結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2011年10月04日(火曜日)

[帰国してからの米国報告]その1・ホールフーズ「小さな、継続的イノベーション」の悲観と楽観

「悲観の中で生まれ、
懐疑の中で育ち、
楽観の中で成熟する」

米国の「相場の格言」。

しかし、こんな意見もある。
「世界景気には緩やかな不況か、
厳しい不況しか残されていない」

ニューヨーク大学ルービニ教授。

一方、米資産運用会社ピムコのビル・グロス最高投資責任者。
「世界の政策当局者がもし構造問題の解決に注力できれば、
不況を何とか回避し、
ニューノーマルにおける成長が可能になるかもしれない」
<日経新聞「ウォール街ラウンドアップ」から>

帰国して、1日。
旅の疲れをとりつつ、
執筆、テキストづくり。

次と、次の次が、控えている。

悲観論と楽観論。
その間の懐疑論。

どうも現時点では、
悲観論一色のようだ。

穏やかな不況か、
厳しい不況か。

「最悪を覚悟して、
最善を尽くす」

しかし、日本には、いいニュースもある。

新車販売に回復の兆し。
東日本大震災の影響に限らず、
1年間、落ち込んでいた。

9月の軽自動車を含む国内販売台数。
前年同月比2.1%減の46万2192台。
13カ月連続マイナス。

だが、下げ幅が少なくなったし、
46万台も売れている。

8月は前年同月比でマイナス22.4%。
大幅に縮小。

普通車はプラス1.77%で、
これが31万3790台。

こちらは13カ月ぶりの増加。

トヨタ自動車が0.7%増、
マツダが8.4%。

全滅ではなく、どこかが良い。

「どこかで春が」なんて童謡もあるくらいで、
どこかが良くなれば、風は吹く。

ヨットなど、
まったく風がないなぎの状態でも、
操作次第で前に進む。

風があれば御の字。

穏やかな不況か、厳しい不況か、とはいっても、
特に小売りサービス業は、
操作次第。

アメリカの絶好調組の実態を写真で紹介しよう。
今日はホールフーズ・マーケット。
20111004200413.jpg
言わずと知れたオーガニック・スーパーマーケット世界第一。

2010年度の売上高90億0600万ドル。
いつものように1ドル100円換算すると、
9006億円にもなる。
売上高の伸び率は12.1%。
既存店の伸び率も7.1%。

純利益は2億4600万ドル、246億円。
この伸び率は67.3%とV字改革。
リーマンショックから完全に立ち直った。

期末店舗数も299まで伸びた。

渥美俊一先生の口癖。
「200店つくらなけりゃ、
チェーンストアじゃない」

ホールフーズはもう300店に手が届く。

店頭はハロウィン一色。
20111004200424.jpg

その徹底ぶりがすごい。
20111004200435.jpg

入り口を入ったところに、each(1コ)99セントのリンゴ。20111004200449.jpg

この店は青果部門だけ、
ワンウェイ方式で誘導するが、
左手はジュースやカットフルーツ。
20111004200755.jpg

平台で奥に誘導する。
20111004200808.jpg

入り口右手には、花売り場。
20111004202719.jpg
これはアメリカのスーパーマーケットの定石。
日本でも本格的にイノベーションを図るべき。

中央平台手前に並ぶのは、
オーガニック・マンゴー。
20111004202742.jpg

右手壁面は多段ケースで、
ピーマンやパプリカがカラーコントロールのお手本のよう。
上段はペッパー。
20111004202754.jpg

「アンディ・スコア」の啓もうにも力が入る。
20111004202810.jpg

右手のコンセプト・ボード。
オーガニックとは何か、
ローカルとは何か、
アンディ・スコアとは何か。
20111004202848.jpg
ホールフーズのパネルには、
深い深い意味がある。
思いつきの内容ではない。

「地産地消」のLocal(ローカル)のパネル。
ホールフーズはファミリー・ファームをサポートする。
20111004202837.jpg

左翼壁面はホールフーズ自慢のオーガニック野菜売場。
20111004203231.jpg

平台の前面はアーティチョーク。
20111004203247.jpg

平台にはアスパラガスとトウモロコシ。
20111004203304.jpg

左が赤いトマト、中央が緑と黄色のレモン、
右が深緑のアボカド。
これをカラーコントロールという。
20111004203316.jpg

ホールフーズのバナナ売り場。
左から黄色、青と、食べごろが違う。
それをお知らせしている。
20111004203336.jpg

バナナが「フェアトレード」であることを訴えている。
20111004203348.jpg

「Quality & Convenience」と訴求されたカット野菜のコーナー。
20111004203424.jpg

左上からオレンジジュース、
左下は卵、
真ん中からサラダ葉物。
20111004203451.jpg

そして朝食の提案。
20111004203504.jpg

フレッシュ・ディップとカットフルーツ。
20111004203527.jpg

真ん中は「オーガニック・ココナツ・ウォーター」。
20111004203542.jpg

バケツに盛られた根菜類の島陳列が青果部門の最後にくる。
20111004203644.jpg

この一角が新設された「ドライフルーツ・デポ」。
20111004203558.jpg

「100%オーガニック・ビーガン・フード」と看板がある。
「べーガン」とは純粋ベジタリアンのこと。
20111004203622.jpg

ドライフルーツが大量に保管された、まさに「デポ」。
20111004203727.jpg

上段はパックに入ったドライフルーツ。
最下段はバルク販売。
20111004203741.jpg

対面方式の鮮魚売り場。
これほどの品ぞろえも鮮度も、
他社にはない。
「シーフード・マーケット」と名付けられている。
20111004203800.jpg

切り身はトレー陳列。
20111004203837.jpg

フレッシュ・フィッシュは敷き詰められた氷の上に並べられている。
20111004203820.jpg
真ん中の青い帯には、
「MSC」など環境・安全の説明。

対面売り場の鮮魚とシーフード・スープバー。
20111004203930.jpg

青果部門と鮮魚部門の間に、
北米伊藤園の「ティーズティ」のペットボトルのアイランド。
20111004203914.jpg

シーフード・マーケットの前には、
イートインの店内レストラン。
20111004203948.jpg

ぐるりと囲むように、
テーブル席が設けられている。
この時、テーブルと椅子の位置が、
通行する顧客の目線よりはるかに高い。
それが大原則。
20111004204009.jpg

Dairyは乳製品の売り場。
20111004222724.jpg
大量のプライベートブランドが並ぶ。

ケージ・フリーなどが主体となった卵売り場。
20111004222740.jpg

そして店舗中央壁面の精肉対面売り場。
20111004222756.jpg

最近の工夫、
ガラスのRケースにペインティングしてアピール。
「Local Beef」
20111004222812.jpg

飛び切りの豚肉、鶏肉売り場も商品は縦陳列。
20111004222830.jpg

質問すれば必ず丁寧に答えてくれる。
試食を頼めば、快く提供してくれる。
20111004223215.jpg

これもガラス・ペインティングされた自家製ソーセージ。
20111004223228.jpg

対面に多段ケースのロテサリーチキン。
20111004223243.jpg

生パスタ・ショップ。
20111004223322.jpg

これだけ集めると他の追随を許さない。
20111004223334.jpg

ワインショップにつながる。
20111004223419.jpg

精肉とチーズ、デリとにまたがっているワインショップ。
20111004223432.jpg

ワインショップを抜けると店舗右翼のサービスデリのコーナーへ。
20111004223358.jpg

真っ先に目に飛び込んでくるのが、
円形の寿司コーナー。
20111004223712.jpg

チーズ売り場も広大で幅広い品揃え。
20111004223738.jpg

「The ABC’s」と名付けられたショップ。
20111004223753.jpg

その真ん中の売り場。
20111004223931.jpg

量販するチーズは2種類。
20111004223945.JPG

サンドイッチ用のハム売り場。
20111004224000.jpg

大皿盛りのデリ。
オーガニック素材で調理されている。
20111004224012.jpg

ビストロメニュー。
20111004224043.jpg

注文に応じてサンドイッチをつくってくれる。
20111004224029.jpg

続いてピザの対面売り場。
20111004224339.jpg

最後はナチョス(Nachos)の対面コーナー。
これにも人が集まっている。
20111004224601.jpg

サービスデリの中央にはバーが並ぶ。
20111004224353.jpg

サラダバー。
もちろんオーガニック野菜を使っている。
20111004224403.jpg

温野菜のバー。
こちらもオーガニック主体。
20111004224426.jpg

メニューはこんな感じでカラフル。
20111004224657.jpg

デリとスープバー。
20111004224709.jpg
ホールフーズの青果売り場を見て、
「ロスはどのくらいあるのか」との質問が多い。
大半はデリとして商品化するから、
ロスはほんのわずかとなる。

入り口近くにケーキ売り場。
20111004224727.jpg

そして当然ながらバゲット。
20111004224739.jpg

インストアベーカリー。
20111004224801.jpg

クッキー売り場。
20111004224750.jpg

中通路を戻ると、ゴンドラエンドは高い。
20111004224835.jpg

人がついてジュース販売。
20111004224919.jpg

ワインショップのエンド。
20111004224929.jpg
チーズが関連販売されている。
スキンケアも健康志向。
20111004224940.jpg

そしてリーチインケースの冷凍食品。
20111004224951.jpg

リーチインケースの通路には、
1品大量の島陳列。
リーマンショック以降、
スーパーマーケットの原則回帰。
20111004225003.jpg

大量陳列のエンド群。
20111004225017.jpg

エンドはペットフード。
20111004225027.jpg

これも伊藤園の「ティーズティ」のエンド。
伊藤園の売り込みはすごい。
20111004225038.jpg

青果部門の裏側に戻って、
バルク売り場。
20111004225049.jpg

レジはいつも混んでいるが、
顧客を待たせない。
20111004225122.jpg

右翼入り口付近が人の出入りが激しい。
20111004225132.jpg

店舗入り口横に料理教室。
20111004225101.jpg

キッチンがあり、調理道具とテーブルが並んでいる。
20111004225110.jpg

ホールフーズはこの2年ほどで、
すっかり元気を取り戻した。

悲観論から楽観論へ。
そのイノベーションの推移を私は見てきた。

それは小さな継続的な改善の繰り返しと積み重ねだった。
20111004225141.jpg

小さな変化を見逃してはいけない。
小さな改革を見過ごしてはならない。

自分のイノベーションへの挑戦を考えれば、
それはすぐにわかる。

小さなことの継続、積み重ね。

それが悲観を楽観に変えてくれる。
(明日につづきます)

<結城義晴>


2 件のコメント

  • 結城先生へ ホールフーズ・マーケットの素晴らしい店舗の紹介、本当にありがとうございます。米国に行かずに ホールフーズ・マーケットの全容が理解できるような丁寧な解説付きの写真に感動いたしました。
    コンベンショナルなSMとは全く違う、確立された骨太のストアコンセプトが什器やPOPから感じられます。しかしそれでいて奇を衒うテクニックの陳列は微塵も無く、陳列方法やクロスMDの手法が基本に忠実に守られている事に驚かされました。次回のご紹介を楽しみにしています。

  • いまちゃん、毎度、感謝。

    ホールフーズは常に、
    イノベーションを志向しています。
    オーガニックはもちろんのこと、
    ローカルやアンディスコア、
    ドライフルーツ・デポなどなど、
    さらにプレゼンテーションでは、
    トレーダージョーの良さを取り入れて、
    ペインティングを多用し始めました。

    顧客は、レベルが高いことを評価するのではなく、
    レベルが高くなろうとしていることを評価します。

    ホールフーズのような高い水準で、
    なおかつこれまでの自らのやり方を捨て、
    さらに高いところを目指す。

    その志を顧客は応援しているのだと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年5月12日(火)~18日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.