結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年05月22日(木曜日)

ヤオコー大塚明さんとNSグループ第24期経営方針発表会はホテルオークラつながり

昨5月21日は、昼前からずっと、
東京・虎ノ門のホテルオークラ。

夕方、4時には、オークラ本館で、
ヤオコー常務・大塚明さんと熱談大塚さんと
大塚さんは、日本の流通業界でも、
その見識の高さ、人脈の広さ、
研究熱心さ、キャリア、
すべてに一流。
私が、一目も二目も置く人物。

ちょうど、この日の日本経済新聞・会社人事欄に
大塚さんの名前が載った。
会っている間にも、そのことで、
何度も大塚さんの携帯電話が鳴った。

このたび、㈱ヤオコーの顧問にご就任。
40歳から20年間も、ヤオコーの取締役を務められ、
同社の、まさに躍進を支えた。

19期連続増収増益は、
大塚さんが取締役に就任した2年目から、
始まった。

これ、大塚さん自身は絶対に口に出さない。
私が勝手に、ずっと認識していること。

大塚さんは、本当に謙虚な人だ。
ヤオコーという会社や、
川野幸夫会長、川野清己社長も、
実に謙虚だけれど。

私と大塚さんとの付き合いは、
ますます濃くなるし、頻度は高くなる。

業界の話、人物評、食料問題、行政のこと、
コーネル・リテール・マネジメント・アカデミーのこと。
話題は多岐に及んだ。

本当にご苦労様でした
まだヤオコーの顧問という職責は残っているけれど、
私はそう思った。

「一心を見れば、佛なり」一心
大塚さんの、一心さが、私の心に残った。

さて、大塚さんにお会いする前、
菓子卸NS研究会第24期経営方針発表会に、
来賓として参加。

こちらはホテルオークラ別館。

NSには、北(North)から南(South)からという意味が込められ、
New Needs Support Systemの頭文字をとってつけられた。
菓子卸売業の協業組織であるが「メーカー卸」を標榜している。
現在、会員年商約1300億円。

今期のスローガンは『英知結集・厳状変革』。
下里勝彦会長の基本方針挨拶から始まって、
5つの部会長の経営方針説明、
そして来賓の挨拶。
森永製菓㈱・矢田雅之社長、カルビー㈱中田康雄社長、
そして私、㈱商人舎社長・結城義晴。

私のスピーチは、
①潮目が変わったこと、
②原油高騰は、農産物価格の上昇と連動していること、
③アメリカでは原油価格が現在も、
 1バーレル129ドルの最高値をつけていること
③だから製品値上げは止まらないこと。
④しかし2010年まで頑張ろうということ。
⑤そこまでいけば、次の地平が見えてくるということ。
そして3つの提案。
①川上インフレ・川下コモディティデフレに対応せよ。
 そのためにコモディティとノンコモディティを区別せよ。
②グローカルに対応せよ。
 NSはその中で、ローカルを重視せよ。
③心は燃やせ、頭は冷やせ。

第2部は、懇親会。
亀田製菓㈱田中通泰社長の来賓挨拶、
ロッテ商事㈱山内正典取締役の乾杯の音頭。

アトラクションは、NSグループ・ニューリーダーによる檄。
NS1
拳を振り上げて、スローガンを唱和。
NS2
これ、若い組織NSの意志を、一番よく表明していた。

最後に江崎グリコ㈱門奈俊夫取締役の万歳三唱で、
会は無事終了。

一般に卸売業は、極めて厳しい状況の中にあるとされる。
しかし、産業構造的な問題点を切り抜ければ、
そこには新しい社会的機能が生まれると、私は思っている。

「自ら、変われ!」

イノベーションのニーズは、卸売業にこそ切迫している。
逆説的な言い方だが、だからこそ、
卸売業にイノベーションが起こりやすいのである。

イノベーションに向かって、
「一心を見れば、佛なり」

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.