結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2013年06月07日(金曜日)

タイ王国バンコクで「業態からフォーマットへ」を発見した!

朝一番で、ベイブリッジを越えた。
20130608023444.jpg
横浜の街に、
しばらくお別れ。

成田空港は、
ずいぶん込み合っていた。
20130608023210.jpg

今回は、全日空。
20130608023221.jpg

飛びあがってすぐの千葉県の上空。
20130608023231.jpg

日本列島は、
厚い雲に覆われている。
20130608023240.jpg

しかし東シナ海は、
あくまで青い。
20130608023249.jpg

インドシナ半島上空に入った。
20130608023258.jpg

ここでは雲が高い。
20130608023308.jpg

そしてタイ王国。
20130608023318.jpg
約6時間で到着。
バンコクのスワンナプーム国際空港。
20130608023328.jpg
ドイツ人建築家ヘルムート・ヤーン設計で、
2006年9月28日に全面開港。

国際空港は、どこの国も快適で斬新。

バスで市内に入り、
インペリアル・クイーンズパークホテル。

その9階会議室で、早速セミナー。
20130608023338.jpg
万代ドライデイリー会恒例の海外研修。
今回はタイの小売流通業を学ぶ。

初めに趣旨を話し、
ゲストスピーカーの紹介。
20130608023347.jpg

講師はチャチャイ・トングラタナハンさん。
タイ小売業協会の専務理事。
通訳は阿部俊之さん、
アセアンジャパンコンサルティング㈱社長。
20130608023357.jpg
チャチャイさんは博士で、
タイの小売業に精通している。

こちらのセブン-イレブンをはじめ、
ビックC、セントラル、ワトソン、マクロなどで、
小売実務を経験し、
現在、専務理事。

その小売理論は、
私とも通ずるものがある。
20130608023408.jpg
タイの小売業と卸売業は、
GDPに占める割合が13.5%、
従業者数が15.5%で609万人。

対して、製造業はGDPシェア39.0%で、
従業者数13.6%。

農業は、これが8.6%と38.2%になる。

農業と製造業が対極的で、
商業がその中間といった概要。

とくに小売り卸売業全体の成長。
2009年がマイナス1.2%だったものの、
2010年は4.0%、
2011年は4.8%のプラス。
そして2012年予測は、6.5~7.5%。

日本から見ると、
うらやましいかぎり。

業態別に見れば、
スペシャルティストアが20%、
コンビニエンスストアが18%の成長、
ハイパーマーケット(総合スーパー)と、
スーパーマーケットは、
ともに10%の伸び率。

タイのGDPは1人あたり5000ドルを超え、
2011年で5394ドル。
もう5500ドルのラインに乗ってくるが、
こうなるといくつかの変化が見られる。

チャチャイさんの分析では、
コンビニ業態が三つに分化してきた。
つまりフォーマット化現象が起こってきた。

そしてここに、
最新のExpressstoreのトレンドが、
入り込んできている。

実に実に面白い。

この後、さらに業態別の動向や、
新しいトレンドなど、
分析と解説が加わって、
レクチャーは終了。

素晴らしかった。

そして質疑応答。

ここからは、
タナポン・タングカナナンさんが参加して、
誠実に丹念に、質問に応えてくれた。
タナポンさんはタイ小売業協会名誉顧問で、
セントラルの経営者。
20130608023417.jpg
日本からの参加者は、
関西地区のメーカー・卸売業の精鋭揃いで、
質問も実に的確だった。

このあたりの詳細は、
商人舎magazineで再現したい。

チャチャイさん、タナポンさん、
そして阿部さんに、
心から感謝したい。

セミナーが終了すると懇親会。
20130608023426.jpg

乾杯の音頭は、
ドライデイリー会会長の今津龍三さん。
今津株式会社代表取締役社長。
20130608040724.jpg

ホテルの中華料理を囲んだが、
食事中もずっと情報交換や交流が続いた。

最後に、㈱万代社長の加藤徹さん、
監査役の黒田智さん(右)と、写真。
20130608023435.jpg
私の隣は、
左にチャチャイさん、
タナポンさん、
阿部さん。

今年5月下旬に、
タイのインラック・チナワット首相が来日した。

第36代でタイ史上初の女性首相。

2011年のタイ大洪水の際にも、
洪水対策の陣頭指揮で、大活躍した。

今回の来日では、
第19回国際交流会議「アジアの未来」で講演。

日本経済がアベノミクスで成長することを、
「称賛したい」としたうえで、
「タイ経済は日本と密接な関係があり、
日本の経済が地域全体に影響を与える」

こちらでは、円安がバーツ高につながっている。
これに関しては、
「単なる資金の流入ではなく、
実質投資につながることを期待する」

円安をバックに、
日本企業のタイへの投資を要請した。

そしてその投資を、
「地域の連結強化に使うべきだ」と強調。

今回のような研修や国際交流は、
その一助となるに違いない。

意義あるツアーが始まった。
(つづきます)

〈結城義晴〉

[毎日の追伸]
今日の商人舎magazine。

Daily商人舎は、
「米国アマゾン・コム広告料37%の伸びの意味」
連日の「アマゾン」ネタで恐縮。
しかし凄い。
Weekly商人舎は、
金曜日のWeekend news summary。
「米国Y世代・ミレニアル世代と
日本小売サービス業の高齢化イノベーション」

ご愛読、ありがとうございます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.