結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年03月01日(日曜日)

二月逃げて大迫傑の日本新記録と裸足のアベベの「エアズーム」

一月、往ぬる。
二月、逃げる。

一月と二月が終わった。

そして、
三月、去る。

何かが起こりそうな予感がする。
それも何か、いいこと。

東京マラソンで、
大迫傑が日本新記録を出した。
2時間05分29秒。

早稲田大学のエースから、
現在、ナイキ・プロジェクト。
41XHZcLln8L._SX345_BO1,204,203,200_

快挙だ。

日本のマラソン記録は、
長らくカネボウの高岡寿成が保持していた。
2002年10月のシカゴマラソン。
記録は2時間06分16秒。

それを16年ぶりに更新したのが、
一昨年2018年の設楽悠太。
東京マラソンの2時間06分11秒。
設楽は東洋大学からHonda。

日本記録更新の報奨金1億円を獲得した。
51DE69+avbL._AC_UL640_QL65_ML3_

大迫も設楽も1991年生まれの28歳。
脂が乗り切った長距離ランナーだ。

大迫は5000mの日本記録も保持する。
13分08秒40。

2017年、ボストンで、
初めてマラソンを走って、
3位の2時間10分28秒。

同じ年の12月には、
第71回福岡国際マラソン3位で、
2時間07分19秒。

一昨年の2018年には、
シカゴマラソンで3位の2時間5分50秒。
初めての2時間5分台の記録で、
これが新しい日本記録となった。

大迫は昨2019年のMGCでは、
3位の2時間11分41秒で、
東京オリンピック候補に内定。
確定ではなかったために、
今日の東京マラソンに出場。

MGCは東京オリンピック出場権をかけたレース。
Marathon Grand Championship。

ただし大迫もまだ、
トップでゴールテープを切ったことがない。
今日も4位だった。

アフリカ勢の前には、
今のところ手も足も出ない。

現在の世界記録は、
2時間01分39秒。
ケニアのエリウド・キプチョゲが、
2018年9月のベルリンで記録した。

そして現在のベスト10記録はすべて、
ケニア人とエチオピア人が保持している。

ちなみに1964年段階の世界記録は、
東京オリンピックの2時間12分11秒。
あのアベベ・ビキラが出した。
エチオピアの伝説の英雄。
51pCfDCLpgL._SX349_BO1,204,203,200_

それでも2020年の今、
ケニアやエチオピアと闘えるのは、
日本のランナーだけだろうか。

大迫の日本記録には、
ナイキの厚底シューズが貢献した。
「エア ズーム アルファフライ ネクスト%」
AIR ZOOM ALPHAFLY NEXT%。

大迫はその最新の靴を履いて走った。
この「エア ズーム アルファフライ」は、
大迫も所属するナイキが、
2017年に発表して一般に向けても発売。

大迫はその4代目の最新作を着用した。

前足部に「ズーム エア ポッド」を搭載。
ミッドソールには、
カーボンファイバープレートを内蔵。

従来モデルよりも、
クッション性と反発力が、
飛躍的に向上した。

現在の世界記録保持者のキプチョゲは、
昨年10月にこの靴の試作品を履いて、
1時間59分40秒を達成した。

人類初の2時間切りだった。

世界陸連はこのシューズに関して、
禁止か否かの議論をしたものの、
玉虫色の結論を出している。

企業側には東京五輪後まで、
新シューズの技術開発が禁じられた。
将来的には新開発のシューズは、
事前にプロトタイプを申請し、
承認を得ることが義務化される。

しかし隔世の感あり。

先のアベベは1960年、
ローマオリンピックを制した。
この時、アベベは、
裸足で走り抜いた。

そして4年後の東京五輪を連覇し、
当時の世界記録を更新した。

しかし東京のときのアベベは、
白いソックスと白い靴を履いていた。

このとき、アベベ・ビキラも、
奇しくも28歳だった。

裸足のアベベが、
「エア ズーム」を履いていたら、
当時の段階で2時間を切っていただろう。

うるう年の3月から、
いいことが起こりそうな予感がする。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.