なぜ、いま『自ら変われ』なのか

戦前から、日本の商業は、
「店」を最大の焦点としてきた。

それ以前、さらにさらにさかのぼれば江戸時代も、
「お店(おたな)」が、何よりも優先されるものだった。
「お店」がその事業の、ブランドそのものだった。
もちろん現在も、「店」が重要であることに変わりはない。
しかし、現在の店と比べると、
当時の「お店」は、生死をかけて守るべきものだった。

イオンの前身・岡田屋の家訓「大黒柱に車をつけよ」
あたりから、この観念が少しずつ変わってきた。

次に、重視された概念は、
「業(なりわい)」であった。
「業種から業態へ」といった表現は、
「業」がいかに重要か、を明示していた。

アメリカ小売業を説明するにあたって、
「業種」「業態」「フォーマット」
と仕分けして、
フォーマットはTPOSごとに形成される、
としたコンセプトは、実に見事な切り口だった。
日本にも、この考え方が、定着してきた。

スーパーマーケットやコンビニが、それを果たし、
ホームセンターやドラッグストアがそれを実現した。
では、次に時代が要求するものは何か。

私は、「人」であると思う。
「人」が価値をつくる。
「人」が人を呼ぶ。
「人」がブランドとなる。

「商い」という言葉は、
「ビジネス」という表現に移し替えてもよい。
むしろそのほうが、ぴったりくる人も多いかもしれない。
しかし「商い」には、重要なニュアンスが含まれる。
イトーヨーカ堂創業者・伊藤雅俊さんの言う
「才覚と算盤」である。

もちろんビジネスにも、
才覚と算盤は不可欠だ。

営業と財務。
損益計算書経営と貸借対照表経営。

それらを「商い」は内包している。

商いする店が、あった。
商いという業(なりわい)が、あった。
商いする人が、いた。

いま、商いする店は、変わった。
商いの業も、変わった。
商いする人が、変えたのである。

21世紀のこれから、
商いする店が、変わらねばならない。
商いの業も、変わらねばならない。
そして何よりも、
商いする人が、変わらねばならない。
商いする人が、自ら、変わらねばならない。

〈2008年4月17日商人舎発足記念結城義晴講演会「日本商業現代化のロマンとビジョン」より〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2020年6月
« 5月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.