結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年08月06日(金曜日)

サンエーの「Web講演会」と「善の発想」

1945年8月6日。
広島に原子爆弾が投下された。

それから76年の時が流れた。

母は1926年(大正15年)、
広島の生まれだ。

西城という田舎で育った。

原爆投下のとき、
21歳だったが、
被爆はしなかった。

それでも8月6日になると、
私は西の空を仰いで、
静かに黙とうする。

合掌。

全国の新型コロナ新規感染者数は、
過去最多の1万5645人。

日本の累計感染者数は、
100万人を超えた。

50万人を超えたのは4月上旬だった。
それから4カ月あまりで倍増した。

変異株、とくにインド型デルタ株が、
猛威を振るっている。

東京都は今日1日で4515人。
東京は5000人を切ったが、
神奈川県は2082人で、
2000人を超えて過去最多。

大阪府は1310人、千葉県は1057人。
どちらも過去最多。

埼玉県が1220人。
福岡県840人、沖縄県565人。

新潟、富山、山梨、静岡、
三重、京都、熊本、鹿児島。
全国12府県で最多を記録。

お盆の帰省シーズンには、
全国の地方都市に向けて、
デルタ型が感染域を広げていきそうだ。

まだまだ、私たちは、
最悪を覚悟しつつ、
最善を尽くさねばならない。

艱難が忍耐を生み出し、
忍耐が練達を生み出し、
練達が希望を生み出す。
この希望は、
失望に終わることがない。
〈新約聖書・ローマ人への手紙5章〉

私はキリスト者ではないが、
この言葉はいつも心の中にある。

苦しいとき、辛いとき、
それに耐えねばならないとき、
いつもこの言葉を思う。

そして今、世界中の人々が、
この言葉によって救われる。

艱難から生まれた希望は、
絶対に失望に終わることがない。

今日は朝、9時から、
Web講演会。

㈱サンエーの店長や経営幹部が、
本部や各店舗で聴講してくれた。 IMG_56221

サンエーはそれらの人たちが全員、
私の『コロナは時間を早める』を、
事前に読んでくれた。

はじめに上地哲誠社長が、
沖縄やサンエーの現状を、
丁寧に説明してくださった。

沖縄でもデルタ株の感染が広がる。

その「艱難」のなかでの講演会。
IMG_E56251

本を読んでくれた聴講者に、
著者自身が重要な点を強調しながら、
講演をしていく。

これほど理解が進むやり方はない。IMG_E56431

もちろん本に書かれている事実が、
さらにアップデートされていれば、
それを加えて解説する。IMG_E56341

本に書かれていないことにも、
講演はどんどん広がっていく。IMG_E56321

1時間ほどで5分の休憩を取って、
再開するときには背広を脱ぐ。
いつもの講演スタイル。IMG_E56281

そして後半を一気に語った。IMG_E56291

最後に田崎正仁常務が、
代表して質問をしてくれた。

その質問が実に的確だった。

私も率直に答えた。

最後にまた上地社長。
私はその画面を見ながら、
この企画に満足した。
IMG_E56471
ご清聴、感謝したい。

ただし、リアルの講演のように、
聴講者の反応がないのが、
ちょっと寂しい。

事務局の玉城むつ子さんから、
すぐにメールが届いた。

ありがとうございました。

オンライン講演が終わると昼食。
そしてオフィス裏の遊歩道。
IMG_56661

森林浴とまではいかないが、
木々の下を歩くと、
気持ちが落ち着く。
IMG_56671

そして午後は、
鈴木國朗さん来社。
IMG_E56711

ふたたびZOOMでミーティング。

ここでも半分くらいが、
講演調となってしまった。
IMG_56721
ありがとう。
これからもよろしくお願いします。

最後に、
サンエーの「経営理念」を紹介しよう。
実にユニークで、
私は大好きだ。

「経営理念]

善の発想

人を好きになることを心がけ、
心のプラス発想で
「お客様の喜びを
自らの喜びとする企業」を目指す。
善の発想が、
いかなる逆境の中におかれても、
物事をプラスに変え
乗り越えて行く原動力になる。

自主独立

自分の進む道は、
自分の責任で決める。
事業はロマンであり、
流通小売業は気配りの芸術。
これらの実現には自主独立の精神が
絶対のものとなるという経営哲学。

――ストイックな経営理念だ。
西田幾多郎の『善の研究』
第十一章「善行為の動機(善の形式)」で、
「善」が簡潔に説明されている。
frDGCemG5kX9EBY8IrbThQ__

「善とは、
自己の内面的要求を満足するもの」

ここで言う「自己の内面的要求」とは。
「意識の根本的統一力、
即ち人格の要求である」

「これを満足する事、
即ち人格の実現というのが
我々に取りて絶対的善である」

西田は「絶対的善」を、
「人格の実現」と言い切っている。

サンエーにおいては、
「お客さまの喜びを
自らの喜びとする」ことが、
「自己の内面的要求」であり、
「人格の実現」である。

そして、
サンエーの「善の発想」は、
「いかなる逆境の中におかれても、
物事をプラスに変え
乗り越えて行く原動力になる」

艱難が商人を鍛える。
そして艱難から生まれた希望は、
絶対に失望に終わることはない。

そしてここには根底に、
「善の発想」がなければならない。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.