結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年10月03日(木曜日)

関西電力高浜原発問題の「はづかしやおれが心と秋の空」

男心と秋の空。
IMG_09549
変わりやすい秋の空模様。

その秋の空の下に、
ダイエー横浜西口店。

建て替えされ、
大リニューアルする。
そしてダイエーの名前は消える。IMG_0955

「秋の空」は高い。

澄み切っていて、
美しい。

天高く馬肥ゆる秋。

秋の移動性高気圧は、
乾いた空気をもたらす。
だから低層雲は払われる。

空は澄み切って、
高層雲が発達する。

ただし秋の天気は、
低気圧と高気圧が交互に起こる。
台風もやってくる。

天気は変わりやすい。

しかし、変わりやすいのは、
男心だったか、女心だったか。

実感や経験は別にして、
このことわざができたのは、
江戸時代だそうだ。

男心と秋の空。

こちらが先だ。

江戸の昔、
既婚男性の浮気には、
世間も寛大だった。

藤沢周平の小説など読むと、
ときにそうでもない表現も出てくるが、
変わりやすいのは男だった。

一方、女心。
イギリスのことわざ。
“A woman‘s mind and winter wind change often”
「女心と冬の風はしばしば変わる」

レディーファーストの国では、
女心が変わりやすいらしい。

ヴェルディのオペラ「リゴレット」に、
有名な「女心」という歌がある。

風の中の
羽のように
いつも変わる
女心――。
81If-qrgguL._AC_UY436_QL65_ML3_

明治、大正、昭和と、
女性の権利が認められ、
男女同権になるにしたがって、
「女心と秋の空」の言葉も、
権限を増してきた。

小林一茶。
はづかしや
おれが心と秋の空

感服。
5125862GKNL._AC_UY436_QL65_ML3_

今日は月刊商人舎10月号入稿の追い込み。
1万1000字の原稿を書いて、
疲労困憊。
IMG_09679
たった一人の夜のオフィスで、
自撮り。

疲れてくると、
右目にそれが出る。

白内障、網膜剥離、
そして緑内障。

私の右目は、眼病の百貨店。

原稿書きの合間に、
ちょっと校正もする。

もう40数年やっているが、
最近はすぐに飽きる。
IMG_09729
年だ。

さて、関西電力。
高浜原発の福井県高浜町。
takahamagennpatu

故人となった元助役から、
関電首脳らが、
金品を受け取っていた。

2度目の記者会見で、
その内部調査報告書が開示された。

朝日新聞は今日の社説であきれた。

現金、商品券、
仕立券付きスーツ生地、
金貨、米ドル、etc。

総額1億円を超えた役員が、
2人、いた。

関電の発表は、
「20人で3.2億円」

この社内報告書によると、
元助役は地元の有力者で、
「金品を受け取らない」と、
厳しく叱責することが多々あった。

「機嫌を損ねては原発事業に
影響しかねないとの心配から受け取り、
返却の機会をうかがいながら
個人として保管していた」

信じがたい言い訳だ。

金品を受け取っていたのは、
原子力事業本部の幹部が大半。

「授受は同本部で引き継がれていた」

関電は1年前に報告書をまとめた。
岩根茂樹社長と八木誠会長が、
報酬を一部返上。

一応の社内処分はされた。
しかし一連の対応を非公表とし、
取締役会にも報告しなかった。

八木会長や原子力事業本部の幹部らは、
金品を受領したまま昇進を重ねた。

岩根社長も就任祝いで金品を受け取った。
president

そして岩根社長、八木会長は、
引責辞任を否定している。

まったくひどい話である。

「関電心」は、
「秋の台風」も、
屁とも思わない。

原子力発電という事業は、
人の心を病ませる。
そのうえ病んでいることにすら、
ひどく鈍感にする。

近江商人の三方良し。
売り手良し、
買い手良し、
世間良し。

しかしこの「世間」が、
「原発村」という村社会の世間であったら、
真の「三方良し」とはならない。

「世間」は公明正大な、
社会全体でなければいけない。

そしてこの「原発村」が、
「流通村」や「小売り村」になりかねない。

「スーパーマーケット村」、
「コンビニ村」、
「ドラッグストア村」であっても、
それが「矮小化された村」ならば、
「関電」の「原発村」と同じだ。

以て自戒とすべし。

はづかしや
おれが心と秋の空

脱帽。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 第17回
    2020年7月7日(火)~7月9日(木)
  • 第18回
    2020年9月8日(火)~9月10日(木)

詳細は決まり次第、ご案内いたします

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.