結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年12月09日(土曜日)

ユニー・ピアゴ大口店の「閉店売り尽くし」と「慰める・労る」

一昨日の日経新聞「ニュース一言」
柳井正さんが発言。
(株)ファーストリテイリング会長兼社長。photolib_portrait09l
「営業時間の短縮を、
検討しなければならない」
2018年の最大の課題の一つ。

「ショッピングセンターの営業時間は
あまりにも長い。
必要があれば数店舗で、
実験的に実施する可能性もある」

ファミリーレストランも、
2018年の正月などに、
休業日を設ける。

一部のスーパーマーケットは、
日曜日に営業休止したりする。

「当社は現在、
人手が足りているので
具体的な計画はないが、
状況に応じ検討する」

(株)万代は正月三が日を、
休業にしている。
これはもう、恒例。

アメリカのコストコの休業日は、
もう何度も、このブログで書いている。
20121110195424.jpg
ストアロイヤルティが高くて、
休業しても顧客が他の店に行かない。
そのうえ生産性も高い。

そうなれば、多くの休業日を、
設けることもできる。
そうすれば、働く人たちも、
集まりやすくて、
人手不足の問題も起こりにくい。

その逆になると休業できないし、
そうなると人が辞めていく。

好循環企業、
悪循環企業。

どこで循環を良い回転にするか。

さて昨日の商人舎流通SuperNews。
ユニーnews|
UDリテール吸収分割契約締結/ドンキとの協業進む

今年8月31日にユニー(株)は、
(株)ドンキホーテホールディングスと、
資本・業務提携契約を締結。

そしてこの11月13日に、
UDリテール(株)を設立した。
100%ユニーが株式を保有する。

そしてユニーの店舗群の資産を、
UDリテールに移管する。

我が家から一番近い総合スーパーが、
ピアゴ大口店である。IMG_3769.JPG7

現在、「閉店売り尽くし」セール実施中。IMG_3762.JPG7

年末商戦なのか、閉店セールなのか、
良くはわからないが紅白の腰巻幕が、
売場を覆っている。IMG_3764.JPG7

1階の衣料品売場も30%off、20%offで、
閉店売り尽くし。
IMG_3761.JPG7

2階の雑貨売場も平台に、
売り尽くし商品を集める。IMG_3759.JPG7
年末はこの売り尽くしセールを展開し、
1月に休業して、2月にオープン。

MEGAドンキになるのだろうか。

それは明らかにされていないが、
UDリテールに移管されるのだろう。

買物をして、
レジの店員さんに声を掛けたら、
ちょっと寂しそうだった。

UDリテールのUはユニー、
Dはドン・キホーテ。

ユニーグループは、
ファミリーマートの傘下に入って、
サークルKサンクスはそちらに移管。
さらに総合スーパーは、
ドンキと資本提携して、
UDリテールに移管。

そしてユニーのグループは、
資本だけの存在になるのか。

創業者の西川俊男さんは、
2015年1月に89歳で亡くなった。

1963年に西川チェンを興し、
1971年、ほていやと合併して、
ユニーを設立。
1976年に社長に就任し、
その後、1991年、会長に。
そして1997年に名誉会長に退いた。

この1997年は山一證券が破たんし、
日本の総合スーパーのピークの年だった。

それから20年。

マイカルが破たんし、
西友はウォルマートの買収され、
ダイエーはイオンの傘下に入り、
ユニーは、イオン、セブン&アイに次いで、
大手チェーンストアの三番手だった。

そのユニーが消えようとしている。

私がずっと言い続けてきたのが、
「寡占から三占へ、そして複占へ」

いま、日本の総合スーパー企業は、
複占状態になろうとしている。

これまで利用してきたピアゴ大口店の、
閉店売り尽くしセールだけに、
その実感は強くて、深い。

糸井重里さんの「ほぼ日」
巻頭言は「今日のダーリン」

「慰めること、労ることなどは、
芸術を語る場面などでは、
ちょっと低く見られるが、
とても大事なことだと、
年をとってから強く思っている」

ここでは「労る」は、「いたわる」と読む。

「ただ慰めるということは、
なにを解決することもないが、
気をとりなおさせてくれて、
つらくなくしてくれる」

「つらくないだけで、
人は歩き出せるように思う」

ユニーの店員さんを、
慰めたり、労ったりしても、
何も解決しないだろうが、
気を取りなおして、
つらくなくなるかもしれない。

そしてつらくないだけで、
人は歩き出せる。

そう思って、
閉店売り尽くしの品を買った。

これまで、ありがとう。

〈結城義晴〉

2017年12月08日(金曜日)

師走の自己破産・民事再生法申請、そして新しい仕事と「習慣」

商人舎流通SuperNews。
二つの破たんの話が同時に沸き上がった。

やまとnews|
山梨ローカルチェーン自己破産/9店閉鎖・全員解雇

(株)やまとは山梨県のスーパーマーケット。
創業は大正元年(1924年)、鮮魚商。
ピークは16店で78億円。
1店平均4億8750万円。

12月7日に自己破産した。
images.jpgやまと

現在は全9店舗で27億4700万円。
1店3億0522万円。

約170人の従業員は全員解雇された。

しかし人手不足の現在。
もしかしたら、
引く手あまたかもしれない。

それが唯一の救いだ。
周辺の企業の皆さん、
すぐにでも採用してあげてください。

小樽ベイシティnews|
「マイカル小樽」開業から28年・道内今年最大の民事再生

1999年3月オープンのマイカル小樽。
私も取材に行った。
初期投資額600億円、延床面積34万㎡。

長時間滞在型巨大商業集積として、
日本中の話題をさらった。

しかし、このマイカル自身の、
命運をかけた事業が、
マイカルの命を縮めた。

現在は(株)小樽ベイシティ開発。
12月7日、札幌地裁に、
民事再生法適用申請。

負債総額は約280億円。
f36cd343695cbed87e5d3d57853f4e8c

ただし民事再生法申請後も、
通常通り営業は継続。

働く人々の雇用も継続される。

年の瀬になると、
倒産や自己破産の話が出てくる。

そんなときにも、
いちばん大事なのは、
ヒューマンリソースマネジメントであり、
フィナンシャルマネジメントである。

さて今日は1日、
横浜商人舎オフィス。

名古屋文彦さんが訪ねてくれた。IMG_3728.JPG7
立教大学院ビジネスデザイン研究科修了。
教授時代の結城ゼミ第1期生のゼミ長。
そして結城ゼミOB/OG会会長。

その名古屋さんがこのたび、
(株)ユニマットキャラバンへ転職した。

日本マクドナルドから、
セブン&アイ・フードシステムズへ。

いずれも最後はコーヒー事業を担当した。

マクドナルドでは、
プレミアムローストコーヒーの開発、
セブン&アイでは白ヤギ珈琲店の開発。

今度は、1928年創業の、
横浜キャラバンコーヒー。
企画部長。

頑張ってほしい。
応援します。

結城ゼミと言えば、
武藤麻代さんも起業独立した。
結城ゼミ第4期生の才媛。
もちろん経営管理学修士。

「学びの食卓」プロデュース代表。
17862389_10210572626884263_2743913480670561603_n
商人舎SpecialMemberでもあって、
Monthly商人舎に連載を書き続けている。

医食同源で新しい価値をつくる仕事。

具体的な活動領域は5つ。
①企画プロデュース
②教育・研修
③市場調査
④デモンストレーション
⑤取材・執筆
mutou
イオンスタイル碑文谷などで、
実績を積んでいる。

頑張ってほしい。

そして、宮﨑文隆さん。IMG_3731.JPG7
(株)カメガヤ執行役員に転職。

その前は、
(株)ニューフォーマット研究所副社長。
「月刊マーチャンダイジング」編集長。

その前は(株)商業界「販売革新」編集長。

私が商業界取締役のころ、
採用面接も担当して採用し、
同社長のころ、
最後に編集長に任命した男。

行動力があって、
好奇心旺盛で、
弁も立つし筆も立つ。
マッチングを得意とする。
(褒めすぎか?)

優れ者です。

カメガヤは、
Fit Care DEPOTを展開する、
神奈川県のドラッグストア。

社長の亀ヶ谷博之さんは、
実に勉強熱心な経営者。
月刊商人舎も熟読してくれている。

そのカメガヤの創業の店が、
東横線妙蓮寺駅前にある。

私の地元で、
よく利用していた。

その店が大改装中だった。
11月26日の写真。IMG_3573.JPG7

楽しみにしていたが、
昨日の12月7日オープン。

12月7日は、自己破産の会社あり。
民事再生法適用申請のSCあり。
そしてリニューアルオープンの店あり。
IMG_3734.JPG7
駅前小型店なので、
「Fit Care Express」。

月刊商人舎2014年11月号特集。
Express Store大研究
グローバルリテイラーの大潮流
「店舗小型化」の謎を解く
IMG_3735.JPG7
この店は間違いなく成功する。

おめでとう。

店も人も、
新しい局面を迎える。
それはいいことだ。

ブレ―ズ・パスカル。
早熟の天才。
フランスの思想家。

その『パンセ抄』
鹿島茂編訳。
②index

「一生のうちで
いちばん大事なのは、
どんな職業を選ぶかということ、
これに尽きる。

ところが、それは、
偶然によって左右される。

習慣が、石工を、兵士を、
屋根葺き職人をつくるのだ」
〈断章九七〉

偶然。

その通りだ。

「人間は、
屋根葺き職人だろうとなんだろうと、
生まれつき、
あらゆる職業に向いている。
向いていないのは部屋の中に、
じっとしていることだけだ」
〈断章一三七〉

そう、だから、
すぐに動くべきなのだ。

「習慣の力というのは、
じつに偉大なものであり、
自然が人間というかたちでしか
つくらなかったものから、
ありとあらゆる身分や職業の人間を
つくりあげるのである」
〈断章九七〉

だから最後に、
マザー・テレサのことば。

Be careful of your thoughts,
for your thoughts become your words;
思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

Be careful of your words,
for your words become your deeds;
言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

Be careful of your deeds,
for your deeds become your habits;
行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

Be careful of your habits,
for your habits become your character;
習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

Be careful of your character,
for your character becomes your destiny.
性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。

みんな頑張れ。
私も頑張る。

〈結城義晴〉

2017年12月07日(木曜日)

Wal-Mart社名変更と万代上野芝店/ライフ堂島大橋店

ウォルマートが社名変更する。
ウォルマートnews|
来年2/1「Walmart Inc.」に正式社名変更して「脱Stores」

1969年、創業者の故サム・ウォルトンが、
「Wal-Mart Stores, Inc.」と名称を決め、
その翌年にNY証券取引所に上場。
cdn.corporate.walmart.com

だから社名の変更は、49年ぶりのこと。

ただし「Stores」をとるだけの変更。
つまりリアル店舗のStoresだけでなくて、
eコマースのサイトやピックアップなど、
ウォルマートのオムニチャネル化は進む。

だからこその社名変更で、
これはいわば歴史的な出来事だ。

もうひとつ商人舎流通SuperNewsから。
サミットnews|
「Yahoo検索大賞・ローカルカテゴリー」面白チラシ受賞

ポータルサイト「Yahoo!」は毎年、
「検索大賞」を開催している。

「Yahoo!検索大賞」とは、
この1年間で最も検索数が上昇した、
人物、作品、製品に授与される。

2004年からスタートしたアワードだ。

そして2017年の今回から、
「ローカルカテゴリー」が設けられた。
これは47都道府県ごとに、
検索急上昇ワードを選出するもの。

サミットはこの「ローカルカテゴリー」の、
「東京部門」を受賞した。

受賞対象は、サミットのチラシ。
もちろん東京は一番競争が激しいし、
圧倒的に検索数も多い。

私の推測だが、実質的には、
「日本一のローカル検索大賞」
と、いうことになるだろう。

チラシだけではない。
昨年から今年まで、
サミットの営業企画は大いに弾けている。

直近の「ホワイトフライデー」セール、
10月24日の「ドラフト会議セール」、
10月4日の「マル秘セール」。
summit_fiares
7月の「オール☆スターセール」、
そして6月の「総菜選挙」。

それはサミットのVisionから発している。

「日本の
スーパーマーケットを

楽しくする」

月刊商人舎12月号で掲載するが、
竹野浩樹社長のLong Long Interviewに、
その内容が詳細に描かれている。

さて今日も目覚めたのが、
アゴーラリージェンシー堺。

そうしたら商人舎公式ホームページが、
システムダウンしていた。

慌てて、ホテルの部屋を、
レイトチェックアウトにして、
修復作業などに終始した。

サイトに訪問してくださった人たちに、
ご迷惑をおかけしたと思う。

心からお詫びしつつ、
今後の対策を講じたい。
さらなるブログの充実にも、
まい進したい。

さて、1時過ぎにホテルを出て、
万代上野芝店に向かった。IMG_3700.JPG7
今年10月13日オープン。

店舗面積は3300㎡で、
1階がスーパーマーケットの万代、
2階がカジュアルファッションのしまむら。

最強のコンビネーション。

万代の天井は高く、
青果部門は視界が開ける。IMG_3690.JPG7

右手にカットフルーツの対面売場。IMG_3691.JPG7

手前が低いひな壇陳列で、
万代の価格と品質と鮮度が、
ググッと顧客に迫ってくる。IMG_3693.JPG7

青果部門左手には、
「近郊野菜」コーナー。IMG_3694.JPG7
その奥は2核の鮮魚部門。
売場の中のロの字型と壁面の対面。
ロの字の中には作業スペース。

万代がどれだけ水産に力を入れているか。
この店にはよく表れている。

奥壁面はもちろん精肉部門。
ここは高次安定のパワーを持つ。

店舗左サイドが惣菜部門。
R型ケースの対面売場から、
セルフデリ売場まで、
これはホールフーズやウェグマンズ様式。IMG_3686.JPG7

そしてインストアベーカリー。
スープバーもあって、
最新のサービスレベルだ。IMG_3687.JPG7

2階には、しまむら。IMG_3695.JPG7
隣接して西友のSCがあって、
土曜日曜はこの付近、大渋滞。

そのあと、すぐ近くの堺市堺区大仙町。
仁徳天皇陵へ。
IMG_3701.JPG7

日本の第16代天皇。
「日本書紀」では、西暦399年正月に崩御。
同年10月に百舌鳥野陵に葬られた。

日本最大の前方後円墳。
墳丘長486m、後円部の高さ35.8m。
IMG_3707.JPG7
付近には百舌鳥古墳群があって、
この仁徳陵がその中核。

古墳を囲む堀は三重になっている。IMG_3708.JPG7

堺市は「世界三大墳墓」として、
エジプトのクフ王のピラミッド、
秦の始皇帝墓陵と並べているが、
異論もあるようだ。IMG_3713.JPG7

しかしそれでもすごい古墳で、
私、少なからず感動した。IMG_3704.JPG7

その後、大阪市に入って、
ライフ堂島大橋店へ。IMG_3719.JPG7
こちらは11月15日のオープン。
売場面積は847㎡の257坪。

「小型店の枠を超えた小型店」。

入り口の青果部門は、
アンダー1000㎡とは思えない広さ。IMG_3715.JPG7

店舗右コーナーには惣菜売場があって、
こちらも充実している。IMG_3716.JPG7
もう、250坪で十分だ。
そんな感じさえする。

このライフ堂島大橋店も、
月刊商人舎12月号で丁寧に取材・掲載し、
「結城義晴の評価」を書いておいた。

それにしても、
Wal-Martの社名変更、
時代の変貌を感じさせられる。

それから仁徳天皇陵。
1618年前につくられた。
すごい。

〈結城義晴〉

2017年12月06日(水曜日)

万代知識商人大学の米国報告会とMDD会定例会の講演

今夜、商人舎方式ホームページが、
システムダウンした。

見ることができないだけでなく、
入稿することもできなかった。

せっかく、閲覧しようと、
やってきてくださった皆さんには、
ご迷惑をおかけした。
お詫びしたい。

早急に手当てをして、
回復した。

さて、将棋の羽生善治
将棋界の永世七冠を獲得した。

同じ「よしはる」の名前を持つ天才。
我がことのように喜ばしい。

「神様と将棋を指して勝てますか」
かつて、そう聞かれた羽生が答えて曰く。
「神様が角落ちなら勝てる気がする」

毎日新聞巻頭コラムの「余録」。

将棋は、
「互いに手の内をさらす
理詰めのゲーム」

「神も人もAIも特別扱いのない
透明で対等なゲーム」

将棋の神様と指して、
「角落ち」ならば勝てる。

謙虚なようで傲慢なようで。
しかし羽生善治は、
極めて率直で正直な人間なのである。

昨夜、大阪入りした。

今朝は堺市のアゴーラリージェンシー。

ホテル4階のダイヤモンドルームで、
午前中は万代知識商人大学。
2期生のサンフランシスコ視察報告会。DSCN8113-1

2期生32名。
そして阿部秀行社長と結城義晴、
人事部をはじめ事務局が揃った。
DSCN1794-1

司会は東尾里江さん。
人事部マネジャー。
DSCN1801-1

11月13日から17日まで、
サンフランシスコに修了旅行をした。
その視察研修は、
6班のチームごとに、
あらかじめ研究テーマを決め、
それぞれ課題を持って学習した。

その米国で学んだ内容をもとに、
会社に改善提案をする。

その提案報告会である。

この6チームを、
さらに3班ずつの二組に分けた。
加藤健組と松岡俊行組。

その両者がプレゼンで競い合う。
真剣勝負。

万代の社員は、こういった競争に強い。
こういった競争に燃える。

一つのDNAと言ってよい。

だから二組に分けて、
競い合わせることによって、
成果はさらに大きくなる。

代表者がくじ引きで、
先攻、後攻を決める。DSCN1804-1

後攻を引き当てた特攻隊長の西田淳さん。
松岡組は後攻めとなった。DSCN1805-1

先攻と後攻の1チームずつが、
それぞれ20分間のプレゼンを行う。
そのプレゼンに質疑応答がなされ、
それを阿部社長と結城学長が審査する。
それを3回戦って、
勝利チームを決める。

その前に社長のコメント。DSCN1807-1

まず1回戦がスタート。

先頭を切ったのは4班。
テーマは、
「お客さまに選んでいただけるお店」。
クレンリネスへの実際の取り組みと、
サードプレースの提案。DSCN1811-1

会場内の参加者がその報告を聞き、
丁寧にメモする。
DSCN1813-1

後攻の2班。
報告テーマは、
「ネット・外食に勝つリアル店舗の実現」
万代のリアル店舗の強みを、
どう活かしていくかを提案した。DSCN1819-1

プレゼンが終わると、
相手チームから、
審査員から質問や意見が飛ぶ。

それらも考慮されて、
厳正な審査。

1回戦の勝者は松岡組の2班。

結城義晴がそれぞれを講評。DSCN1826-1

2回戦は先攻は6班。
ノンコモディティの視点から、
「万代でわくわくどきどきお買い物体験を!!」
DSCN1833-1

3班のテーマは、
「日本一のダントツ催事へ」。
顧客対応の催事を考察した。DSCN1843-1

質疑応答の場面では、
相手チームへの質問攻撃。

そして2回戦勝者は加藤組の6班。
DSCN1842-1

1勝1敗で迎えた3回戦。
これで勝敗が決する。

先攻の加藤組5班。
「『際だった』ポジショニング戦略と強み」
を課題とした。
DSCN1850-1

そのうえで、
万代の商品と売場の強みづくりを考察。
DSCN1851-1

迎え撃つのは、松岡組の1班。
DSCN1857-1

「店舗オペレーションの改善」
唯一、作業の効率化をテーマにした。DSCN1863^1

最終決戦。
DSCN1864.-1JPG

この3回戦で勝者が決まる。
ドキドキの瞬間。
DSCN1866-1

結果は、5班の勝ち。
加藤組の勝利が決まった。

おめでとう。

加藤組長に結城義晴より賞品を贈呈。
横浜名物崎陽軒「昔ながらのシュウマイ」
わざわざ横浜から持参して、
1人1パックずつを贈った。
DSCN1871-1

僅差で負けた松岡組長。
皆の頑張りを評価しつつ、
前向きに締めくくる。
DSCN8117-1

勝利を手にした加藤組長は、
嬉しそうにコメント。DSCN1879.-1JPG

結城義晴の総評。
「ノーサイド」の宣言をして、
今後のイノベーションを祈念した。DSCN1885-1

最後は阿部社長のメッセージ。DSCN1889-1

皆メモを取り、
社長の講話を聴く。DSCN1895-1

万代知識商人大学2期生。
2月からスタートした。DSCN1896.-1JPG

最後の最後に、
修了レポートを書き上げて、
そのうえで1月に、
厳しい考査がある。

そのあとで修了式が行われる。DSCN1897-1

大学も最終盤。
DSCN1898-1

年末年始の忙しい時期だが、
レポート執筆に全力を傾けてほしい。DSCN1899-1

次世代を担う万代の幹部候補生。
DSCN1900-1

9時から13時まで、
緊張の報告会も無事終了。

昼食会を終えて、
午後はロイヤルホール。

「万代ドライデイリー会定例会」
通称MDD会。
DSCN1904-1

会場にはMDD会メンバーが勢ぞろい。
メーカー、卸の皆さんが集う。DSCN1917-1

さらに万代幹部も顔を揃えた。DSCN1906-1

11月7日から4泊6日で、
MDD会として、
ニューヨークを視察研修した。

こちらもその報告を兼ねて、
万代への取り組み提案を行う。
DSCN1905-1

10の班が次々に報告していく。

それぞれ前向きで、
実に有意義な取り組み提案だった。

これが万代の強さを生み出している。DSCN1914-1

報告と提案が終わると、
結城義晴の1時間の講演。DSCN1931-1

ニューヨーク視察で見聞したことは、
日本の「すでに起こった未来」である。DSCN1934-1

今回のテーマは、
伸びている企業の伸びている理由。DSCN1935-1

それは産業や業界、業態の、
大きな壁を乗り超え、
二つ、あるいは三つの、
機能を融合させることである。DSCN1956-1

今回は最後に、
「製造流通食品小売業」を提案した。DSCN8124-1

講演の後に、
それぞれ商品別分科会が開かれ、
最後は夕食懇親会。DSCN8136-1

開会のあいさつは、木村敏弘さん。
万代ドライデイリー会副会長で、
加藤産業㈱専務。
DSCN8138-1

カンパーイ!
DSCN8139-1
90分の懇親会は、
名刺交換やあいさつで
あっという間にお開き。

中締めは同じく副会長の
寺町豊さん。
㈱日本アクセス西日本営業部門近畿統括。DSCN8141-1

3本締めが決まった。
寺町さんは、最後に「オー!」IMG_4296-1

全員の懇親会の後は、
MDD会理事の最後の懇親。

あいさつは畑中秀太さん。
(株)あらた関西支社長。
IMG_4299-1

皆さんをねぎらって、乾杯。IMG_4302-1

MDD会会長の今津龍三さんから、
里美憲司さんへ花束の贈呈。
今津さんはMDD会会長、
里美さんは、花王グループカスタマーマーケティング㈱
近畿支社チェーンストア部長。
そのお役目を終えて、東京に異動する。
IMG_4308-1

岡崎忠勝さんにも、
阿部万代社長から花束。

岡崎さんは、この度、
ケイ低温フーズ㈱社長にご就任。

おめでとうございます。IMG_4310-1
みんな、それぞれに昇進し、
出世していく。

いいことだ。
頑張ってほしい。

最後は、
MDD会と万代幹部の全員で記念写真。DSCN8151-1

そして最後の最後は、
万代幹部の皆さんと写真。
私の右隣は下岡太市副社長、
その横が黒田久徳取締役。
右は阿部社長、
和久正樹デイリーシニアマネジャー、
入江正徳惣菜シニアマネージャー。DSCN8156-1
あとは年末商戦を闘うのみ。

こちらも頑張ってほしい。

最後に昨日の「折々のことば」
もちろん朝日新聞。
鷲田清一さん編著。

冒険の現場というのは、
概ね退屈で、
冒険に行くだけでは
面白い文章が書けないことが多い
〈角幡唯介『探検家の憂鬱』から〉

「冒険の現場は、
人が思うほど劇的ではない。
苛酷をきわめる北極探検も、
『雪の上を歩いた。寒かった。
飯を食った。寝た。』の
22文字ですむ。
これが何十日も続くのが冒険で、
だから遭難でもしないかぎり
面白い話にはならない」
早稲田大学探検部出身の41歳、
探検家・ノンフィクション作家。

小売流通業の現場も全く同じだ。

鷲田さん。
「私たちの日常もきっとそう。
日々無事に、
過ごすだけでも大仕事なのに、
それをことばにすると
なんか凡庸になる」

ピーター・ドラッカー。
「イノベーションの必要性を
最も強調すべきは、
技術変化が劇的でない
事業においてである」

忙しい年末商戦も、
面白い文章になるといったものではない。

しかしそれだけでも大仕事なのだ。

〈結城義晴〉

2017年12月05日(火曜日)

CVShealthのエトナ買収とカゴメの「トマトから野菜へ」

月刊商人舎12月号責了の日。

今年も12冊の特集号をつくりました。
その最後の12冊目。

いい出来栄えです。

ご協力くださった皆さん、
本当にありがとうございました。

商人舎オフィスの裏の遊歩道。
落ち葉が美しい。
IMG_3658.JPG7

夕方、新横浜からのぞみ号に乗り込む。
相模川のところでもう日が暮れる。IMG_3661.JPG7

新大阪に到着して、
すぐにタクシーで堺へ。
アゴーラリージェンシー堺。
もうなじみのホテル。

23階の自室から堺港を見下ろす。IMG_3671.JPG7
このホテルに2泊。

頑張ります。

さて、商人舎流通SuperNews。
昨日の記事は、
CVSヘルスnews|
米国医療保険会社3番手のエトナを690億ドルで買収

CVSヘルスは、
全米トップのドラッグストアチェーン。
店名はCVSファーマシー。

2007年にCaremark RXと合併。
この会社はPharmacy Benefit Manager、
つまり「薬剤給付管理会社」だ。

そこで社名はCVSケアマークとなる。
さらに2014年には企業名を、
CVShealthに改称。
健康関連企業に変身を図る。

そのために2014年9月には、
たばことたばこ関連品を、
全店の全売場から撤去して、販売中止。

今回の医療保険会社Aetna(エトナ)買収は、
その延長線上の戦略である。

エトナは2016年度売上高631億ドル。
つまり6兆3100億円。

これでCVShealthは24兆円企業となって、
ウォルマートに次いで2番目に、
2000億ドルを突破した小売業となる。

それ以上に大事なのは、
CVShealthが一つの業態や産業を、
超越しようとしていることだ。

それはコストコに通じるし、
ファーストリテイリングにも共通する。

コストコは小売業であり、卸売業である。
ファーストリテイリングはSPA、
すなわち小売業であり、製造業である。
そして今また、柳井正さんは、
情報産業でもあろうとする。

つまり情報製造小売業。

そしてこれは食品産業でいえば、
ウェグマンズのGrocerantに通じるし、
EATALYの市場・食堂・学校にもつながる。

日経ビジネスオンライン。
「今日の名言」の今日12月5日編。
寺田直行カゴメ(株)社長。

「トマト」を
スローガンに残しては
過去を引きずり、
変化は難しい。

寺田さんが掲げているビジョンは、
「トマトの会社から、野菜の会社に」
img_main
〈カゴメ(株)ホームページより〉

カゴメ(株)の2016年12月期決算は、
年商2025億3400万円、
連結営業利益109億4600万円。
営業利益率5.4%の優良企業。

「『野菜の会社』とすれば、
事業領域は幅が出ますし、
トマトという『モノ』から、
健康という『コト』へと
事業もずらしやすい」

だから「健康寿命を延ばすといった
社会課題の解決にも
取り組みやすくなります」

カゴメはトマトの会社という印象が強い。
1年間の日本国内消費量の約3割のトマトを
様々な商品で市場に供給している。

それを「野菜の会社」へと変容させる。

すると「モノからコトへ」と、
事業が展開される。

これもCVShealthやコストコと同じだ。

ただし、カゴメはトマトで、
3割を占めるガリバー企業だ。

強みを持つ企業。

それがあるから、
コンセプトの発展・展開に、
大いに効果が出る。

産業や業態の枠を超える。
それがポストモダンの作法である。

最後に2月の商人舎標語。
[Message of February]
仕事の垣根を越えよう!

仕事の垣根を越えよう。
自分の仕事の枠組みを広げよう。
隣の仕事と結びつこう。

何のために?

顧客を喜ばせるために。
新しい価値を生み出すために。
他の追随を許さぬ事業を創造するために。

たとえばコストコホールセール。
小売業と卸売業の垣根を超えて、
圧倒的な低価格を実現させた。

たとえばユニクロ。
アパレル小売業が製造機能を獲得して、
SPAの新しい世界を切り拓いた。

そしてイータリー。
食品小売業と外食業を融合させて、
「食べる・買う・学ぶ」店を生み出した。

業界の慣習を乗り越えよう。
自分の壁を壊して新しい船に乗り込もう。
隣の世界と結びつこう。

何のために?

シュンペーターは読み切った。
イノベーションは、
「ニュー・コンビネーション」である。

それが新しい価値を生み出す。
模倣困難なビジネスを創造する。
そしてこの現象は地球上に広がり始めた。

〈結城義晴〉

2017年12月04日(月曜日)

マラソン大迫傑の快走とファミマ沢田貴司の「思考停止」

Everybody! Good Monday!
[2017vol49]

2017年第49週にして、
12月第2週です。

だんだん押し詰まってきた。

こんなにも思考のできる寒さかな
〈朝日俳壇より 横浜市・込宮正一〉

(長谷川櫂選評)冬の恩恵。
何より、それを喜ぶ若い心。

そんな日々です。

月刊商人舎10月号に、
[特別企画]を載せた。
「2017年末商戦戦略計画」

特集1本主義だが、何かあると、
[特別企画]との2本立てとなる。

その「結城義晴のまえがき」から、
抜粋して箇条書きに風に。

①23日「天皇誕生日」までの3週間。
何よりも「早仕掛け」あるいは「早出し」。
そして小刻みなイベント展開。

Weekly商人舎の、
2週間販促企画でチェック。

もう過ぎたけれど1日(金)は「映画の日」
7日(木)は二十四節気の「大雪」(たいせつ)
8日(金)が冬のボーナス支給日。
15日(金)は年賀郵便特別扱い開始。
22日(金)は冬至。

ここまで巧妙な「早仕掛け」が必須。

②クリスマス商戦。
23日の「天皇誕生日」が土曜日、
クリスマスイブが日曜日。
今年は短い2日間のクリスマス。
月曜のクリスマス当日の売場はもう、
年末に向けて劇的な転換。

③25日(月)~28日(木)の4日間。
ここで中だるみ、あるいは気のゆるみが、
起こりやすい。
せっかくクリスマス商戦までに、
ウェーブや勢いをつくってきても、
この4日間の小休止で、それが、
削がれてしまっては何にもならない。

この4日間に、何をするか。
私の提案はズバリ、
「おためしのおすゝめ」

月刊商人舎8月号で特集した。
「試食・試飲・試着・試用」への挑戦。
年末年始の料理やメニューを、
どんどん食べてもらうし、
年末年始のおためし品をおすゝめする。

小売業の役割は、
「消費者代位機能」である。
顧客に代わって、
商品を選び、
商品を仕入れ、
それを顧客に提供する。
これこそ小売業の役目だ。

この顧客代位機能の腕前の一端を、
顧客に披露する。
それが「おためしのおすゝめ」だ。

もちろん年末のピークは、
12月29日(金)と30日(土)。
最近は大晦日の12月31日は、
ほとんどの企業にとってピークではない。

「際の勝負」は短い。

クリスマス商戦は23日・24日、
年末際の商戦は29日・30日。

それぞれ2日ずつ。
今から、この2日間を思い描いておこう。

マラソンでいえば、
40㎞を過ぎた
最後の2.195㎞。

それにしても、
昨日の第71回福岡国際マラソン。

大迫傑(おおさこ・すぐる)。
ナイキ・オレゴンプロジェクト所属。
DSCN8001.JPG7

2時間7分19秒。
日本歴代5位の記録。
このレースでは日本勢トップの3位。
DSCN8024.JPG7

日本人歴代記録は、
第1位が2時間06分16秒の高岡寿成、
2002年10月13日のシカゴマラソン。

2位は2時間06分51秒の藤田敦史、
2000年12月3日の福岡国際。

3位は2時間06分57秒の犬伏孝行。
ちょっと古くて1999年9月のベルリン。

第4位が2時間07分13秒の佐藤敦之、
これも2007年の福岡国際。

大迫の記録は、10年ぶりの快挙だ。

走りを見ていても、
アフリカ勢に引けを取らない。

佐久長聖高校時代には、
2008年に全国高校駅伝で初優勝。

早稲田大学では2011年に、
箱根駅伝を制し、大学三冠を獲得。
私はこのころから注目していた。

ミーハーなもので。

社会人となって日清食品に入るが、
その後、ナイキ・オレゴンプロジェクトで、
プロランナーとなった。

昨2016年第100回日本陸上競技大会では、
1万mと5000mの二冠を達成。

今年2017年4月、
初マラソンのボストンで、
2時間10分28秒の3位。

昨日の福岡国際は、
大迫にとって二度目のマラソンだった。

いい意味で自分を持ったアスリートだ。
つまり「脱グライダー」

そして志は高い。
走りに対しては細かく考える。
それが何よりいい。

2020年の東京オリンピックに、
本当に楽しみなランナーである。

さて、日経ビジネスオンライン、
「今日の名言」

沢田 貴司ファミリーマート社長。
何もかも最初から
「できない」ありきで
結果を決めつけるのは
思考停止だ。

日経ビジネスの特集。
「コンビニ大試練」

この特集のインタビューで、
「僕はもうこれ以上激しい出店はしない」

「コンビニ業界は、
間違いなく飽和していて、
もう年間で1000店も2000店も
出店するような時代ではない」

「むだ撃ちみたいな出店はしない。
質の高い出店しかしない」

ずいぶんクールに見ている。

そして本部の「思考停止」を戒める。

伊藤忠商事から、
ユニクロの副社長。
それからコンサルタントになって、
ファミリーマート社長。

私は商業界社長時代に、
沢田さんの出身地の石川県で会った。

歯切れのいい人だが、
ファミリーマートの転換を、
どう舵取りするか。

お手並み拝見。

それでも思考停止の兆候が出ていたら、
それは大企業病だ。

その処方箋は、
「小さく考えよ」

大きな志で、
小さく考える。

大迫傑もまさに、
「大志小考」だ。

では、皆さん、今週も、
Good Monday!

〈結城義晴〉

2017年12月03日(日曜日)

[日曜漫歩]初冬の岸根公園

西洋の神の物語。

神は最初の日に、昼と夜をつくり、
次の日には、天をつくった。

次の次の日に海と地をつくり、
植物を茂らせた。
次の次の次の日には、
太陽と月と星をつくった。

次の次の次の次の日に、魚と鳥を、
次の次の次の次の次の日に、
動物をつくった。
そしてこの日、自分に似せて、
男と女を創造した。

アダムとイブである。
lgp01a201304021800

そして、その次の日に、
神は、休んだ。
DSCN7872.JPG7

だから日曜日は休んで、
ぶらぶら歩く。

日曜漫歩。

アメリカから帰ってきて、
左足のふくらはぎを肉離れした。

そこで、ゆっくりゆっくり歩く。

横浜市港北区岸根町725。
岸根公園。
DSCN8033.JPG7

14万0587m²。
横浜市営地下鉄岸根公園駅から、
徒歩1分のところにある。

以前、ジョギングしていたころは、
自宅からここまで30分余り走った。
そして公園の中をジョギングした。
1時間超のコース。
DSCN8034.JPG7

横浜港北区の市街地の中に、
多くの木々に囲まれた、
「憩いと癒しの空間」がある。DSCN8035.JPG7

岸根公園に隣接して、
野球場と県立武道館がある。

入り口を抜けると、
コンクリートの広場。
自転車等で遊ぶ子どもたち。
バドミントンをする若者たち。DSCN8036.JPG7

石段を下りると、
大きな窪地に芝生公園がある。DSCN8038.JPG7

その真ん中に大きなブナの木。DSCN8039.JPG7

バスケットのハーフコートとゴール。DSCN8041.JPG7

その隣はアスレチック。DSCN8043.JPG7

「忍者とりで」と呼ばれるが、
ローラーすべり台は人気だ。DSCN8045.JPG7

大人でも楽しめそうなアスレチック。DSCN8075.JPG7
足が痛いので遠慮しておく。

大きな大きなブナの木。DSCN8042.JPG7

太平洋戦争前の1941年、
横浜市は防空公園にしようと、
この付近の民有地4万3000坪を、
市の予算で買い上げた。

しかし戦況は悪化。

そして空襲が始まると、
この敷地の北の高台に、
日本帝国軍の高射砲陣地が設営された。

そんな努力も当然、実らず終戦。

5年後の1950年、朝鮮戦争が勃発。
進駐軍は朝鮮への攻撃の足がかりとして、
この敷地を接収して岸根基地として、
米軍は高射砲陣地を構えた。

さらに1955年4月には、
「岸根バラックス」と呼ばれる、
占領施設をつくった。

しかし1966年になると、
米軍は突然、この地に、
「第106総合病院」を開設。

4階建て鉄筋コンクリートの4棟。
ベッド数1000床の病院だった。

当時の横浜労災病院や横浜市民病院は、
いずれもベッド数が約650床。

ベトナム戦争の泥沼に入っていく米軍が、
朝霞、入間、立川などとともに、
野戦病院をつくったが、
岸根の第106総合病院もそれだった。

しかし1972年、
米軍キャンプと病院が撤収され、
市民のための公園に、
生まれ変わることになった。

1974年、横浜市の飛鳥田一雄市長が、
スポーツ公園として整備する計画を決定。
1989年3月に岸根公園が完成した。

窪地を東に下っていく。DSCN8046.JPG7

紅葉したコナラ。
ブナ科の落葉樹。
DSCN8049.JPG7

これはモミジバフウ。
フウ科の落葉樹。
DSCN8052.JPG7

落葉すると小さな実が成る。
DSCN8053.JPG7

初冬に入ったが、
紅葉が美しい。
DSCN8054.JPG7

そして一番東の窪地に篠原池。
DSCN8055.JPG7

ここは桜の名所。
DSCN8057.JPG7

この池の下に、
地下鉄岸根公園駅のホームがある。
DSCN8058.JPG7

カモ。
DSCN8059.JPG7

花見の桟敷。
DSCN8066.JPG7

イロハモミジは本当に美しい。
ムクロジ科カエデ属の、もちろん落葉樹。
DSCN8067.JPG7

石で造られた椅子がある。
DSCN8072.JPG7

そして芝生公園のブナ。
DSCN8074.JPG7

この岸根公園の象徴だが、

公園開設の平成元年からもう28年経って、
ずいぶん大きくなった。
DSCN8080.JPG7

窪地公園から石段を上る。
DSCN8083.JPG7

春先にはもっともっと、
子どもたちが出てくる。
DSCN8084.JPG7
雪とけて村いっぱいの子どもかな

想像していると、うれしくなる。

階段を上るとうっそうと茂る木々。
DSCN8086.JPG7

こんもりした常緑樹。
DSCN8089.JPG7

芝生のひょうたん公園。
DSCN8093.JPG7

サッカーボールで遊ぶ犬。
DSCN8090.JPG7

葉が落ちた木々。
DSCN8101.JPG7

しかし根はしっかり張っている。
DSCN8106.JPG7

少しずつ日が沈む。
DSCN8104.JPG7

葉のない木々の向こうに、
月が見えてきた。
DSCN8094.JPG7

スーパームーン。
DSCN8098.JPG7

大きな大きな月。
DSCN8100.JPG7
月が出れば、
日曜漫歩も終わり。

けんだまケンケン
かたあしケンケン
おうちにかえろう
ケンケンケン

こんぼうコンコン
たたいてはしれば
でんしん柱が
イチニサン

カンカラカンカン
けとばしカンカン
おうちにかえろう
カンカンカン
(未曾司 作詞作曲)

〈結城義晴〉

〈岸根公園の記述は、
はまれぽ.comの吉岡まちこさんのレポートを参照しました。
感謝します〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催予定
  • USA視察研修会 Basicコース
    2018年5月15日(火)~5月21日(月)<5泊7日>
    開催場所:ラスベガス
  • USA視察研修会 Beginnersコース
    2018年9月上旬
    開催場所:ハワイ・オアフ
  • USA視察研修会 Specialコース
    2018年10月中旬
    開催場所:シカゴ・ニューヨーク
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2018年の開催予定
  • 第13回ミドルマネジメント研修会
    2018年6月19日(火)~6月21日(木)<2泊3日>
    開催場所:湯河原
  • 第14回ミドルマネジメント研修会
    2018年9月18日(火)~9月20日(木)<2泊3日>
    開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2017年12月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.