結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年12月06日(土曜日)

国分と丸紅、包括的提携の意味合いとふたりの國分さん

食品卸売業第3位の国分㈱。
総合商社第2位の丸紅㈱。

包括的提携に至った。

国分は一昨年、創業300年、
老舗中の老舗。

奇跡の非上場企業。

現会長兼社長は12代國分勘兵衛さん。
創業家が代々「勘兵衛」を襲名。

取引先は国内メーカー1万社、
小売業3万5000社。

「何色にも染まらない、高根の花」

その国分が丸紅と提携。

日経新聞は、卸売業の「4重苦」と表現する。
第1が、市場縮小、
第2が、再編による競争激化、
第3が、輸送費高騰、
そして第4がプライベートブランド拡大。

かつて食品問屋は御三家と呼ばれた。
日本橋、京橋、平和島。

日本橋は国分、
京橋は明治屋、
平和島が菱食。

その平和島が京橋を併合し、
三菱食品と名を変えて、
ダントツのトップに躍り出た。

総合商社の時代だ。

現在も、
三菱食品の年商2兆3882億円、
日本アクセスが1兆7140億円、
国分が1兆5667億円。

伊藤忠商事傘下の日本アクセスは、
伊藤忠食品の年商6304億円と単純合計すると、
2兆3444億円。

国分グループは、
丸紅系の山星屋、
ナックスナカムラと合計すると、
1兆9241億円。

新御三家となって、
2兆円クラブに入る。

世界の食品マーケットの特徴は、
コモディティ化現象だ。

コモディティ化すると、
商品は同質化し、
品質は向上するものの、
価格は低下する。

そしてマーケットは寡占される。

国分の判断は、
このコモディティ化現象への対応のための、
規模の獲得である。

もちろん国分には、
ノンコモディティを追求し続けて欲しいが、
それもコモディティでの収益性の確保が条件となる。

三菱食品の経常利益率は0.7%、
国分のそれも0.5%程度。

ノンコモディティ商品が、
人々の暮らしを豊かにする。
国分はそれを追求し続けてきた。

しかし、収益性を上げねば、
ノンコモディティ開発もかなわない。

次の次代を担うのが、
第13代國分勘兵衛襲名予定の、
現副社長・国分晃さん。

奇しくも丸紅社長は、
國分文也さん。

私もこのブログで、
昨年取り上げた。

國分文也さんの信条は、
「逆境ではひたすら楽観し、
順調な時には楽観しない」

ふたりの國分さんが、
新しい時代を切り開く。

そんな時代の象徴のような出来事だ。

さて私は夕方、千葉県茂原へ。
江島祥仁さんと大久保恒夫さん。
20141207060214.jpg
江島さんは伊藤園副会長、
大久保さんはセブン&アイ・フードシステムズ社長。

食事のあとは、
スーパーアルプスのお二人も合流。
20141207060229.jpg
一番手前は専務取締役の松本光男さん、
奥が最高顧問の内野紀宏さん。

楽しい土曜日の夜は更けゆき、
楽しい日曜日がやって来る。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.