ブルー、赤、グリーンなどに分かれている。IMG_36301

建物を突き抜けると簡易トイレ。
IMG_36311

戻る時にはテントをくぐる。
IMG_36321

それから延々と、
黄色ファイルの仲間7人とともに、
ビル内を歩く。

黄色の床の椅子に座って待つ。
もちろんソーシャルディスタンシング。IMG_36341

このあと係官から予診票の内容確認。
さらに医者から問診を受けて、
現在かかっている病気や薬を質問される。

それからまた黄色の仲間と歩いて、
椅子に座って待つ。

そしていよいよ、
モデルナワクチンの接種。

医者は自衛隊の人。
アレルギーがあるかとか、
ワクチン接種をしていないかとか、
質問を受けて、
左肩を消毒してもらって、
まっすぐプツッという感じで、
注射針を刺す。

ワクチンの液体が、
体内に入っていくのを見ていた。

実にあっけなかった。
それほど痛くもなかった。

毎月、このセンターの近くで、
血液検査をする。
大手町プレイス内科。

この場合の血液検査はサンプルを3本採る。
そのほうがワクチン接種よりも、
長い時間、針を刺している。

それよりも痛くない。

プツッという感じで終わった。

それから証明書交付係から、
接種済み証明書をもらって、
同時に次の接種の予約。

さらに15分ほど経過観察。
と言っても椅子に座って待つ。
12時に受付をして、
12時29分に終わった。
IMG_36481

接種後の肩はちょっと重い感じ。IMG_36381

腫れているわけでもない。
IMG_363711

それでもワクチン接種を終わって、
やはりほっとした。
IMG_E36471
ずいぶんたくさんの人が、
ワクチン接種センターの運営に、
献身的に従事してくれている。

店舗オペレーションなどを、
日々観察している私から見ると、
多すぎる気もしないでもないが、
それでもすべての人に感謝したい。

モデルナ(Moderna)は、
米国のバイオテクノロジー企業だ。
マサチューセッツ州ボストンに本社がある。
共同創業者はカナダ人のデリック・ロッシ。
ハーバード大学の幹細胞研究者だった。
京都大学の山中伸弥教授は、
iPS細胞研究によってノーベル賞を受賞したが、
ロッシはその山中研究をヒントにして、
ビオンテックと同じmRNAを用いて、
COVID-19ワクチンを開発した。

だからロッシにも山中教授にも、
感謝しなければならない。

ワクチンには4つの効果がある。

①発症予防の効果
感染しても症状が出ることを抑える。

②重症化予防の効果
症状が出ても重症にならないようにする。

③感染予防の効果
感染そのものを防ぐ効果だ。

完全に検証されてはいないが、
感染予防効果はある程度見込める。

④集団免疫の効果
多くの人がワクチンの接種をして、
多くの人がウイルスへの抗体を持つことで、
社会全体が守られる効果。

私も接種によって、
この4つの効果が得られるし、
感染予防と集団免疫には貢献できる。

感染しにくくなれば、
感染させる確率も減る。
それが何より大切なことだと思う。

帰りは広大な大手町の地下通路が、
ちょっと短く感じられた。

ありがとうございました。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.