結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年07月13日(金曜日)

シアトルの「amazon goとホールフーズ」毎日体験記

私がアメリカにいるうちに、
月刊商人舎7月号発刊しました。201807_coverpage

[CoverMessage]
「ポジショニングが必要とされる理由、それは私たちの社会が情報社会になったからだ」。アル・ライズとジャック・トラウトが書いた『ポジショニング戦略』の有名なフレーズだ。情報が氾濫するからこそ、メッセージはシンプルでなければいけない。小売業の店づくりにおいても、シンプルなメッセージが必須である。人々の頭脳はインターネットを通じて、店に関する情報の集中砲火を浴びているからだ。「amazon go」は「No Lines, No Checkout」。実にシンプルだ。だからこのフォーマットのポジショニングがきわめて有効なのである。イオンスタイル西風新都の「非日常」、ライフ蕨駅前店の「開放感」、そして高次安定同質化を呈する日本コンビニ業界におけるファミマ・ドンキの「ドギツい差異性」。店づくりにおけるポジショニング戦略の方法論をCase Studyによって考察しよう。

[店舗研究特集]
とんがり/らしさ/ユニークさ
店づくりのポジショニング戦略方法論

[Message of July]
Simpleを追求せよ!  

[特集のまえがき]
「ストア・ポジショニング戦略」のススメ
結城義晴

アマゾン・ゴーのPositioningの全貌
模倣困難なファステストストアを志向したのだ!!
[Photo Report]結城義晴の「Amazon go」体験記

イオンスタイル西風新都
ジ アウトレット ヒロシマ出店で非日常MDを探求する
[Photo Report]
非定番商品・非日常型スーパーマーケットの実験
[結城義晴の述懐]

ライフ蕨駅前店
大スパン工法が生み出した店内の開放感とライフらしさの追求 
[Photo Report]
蕨駅前店の「ライフらしさ」の完成度

ファミマ&ドンキ
ファミリーマート Produced by ドン・キホーテ
コンビニの「高次安定同質化」を抜け出せるか!?
[Photo Report]
ドンキらしさは発揮できたのか!?

[特集のあとがき]
シンプルな「とんがり/らしさ/ユニークさ」を!
結城義晴

頭からしっぽの先まで、
結城義晴の手が入った特集です。

さてシアトル一人暮らしの3日間。
ホテルのそばの公園は、
緑が美しい。
IMG_5698.JPG8

その公園を抜けて、
ホテルから歩いて5分ほどの交差点。
DSCN9200.JPG8

ホールフーズマーケットがある。DSCN9154.JPG8

これから1週間ほど、
お世話になります。
DSCN9155.JPG8

変形の売場だが大繁盛。DSCN9199.JPG8
ミートの対面売場の前のスペースに、
青果部門から商品が持ち込まれた平台。

当然ながらバーベキューのお薦め。DSCN9196.JPG8

セルフデリは本当に美味しそうな香りを、
周辺にまき散らしている。DSCN9198.JPG8

ワイン売場はピンク色。
そこにロゼワインの陳列が活きる。DSCN9197.JPG8

ホテルから5分ほどのところには、
amazon goもある。DSCN9191.JPG8
こちらに来て体験できない人は、
今月号の特集を読んでください。

一人なので自撮り。IMG_5691.JPG8

入口ゲートを入ると、
即食の多段ケース。DSCN9193.JPG8

売場変更して、
この下段にコーラが並ぶ。
やはりサンドイッチとコーラ。
それが世界で一番早く買える店。
DSCN9194.JPG8

相変わらず観光客が多い。IMG_5694.JPG8

amazon goの隣は植物園。DSCN9189.JPG8

10分ほど歩くと、
シアトルのメインストリート。
ノードストローム百貨店本店。
手前はノードストローム・ラック。DSCN9158.JPG8

反対側にメイシーズ。DSCN9159.JPG8
ノードストローム対メイシーズ。
勝負は完全についている。

メイシーズが大改革をするか、
あるいは撤退するか。
二つに一つだ。

レーニア銀行タワー。
「ビーバー・タワー」と呼ばれる40階建て。
DSCN9162.JPG8
1977年竣工で、設計はミノル・ヤマサキ。

高い木の根底部を切り取ったような形。
建物の地上階部分の面積を縮小して、
地上部分の植栽面積を増やす目的で造られた。
ミノル・ヤマサキは、
世界貿易センタービル設計者として著名。

さらに5分くらい歩くと、
ハンマーを打ち下ろす黒い大きな彫刻。
「ハマリング・マン(Hammering Man)」
DSCN9164.JPG8

シアトル美術館。
DSCN9185.JPG8

チケットを買ったら、
シニア割引された。DSCN9165.JPG8

フロントには天井から大きな彫刻がぶら下がる。DSCN9181.JPG8

2階に上がると、長いドレスの作品。DSCN9166.JPG8

アンリ・マチスの冬景色。DSCN9169.JPG8.JPG8

キューピッド。
ピエトロ・フランカビラ。DSCN9170.JPG8

アフリカンアートの部屋。DSCN9173.JPG8

日本館もあって、茶室が再現されている。DSCN9177.JPG8

浮世絵や屏風絵などが展示されている。DSCN9178.JPG8

シアトルの海がきれいだ。
DSCN9183.JPG8

シアトル美術館から歩いて5分。
パイクプレースマーケット。DSCN9186.JPG8
シアトルはコンパクトで歩きやすい街だ。

日が明けてシアトルは7月12日の今日。
またまたやってきました。
Go! Go! ポーズ。
IMG_5700.jpg8
髭をそっていないのでちょっと恐縮。

繁盛しているという感じではなくて、
見学者や物見遊山の客が多い。DSCN9220.JPG8

出入り口のゲート。
DSCN9205.JPG8

入口のセンサー。
DSCN9201.JPG8

ここにスマホアプリのQRコードを当てる。
するとゲートに「go⇒」と出る。
DSCN9202.JPG8

数歩歩いて、商品を手に取る。
DSCN9208.JPG8

すぐにゲートに戻る。
DSCN9209.JPG8
無人店舗ではない。
ファステストストア。
Fastest Store。
一番早い店。

店内はこの景色。
DSCN9212.JPG8

天井も視野に入って、
未来の店か潜水艦の中の店か、
という感じだ。
DSCN9217.JPG8

天井は異様だ。
DSCN9218.JPG8

奥の長四角の店も。
DSCN9216.JPG8
amazon go――。
これから、どんな価値観を生み出すか。
大いに楽しみだ。

隣に、amazonのラーメン屋。
DSCN9226.JPG8

木造りですっきりしている。
DSCN9225.JPG8

外から食べているところを、
覗くことができる。
DSCN9230.JPG8

メニューは意外に多彩。
DSCN9222.JPG8

店内はカウンター席だけ。
amazon社員だけではなく、
一般の人々も利用できる。
DSCN9223.JPG8

隣はハンバーガーショップ。
DSCN9231.JPG8

顧客は誰もいなかった。
DSCN9224.JPG8

さらにアマゾンタウンに入っていく。
両サイドの高いビルがアマゾン本社。DSCN9232.JPG8

サラダショップ。
DSCN9233.JPG8

カウンターで注文する。
DSCN9235.JPG8

席はこれしかないが、
外に持ち出して食べる。
DSCN9236.JPG8

さらにサンドイッチショップ。
POTBELLY。
DSCN9237.JPG8

角にはパブ。
DSCN9238.JPG8

そしてMAMNOON STREET。
DSCN9240.JPG8

エスニック料理?
DSCN9241.JPG8

アマゾンタウンのアマゾンビル。
DSCN9242.JPG8

そこから歩いて5分。
またまたやってきました。
ホールフーズ。
DSCN9301.JPG8

考えてみるまでもなく、
ホールフーズもアマゾンの一員だ。
店頭でプライム会員募集。
DSCN9307.JPG8

ここで毎日、
オーガニック果物を買って食べる。
DSCN9303.JPG8

今回はバルク商品は買わないけれど。
DSCN9304.JPG8

アマゾン・エコーも販売されている。
DSCN9302.JPG8

そしてレジはこの渋滞。
だからこそamazon goの価値は上がる。
その価値観を何度も、
体験することが大事だと思う。
DSCN9305.JPG8

私の前のお客さんがアマゾン・ペイを使っている。
NCRの開発だ。
IMG_5705.jpg8

ホールフーズで買物して、
アマゾンのアカウントから支払う。
IMG_5706.jpg7
こんな購買がどんどん増える。
銀行口座から金が落ちる。
キャッシュレス社会。

amazon goもホールフーズも、
毎日買うと高いと思うけれど、
キャッシュレスになると、
その感覚が麻痺してくる。

そんな気もするが、
このコンビニエンスを超えたスピード感。
新しい価値観を生み出すことは確かだ。

最後に月刊商人舎7月号[Message of July]

Simpleを追求せよ! 

Simple is best,
but simple is difficult.
単純なのが一番いい。
しかし単純であることこそ難しい。

GM研究所長のチャールズ・ケタリング。
研究所の壁に言葉を掲げていた。
「解決されてしまえば、
どんな問題もシンプルだ」

現代は情報社会だ。
消費者の頭の中は、
いつも「情報渋滞」にある。
だからSimpleさが強みとなる。

Simpleであることこそ、
「ポジショニング戦略」の要である。
そしてそのシンプルさの3つの特徴。
とんがり/らしさ/ユニークさ。

ドラッカーのイノベーション原理。
焦点を絞り、単純なものにする。
そのために小さくスタートする。
けれど最初からトップの座をねらう。

Simple is beautiful.
Simple is useful.
Simple is perfect.
Simple is best.

But simple is difficult.
単純であることこそ難しい。
しかしそれでも、解決されてしまえば、
どんな問題もシンプルだ。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催予定
  • USA視察研修会 Basicコース2018年5月8日(火)~5月20日(日)<5泊7日>開催場所:ラスベガス
  • USA視察研修会 Beginnersコース
    2018年9月上旬
    開催場所:ハワイ・オアフ
  • USA視察研修会 Specialコース
    2018年10月中旬
    開催場所:シカゴ・ニューヨーク
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2018年の開催予定
  • 第13回ミドルマネジメント研修会2018年6月19日(火)~6月21日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原
  • 第14回ミドルマネジメント研修会
    2018年9月18日(火)~9月20日(木)<2泊3日>
    開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2018年7月
« 6月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.