結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2007年10月23日(火曜日)

ウォルマートが西友をTOBで100%完全子会社にする

「ウォルマートが日本から撤退する」

この噂は、何度も、
さまざまな人によって、語られた。

しかしそこには、
多分に、感情的な要素がこめられていた。

あるいは、敵対的意図をこめて。
あるいは、期待をこめて。

しかし、私は、ずっと言い続けている。

「本体の業績が極端に悪化しない限り、撤退はない」

これ、私の読み。

昨22日、ウォルマートは、記者会見を開いた。
シニアバイスプレジデントのブレット・ビックス。
西友CEOエドワード・カレジェッスキー。
そして、「株式公開買い付け(TOB)で、完全子会社化する」
と発表。

「従業員と取引先に安心してもらえる」
こう、目的を語る。

つまり、本腰を入れているんだぞ、
という意思を示すために、完全子会社とする。

重要なことだ。

今回、約1000億円の投資。
これまで、1470億円を西友に使っている。
従って、総額2470億円。

しかし、1999年に、ウォルマートが、
イギリスのアズダを買収したときには、
100億ドル(当時の価格で1兆3000億円)が投資された。
すぐにアズダは、セインズベリーを抜いて、
イギリス第2位に躍り出た。

安く買って、価値を高くする。

これが商売の基本だが、
ウォルマートはそれを、やろうとしているだけである。

現在、ウォルマートにとって、
国際部門は、もっとも収益の伸びが良い部門である。

米国内は、ご存知、
スーパーセンターの「飽和」に向かって突き進んでいる。
新しいフォーマットも固まっていない。

だから、国際部門のうち、世界第2位の市場である日本は、
ウォルマートにとって、極めて重要なのである。

日本は、「自助努力」によって、成功することのできる市場。
彼らは、そう考えている。

現在、ウォルマートが成功している国。
カナダ、メキシコ。
北米大陸の両隣。
そしてイギリス。
流通先進国。

もう一つの先進国は、日本。
だから日本に、活路を求める。

しかも、コストコは日本で着々と、
成功を収めている。

「自助努力」が不足している。
こう、考えている。

 

しかし、投資の仕方としては、極めてまずい。

アズダのときのように、一挙に1兆円の投資くらいがいい。
小出しにしてきた日本のやり方は、上手くはない。

今回、通算2479億円の投資で、
全株式を買い取ろうというのだから、
安い買い方だったのかもしれないが、
価値を高める買い方ではなかったと思う。

西友の劇的改革は、これから本格化する。

感情的にはならず、
敵対的意図もこめず、
期待もこめず、
市場の立場から、
顧客の立場から、
西友を見ていかねばならない。

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.