結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年06月11日(火曜日)

ミラノの自然農法農園訪問と大聖堂ドォーモ見学

月刊商人舎6月号。
[特集]
2019同盟決算
201906_coverpage

今号の目玉の一つは[放談鼎談]
日本流通業のDNAとRNA
チェーンストア産業の過去・現在・未来を激論する
teidan_titlel_20190610

日本のチェーンストアの歴史を振り返りながらそのDNAを探り、日本小売業をけん引してきた総合スーパーの課題と今後について、そのRNAを語り合った。ユニー㈱出身でコンサルタントの高木和成氏と㈱長崎屋出身でジャーナリストとして活躍している和田光誉氏、そして㈱商人舎社長の結城義晴が鼎談した。長崎屋は2008年9月に、ユニーは2019年1月に、ドン・キホーテ(現社名は㈱パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)の完全子会社になった。このお二人の話はときに辛辣で、ときにユーモラスで、最後にはドン・キホーテの本質に迫って、3時間近くに及んだ。もちろん掲載できない話も多々あった――。

読んでみてください。
ただし会員以外の人は読めません。
悪しからず。

さて、ミラノ視察は3日目。
朝から高速道路を130キロで走る。DSCN96719

25キロほどで料金所に到着。
DSCN96739

北イタリアの農村地帯を行くと、
目的の建物が見えてきた。
DSCN96749

イタリアらしい建物。DSCN96759
農業の繁忙期には、
多くの人を雇う。
その宿泊施設だった。
DSCN97309

ここが農家の母屋。
DSCN97299

昨日から長い夏休みに入って、
子どもたちが遊んでいる。DSCN96819

そしていわばオフィス棟。
DSCN96829

「カッシーナ・サンタブレラ」
農場の看板がかかっている。DSCN97289

まずオーナーが自ら、
考え方を丁寧に説明してくれた。IMG_75969

20年前にこの農場を始めた動機は、
日本人の本を読んで、
感銘を受けたことにある。
福岡正信さん、故人。
DSCN96839

福岡さんは1913年2月2日生まれ、
2008年8月16日没。
愛媛県伊予市の自然農法の提唱者。

それをオーストラリア人の、
ビル・モリソンが展開し、
「パーマカルチャー」と称する。
この農場はそれを実践する。

動物を植物を一緒に育てる農法。
オーガニック農法でもあるが、
むしろ純粋な自然農法だ。DSCN96869

その自然の中に入ってみる。IMG_76019

果物も自然農法。
DSCN96879

農道を歩きながら説明してくれる。DSCN96899

北イタリアの空。
DSCN96929

すぐに畑が見えてくる。
DSCN96939

麦畑にはシナモンが植えられている。IMG_76049

家畜も自然の循環環境の中で放牧する。
遠くに見えるのは牛。DSCN96959

この地方にしかいない畜種の牛だ。
ボルゼーエゼッシュ種。DSCN96969

さらに豚も飼育する。
DSCN97009

泥んこの豚は自由に農場の中で生きる。DSCN97049

馬もロバもいる。
DSCN97039

馬ももちろん放牧。
DSCN97079

そしてニワトリ。
IMG_76069

この8棟の小屋の中で、
鶏たちが生活している。
約1000羽が自然飼育されている。DSCN97089

鶏は家族を形成するそうだ。
その家族の単位が120羽。
120を超えるとうまくいかない。

その120羽の家族が1棟に住む。
そして健康で滋養豊かな卵を産む。

農場も福岡さんの考え方をもとに、
運営されている。
それは「引き算の農法」
DSCN97099
従来の農業は、
何かをつけ加えることばかりやってきた。
もちろん農薬はなぜ使うのか、
剪定はなぜ行うのか。

さまざまな施設がある。
森の木を燃やして、
エネルギーを得る。
自然に、自律的に、
施設がつくられている。
DSCN97199

説明を受けながら、
農場を歩く。
DSCN97209

農場には青々と野菜が育つ。DSCN97229

そこで働く若者。
DSCN97259

集約的な有機農法とも異なる。DSCN97269

さまざまなことを考えながら、歩く。IMG_76129
農場をひと回りしてから、
ランチをいただく。

ワインにパンと生ハム。
この農場を経営していくため、
私たちのような見学と食事、
あるいは宿泊サービスが提供される。

考えてみるとこの自然農法は、
新しいサービス業なのかもしれない。

最後にオーナーと写真。DSCN97279

自然農業を見学した後で、
高速道路を飛ばして、
ミラノ市内へ。

中央部のドゥオーモへ。
IMG_76259

ミラノの大聖堂。
IMG_76279

世界最高峰のゴシック建築。
柱は52週にちなんで52本ある。
IMG_76299

お祈りの椅子に腰かけて、
講義を聴く。
IMG_76349

とてもいい勉強になった。
IMG_76359

講師は私たちのガイドの新津リエさん。
ミラノでは断然トップのガイドで、
広い知識と深い見識をもつ。IMG_76379

祭壇の横を回る。
IMG_76409

壁面の祭壇にもゴシック彫刻。
IMG_76459

そして12使徒のひとり、
バルトロマイの像。
IMG_76469

ステンドグラスは世界一高い。
DSCN97329

その新約聖書のステンドグラス。

ドゥオーモ見学が終わると、
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア。
IMG_76239

床にはローマを創った兄弟。
ロムルスとレムス。
DSCN97389

そして牡牛を描いた「トリノの紋章」。
この牡牛の急所を踏んで、
くるりと回ると幸せがやってくる。
DSCN97399

一通りの観光をすると、
そのあとは自由研修。

私は珍しく、
ミラノのブランド街を散策。
DSCN97469

サンタンドレア通りは、
パリでいえばサントノレ通りか。
DSCN97489
スコールのような雨が降ってきたが、
暑い農場歩きのあとは、それも心地よい。

4泊6日の短いミラノ滞在。
3泊した後の最後の1日は、
自然農場訪問と観光。

ミラノという都市にとって、
自然と歴史とブランドは、
立派な観光資源である。

歴史にはもちろん哲学があるが、
自然農法にも哲学があり、
ブランドにも哲学がある。

ペックやイータリーが加わって、
食も観光資源となってきたが、
そこには「スローフード」の哲学がある。

哲学が資源となる。
そんなことを考えさせられた、
有意義な一日だった。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 第17回
    2020年7月7日(火)~7月9日(木)
  • 第18回
    2020年9月8日(火)~9月10日(木)

詳細は決まり次第、ご案内いたします

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.