結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年08月29日(日曜日)

[日曜漫歩]横浜から池袋、そして飯能まで

朝7時59分の東横線に乗る。
私の最寄り駅は妙蓮寺。

菊名でL特急に乗り換えると、
渋谷までが東横線。

新宿を経由して小竹向原までが、
地下鉄副都心線。

それから練馬、所沢、入間、
そして飯能までが西武池袋線。

乗り換えなしで9時25分に、
飯能に到着。

都合、1時間26分。

神奈川県から東京都、
そして埼玉県。

一本で行ける。

便利になったもんだ。

池袋まではかつて、
週に2回通っていた。
2009年4月から2014年3月まで。
20130720181200
立教大学ビジネスデザイン研究科で、
特任教授をやっていた。

2007年8月に㈱商業界を辞して、
2008年2月に㈱商人舎を創立し、
2009年4月に大学院特任教授に就任した。

あっという間の5年間だったが、
結城ゼミのゼミ生はきっちり30人。
20131019163733
私の講義を履修してくれた院生は、
ざっと数えて250人くらい。20130720181215

キャンパスに研究室を用意してもらって、
給料と研究費をいただいた。

はじめの研究室は、
蔦の絡まる3号館だった。 DSCN9304-1

立教名物の第一食堂の隣の建物で、
私はとても気に入っていた。DSCN9302-1

それから4年目に15号館に移動した。???????????????????????????????

マキムホール。
20140831001247

5階の研究室のロビーから、
キャンパスを見下ろす。
20130720184459

M503号室。
20140322185912

平浩一郎教授と同室。20140322185713

在室・授業・会議・外出・帰宅。
所在を明らかにしていた。
20140322185655

2014年3月22日に、研究室を撤収。
20140322185620

このころ私は自分の部屋を、
三つもっていた。

横浜の商人舎オフィスと、
この立教の研究室。
それから神田の小部屋。
新日本スーパーマーケット協会にあった。

とても使い切れずに、
神田はご無沙汰ばかりだった。

立教で私はマーケティングを教えた。
故渥美俊一先生に反論するような内容だった。
20140326132550

池袋を通過するときはいつも、
そんなことが走馬灯のように蘇る。

それから飯能まで電車に揺られる。

飯能にも縁が深い。

杉山昭次郎先生が住んでいた。
私は「流通仙人」と呼んだ。
杉山昭次郎(著者近影)
80歳を超えるまで、
一緒にゴルフを楽しんだ。

飯能パークカントリークラブ。
それから焼鳥屋・多貫喜(たぬき)で語り合った。

杉山先生の晩年は、
水曜日にゴルフ、
後の6日間はフナ釣り。

「フナに始まりフナに終わる」
まさに隠遁の生活。

杉山先生は流通システム研究所所長。
コンサルタントとしては、
あの坂本藤良の弟子のひとりで、
血筋は申し分なし。

坂本藤良は日本のコンサルタントの草分け。
「倒産学」「再建学」などの著書でも知られる。

私は、㈱商業界に入社して、
1週間のうちに、
高橋栄松という先輩に連れられて、
杉山先生に会いに行った。

いきなり黒板に書きながら教えられたのが、
「ソシオ・テクニカル・システム論」。
杉山先生の持論だった。

故上野光平先生は杉山先生の盟友。
私はその門前の小僧をやっていた。

上野先生は堤清二さんの東京大学の先輩。
乞われて西武百貨店に入り、
実質的に㈱西友ストアーを創業した。
その後、流通産業研究所所長理事長。

上野先生は1987年に、
63歳で逝去された。

杉山先生は2013年5月22日、
肺がんで永眠、享年87。
20131125165053
商人舎公式ホームページに、
杉山先生の連載を書いてもらっていた。

その遺稿を単行本にした。

タイトルは、
『マス★カスタマイゼ―ション』
商人舎刊。
20131125103622
サブタイトルは、
「スーパーマーケットの現代化戦略」

結城義晴自身が使いたいタイトルを、
杉山先生に捧げた。

㈱商人舎の第1号単行本。
杉山先生の絶筆。

マスの時代が終焉し、
ポスト・マスの追求が始まった。
それがマス・カスタマイゼーション。

杉山先生はこの著書の中で書く。
「不特定多数を意味する”マス”に対し、
カスタマイゼーションとは
“固定客づくり”である。
“マス化”と”固定客づくり”を
両立させようとする、
相対立するものを結びつけた
新しい概念である」

その考え方や組織のつくり方、
問題解決のモデルが、
わかりやすく展開された。

飯能はだから、
私にとって馴染み深い地だ。

その飯能に今年8月3日、
「フーコット」がオープンした。

㈱ヤオコーの子会社が開発した、
新しいフォーマット。

ディスカウント・スーパーマーケット。IMG_78361
その店の前に立って、
感慨深いものがあった。

オープンしてから、
ほぼ4週間後の日曜日。

朝9時50分に到着すると、
300人くらいの行列ができていた。

オープンは10時。

ヤオコーやフーコットの人たち、
手ごたえを感じているに違いない。

その模様は月刊商人舎9月号に。

ヤオコー本体が目指すのは、
マス・カスタマイゼーション。
一方、フーコットは、
マスを追求する。

しかし実現させたいのは、
「旧いマス」ではないだろう。

どんな「新しいマス」なのか。

それがこのフォーマットのカギを握るものだ。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.