結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2015年12月04日(金曜日)

林周二『流通革命』とビックカメラ・国美電器集団の提携

月刊『商人舎』12月号最終責了日。
いい雑誌ができました。

今月は『流通革命』をテーマにした。
重すぎる命題だけれど、
一度は決着をつけておかねばならない。

しかし毎月毎月、こうして、
1冊ずつ仕上げることの喜び。

幸せです。

ご期待ください。

さてその最終日に、
午前中から来客。

前田仁さんと小阪裕介さん。
DSCN7668-5
そうミラクル前田と、
レジェンド小阪。

アメリカで2週間、
一緒だった。

来年の打ち合わせにやってきてくれた。

中国に行こう。
そう思った。

それ以外のもろもろも含めて、
意見交換し、決めることは決めた。

2016年も、ものすごく忙しくなりそうだ。
ありがたいことではあるけれど。

その後、夕方から、
忘年会。

そういえば、もう、
忘年会シーズンに入っている。

これからそれが続く。

しかし、1年が充実していれば、
年忘れといっても、
楽しいことばかり。

ブルーチップの面々と、
東京・赤坂のねぼけ。
DSCN7675-5

見事な玉龍。
DSCN7678-5
名人・松本勉作。

外国人観光客も、
この玉龍を目指して来店する。DSCN7681-5

宮本洋一社長と、
ブルーチップ幹部の面々。
右から金田正勝さん、中野茂さん、
左から菊池二郎さん、鍋島丈夫さん。
DSCN7674-5
仕切りは真ん中の松井康彦さん。
商人舎エグゼクティブプロデューサー。

金田さんはこのたび、
ビーコミュニケーションズグループ㈱の
取締役財務部長に就任。
同社はブルーチップの持ち株会社。

今年、宮本さんが、
阿波踊りに行ったという話から、
ずいぶん盛り上がった。
DSCN7676-5

その後、銀座で二次会。

と思ったら、ばったり、
本庄大介さん。
DSCN7685-5
ご存知、㈱伊藤園社長。

楽しい夜は、
楽しい人と出会う。

さて、ビックカメラが中国企業と提携。
日経新聞企業欄。

中国の小売業界は、
家電チェーンが上位を占める。

2011年までは、
第1位が蘇寧雲商集団。
第2位が国美電器集団。

現在は第2位に、
ネット通販の「天猫」(T‐mall)が躍り出た。
これがアリババ集団。

国美電器はその分、下位に下がって5位。

ビックカメラはその国美と組んで、
中国でインターネット通販をスタートさせる。

国美にとっては、天猫への対抗策となるし、
ビックカメラは中国進出の足掛かりになる。

「国美の通販サイトにビックが出店し、
デジタルカメラや理美容家電など
商品450点を取り扱う」

物流は国美が担当。
PRも国美が店頭で展開。

中国人の「日本の家電への関心」は、
極めて高い。

今年の流行語大賞に入った「爆買い」。
その対象の一つも家電。

個人向け通販は、
輸入に伴う税率が低い。

国美の通販サイト「国美在線」。
なんと1億2000万人の会員を有する。

ビックカメラは同サイトの「日本館」に出店。

小型家電はもちろん、
腕時計や紙おむつなど、
日用品までを取り扱う。

ただし、当然のことながら、
国美が中国店舗で販売する商品を、
ビックカメラが通販で扱うことはないし、
「ビックは通販の売り上げに応じて、
国美に手数料を支払う」

その仕組みと手順。
「商品購入の注文を受けると、
ビックが国美の大阪の倉庫に商品を配送。
国美が週1回の船便でまとめて
中国国内の保税倉庫に持って行き、
通関手続きを終えた後で
消費者の自宅まで届ける」

つまり物流は国美。

注文から配達までに、
2~3週間かかるが、
それでも日本製の家電を欲しい中国消費者は、
それこそ、ごまんといる。

ジャパン・テクノロジーは、
中国では高い評価を受けている。

その中国の消費者が、
海外の商品をネット通販で購入する場合、
個人輸入扱いとなる。
この個人の「行郵税」は低い。

一方、企業が輸入する場合には、
関税と「増値税」がかかる。

増値税が一般に言われる消費税。

例えば、炊飯器の場合、
通常は約50%の税金がかかる。
しかし通販なら20%。

さらに国美在線は、出店費用が安い。
中国最大のネット通販サイトは、
第2位小売業のアリババ集団の天猫。

もちろん国美在線は、
天猫よりも安い。

ビックカメラの訪日外国人向けの売上高は、
現在、全体の12%程度まで上昇中。

さらんに同社は2016年8月期に、
ネット通販の売上高(連結ベース)を、
750億円に増やす計画。
前年同期比1割増。

国美電器との提携、
実に大きな足掛かりとなる。

私も来年は、
中国を訪れる。

そして中国の流通を学ぶ。

林周二著『流通革命』は、
いまの中国でこそ、
有益な理論だとも考えられる。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.