結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2009年01月09日(金曜日)

「あなたは数字が好きですか」と言いつつリニューアル

本日、商人舎ホームページは、
リニューアルしました。

ほんとうに、お待たせいたしました。

もう6日から、プレ・オープンしていますので、
そちらを覘いていただいた方もいらっしゃるとは思いますが、
結城義晴のBlog[毎日更新宣言]は、
新しい画面となって、移転しました。

私にとっても、一昨年、9月9日の結城義晴の個人ブログ開設、
そして昨年2月1日の、商人舎ホームページとの合体、
これらに続く第3弾のリニューアルです。

さまざまな試み、さまざまな方々のご協力を得て、
ユニークなスペシャルティ・ビジネス・サイトに変貌していきます。

まさしく、今年の漢字「化」の如く、
「化けていきます」。

よろしくお願いいたします。

新ホームページの解説は、
明日の巻頭ブログにて。

乞う、ご期待。

さて、昨日のこと。
コーネル大学リテール・マネジメント・プログラム・オブ・ジャパン。
その第4回講義の二日目。

朝9時から、会場は、東京都中央区の日本橋1丁目1番地。
国分株式会社の本社1階プレゼンルーム。
プレゼンルーム
朝一番の講義は、副学長の私。
「スーパーマーケットの経営効率」
数字の面からスーパーマーケットの事業と企業をとらえる試み。

まずは、私の特異な世界から。

数字は好きですか

あなたは数字が好きですか。
実は私は大好きなのです。

数字の向う側の世界を、数字を通して垣間見る。
そして前向きに、肯定的に、モノを考える。

数字に媒介してもらうことによって、
雑念やしがらみや怨念が消える。
ゲーム感覚で、むしろ純粋な気分で、
状況が見えてくる。

数字はそういった浄化の機能を持っているのです。
想像力を刺激する要素をそなえているのです。

ただし、数字で人を縛ってはいけません。
せっかくの浄化作用や想像の力が、
いっぺんにかき消されてしまいます。

いちじく
にんじん
さんしょに
しいたけ
ごぼうに
むくろじゅ
ななくさ
はつたけ
きゅうりに
とうがん

数字と商品を素直に結びつけて、
商業ビジネスにかかわる私たちは、毎日、毎日、
夢を追いつづけています。

数字は清くて、正しくて、美しくて、しかしも現実的です。
数字と商品を愛でることこそ、私たちの仕事なのです。

さあ、あなたは数字が好きになりましたか。
私と同じように大好きになりましたか。
<『メッセージ』(結城義晴著)より>
結城義晴
日本伝統の「かぞえうた」から入ったら、
全く偶然のこと、日経新聞の夕刊の巻頭コラムに、
このかぞえうたが載った。

不思議な同期。

知識商人は、何といっても数字が好きにならねばいけない。

イトーヨーカ堂創業者の伊藤雅俊さんは、
「才覚と算盤」と言っている。
イオン名誉会長の岡田卓也さんは、戦後、
岡田屋伝来の「見競(みくらべ)勘定」からスタートした。
見競勘定とは、複式簿記の貸借対照表のこと。

いまも残っている企業は、いずれも、
「数字に強い」という社風をもっている。

さて、その上で、商売の数字を扱う第一歩は何か。

「実地棚卸し」である。

最近のスーパーマーケットやコンビニ、さまざまな企業には、
棚卸専門会社に委託している例が多い。

そして決算数値をつくる。

しかし実地棚卸しは、商品管理のためにも行う。

貸借対照表の資産の増減を、現場で把握し、
同時に損益計算書の売上総利益を、現場から確定する。

「現場主義」というからには、
実地棚卸しを正確にしなければいけない。

その上で、最重視すべ数値は、
①総資本経常利益率(ROA)
②利潤分配率
③単位面積当たり営業利益高

「才覚と算盤」を指標となる数値で表すと、こうなる。

私の次は、岩本浩二さん。
「セブン-イレブンの単品管理の実際」
セブン-イレブンの単品管理の実際
コンビニのセブン-イレブンの単品管理のエッセンスを語ってもらった。
だからスーパーマーケットに「単品管理」の考え方を、
導入し、活用するには、
翻訳が必須となる。

それは第一期生の自身の仕事となる。

セブン-イレブンは、フランチャイズシステムである。
だから実地棚卸しは、業者が行う。

しかし単品管理とは、毎日、毎時間、
パートタイマーやアルバイトが、
自分の担当カテゴリーの在庫状況を、
単品(SKU)ごとに個数で把握しているから、
可能となる。

考えてみると、セブン-イレブンほど、
実地棚卸しが徹底されているチェーンストアはない。

そんな意味で、私の講義と同期していた。

午後からは、学習院大学教授の上田隆穂先生。
上田先生は、亡き田島義博先生のあとを継いで、
「学習院マネジメントスクール」のヘッドマスターを務めていらっしゃる。
学習院マネジメントスクール
「プライス・マネジメント」が専門で、
上田先生と矢作先生は、
小売業やスーパーマーケットを熟知した学者の双璧だと、
私は思っている。

その上田先生の持論を展開していただいた。
事例をふんだんに使っての見事なプレゼンテーションは、
2時限180分。

ここでも私は、講義を堪能した。

詳細は、近日公開予定のコーネル大学RMPジャパンの公式ホームページで。
事務局長の大高愛一郎さんがご報告します。
大高愛一郎さん

荒井伸也首席講師から、総評。
荒井先生は、ずっと学生諸君と一緒に受講してくださった。
荒井伸也首席講師
荒井先生の総括によって、
大量の情報と知識が、すっきりと整理される。

その上で、受講生は、自分で考える。
これを続けて、知識商人としての段階を上っていく。

本当にうれしいこと。

私も一緒に勉強しています。

写真は、講義テキストを綴じておく特製ファイル。
この中に、講義のエッセンスが詰まっている。

来月は、いよいよマーチャンダイジング論。

ご期待下さい。

最後に、今日をもって姿を消すこのブログに、
お別れを。

デザインをつくってくれた大澤洋子さん、ありがとう。
ご協力してくださった皆さん、ありがとう。

このブログ画面にも、ありがとう。

一生、忘れません。

かくて、私たちは、一枚、
衣を脱ぎ捨てたのだった。

<結城義晴>


4 件のコメント

  • 新サイトオープンおめでとうございます。
    いろんなブログがあって、楽しみです。

  •    ワンダーウーマンさま、ありがとう。
       まだまだ未完成のホームページです。
       皮を脱ぎ捨て、「蛻変」を果たすのに、
       1週間、2週間とかかるのかもしれません。
       悪しからず。しかし期待してください。

  •  新年明けましておめでとう御座います。毎日楽しみにブログを拝見させて頂いています。私は30数年、中小スーパーで仕事をしております、結城先生或いは、荒井先生のセミナーを受講した記憶があります。スーパー業界の移り変わりが激しい時代でした、この先スーパー業界で生き残る為にも今頑張っている
    若い従業員を「考え方の変化」指導していきたいと思っております。結城先生のブログは私にとっての最高の良薬です。今後のご活躍をご期待いたします。

  •    田中清さま、新年おめでとうございます。
       早速のご投稿感謝します。
       ホームページの仕様が変わり、投稿も戸惑いがちですが、
       徐々に慣れていかねばなりません。
       それは私も皆さんも同様のこと。

       その中での早速のご投稿、本当に、うれしいですよ。

       若い人たちに、「考え方の変化」を教授しつつ、
       自分たちも、学んでいきたいものです。
       田中さんとは、その意味で同志ですね。
       今後ともよろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.