結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年10月15日(火曜日)

特集Big Data✖Marketing4.0の短期的成果と「息をするように」

日本列島の河川は、
人体の「毛細血管」のようだ。

地方新聞の巻頭コラムの表現。
台風19号の被害の後で書かれた文章だが、
どこで読んだか調べ直してみても、
その新聞がわからない。

しかし内容には同感したい。

その毛細血管は広範に痛み、
動脈や静脈までも破れて、
日本列島、とくに関東や東北は、
深刻な疾患を抱えることとなった。

読売新聞の15日午後9時現在の調査。
台風19号によって、
死者は12都県で75人、
行方不明者は16人に上った。

死者の半数以上は、
福島県と宮城県に集中している。

またしても東北だ。

福島県内の死者は27人となった。
本宮市、郡山市、須賀川市など、
阿武隈川流域で多数の死者が出た。

宮城県でも死者は14人になった。
こちらも阿武隈川流域の丸森町は、
大部分が浸水した。

阿武隈川は「暴れ川」として有名だ。

阿武隈川は那須岳の北に水源を持つ。
福島県西白河郡西郷村の甲子旭岳。
それから白河市に入って、
須賀川市・郡山市・福島市を縦貫して、
宮城県に入ると阿武隈高地渓谷を抜ける。
さらに宮城県丸森町で角田盆地に入り、
角田市を流れて仙台平野に出る。
岩沼市と亘理町の境で太平洋に注ぐ。

暴れ川は通常は、
穏やかな印象を与えている。

怖い。

さて、平富郎さんから、
商人舎オフィスに電話が入った。
㈱エコス会長。
DSCN80419-448x336
私は不在だったが、
いろいろとコメントを残してくれた。

平さんは先週、上海にいた。
日本スーパーマーケット協会主催の、
20周年記念視察旅行。

しかし台風19号の来襲で、
すぐに11日の金曜日に帰国した。

メンバーは滞在を余儀なくされ、
今日の14日の帰国となった。

帰国して月刊商人舎10月号を読んだ。
「今月の特集も良かったねえ」

「結城先生の記事の最後の4ポイントは、
本当にその通りだ。
ありがとう」

こちらこそ、
お褒めに預かって、
感謝します。

201910_contents-448x592
私は頭の部分の3本を書いた。

Messageは、
ビッグデータマーケティングしよう!

特集のまえがきは、
「Marketing4.0に時代観と価値観」

そして本編は、
「データドリブン経営」入門

「データドリブン経営」は、
データを原動力としたマネジメント、
あるいはデータが主導する経営のことだ。

この経営戦略には4つの壁がある。
そしてそれを実行するためには、
4つのステップがある。

この4ステップを、
平さんは評価してくださった。
第1に「明確なビジョンの表明」。
第2に「ロードマップを描き、
大きく舵を切ること」。

第3が大事だが、
「最初のプロジェクトを
絶対に成功させること」

そして第4は、
「従業員全員に投資して、
全社に拡大すること」

米倉裕之さんからも、
この号に対するメールが寄せられた。
㈱True Data社長。201910_truedata_12
「月刊商人舎10月号、
Big Data✖Marketing4.0の大特集、
台風の中、連休中に
じっくりと読みました」

「弊社サービスについて、
大変充実したご紹介をいただき、
深謝申し上げます」

「特集の小気味よい整理、深い洞察、示唆に
思わず何度もうなずいてしまいました」

「私たちも、
自らの経営・事業集合体(=True Data)を
データドリブンで
進化しなくてはなりません」

この特集のメイン記事は、
米倉さんと越尾由紀さんのインタビューだ。
「The True Big Data Marketing」
デジタル化の急進が社会と事業を変える!!

越尾さんは、
執行役員リテールマーケティング部長、
兼アナリティクス・ソリューション部長。  201910_truedata_02
アメリカではいま、
「データサイエンティスト」という職業が、
もっとも高給取りだといわれているが、
越尾さんは日本一のデータサイエンティスト。

日本一の高給取りではないけれど。

True Dataのビジネスモデル。
201910_truedata_03

小売業のPOSデータやID-POSデータを、
集積加工し、マーケティング活用する。

それは6000店舗/5000万人から得られる。
このデータは、顧客の3要素を、
基盤にしている。

⑴性別
⑵年齢
⑶住所の町丁目

この3要素の上に、
購買履歴データが積みあがる。
だから個人情報ではない。

しかしこの情報をベースにすると、
他のデータベースと、
掛け合わせることが可能になる。

⑴性別
⑵年齢
⑶町丁目

公共データも、金融データも、
自動車販売のデータも、
健康データも、安全データも、
すべてがこの3要素で掛け合わされて、
データはさらに膨大になり、
顧客像はさらに鮮明になる。

それがマーケティングの基礎となる。
これをビッグデータマーケティングと呼ぶ。

いい特集になったと思う。
Big Data×Marketing4.0

ぜひ、読んでみてください。

最後に朝日新聞「折々のことば」
第1610回。

努力とは
息をするように
続けられること、
無理をしないこと。
息をすることです。
(将棋棋士・永瀬拓矢)
67ouza2

「努力というとつい我慢や根性を連想するが
人の実力というものは、
“長いスパン”で見なければならない」

27歳の永瀬二冠(叡王・王座、八段)。

「短期的な成果を期待され、
無理して踏ん張らないといけない時もある
が、本当のゴールはうんと先にあって、
大事なのは継続だ」

超天才・藤井聡太七段の登場以来、
20代の若手の棋士が奮起している。

その双璧が名人の豊島将之とこの永瀬。

「本当のゴールはうんと先」
だから息をするように続けること。

台風の復旧、復興も、
データドリブン経営も、
短期的な成果を出すとともに、
息をするように続けられねばならない。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 第17回
    2020年7月7日(火)~7月9日(木)
  • 第18回
    2020年9月8日(火)~9月10日(木)

詳細は決まり次第、ご案内いたします

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.