結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年10月01日(火曜日)

消費税率「5パターンの混沌」へラグビー日本代表と同志的に闘え!

10月1日。

神無月。
3月から勘定して8番目、
だからOctober。

今日から消費税が上がる。
syouhizouzei
まだシステムが追い付かない店もある。
システム切り替えの投資額が大きくて、
廃業する店もある。

さらりと2%だけ、
上げておけばよかったのに。

しかし、知識商人は、
右往左往すべからず!

日経新聞「きょうのことば」は、
ずばり「消費税」。
IMG_0949

その日経による定義。
「モノやサービスを取引する際にかかる間接税」

ただし消費税は多段階間接税。
製造業、卸売業、小売業・サービス業に、
それぞれの段階で課税される。

売上税は単段階間接税。
小売業・サービス業の最終段階に課税される。

日本やヨーロッパが消費税、
アメリカが売上税。

日経新聞。
「特定の人に負担が偏らず、
多くの人に薄く負担がかかる。
累進課税制度がある所得税に比べ、
低所得層に負担が重いとされる」

税金には2つの種類がある。
直接税は負担者がそのまま納税者となる。
間接税は負担者と納税者が異なる。

直接税は所得税や法人税などで、
間接税の代表が消費税や売上税。
このほかに、
「酒税」のごとく特定品目の税がある。

日本で消費税が初めて導入されたのは、
竹下登改造内閣の1989年4月。
平成時代に入ってからだ。

税率は3%でスタートしたが、
このころは直接税と間接税の比率は、
国と地方を合わせて、
79対21だった。

1997年4月に5%に引き上げられ、
2014年4月には8%に上がった。
そこで2018年度の直間比率は、
68対32に変わった。

さらに今日からの消費増税で19年度は、
67対33となる見込みである。

平成の30年間、そして令和になっても、
消費税を軸とした間接税シフトが、
日本税制の基調となってきている。

きょうのことば。
「2019年度の一般会計予算で
消費税収は19.4兆円で、
全体の約3割を占める」

「政府は、
10%への引き上げによる税収を
年間約5.6兆円と見積もる」

「2.8兆円は少子化対策や
低所得の高齢者支援などに回し、
残りの2.8兆円を
借金の返済などに回す方針だ」

この国の借金は1000兆円を超えている。
2019年度末の長期債務残高は、
1122兆円に達する見込みだ。
これは国内総生産の約2倍となる。

それなのに増税対策として、
2兆3000億円もの大盤振る舞いがなされる。

それがポイント還元などに使われる。

ああ。

さらりと2%だけ、
上げておけばよかったのに。

今回の増税対策によって、
結果として消費税率は5通りとなる。

⑴増税された標準税率の10%。

⑵食品や新聞の軽減税率の8%。
danntai

⑶コンビニなどフランチャイズ店の、
キャッシュレス決済の6%。
コンビニはポイント還元分2%を、
即時還元、つまり割引する。
prw_PI2im_IjAITqyO

⑷中小企業には、
キャッシュレス決済の優遇策が施される。
ポイント還元5%だから、
標準税率は5%。

⑸中小企業の軽減税率商品は、
結局、3%となる。

これで10%、8%、6%、5%、3%、
「5パターンの混沌」となった。

その中小企業も、
キャッシュレス決済の登録は、
約200万軒のうちの4分の1ほどだから、
登録していない店は、
標準税率10%と軽減税率8%。

そこでたいてい、店の側は、
少しでも「得」をしようと、
策を弄する。

顧客の側も、
少しでも「得」をしようと、
あれこれ算段する。

結局、これは、
「損得」を優先する取引になる。

私が一番、憂慮しているのは、
商売十訓の第一訓が、
ないがしろにされてしまうことだ。

「損得より先に善悪を考えよう」
BK-4785502800_3L
もちろんお客様にとって、
「得」になることには、
あくまで敏感であるべきだ。

しかしそれが、
店の信頼につながることなのか。
お客様と長いながいお付き合いが、
できることなのか。

そのことをいつも考えていたい。

ただし損得よりも善悪を考えても、
価格競争は絶対に激しくなる。
5%還元されない企業が、
5%分の安売りや販促を、
次々に仕掛けてくるからだ。

激烈な肉弾戦。
㈱ヤオコー川野幸夫会長が言う、
「体力勝負」。
O
その体力勝負をしながら、あくまで、
フェアーな態度をとり続けねばならない。

そのためには、
「ティンバーゲンの定理」
政策目標の数と政策手段の数は
同じにしなければならない。

「ティンバーゲンの定理」考案者は、
オランダの経済学者Jan Tinbergen。
1969年、世界初のノーベル経済学賞受賞。
41ldAbe3HML
「N個の独立した政策目標を
同時に達成するためには
N個の独立した政策手段が
必要である」

「2つやりたいことがあったら、
2つの対応策を準備せよ」

価格対策の目標には、
徹底したローコスト&ロープライス。

付加価値開発の目標には、
そのための徹底的な対策。

両方、同時に対策を準備して、
徹底してやらねばいけない。

そう、この定理は私たちが感動した、
ワールドカップラグビー日本代表の戦略だ。

肉弾戦のフィジカルな強化と、
精神戦のフェアな心の養成。

つまり今日から、
日本の心ある商業が、
ラグビーワールドカップのような闘いに、
突入するのだ。
ri-ti
リーチマイケル率いる、
日本のフィフティーンと、
まさに同志的な心持ちで、
勝ち抜く闘いである。

ともに、頑張ろう。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2019年10月
« 9月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.