結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年10月22日(火曜日)

Amazon GoとNuggetとWincoのポジショニング戦略

日本では、
「即位礼正殿の儀」の祝日。
ただし今年だけ。

「即位礼正殿の儀」とは、
いわゆる即位式、
あるいは戴冠式。

「国民に寄りそいながら、
憲法にのっとり、
日本国および日本国民統合の
象徴としてのつとめを
果たすことを誓います」
令和の今上天皇の宣言。

国と国民統合の象徴――。

わかりにくくて、難しくて、
そのうえ、しんどい「つとめ」だ。

拠り所は「憲法」。

しかしその憲法も揺れている。
なおさらわかりにくくて、難しくて、
しんどいことになる。

国を司る人々も、
国民も、
そのしんどさを、
共有しなければならない。

サンフランシスコにいて、
そんなことを考えた。

さて、平和堂米国研修第18団。
出発してから6日目になる。

朝から二度目の講義。
まず青山健司団長がスピーチ。
平和堂東海営業部部長。DSCN86159

そして結城義晴の2時間講義。DSCN86249

初めにイノベーションとは何か。
ドラッカー曰く。
イノベーションとは、
「人的、物的、社会的資源に対して、
新しい、より大きな富を生むこと。
その能力を与える仕事」

「富」という概念は、
「利益」ではない。

いわば「幸せ」のようなものだ。

顧客の幸せ、仲間の幸せ、
店や会社の幸せ。
そして社会の幸せ。

それを新しく、より大きく、生み出す。

取り分けて顧客の幸せ。

ドラッカーは言う。
「イノベーションとは、
顧客にとっての価値の創造である。
顧客への貢献によって評価される」

〈イノベーションの原理〉は5つ。
第一は、機会を徹底して分析する
第二は、自分の目と耳で確認する
第三は、焦点を絞り、単純なものにする
第四は、小さくスタートしなければならない
第五は、最初からトップの座をねらわなければならないDSCN86269

それからフォーマット戦略と、
ポジショニング戦略。

ダラスとサンフランシスコで、
自分の目と耳で確かめてきた事実をもとに、
できるだけわかりやすく、易しく、
しかし多角的に、丁寧に、
ゆっくりと講義した。DSCN86399

講義が終わったら、すぐに視察研修。

まずサンフランシスコダウンタウン。
Amazon Go。IMG_20499

Amazonのレジレス店舗。
業態はコンビニエンスストア。

2016年12月5日に、
ワシントン州シアトル、
アマゾン本社の一角にオープン。
初めはアマゾンの社員・従業員限定だった。

2年間の試験期間を過ぎて、
昨2018年1月22日に一般公開された。

それから1年9カ月。

シアトルに5店、シカゴに4店。
ニューヨークには3店。
このサンフランシスコには4店。IMG_20549

1号店は50坪クラスだったが、
この店は30坪。
IMG_20489

店舗入り口を入ると、
左側にイートインスペース。IMG_20479

そしてゲートわきに店員が一人。IMG_20459

このゲートのセンサーに、
スマホにダウンロードしたアプリから、
QRコードの画面を出して、
それをかざす。
IMG_20449

ゲートが開いて、
店内に入ることができる。

ビルの1階で細長い店内。 IMG_20439

左サイドも奥まで見通せる店づくり。IMG_20409

一番奥にキット商品。IMG_20429

ミートやデリカテッセンも、
コンビニ商品化してある。IMG_20359

天井にはカメラ500台、
センサーやマイクもセットされて、
顧客を認識し、購買を確定する。IMG_20329

売場の左側には従業員の出入り口がある。
商品補充をするための通路で、
奥にストックヤードがある。IMG_20399
Amazon Goを体験して、
どう感じるか、どう考えるか。
それが知識商人としての将来に役立つ。

サンフランシスコ市街を後に、
1時間走ってバカビルに向かう。

そしてナゲットマーケット。DSCN86819

1926年創業のローカルチェーン。
現在は15店舗で、
4つのフォーマットを展開している。

入口に創業者の写真が掲げられている。IMG_20849

この店は2000年代に入って、
ヨーロピアンスタイルを取り入れて開発された。IMG_20819

入口左手にコーヒーショップ。IMG_20789

そして青果部門は、
言葉が出ないほど美しい。IMG_20779

床は薄茶色でピカピカ。IMG_20949

青果の鮮度は最高レベルで、
カラーコントロールが効いている。IMG_20889

最新のセルフデリ売場も用意されている。IMG_20979

鮮魚部門は壁面にトタンを活用している。
「fishwiseプログラム」を採用している。
IMG_21039

対面の精肉部門も素朴な美しさ。IMG_21109

対面コーナーから、
多段ケースのセルフコーナーへ。IMG_21159

ワインとクラフトビールも充実しているし、
美しい売場となっている。IMG_21139

奥主通路はリーチインケースが連続する。IMG_21149

グルテンフリーのマークが掲げられている。
グルテンフリーアイテムには、
このマークが付けられている。IMG_21189

店舗中央を平冷凍ケースが走り、
その両サイドはリーチインケース。
この冷凍食品売場もファンタスティックだ。DSCN86439

店舗左奥にスペースがあって、
ここで一部、アパレルを展開。
そしてこのスペースには、
扇形にエンドが組まれている。
IMG_21229

日用雑貨売場の石鹸コーナーは、
バスタブを活用して演出。
素晴らしい。
IMG_21309

天井、床、什器、そして商品が、
まるで芸術作品のように配置されている。DSCN8647

レジ前には品ぞろえ豊富なバルク売場。IMG_21369

そしてどこよりもフレンドリーな、
チェックスタンド。IMG_21449

人のホスピタリティと、
店のファンタスティックさと、
そのうえで価格の安さがある。

これをアクチュアリーロープライスと呼ぶ。
見かけと違って本当に安いという意味。

店をぐるりと見終わってから、
ミーティングルームで、
インタビュー。
IMG_20679

応対してくれたのはブラッドリーさん。
アシスタント・ストアディレクター。
IMG_20569

ヒューマンリソース担当の副店長で、
人の問題を強調してくれた。IMG_20609

映画俳優のようないい男。IMG_20629

活発な質問もあって、
質疑応答は30分を超えた。

ホスピタリティ溢れる人材は、
どう教育するのか。
「もともとそんな人を採用するのです」
トレーダー・ジョーと同じ返事だった。

ナゲットマーケットは、
Fortuneの「働きたい企業ランキング」に、
いつも選出されている。
今年は求人数42人に対して、
応募者総数1万7358人だった。
そのなかから採用するから、
選り取り見取りということになる。
IMG_20619

青山健司団長と握手。IMG_20699

もちろん私も握手。DSCN86659

そして全員で写真。IMG_20719

最後の最後は、
ウィンコフーズ。DSCN86839

最新の年商76億9000万ドル。
1ドル100円換算で7690億円。
店舗数は125店。

ディスカウントスーパーマーケットで、
倉庫型のスーパーウェアハウスという。

従業員持ち株制度が導入されていて、
社員のモチベーションはすごく高い。

ファサードの壁面に、
An Employee Owned Companyと書かれている。

店舗面積は9万4000平方フィート(7500㎡)。
標準化が進んでいる。

天井はむき出しで、
ノンフリルの低投資型店舗だ。
約150人のアソシエイツが、
効率よく店舗運営をし、売場を管理している。

入口を入ると「The Wall Of Values」がある。
いわばエンド陳列の連続。IMG_20349

そして競合店価格比較POPがある。IMG_21819
ウォルマートより安い。
地元のローカルチェーンのレイリーズよりも、
ナショナルチェーンのセーフウェイよりも、
世界最大企業のウォルマートよりも安い。

壁がおわると青果部門。
単品大量販売を徹底する。IMG_21579

バナナはいいものが安い。IMG_21599

野菜や果物も、
リーチインケースに、
段ボールやクレートで陳列する。
しかしそれでも美しい。IMG_21609

青果に続いてバルク売場。
これがセオリー。
IMG_21639

そして店舗中央まで対面コーナー。
精肉と鮮魚とデリカテッセン。IMG_21619

対面コーナーの前の、
平冷凍ケースにも、
超お買い得品が並ぶ。
ニューヨークステーキが、
1ポンド(454グラム)9.28ドル。
IMG_21669

ミルク売場では、
1ガロンが3.17ドル。IMG_21729
冷凍食品のケースの陳列線は長い。
通路がレジに対して平行に設定されて、
店が横に見通せる。IMG_21739

店舗左サイドには、
広大なインストアベーカリー部門。IMG_21749
ウィンコフーズも、
安いけれど鮮度感も味もいい。

レジではサッカーサービスを展開しない。
その分は徹底して価格に反映させる。IMG_21799
ウィンコの徹底ディスカウントも、
ナゲットのアクチュアリーロープライスも、
どちらも見事なポジショニング戦略である。

ポジショニングができない企業は、
アメリカでは生き残れない。

それをナゲットとウィンコが示している。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 第17回
    2020年7月7日(火)~7月9日(木)
  • 第18回
    2020年9月8日(火)~9月10日(木)

詳細は決まり次第、ご案内いたします

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.