結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年05月23日(金曜日)

1バレル135ドル、また原油高騰のとき商業界静岡同友会で「ニッチ」講演

1バーレル135ドルを記録した。
アメリカ発のこの相場に世界中が、
どよめく。

しかしこれは、
テキサスのほんの一部の相場をもとに決められる。
だから小さな投機資金によって、
操作されやすい。

需要と供給のケインズ理論にのっとっていない。

しかしこの相場によって、また農産物の値段が上がり、
製品原価が引き上げられる。

そしてどこかで誰かが、儲けている。

私は、この儲けに絶対に加担したくはないし、
こういったグローバル化の前に立ちはだかりたいと思っている。

21世紀に入ってから、
世界中のGDPは年平均3.5%ずつ上がった。
実質経済という。
この間の物流経済は、7%伸びている。
そして金融経済は、
何と同期間平均で14%も伸びている。

しかし、必ずこれにはストップがかかる。

欧米人の言葉でいえば、
「神の手」が作用する。
私たちは、実質経済の観点で、
顧客のことを考え続け、
日々、努力を怠らないことだ。

神も仏も、味方してくれるに違いない。

さて、昨日、静岡県浜松市へ。
商業界静岡県同友会の総会の後の講演。

場所は、浜松駅前のアクトシティ。
45階建てのタワーがある。
タワー

講演テーマは、
「お客様のために いちばん大切なこと」
私の本のタイトルを、そのままテーマにさせていただいた。
講義
1時間45分。
あっという間に、時間は過ぎた。
ご清聴、感謝。

商業界の同友会から呼ばれて講演することも、
相次いでいる。

地域商業、中小企業の皆さんのニーズがよくわかる。

私は、「Niche」を強調した。
「ニッチ・マーケット」などと使うときには、
隙間の市場のように意味付けされるが、
この言葉には、「最適の地位、ポジショニング」といった内容がある。
辞書を引いてほしい。

だから、地方中小商業は、
「ニッチ」になるべきなのだ。

アクトシティから見た景色。
景色1

懇親会では静岡東部同友会会長の萩原義満さんが挨拶。
㈱ハギニシキ社長。
写真が暗くて恐縮。
挨拶
再び、アクトシティ45階からの景観。
景色2
静岡西部同友会会長の木村晃治さんにも、感謝したい。

元気なニッチこそ、
「幸せ基準」の高い生き方なのだ。

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.