結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2007年10月13日(土曜日)

転機には「押す力」と「引く力」が働く

押す力
昨夜、奥田則明さんと会う。
東京・六本木。
奥田さんは、
生鮮食品マーチャンダイジングのコンサルタント。
とりわけ超一流の鮮魚の専門家。
ダイエーご出身。
反骨の人。

24年前、
私は、大阪で、
初めて奥田さんと会った。
ダイエーバイヤーとして、
油の乗った仕事ぶりだった。

その奥田さんと、
したたか飲んだ。
そして、
コンサルタントとしての独立を勧めた。
口説いた。

奥田さんは、
渋った。
しかし、
独立を決断した。

 

24年後、
今度は逆に、
私が独立。

私の退任を祝って、
ドンペリで乾杯。

「転機には、
押す力と引く力が、作用する。
それが、同時に働けば、良い転機。
逆に働けば、悪い転機」

そうか、あの時、
私は、
奥田さんにとって、
「引く力」だったのだ。
外からの。

そして、
「押す力」も、
あったのだ。
内からの。

だから、
奥田さんの転機は、
良い転機だった。
そして奥田さんは、
コンサルタントとして、
残った。

当時のダイエーは、
今は、ない。

この日、
ダイエーは、
自らのプライベートブランド「セービング」を
2008年度中に廃止して、
イオンの「トップバリュ」を販売することを発表。
かつて800億円強のブランドにまで育っていたが、
2006年度決算時には、200億円弱にまで下がった。
ピークの4分の1の量である。

セービングは、1980年に登場。
まだ、奥田さんも、
ダイエーにいるころ。

先日、アメリカ視察セミナーで、
私とダブル・コーディネーターを務めてくれたノブ・ミゾグチ氏。
彼が、そのセービング第1号「アイスクリーム」を開発した。

ミゾグチ氏は奥田さんの盟友。
奥田さんの紹介で、
私とダブル・コーディネーターを組むことになった。

1996年、
私は、パリで行われた世界的食品フェア「シアル」の、
世界ヒット商品コンクール「シアル・ドール」に、
国際審査委員として参加した。

シアル・ドールの第1回プライベートレーベル部門で、
ダイエーの「セービング・アイスクリーム」を
選考して、持っていった。
大変に好評だった。
確か、第3位に入ったと思う。

それが、消えることになる。

やはり、
ここには、
「押す力」と「引く力」が
作用している。

イオンは、ダイエーの販売力も活用して、
2010年、
「トップバリュ」販売額7500億円を射程に入れた。

商品にも、
会社にも、
人間にも、
「押す力」と「引く力」が、
働いている。

押す力が強ければ、
押されるのが良い。

引く力が加われば、
引かれるのも良い。

両方の力が働けば、
良い転機となる。
引く力
奥田則明さんに、感謝。

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.