結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年02月05日(日曜日)

【日曜版・猫の目博物誌 その32】煙

猫の目で見る博物誌――。
DSCN8963-2016-4-10-66666
猫の目はちょっとだけ、
色が見えにくい。
モノクロームの世界。
そんな目で見る博物誌――。

けむり、ケムリ、煙。

物が燃えるときに立ちのぼるもの。

むつかしくいえば、
有機物が不完全燃焼するときに、
もくもくとでてくる気体。

固体、あるいは液体の微粒子が、
浮遊している状態。

工場の煙突などから出てくる。
IMG_0454.JPG-7

かまどなどから立ちのぼるものも、
煙という。

木や油脂のような有機物を、
不完全燃焼させると、
灰色や黒色の煙がでる。
IMG_0452.JPG-7

これは酸素過剰の状態から生まれる。
もしくは逆に酸素不足の状態から生じる。

そんな不完全燃焼が生みだす煙の正体は、
大半は炭素だ。
すなわち「すす」
IMG_0459.JPG-7

木材や紙などのセルロース、
または純度の高い炭化水素、
例えばメタノールやガソリンなど燃える。
白い煙が出る。
IMG_0466.JPG-7
この白い煙の成分は水滴。

燃えるものに含まれる水素が、
燃えるときに空気中の酸素と結びつく。

Hが2個とOが1個で、H2O。
つまり水ができる。

工場の煙突からでるのも、
たいていH2O。
IMG_0459.JPG-7

いろいろな煙がある。

忍者の投げ玉でできる煙。
航空ショーの煙。
舞台芝居の煙はドライアイス。

けれど、広い空に、
もくもくと上がっていく煙。
IMG_0464.JPG-7

悪くはない。

「人を煙に巻く」
これはあまりよろしくない。

煙、もく、もく。
IMG_0474.JPG-7

もく・もく・もく・もく。
もく・もく・もく・もく・もく。
もく・もく・もく・もく。
もく・もく・もく。
もく・もく・もく・もく。
もく・もく・もく・もく・もく・も・くも・くも・くも。
くも・くも・くも・くも。
くも・くも・くも・・くも。IMG_0476.JPG-7

雲。

煙、もく、もく、は、
雲になるのかな。
DSCN8963-2016-4-10-66666
猫は、空を見るのが好きだけれど、
でも、煙、もく、もく、は、
曇り空にしかならない。

みんな、はい色、ネズミ色の曇り空。
ああ。

(『猫の目博物誌』〈未刊〉より by yuuki)

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外 視察研修会
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会in湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2017年2月
« 1月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.