結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2007年10月18日(木曜日)

経費管理は、経費削減ではなく、経費予防である

経費について。

財務上は、一般管理費、販売費という。

英語では、“expenses”あるいは“cost”。
前者は「出費」の意味、後者は「原価」の意を含むことがある。

ここでは、expenses。

私の『メッセージ』という本の中で、
「利益を上げる5つの法」という短文がある。
メッセージ
「うまいよ、うまいよ」
利は元にあり。
仕入れ・調達説。 

「安いよ、安いよ」
利は売りにあり。
薄利多売説。

「つましく、つましく」
利は内にあり。
コスト説。

「お得です」
利はこの品にあり。
商品開発説。

「豊かさをどうぞ」
利は他の品にあり。
マージン・ミックス説。

利益を生み出す五法。
これらをすべて組み合わせる。
そしてまっ正直に商売する。

この3番目の、「コスト説」、
「利は内にあり」
これが経費問題のことである。

この3番目の、「コスト説」、
「利は内にあり」
これが経費問題のことである。

どう考えたらよいのか。

秋たけなわ。
食欲の秋。

売ろう、売ろうとすると、売れない。
儲けよう、儲けようと考えると、儲からない。

経費を考える。

コストカッターという異名をつけられた日産のカルロス・ゴーン。
「これまで心がけてきたことは、
どちらの方向にも行き過ぎないことです」

カルロス・ゴーン
これが、コストに対する最も重要なコメントだと思う。
使いすぎない。
切り詰めすぎない。

どうすべきなのか。

ウォルマートの創業者サム・ウォルトン。
競争相手よりもよりよく経費管理せよ
Control your expenses better than your competition.

競争相手という基準を設定した。
これが行き過ぎないことの目安。

例えば、コストコのようなメンバーシップホールセールクラブ。
経費率9%。
サムはコストコ創業者のソル・プライスに学んだけれど、
ウォルマートは、コストコと経費の低さを競わない。

同じフォーマット、
同じマーケットで競争している相手。

その相手よりも、経費を低くコントロールする。

コントロールということは、
高くする場合もある、ということだ。

クリスマス商戦など、
効果が上がるときには、惜しまず、投入する。
人件費も、販促費も。

ピーター・ドラッカー先生。
「コスト管理とは、
コスト削減ではなく、
コスト予防でなければならない」

さすが。

「カット」ではなく「プリベンション」。

「コストが自動的に下がることはない」

だから、「コスト予防」は絶え間ない課題である。
リーダーは、定期的に、コスト点検をしなければならないし、
コスト予防を実行しなければならない。

不断の点検と予防をしてこなかった組織には、
カルロス・ゴーンのような人間が必要となる。
そのゴーンも、「どちらの方向にも行き過ぎない」という。

不断の点検と予防を繰り返すと、
組織構成員のほとんどが、
コスト意識を持つようになる。
それが、自分自身のためであると自覚するようになる。

「イクスペンス」の「コントロール」を脅威として捉えず、
「機会」として、「チャンス」として考えるようになる。

仕事をする者にとって、
経費管理は脅威ではない、
経費管理は機会である。

何度、こう言っても、自覚はしない。

経費の点検から始まる一連の行為を繰り返し行い、
その成果を、数値で示し、
その目的と恩恵を知らしめることによって、
人々は「経費予防」に目覚めるのである。

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.