結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年10月19日(木曜日)

シカゴの激しい競争の中の「個性ある小企業と個性なき大企業」

日米のベースボールが、
終盤を迎えている。

ここシカゴでは、
ナショナルリーグで、
シカゴカブスが決勝に進んで、
大ブレーク。

しかしロサンゼルスドジャースに、
1勝3敗で追い込まれている。

ドジャースには、
マエケンとダルビッシュがいて、
とくに3連勝目のダルビッシュは、
評価が高い。

ピッチングはもちろんだが、
打者として押し出し四球を選んだ
そのプレーをマスコミもファンも絶賛。

日本では高校野球でよくやる、
投手をけん制して四球を奪う、あれ。

ダルビッシュがそれをやって、
勝利をつかみ取った。

カブスは窮地に立つ。
こちらにはウエハラがいるが、
怪我で出場していない。

一方のアメリカンリーグは、
ヒューストンアストロズと、
ニューヨークヤンキース。
ヤンキースのマー君は、
第5戦7回無失点の好投で勝利。

ヤンキースの3勝2敗。

このままワールドシリーズが、
ドジャース対ヤンキースになれば、
日本シリーズ以上に盛り上がりそうだ。

日本のプロ野球は、
クライマックスシリーズ。
広島と楽天が先勝して、これから。

そして第48回衆議院総選挙も終盤。
小池新党が失速して、
枝野立憲民主党が躍進。

しかし自民党・公明党の与党が、
どうやら圧勝しそうだ。

終盤戦の大逆転は、
総選挙では起こりそうもない。

日本にとっても大事な局面だ。
だから、
選挙に行こう!
投票しよう!!

期日前投票しよう!

さて、商人舎specialコース。
シカゴの2日目は、
早朝講義から。
DSCN8243.JPG7

コングレスホテルの階段ルームは、
大学の教室のようで気分がいい。DSCN8245.JPG7

トップ・幹部の研修会でもあるので、
初めから高度な内容となって、
テキストのあっちこっちに飛びながら、
最新戦略分析を試みる。DSCN8251.JPG7
私はむしろ自分で考えていることを、
そのまま綴っていく形で講義するのは、
自分でも面白いし、語りやすい。

リアルからバーチャルへの大移行期。

その移行期のパラダイムを、
どのようにとらえ、
どう戦略化していくか。

あくまでも経営戦略視点で講義した。

講義が終わると、
すぐに視察。

まずはマリアーノス。
この店はかつてのドミニクスの店舗を、
買い取って改装したもの。
DSCN8269.JPG7
ドミニクスはシカゴエリアの、
結構、名の知れたローカルチェーンだった。
しかし1999年にセーフウェイに買収され、
その後、店舗はラウンディーズに売却。

その改装店でも上出来の店づくり。

このマリアーノスは、
ラウンディーズが経営している。
ミルウォーキーに本拠を持ち、
ウィスコンシン州とイリノイ州で、
スーパーマーケット150店舗を展開。
そしてこのラウンディーズが、
2015年に、クローガーに買収された。

ややこしい。

しかしマリアーノスは、いまや、
全米第1位のスーパーマーケット、
クローガー傘下にある。

マリアーノスは、ラウンディーズの、
サービス&クオリティタイプの店舗。

見事な青果売場。
DSCN8266.JPG7

惣菜やプリペイドフードと、
生鮮食品がマッチしている。
DSCN8264.JPG7

この店はマリアーノスの標準店だが、
生鮮と惣菜、そして、
グロサリーの売場がいい。
つまり買いやすい店でもある。
DSCN8304-1

そしてマリアーノスの最大店舗。DSCN8345.JPG7

クローガー傘下になって
ラウンディーズでも
クリックリストを展開。DSCN8347.JPG7
顧客からオンラインで注文を受けて、
そのリストに沿って商品をピックアップ。
ドライブスルー方式で引き渡す。
顧客は車から降りずに、
商品を受け取ることができる。

店舗左翼はショップ形式の
デリサービス部門。
フードサービス部門という。

サラダバー。
DSCN8388-1

ガラス張りのチーズショップ。
チーズの匂いを閉じ込める仕組み。DSCN8391-1

店内にはチーズが、
ぶら下がっている。DSCN8392-1

オイスターバーと寿司バー。
その奥がイートインスペース。DSCN8394-1

対面の鮮魚売場。
DSCN8400-1

店舗中央から右翼は、
酒とグロサリーが占める。DSCN8406-1

シカゴ市内のmarketを模した売場。
いわばローカル。
DSCN8408-1

一方、「グローバルクイジーン」と、
ネーミングされたアイル。
もちろん世界の食品が集められている。DSCN8410-1

ケース単位で販売するアイル。
「ビッグ・バーゲン・バイス」DSCN8425-1
マリアーノスはクローガーの傘下に入り、
グロサリーのコモディティ商品を、
エブリデーロープライスで販売し始めた。

クローガーの11兆円にもなる規模が、
エブリデーロープライスを可能にさせる。

それから、
クローガーのプライベートブランドを、
扱い始めた。
「Simple Truth」

大々的に売っている。

それがマリアーノスの弱点を補って、
強いフォーマットに変身させてきた。

ニューヨーク州のウェグマンズの強さを、
マリアーノスが持ち始めた。

ここで、昼食は、
オイスターバーで、
オイスターランチ。
DSCN8351.JPG7

このエリアのリージョナルチェーン。
マイヤー。
DSCN8270.JPG7

地元のハイパーマーケットで
ウォルマートと同じビジネスモデル。
1962年からこの総合スーパーを展開。
ウォルマートよりも歴史を持っている。DSCN8271.JPG7

もともとスーパーマーケットだったから、
生鮮はウォルマートに負けない。DSCN8307-1

インストアベーカリーが充実している。DSCN8308-1

平ケースでミートを安売りする。DSCN8315-1

10個10ドルのエンド。
EDLPのウォルマートとは、
異なる価格の出し方をする。DSCN8319-1

卵は2ダースで1ドル99セント。
できる限りの価格訴求をする。DSCN8323-1

ウォルマートの島陳列のように、
主通路に特売品を並べる。
これはウォルマートから学習した。DSCN8325-1

ペット売場では、
ウォルマートではあまり見かけない、
大型の水槽で鑑賞魚を売る。
DSCN8326-1

ハロウィンの商品の中に、
ドナルド・トランプ大統領のマスク。

4等身のトランプが3人登場。DSCN8328-1

シーゾナル売場の入れ替え中。
多分、ウォルマートに倣って、
クリスマスの「早仕掛け」DSCN8330-1

ハロウィンのプロモーション。DSCN8339-1
リージョナルチェーンとして、
ハイパーマーケットを展開する。
そのライバルはもちろん、
ウォルマート。

だから道を挟んで、
ウォルマートがある。
このエリアの競合を見るために、
急きょ、視察。
DSCN8312-1

この店はディスカウントストア。
非食品中心の総合ストア。
生鮮とデリを扱わない。
しかしその方が実は生産性が高い。

ハロウィン用のコスチューム。
DSCN8342-1

クリスマスショップ。
この時期にこれだけの展開をする。
ウォルマートの早仕掛け。DSCN8345-1
生鮮食品とデリを削ってはあるが、
それがもともとのウォルマート。
この片肺飛行でマイヤーと渡り合う。

さらにウォルマートとマイヤーが、
激しく競合するこの地で、
ホールフーズはどんな状態か。
5分ほどの至近距離にある店を訪問。DSCN8343.JPG7

この店はやや小型だが
よく管理されたいい店だ。DSCN8350-1

スポット照明に商品が映える。
DSCN8355-1

wholefoods+amazonの特価アイテム。
DSCN8357-1

ナチュラルチーズのコーナー。DSCN8367-1

ホールフーズの歴史が、
壁面にパネルで、
掲げられている。
DSCN8374-1

1980年創業時のジョン・マッケイCEO。DSCN8370-1
ホールフーズがアマゾンに買収されて、
店の状態が落ちているのではないか。
そんな懸念があるが、
この店に関してはまったく心配はない。

このシカゴ地区で、
トップシェアをもつのが、
ジュエルオスコー。DSCN8420.JPG7

現在はアルバートソンの傘下。
ジュエルオスコーは、
セーフウェイの子会社だった。
そのセーフウェイが、
アルバートソンと統合。
社名はアルバートソンとなった。

しかしいわゆるコンベンショナル型。
古いタイプで競争力はない。DSCN8428-1

入口にチーズとデリの売場があるが、
精彩はない。
DSCN8431-1

青果売場も平均的。DSCN8434-1

そして肉売場は、
セーフウェイお得意の売り方。
1個買ったら1個タダ。DSCN8439-1

バルーンを多用しているが、
顧客がいないので空しく揺れる。DSCN8445.-1JPG
地域一番のシェアでも、
平均的でポジショニングがない店は、
年寄りの顧客がわずかに訪れるのみ。

厳しい競争のなかで、
展望はない。

一方、元気印の小規模企業。
23店舗を展開するローカルチェーン、
ハイネンズ。
DSCN8479-1

床に縞模様を配した青果部門。DSCN8450-1

クォリティの高い商品を、
美しくプレゼンテーションする。DSCN8451-1

ベーカリーから惣菜、精肉売場が、
奥に一列に並ぶ。
作業員は横に動いて協力し合えるし、
顧客も横に動いて、買物できる。DSCN8454-1

コーヒーからワイン売場へ。
湾曲した売場が高級感を創り出す。DSCN8463-1

そして自慢のワイン売場。
DSCN8465-1

ショットでワインを購買できる。
グラスに入れて、
買物しながら飲めるし、
イートインコーナーで飲むこともできる。DSCN8466-1
小企業は固定客をつかんで、
確かな存在感を示す。

店舗数や売り上げ規模は大きくても、
個性のない店の集合体では、
生き残れない。

それがアメリカの競争だ。

最後に、
フレッシュファーム。DSCN8480-1
たった4店舗の支店経営。
しかし強烈な個性を持つ。

店の前にハロウィーンの演出。
シカゴの店で一番のスケール。DSCN8481-1

まず青果部門のボリュームと価格に、
心底、驚かされる。DSCN8482-1

この陳列。この鮮度、この価格。DSCN8485.-1JPG

青果の力は、
店全体の力となる。DSCN8493-1

青果の右わきにはデリ。DSCN8503-1

奥主通路に魚と肉の売場。
DSCN8478.JPG7

鮮魚の鮮度と価格はピカ一。
今回の視察店舗でナンバー1。DSCN8482.JPG7

グロサリーは積み上げ陳列。
これは青果部門と同じ考え方。DSCN8496.JPG7

天井はスケルトンで、最新型。
DSCN8502.JPG7

べ―カリーも充実。DSCN8516-1

そしてレジを出てくると、
このハロウィーンプレゼンテーションに、
突き当たる。DSCN8529-1

企業規模は小さくても、
個性豊かで、その個性が、
顧客を感動させることができたら、
店は輝く。

勝負は大小では決まらない。
もちろん世界最大のウォルマートも、
個性ある企業としての強みを持っている。
(つづきます)

〈結城義晴〉

2017年10月18日(水曜日)

商人舎specialコースのWhole Foods & EATALYの初日

流星や平和を願ふには速し
〈朝日俳壇より 村上市・鈴木 正芳〉

シカゴの夜空に向けて、
平和を願っています。
この地には、
バラク・オバマ前大統領が住んでいる。
現在は平和運動家と言っていいか。

日経電子版「経営者ブログ」
丹羽宇一郎さん。
元伊藤忠商事社長・会長。
初の民間人中国大使。

中国の格言を引用する。
「綸言(りんげん)汗の如し」

かいた汗が体内に戻ることはないように、
君主が一旦発した言葉は取り消せない。

政治家や経営者に求めている。

だからこう諭す。

「我々有権者は
候補者の言葉の中身ではなく、
過去の言動を思い出して
言葉に信用がおける、
努力をしているかという視点から
選ばないといけません」

10月22日の第48回衆議院選挙のことだ。

私もそう思う。

選挙に行こう!
投票しよう!!

さて、イリノイ州シカゴ。

商人舎USA視察
スペシャルコース。
いよいよスタート。

シカゴ空港に到着した団員とともに、
まずは、ウォルマート・スーパーセンター
1DSCN7967-1

導入部の青果売場。
鮮度感も品揃えも、
見違えるほどに充実してきた。
2DSCN7961.-1JPG

壁面の部門サインは、
白地に黒文字で大きく表示。
シンプルで、見やすくて、とてもいい。
3DSCN7936-1

壁面主通路のミート部門。
以前は什器も黒を基調にしていたが、
白系統の色使いで、店内が明るくなった。4DSCN7941-1

売場のいたるところで、
八ロウィンの仕掛け。DSCN7957-1

そしてホリデー商戦を見据えた
クリスマス商品の「早仕掛け」。DSCN7953-1

アパレル売場の一部でも、
クリスマスモード。DSCN7958-1 (2)

レジ外売場で、
ハロウィーンの飾りを、
段ボール販売。
DSCN7963.-1JPG

その壁面に「今月のスター」
今月活躍したスタッフを、
表彰している。

顧客とのコミュニケーションになるし、
従業員のモチベーションにつながる。DSCN7964-1

やや小型のスーパーセンターながら
火曜日の朝から、顧客がよく入っている。DSCN7962.-1JPG
ウォルマートは全米、どこに行っても、
一定以上の顧客を集めている。
そして売場は原則に忠実だ。

一方、ホールフーズ
郊外ショッピングセンターの核店舗。DSCN7871.1JPG

ここでは店長へのインタビュー。DSCN7884-1

ホールフーズは今年8月末に、
アマゾン傘下に入った。
そのことで店舗では、
どんな変化があったのか。
店長のジェーソンさんは丁寧に、
率直に話してくれた。DSCN8027 (2)-1

アマゾンから売価ダウンの指示がくる。
DSCN7879-1

その数はこの店で、
600アイテムになる。

POPには、
「ホールフーズ+アマゾン」と記されて、
値下げをアピールする。DSCN7986 (2)-1

アマゾンのピックアップロッカー。
アマゾンで注文した商品を、
ホールフーズの店頭で受け取れる。DSCN8052 (2)-1

タッチパネルで、
受け取り方法をお知らせする。DSCN8053 (2)-1

団員からの質問にも正直に答てくれて、
インタビューは45分ほどになった。DSCN8032 (2)-1

お礼に着物のワインボトルカバー。DSCN8041 (2)-1

映画スターのようなジェーソン店長と、
固い握手。
DSCN8043 (2)-1

そして全員で記念写真。DSCN8038 (2)-1

売場は変わらず管理レベルが高い。DSCN7977 (2)-1

シーフード売場で、
ロープライスを謳うのが、
アトランティックサーモン。

これもアマゾンからの指示。DSCN7989 (2)-1

デイリー売場でも、
「ホールフーズ+アマゾン」のPOP。DSCN8001 (2)-1

店舗左翼のインストアべーカリーから
フードサービス部門。DSCN7864-1

KOMBUCHAのコーナー。
今、アメリカでホットトレンドの商品。DSCN8012 (2)-1

コンブチャといっても、
昆布の味は全くしない。
日本で言う紅茶きのこ。DSCN8014 (2)-1
各自でランチ。

私はコンブチャとブリスケットBBQ。DSCN7869-1

一気に郊外からダウンタウンへ戻って、
シカゴのイータリー
DSCN8030-1

アメリカ2号店。
DSCN8029-1

イータリーでは店内ツアー。DSCN7922-1

案内してくれたのは、
ブリジットさん。
DSCN7921-1

青果はレストランに卸す高級商材を、
小売店頭で販売する。
DSCN7990-1

だから珍しい野菜もある。

これはメロン風味きゅうり。DSCN7937-1

マイクロブルワリー。
自家製のビール。

隣のビールバーで提供する。DSCN7940-1

ナチュラルチーズ売場。
DSCN7992-1

2カ月熟成させたチーズを試食。DSCN8075 (2)-1

さらにサラミの試食。DSCN8076 (2)-1

感謝。
DSCN7954-1

モッツァレラチーズの製造所。
DSCN7995-1

ガラス張りで売場から見える。DSCN8077 (2)-1

手前に熱い湯、真ん中に水。DSCN8079 (2)-1

熱い湯に浸したチーズを、
手で伸ばしていく。DSCN8082 (2)-1

職人の感覚で、
絶妙のタイミングで丸める。DSCN8084 (2)-1

その真ん中にさらに
モッツァレラチーズを入れて、
丸めてバナナの皮のひもで縛って完成。DSCN8086 (2)-1

こちらは生パスタの加工。
機械ではできない、
丸めたパスタをつくる。DSCN7961-1

彼女の手で、
こんなまるまったパスタができあがる。
DSCN8173-1

窯焼きのピザ。
DSCN8102-1

ここでも焼き立てのピザを試食。

みんなに大きめの一切れがふるまわれる。DSCN8105-1

もう、すでに満腹。DSCN7972-1

オリーブオイルのコーナーでは、
地域別の商品特性の説明を受ける。DSCN8117-1

そしてテイスティング。DSCN7978.-1JPG

ひとさじを味わう。
オリーブの香りが口に拡がる。DSCN8119-1

マルコさん。ありがとう。DSCN7979-1

イータリーは「市場、食堂、学校」を、
三つのコンセプトにしている。

われわれも食べて学んだ。
店舗内の教室で記念写真。DSCN8122-1

お土産を渡したら
感動したブリジットさんが全員とハグ。

みんな照れながら応える。DSCN8125-1

一番ハグが上手だったのは、
松本隆文さん。
㈱マツモト社長。
DSCN8126-1

ダウンタウンのウォルマート
ネイバーフードマーケット

同じビルに、
ベッドバス&ビヨンドと、
TJマックスが入っている。DSCN8220-1

変形の売場だが、
上手にこなしている。DSCN8199-1

青果は絞り込んで展開。DSCN8192.-1JPG

多段冷蔵ケースのミートの売場。
DSCN8197-1

地下1階にTJマックス
オフプライスストア№1企業。DSCN8216-1

百貨店や専門店の売れ残り品を、
集荷して、雑然と並べて、販売する。DSCN8215-1

さらに地下に、
ベッド・バス&ビヨンドDSCN8218-1

その近くにトレーダー・ジョー
道路2側面がガラス張りの店舗。
DSCN8082-1

標準よりやや広めの店舗。
入口では切り花がお客を迎える。DSCN8240-1

壁面にはシカゴの景色をぺインティング。DSCN8057-1

最後はアルディと、
トレーダー・ジョー。
同じビルにアルディ傘下の2店が入る。 DSCN8264.-1JPG

1階がアルディ。
DSCN8243-1

卵パック12個98円。
売れ切れ寸前。
DSCN8245-1

オーガニックアイテムも充実してきた。DSCN8252-1

2階がトレーダー・ジョー。
駐車場と同じフロアにある。DSCN8266-1

店舗前の駐車場の一角で、
ハロウィンプロモーション。DSCN8275-1

白と木目を基調にした明るい店内。DSCN8270-1

エンドづくりは秀逸だ。DSCN8268.-1JPG
ウォルマートとホールフーズ、
トレーダー・ジョーとアルディ。
そしてイータリー。

初日から充実の視察。

モノを売ることよりも、
カスタマーを喜ばせる。
それが何より大事なことだ。

その考え方や方法に、
違いがあって個性が発揮される。

実感させられた。

コングレスホテルに戻って、
一安心。
DSCN7924.JPG7

店も人も、何らかのものを表現する。
だから「綸言汗の如し」

冷や汗をかかないような店づくりを、
目指したい。
(つづきます)

〈結城義晴〉

2017年10月17日(火曜日)

平和堂米国研修第14団の調理大会とシカゴへの旅

アメリカにやって来て、
ちょうど2週間。

イオンリテールの研修が終わり、
平和堂の勉強会が終了した。DSCN7836.JPG7

サンフランシスコ国際空港。
第14団を送り出した。DSCN7837.JPG8

ひとり、イリノイ州シカゴに向かうが、
話はテキサス州ダラスに戻る。DSCN9468.JPG7

平和堂米国研修恒例の、
調理大会。
ダラスに着いて2日目。
昼間の視察研修の際に、
夜の調理大会に向けて買い出しをする。

店を見るだけでなく、店で買う。
これが何よりの勉強になる。

その買い出しした商材を、
班ごとに持ち寄って、
部屋で調理する。

選んだホテルはその機能を備えている。

まず1班。
平澤容子班長。
CIMG9310.JPG7

3班のメンバー。
CIMG9311.JPG7

4班は角口春人班長のグループ。CIMG9314.JPG7

2部屋に分かれて調理。CIMG9315.JPG7

5班は内田浩二班長の組。
CIMG9312.JPG7

6班は元気がいい。
CIMG9316.JPG7

2班も頑張る。
CIMG9317.JPG7

そして団長チームも調理。
CIMG9313.JPG7

1時間半ほどの調理時間に、
「ハロウィーンパーティ」のコンセプトで、
Positioning競争をする。

出来上がって、会議室に持ち寄る。
そして夜8時、調理大会のスタート。

それぞれに自分たちのメニューを説明。
そしてポーズ。

6班はハロウィーンに向けて、
「グロい男の料理」
しかし、意識の高いオーガニック。
DSCN9930.JPG7

5班のテーマは、
「ワクワクドキドキ」
DSCN9911.JPG7

4班は「立体カラフル」
フルーツポンチは、最後に、
日本のラムネで仕上げ。
DSCN9914.JPG7

満足顔の4班メンバー。DSCN9918.JPG7

出来上がりはこんなテーブルとなった。DSCN9920.JPG7

3班は「テルミドールハロウィーン」
ロブスターを中心にした魚料理。
他のグループが肉料理だろうと読んで、
違いを出す作戦。
DSCN9925.JPG67

2班は食べたいものを集めた、
「俺のハロウィーン」
DSCN9927.JPG67

そして1班は「すべて手づくり」
DSCN9928.JPG7

プレゼンテーションが終わると、
カンパーイ!!
DSCN9938.JPG7

それぞれに自慢の一品を選んでもらった。

6班は、グロい手の形をした、
オムレツとソーセージ。DSCN9947.JPG7

5班もハロウィーン・ハンバーグ。
舌を赤くした。
DSCN9946.JPG7

4班は、
スイカとメロンの切り抜きフルーツポンチ。DSCN9941.JPG7

3班はロブスター。
DSCN9945.JPG7

2班は手づくりのローストビーフ。DSCN9943.JPG7

そしてもう一品、カボチャのスープ。DSCN9944.JPG7

そして1班は、
平澤班長手づくりのスパゲッティ。DSCN9942.JPG7

そして食事タイム。
DSCN9949.JPG7

食事が終わると、表彰タイム。
まず副団長の杉山茂生さんの講評。
アルプラザ醍醐支配人。DSCN9953.JPG7

団長の佐々木裕さんも講評。
滋賀大型店営業部長。DSCN9955.JPG7

そしていよいよ発表。
副団長賞は3班。
「テルミドールハロウィーン」
DSCN9960.JPG7
おめでとう。

団長賞は2班。
「俺のハロウィーン」DSCN9964.JPG7

そして結城義晴賞は、
6班の「グロい男の料理」DSCN9968.JPG7
ハロウィーン・コンセプトに沿って、
個性を出したポジショニングを評価。

おめでとう。

しかし、楽しかった。
一番の勝者は、
「ハロウィーンパーティ」を、
今回のテーマにした事務局だった。

そんな楽しいイベントも、
あっという間に過ぎ去って、
サンフランシスコの解団式。DSCN7837.JPG8
「自ら、変われ!」

人生のポジショニング戦略も、
組み立ててみよう。

サンフランシスコ国際空港、
58番ゲートから送り出して、
ひとり、56Aゲートから飛び立つ。

8時発、14時15分着。
2時間の時差があるから、
約4時間でシカゴ・オヘア空港。DSCN7842.JPG7
エドワード・ブッチ・オヘアは、
第二次世界大戦のエースパイロット。

シカゴはアメリカ第3の都市。
ニューヨーク、ロサンゼルス、
そしてシカゴ。
DSCN7840

ピンクリボンが掲げられている。
乳がん啓発キャンペーン。
DSCN7843.JPG7

そして地球儀。
DSCN7844.JPG7

星条旗。
DSCN7845.JPG7
誇り高きシカゴ。

ホテルに着いて、
街を散策。

ミシガン川のほとりに、
トランプタワー。
IMG_2955.JPG7

景観条例で、
派手なイルミネーションは禁止。
しかしトランプタワーは目立つ。
シカゴはアンチトランプの本拠地の一つ。
IMG_2957.JPG7

ダウンタウンのホールフーズ。
IMG_2956.JPG7
夜は人手を減らして、
普通のスーパーマーケットになっている。
ちょっと寂しいものがある。

2005年に開園したミレニアム公園。
クラウンファウンテンは、
長方形の塔の表面を、
覆うように水が流れる。
そしてさまざまな画像を映し出す。
IMG_2961.JPG7

そしてシカゴ美術館。
IMG_2962.JPG7

2頭のライオンに守られる。
アメリカ3大美術館のひとつ。
メトロポリタン美術館、
ボストン美術館、そしてここ。
IMG_2963.JPG7

シカゴで4泊。
まだまだ、
「人生のポジショニング」を求める、
旅は続く。

〈結城義晴〉

2017年10月16日(月曜日)

平和堂米国研修第14団最後の一日と「人生のPositioning戦略」

Everybody! Good Monday!
[2017vol42]

2017年第42週、
そして10月の第3週。

Weekly商人舎の、
2週間販促企画。

ハロウィーン販促真っ最中。
イオン、セブン&アイ、平和堂。

毎週必ず2週間分の「記念日」を掲載。
これはチェックしてもらいたい。

さて、私はアメリカ3週間の旅。
2週目が終わった。

その最終日。

日航ホテル25階の会議室からの景色。
DSCN7651.JPG7

最後のセミナー。
CIMG9348.JPG7

すべての視察を総括しながら、
競争の変化、
Grocerantやポジショニング戦略を、
丁寧に語った。
CIMG9362.JPG7

今回から売場の主任が参加した。
彼らには精気があるけれど、
経験はまだ浅い。
だからこそ、論理的に、一歩一歩、
講義しなければならない。
CIMG9364.JPG7

講義が終わると最後の視察。

フェリー・ビルディング。DSCN7652.JPG7

フェリーが行き着く建物周辺を、
ショッピングセンターに変えた。

米国の新しいショッピングセンターは、
4つの類型をもつ。

⑴パワーセンター
⑵ライフスタイルセンター
⑶アウトレットセンター
⑷テーマ・フェスティバルセンター

このフェリーは、
第4のショッピングセンター。DSCN7653.JPG7

ちょうどフリーマーケットの開催日。
ファーマーズマーケットも開かれていた。DSCN7656.JPG7

ビルディングの中は、
常設の売場が並ぶ。

しかし土産物だけではない。
食品が圧倒的に多い。
それが現代の商業集積の鍵を握る。
DSCN7657.JPG7
月刊商人舎7月号特集に書いてある。
「内食・外食」主役のHuge SC Age

そのうちの1軒が「DELICA」。DSCN7661.JPG7

(株)ロック・フィールドが経営している。DSCN7664.JPG7

日本メニューをカリフォルニア素材で。DSCN7662.JPG7

黒板ボードの告知も、いい。

その後、ゴールデンゲートブリッジへ。DSCN7668.JPG7

快晴のもと、みんな、楽しんだ。DSCN7670.JPG7

最後の訪問は、
ナゲットマーケット。DSCN7704.JPG7

働きがいのある企業ランキングで、
7位まで上がったことがあるし、
いつも30位以内にランクされている。DSCN7705.JPG7

ここでは女性店長にインタビュー。DSCN7675.JPG7

美しいF・バレリーさん。DSCN7681.JPG7
「男性の仕事でも全部できるわよ!」

途中からミートマネジャーも参加して、
鋭い質問にすべて答えてくれた。DSCN7677.JPG7

そしてハトッピーポーズで写真。DSCN7683.JPG7

お土産に驚くバレリー店長。DSCN7685.JPG7

青果部門はナゲットならではの美しさ。DSCN7693.JPG7

プレゼンテーションは全米随一。DSCN7692.JPG7

居抜きの店舗ながら、
ナゲット流に見事に変身。
現在、18店舗になった。

店舗右手はサービスデリ。DSCN7701.JPG7

そしてバリスタコーヒーショップ。
カウンターに立って、
顧客からの注文を受けて、
エスプレッソなどを淹れてくれる。
DSCN7698.JPG7
大人気。

奥の主通路にはミートの対面売場。DSCN7708.JPG7

チキンは見事。
DSCN7710.JPG7

ハワイ特産の「ポキ」も良く売れている。DSCN7711.JPG7

寿司コーナー、チーズ売場と続く。DSCN7707.JPG7

そして多段ケースの乳製品とドリンク。
床は「ウェットルック」の輝き。DSCN7712.JPG7
ウェットルックとは、
濡れたように見えるということ。

グロサリーのラックを、
奥に狭まるように配置して、
真ん中に島陳列を置いた。DSCN7709.JPG7

非食品はコンパクトにまとめた。DSCN7713.JPG7

狭い店だがもちろんバルク売場もある。DSCN7715.JPG7

ワインの特売は、
ナパの「Decoy」の3アイテム。
DSCN7694.JPG7

そして顧客の声を聴いて、
顧客の考えを共有する。DSCN7696.JPG7
素晴らしい店で、
ホスピタリティとポジショニングの、
本質を学んだ。

小さな企業でも、
その戦略の重要性は変わらない。

ホテルに帰って、
それから自由研修。

そして最後のパーティ。
フィッシャーマンズワーフへ。

バスがサンフラン随一の観光地に到着。DSCN7722.JPG7

ドライバーの杉さんは、
このツアーのあと、引退する。

サンフランシスコ最高の、
いやアメリカ第一のドライバーだ。

私もこの10年以上の間、
杉さんにずっとお世話になった。

ありがとうございました。DSCN7720.JPG7

杉さんのバスは、
滑らかに走り去った。DSCN7723.JPG7

フィッシャーマンズはいつも、
パフォーマンス満載。DSCN7725.JPG7

長身のピエロ。
DSCN7727.JPG7

人出は最高潮。
DSCN7732.JPG7

女性二人のアクロバット。
DSCN7736.JPG7

ヘッドフォンを貸し出しして、
ダンシング。
DSCN7740.JPG7

ダンシング。
DSCN7739.JPG7

こちらは夕陽の中の少女。DSCN7743.JPG7

サンフランシスコベイに面する。DSCN7748.JPG7

アルカトラズが見える。DSCN7745.JPG7

ハートのモニュメント。DSCN7751.JPG7

女装の二人。
DSCN7752.JPG7

そしてこちらは似顔絵描き。DSCN7754.JPG7

メリーゴーランド。DSCN7755.JPG7

特設ステージでは、奇術師。DSCN7757.JPG7

松明をもって見事なジャグリング。DSCN7759.JPG7

私たちはいつもの店。
「チャートハウス」DSCN7756.JPG7

乾杯の音頭は、西村聡さん。
フレンドマート江頭店店次長。
DSCN7762.JPG7

夕陽が射しこむ。
DSCN7766.JPG7

ビールを楽しむ。
DSCN7768.JPG7

カニを食べる準備。DSCN7771.JPG7

ゴールデンゲートに陽が沈んでいく。DSCN7773.JPG7

まずサラダ。
DSCN7776.JPG7

そしてメインディッシュは、
ダンジネスクラブ。
サンフランシスコ名物。
一人一杯ずつ。
DSCN7778.JPG7
食べているときは静かだ。

突然、誕生祝いのケーキ。
岸本祐治さんと梅原浩平さん。
岸本さんは店舗サポート部、
梅原さんはデリカ課バイヤー。DSCN7785.JPG7
私はカードに言葉を書いて、
二人に贈った。

その後、班ごとに選抜されて、
若手がスピーチ。

その中の細野佳代さん。
アルプラザ鶴見日配品主任。
IMG_2950

お別れパーティも終盤。
副団長・杉山茂生さんのスピーチ。
アルプラザ醍醐支配人。
IMG_2949

そして団長挨拶。
佐々木裕さんは、
滋賀大型営業部部長。
IMG_2948

藤森正博さんも挨拶。
ニューヨーク在住の、
現地コーディネーターで、
私のパートナー。
IMG_2951

最後は結城義晴。
DSCN7790.JPG7

東日本大震災が終わってから、
夏原平和さんに依頼されたこと。
そしてこの7年間、続いたこと。
話しているうちに、いろいろ思い出した。IMG_2941

ポジショニング戦略は、
会社や店に必要なだけではない。
一人ひとりの人生にも、
ポジショニング戦略がなければならない。IMG_0004
「人生のPositioning戦略」

最後はそのために必要なことを3つ。
第一に一人ひとりを取り巻く環境、
第二に自分で見つけた、自らの使命、
第三に自らの「強み」。
ドラッカーの洞察はすごい。IMG_2942

最後の最後に一本締め。
写真には入っていないが、
締めは平澤容子さん、
アルプラザ彦根店長。
IMG_0001
ありがとう。

お別れパーティが終わって、
フィッシャーマンズ・ワーフ。DSCN7792.JPG7

まだまだにぎやか。DSCN7793.JPG7

そして美しい。
DSCN7794.JPG7

ハードロック・カフェ。
DSCN7798.JPG7

これがフィッシャーマンズ・ワーフの象徴。DSCN7801.JPG7

歩いてケーブルカーの駅へ。DSCN7802.JPG7

ほとんど貸し切りで乗り込む。DSCN7803.JPG7

いざ出発。
DSCN7806.JPG7

坂を上る。
DSCN7807.JPG7

曲がる。
DSCN7808.JPG7

10分ほどで最高到達点。DSCN7809.JPG7

ここから一気に下る。DSCN7814.JPG7

結構なスピード。
DSCN7815.JPG7

終点。
DSCN7816.JPG7
最後の最後に、
ケーブルカーを楽しんで、
研修の全行程を終了。

あとは朝まで、各自、楽しむ。

「この一瞬の積み重ねこそ、
君という商人の全生涯」

いつもこのとき、
倉本長治の言葉を思い出す。

では、みなさんも、
この一瞬を大切にして、
Good Monday!
(つづきます)

〈結城義晴〉

2017年10月15日(日曜日)

[日曜漫歩]サンフランシスコ湾の夕陽

ああ、神は、
最初の日に昼と夜をつくり、
次の日には、天をつくった。

三番目の日に海と地をつくり、
植物を茂らせた。
四番目の日には、
太陽と月と星をつくった。

五番目の日に、魚と鳥を、
六番目の日には、動物をつくった。
そしてこの日、自分に似せて、
男と女を創造した。

そして七番目の日に、
神は、休んだ。

それが日曜日。

畏れ多くも神は漫歩などしないだろうが、
人間の私はサンフランシスコを日曜漫歩。

それにしても北カリフォルニアの山火事。
DSCN7827.JPG7

連日の現地報道。
DSCN7819.JPG7

消火活動も展開されている。DSCN7831.JPG7

しかしこれだけの地域が焼けた。DSCN7835.JPG7

その影響が出た。

日航ホテル25階から市街を臨む。
DSCN7646.JPG7

北の山の上層部は、
茶色い空気に覆われているDSCN7647.JPG7

ゴールデンゲートブリッジは快晴だが、
その背景の山の上には茶色の幕。
DSCN7673.JPG7

アルカトラズ島はくっきり。DSCN7672.JPG7

そして平和堂研修団は元気。DSCN7668.JPG7

しかし夕方になると、
アルカトラズの周りに霧が立ち込め、
その後ろにはやはり茶色の幕。
DSCN7746.JPG7

アルカトラズがぼんやり浮かび上がる。DSCN7744.JPG7

木々が焼けた煙が、
ベイエリアを覆っていく。
DSCN7747.JPG7

しかし、そのために、
夕陽が大きく見える。DSCN7521.JPG7

ベイブリッジに向かう。DSCN7527.JPG7

車の列の上に大きな夕陽。DSCN7532.JPG7

右手はるか遠くに金門橋、
その左にサンフランシスコ市街。
そして夕陽が沈み始めた。
DSCN7533.JPG7
トレジャーアイランドに降りて、
夕陽を鑑賞。

景観は左からベイブリッジと貨物船。  DSCN7542.JPG7

サンフランシスコの街。DSCN7541.JPG7

そしてゴールデンゲートブリッジが、
浮かび上がる。
DSCN7538.JPG7

陽は沈み始めた。
DSCN7543.JPG7

金門橋と夕陽。
DSCN7544.JPG7

また貨物船が通る。
DSCN7549.JPG7

その貨物船がベイブリッジに抜ける。
DSCN7553.JPG7

その間に夕陽はずいぶん低くなった。
DSCN7555.JPG7

少しずつ、すこしずつ。
DSCN7560.JPG7

静かに降りていく。
DSCN7564.JPG7

そして夕陽は大きくなる。
DSCN7572.JPG7

山火事の煙の層があるからこそ、
こんなにくっきりと大きく見える。
DSCN7575.JPG7

まん丸の夕陽が沈む。
DSCN7578.JPG7

木々の陰に夕陽がかかる。
DSCN7582.JPG7

沈んでゆく。
DSCN7588.JPG7

静かだ。
DSCN7589.JPG6

サンフランシスコベイで、
壮大なドラマが展開される。
DSCN7591.JPG7

ああ、沈んでしまう。
DSCN7592.JPG7

カモメが羽を翻した。
DSCN7599.JPG7
陽は沈んでもしばらく、
サンフランシスコ湾は、
赤い空気に包まれていた。

〈結城義晴〉

2017年10月14日(土曜日)

サンフランシスコ15店駆け巡りで見えた「新しい海の古い船」

サンフランシスコの山火事。
遠くの山々の上層部を、
茶色の空気が覆っている。

そして焼け焦げ臭い。
記録的な火災だ。

ナパやソノマの山火事は、
ワインづくりに大打撃を与えた。

そんな中、申し訳ないけれど、
私たちは、元気に研修。

15店舗を駆け巡った。

まずサンフランシスコ市街の対岸へ。
アラメダ島。

ライフスタイルセンター。
新しいショッピングセンター。DSCN7315.JPG7

ここで浅野秀二先生に遭遇。
このアラメダの住人。DSCN7279.JPG7

トレーダー・ジョー。DSCN7312.JPG7

ここでインタビュー。
メイトのレロイさん。DSCN7284.JPG7

活発な質問が出て、
実に有益だった。
DSCN7290.JPG7

立話だったが、レロイさんは、
30分以上も丁寧に対応してくれた。DSCN7283.JPG7

通訳は藤森正博さん。DSCN7294.JPG7

固い握手。
こういった時、私は、
かなりしっかり握る。DSCN7296.JPG7

そして全員写真。
DSCN7298.JPG7

店は相変わらず充実。DSCN7344.JPG7

トップエンドは、
トリプルジンジャー。DSCN7343.JPG7

そして同社では初めて見たが、
12品目以下のエクスプレスレーンと、
バゲッジオンリーのレーン。DSCN7346.JPG7
バスケットだけのレーンは、
アメリカでは実にいいアイデアだ。

隣のセーフウェイ。DSCN7313.JPG7
ハワイのホノルル店と並んで、
この店は全米有数のセーフウェイ店舗。

花売場は見事。
DSCN7276.JPG7

オーガニック中心の青果部門もいい。DSCN7274.JPG7

レジにはバルーン。DSCN7273.JPG7

そしてコールズ。DSCN7336.JPG7

ジュニアデパートと自称するが、
私はノーマルとディスカウントの、
両デパートメントストアの中間だと思う。DSCN7333.JPG7

集中レジ方式が百貨店では珍しい。DSCN7334.JPG7

その向かいにTJMax。
オフプライスストアのトップ企業。DSCN7320.JPG7

そしてコールズから、
完璧に顧客を奪っている。
いわば百貨店の天敵。
DSCN7321.JPG7

DAISO。
DSCN7319.JPG7
1.5ドルショップで、
こちらのダラーストアの中で、
異彩を放つポジショニング。

日本で100円で売っている商品を、
1.5ドルで販売する。
それでもよく売れている。
DSCN7318.JPG7

アラメダのターゲット。DSCN7378.JPG7
ウォルマートの同業態ライバルで、
ちょっと低迷していたが、
随分回復してきた。

入口にはハロウィーンのお知らせ。DSCN7375.JPG7

そしてレディスのマネキン。DSCN7352.JPG7

やや大柄の女性のマネキン。DSCN7354.JPG7

入口の対角線のところに、
プロモーションコーナー。
ハロウィーンプレゼンテーション。DSCN7358.JPG7

「かぶってみました!」
似合う、ひどく。
DSCN7359.JPG7

食品はついで買い用の売場。DSCN7366.JPG7

ドラッグはCVSヘルスに売却して、
CVSファーマシーが入っている。DSCN7371.JPG7

そしてこれ。
主通路上の島陳列。DSCN7364.JPG7

ウォルマートのアクションアレーを、
ターゲット流にアレンジした優れモノ。DSCN7365.JPG7
多分、定着すると思う。

それからバークレー・ギルマンの、
ホールフーズ。DSCN7429.JPG7

入口左手にアレグロコーヒー。
直営のコーヒー工場と、
バリスタと喫茶室。DSCN7390.JPG7

右手が自慢の青果部門。7

突き当りがスペシャルティ部門で、
チーズ売場。
DSCN7398.JPG7

その隣はプレミアムクラフトビール売場。DSCN7422.JPG7

さらにバルク売場。
壁面とバルクのカラーコントロールが、
絶妙。
DSCN7401.JPG7

奥主通路の角にはミートの対面売場。DSCN7405.JPG7

そしてシーフードの対面売場。DSCN7406.JPG7

店舗左翼はサービスデリとセルフデリ。DSCN7415.JPG7

エクスプレスレーンに顧客が並ぶ。DSCN7423.JPG7

ハロウィーンプレゼンテーションも、
とてもお洒落。
DSCN7424.JPG7
結局、この小型の店は、
ワンウェイコントロールとなっている。

ただし青果とチーズの間に、
アマゾンのロッカーがセットされた。DSCN7397.JPG7
同社がアマゾンの傘下にあることを、
思い知らされる。

隣にダラーツリー。DSCN7430.JPG7

ファミリーダラーを吸収して、
ダラーゼネラルに次いで、
Dollar Store業界第2位。DSCN7431.JPG7

店は汚い。
しかし2人で500坪を管理して、
効率は非常によろしい。DSCN7432.JPG8
Dollar Store、おそるべし。

REI。
リクリエーショナル・エクイップメント。DSCN7433.JPG7

アウトドア用品のチェーン。DSCN7434.JPG7

圧倒的なコンサルティングサービス。
店員のモチベーションは高く、
働きがいのある企業ランキングの常連。DSCN7436.JPG7

そしてバークレーボウル。DSCN7476.JPG7

サンフランシスコのとんがり店舗。
世界一の青果部門を持つ。DSCN7477.JPG7

店の売上げの30%が青果部門。DSCN7445.JPG7

導入はオーガニック青果。DSCN7446.JPG7

そして圧巻のくだもの売場。
選別値入れ方式で、
SKUを増やして買いやすくする。
そのうえ、マージンミックスで、
丁寧に少しずつ利益を稼ぐ。DSCN7449.JPG7

柑橘類もこの長い陳列線。DSCN7450.JPG7

バナナも珍しい品種が揃う。DSCN7458.JPG7

この時期にはこの巨大なカボチャ。DSCN7460.JPG7

鮮魚部門も鮮度抜群。DSCN7462.JPG7

手づくり惣菜は、
しっかり固定客をつかんでいる。DSCN7470.JPG7

チェッカーは、青果の値段を、
全部覚えている。
それがまたこの店の模倣困難性でもある。DSCN7473.JPG7

コストコ。
DSCN7490.JPG7

相変わらずの大繁盛。DSCN7478.JPG7

「おためしのおすゝめ」は、
コストコの専売特許。DSCN7481.JPG6

そして氷詰めのカニとロブスター。
こんな売り方は初めて見た。DSCN7484.JPG6
コストコはいつも、どの店も、
無敵の繁盛ぶりだ。

次はリージョナルショッピングセンター。DSCN7504.JPG7

核店舗は百貨店、
メイシ―ズ。
DSCN7501.JPG7

このショッピングセンターでは、
最高級の百貨店で、
やはり図抜けた商品力と演出力だ。DSCN7502.JPG7

一方、シアーズ。
私の表現では、
ディスカウントデパートメントストア。DSCN7505.JPG7

表にこんな張り紙。
「私たちはここにとどまっています。
私たちは撤退することはありません」DSCN7491.JPG7
ああ、情けない。

売場にはほとんど、
顧客がいない。
DSCN7492.JPG7

そしてウォルマート。
2層の変形レイアウト。
JCペニーが撤退した後に入居。DSCN7500.JPG7

こちらはハロウィーン全開で、
集客力を発揮している。DSCN7498.JPG7
リージョナルショッピングセンターに、
ウォルマートが出店することは、
原則的には絶対にない。

しかし、ディベロッパーも、
止むに止まれず誘致したのだろう。
だから賃料は無料に違いない。

アメリカの小売業態も、
ショッピングセンターも、
旧態依然としたものは、
どんどん淘汰されている。

最後はその旧態依然の、
スーパーマーケット。
レイリーズ。
DSCN7519.JPG7
コンベンショナル型と呼ばれ、
「伝統型」と訳される。

入口にはハロウィーンのディスプレー。DSCN7513.JPG7

その奥にサンドイッチの対面コーナー。DSCN7514.JPG7

さらにデリが続いて、
この連続売場は最新型だが、
天井は低く、きわめて古い印象を与える。DSCN7516.JPG7

そして奥主通路は、
精肉、乳製品と続いて、
突然、青果部門が現れる。DSCN7509.JPG7
変なレイアウトだ。

その理由は店舗右翼に、
ウェルズ・ファーゴが入っているから。DSCN7508.JPG7
米国の銀行業界で最多の支店を持つ。

顧客には便利だろうが、それが、
スーパーマーケットの壁面を占めると、
通常のレイアウトが組めない。

この店にはドラッグストアも、
併設されていない。

つまり典型的なコンベンショナル型。
それはすなわち、
「業態」の域を脱することなく、
したがってポジショニングはない。

残念ながら、
古い形の店からはだんだん、
顧客が離れていく。

吉田拓郎の「イメージの詩」を思い出す。

「古い船には新しい水夫が
乗り込んでゆくだろう
古い船を今動かせるのは
古い水夫じゃないだろう」

「何故なら
古い船も 新しい船のように
新しい海へ出る
古い水夫は知っているのさ
新しい海のこわさを」

マーケットは新しい海になっている。
そこに古い水夫たちの古い船が、
取り残されている。
(つづきます)

〈結城義晴〉

2017年10月13日(金曜日)

ダラスでHEB・トムサム視察後、山火事のサンフランシスコへ

北カリフォルニアの山火事。DSCN0088.JPG7
8日に州北部を中心に発生。
鎮火と出火が繰り返され、燃え続けた。
焼失面積は合計約770平方km。

死者は31人。過去最悪。

依然として数百人の住民が消息不明。DSCN0096.JPG7

死者はサンフランシスコ北方のソノマ郡に集中。
有名なワイナリーが並ぶ地区。
同じくワインの名産地ナパ郡も、
山肌全域が黒こげになったり、
住宅地が軒並み焼け落ちたりした。

ワインの生産に大きな打撃が出る。

数千人態勢で消火活動が続くが、
大気は乾燥している上に、
強い風にあおられて、
焼石に水の状態だ。DSCN0086.JPG7
亡くなられた方々のご冥福を祈りたい。

私たちは、ダラスから2時間遅れで、
やっとサンフランシスコに到着。

山火事がフライトに影響を与えた。

さて昨日のダラス2日目の夜は、
ホテルで調理大会。

各班ごとに購買し、調理した料理を、
会議室に持ち寄って、試食し合う。DSCN9938.JPG7

テーマはハロウィンパーティー。

円卓に並んだ各班の料理を、
移動しながら味わった。DSCN9949.JPG7

素晴らしい作品が提出され、
三つの賞を選考して、表彰した。
DSCN9946.JPG7

その模様は、三日後のブログで。
帰国したころに公開して、
日本の応援団とともに、
一喜一憂してもらおう。

乞う! ご期待。

ブログはまだダラス地区。
最終日は、まず市内観光。DSCN9971.JPG7

とはいっても、
観光スポットはたった1カ所。

ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺ポイント。
×点がついているところで、
オープンカーに乗ったケネディが、
後ろから狙撃されて、亡くなった。DSCN9969.JPG7
ケネディが生きていたら、
歴史は変わったに違いない。

惜しかった。

さて追悼の気持ちを持ちながら、
ダラスの南のフォートワースへ。

HEBplus。

HEBの非食品強化型フォーマット。
ウォルマート対策店舗だ。DSCN0022.JPG7

入口の一丁目一番地では、
超お買い得のフルーツ。DSCN9980.JPG7

右手の強力な青果部門とカットフルーツ売場。DSCN9981.JPG7

フレッシュジュースも並ぶ。DSCN9982.JPG7

主通路の一番目立つ場所で、
ハロウィンのカボチャをプレゼン。
低い陳列が効果的だ。DSCN9987.JPG7

その後ろに寿司コーナーの対面売場。
コーナーの中で加工して販売する。DSCN9988.JPG7

さらにそのあとに、
クッキングコネクション。
新製品やおすすめ商品を、
人が入ってインカムで語りつつ、
どんどん試食させる。DSCN9978.JPG7

ミートはHEBの売り。
最上級のプライムミートも扱う。DSCN9975.JPG7

精肉売場の冷蔵ケースに、
「NEW」のパネルで新コーナー登場。
DSCN9991.JPG7

いわゆるミールソリューション品目。
このままレンジにかけて食べられる。
金色のパッケージで高級感を出し、
味付けまで終わらせた、
メインディッシュ商品だ。
DSCN9995.JPG7
この金色のパッケージは、
明らかにウェグマンズから、
アドバイスを受けたものだ。
HEBとウェグマンズは提携関係にある。

さらに長い長い奥主通路には、
グルテンフリーコーナー。
売場が広がっている。DSCN9998.JPG7

そしてPB牛乳は、
1ガロン1.15ドル。
1リットル30円。
1人3個までと制約がついている。
DSCN0003.JPG7

こちらはも1人3個で、
78セントの超割引き販売。DSCN0005.JPG7

非食品の強化型のHEBプラスでは、
プロモーションも大がかりだ。DSCN0007.JPG7

もちろんそれは今、
ハロウィンプロモーション。DSCN0008.JPG7

これでもかと展開する、
ハロウィンプレゼンテーションは、
ウォルマートをも圧倒する。DSCN0009.JPG7

バルクフードのコーナーは、
アメリカのスーパーマーケットでは、
定番の売場になったが、
HEBもこの売場展開は上手だ。DSCN0018.JPG7
HEBのパワーを見せつけれらた。

次は、トムサム。
アルバートソン・セーフウェイのグループ。
その最新店だ。
DSCN0025.JPG7

入り口を入ると、青果部門。DSCN0030.JPG7

オーガニックの売場も、
充実している。
DSCN0032.JPG7

その奥に、
「カットフルーツ」の対面コーナー。
DSCN0035.JPG7

青果の左側の壁面には、
デリカテッセンのバイキング。DSCN0031.JPG7

サラダやサンドイッチといった、
できたて商品を対面で販売する。DSCN0036.JPG7

オーダーされてからつくる、
丼のコーナー。
DSCN0038.JPG7

そのデリカテッセンの手前に、
ワインバル。
DSCN0055.JPG7

もちろんイートインスペースもある。
斬新なデザインでなかなかによろしい。
DSCN0058.JPG7

デリカテッセンから右に折れて、
奥主通路には対面のミート&シーフード売場。DSCN0043.JPG7

高品質のチョイスビーフが主力。
しかしプライム・グレードも揃えるし、
オーガニックビーフも扱う。DSCN0046.JPG7

Oオーガニックのミルクは、
クラブカード会員が3.49ドル。
セーフウェイの大ヒットPBだが、
クラブカードを持たない客には3.99ドル。
これが私は気に食わない。DSCN0049.JPG7

そして最後は、
ダラスカウボーイズ・ファンショップ。DSCN0053.JPG7
トムサムの最新店は、
最新のグロサラントの要素を取り入れた、
意欲的な店舗だ。

アルバートソンもそろそろ、
傘下のローカルチェーンに投資し始めた。
投資さえすれば最新のMDは実現できる。

それがこの新店に現れていた。
アルバートソンは少し、
前に進んだ。

ダラス最後の視察は、
コンビニのクイックトリップ。DSCN0061.JPG7

特徴のあるグリルコーナー。
ソーセージをグリルして、
熱々を提供する。
DSCN0065.JPG7

団員も試食する。
DSCN0063.JPG7

次々に購入する。
小腹を満たすスナックとして、
優れモノのマーチャンダイジングだ。DSCN0064.JPG7

レジは入口から入ってきたお客に、
正対する形式。
DSCN0067.JPG7

40人がレジに並んで、
店員大忙し。
しかしそれでもホスピタリティ豊かな接客で、
「働きたい企業ランキング」常連企業の、
面目躍如。
DSCN0068.JPG7

ダラスの視察はこれで終了。
そしてサンフランシスコに移動する。

空港に向かう途中で
ちょっとだけ観光。

フォートワース・ストックヤード。DSCN0070.JPG7

牛の一大集散地。
今は観光地となって、
アトラクションなども催される。DSCN0072.JPG7
ここでのランチは、
大好きなブリスケット。

ご馳走様。

短い観光を終えて、
ダラス・フォートワース空港へ。
しかしサンフランシスコ北側の山火事で、
2時間も足止めされて出発は遅れた。

やっと飛び立って、
シャッターをきったら、
機体の影が写った。DSCN0074.JPG7

ダラスの平原が眼下に見える。DSCN0075.JPG7

そして3時間のフライト。
ここでもずっと原稿書き。

しかし窓外に展開される雲の形が、
執筆の合間も楽しませてくれる。DSCN0079.JPG7

夕暮れがやって来て、
カリフォルニアに到着。DSCN0080.JPG7
研修の折り返し点。
しかし山火事の影響で、
街の中まで焦げ臭い。

たいへんな火事の中、
研修は続く。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外 視察研修会
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会in湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2017年10月
« 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.