結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年08月03日(木曜日)

第3次安倍内閣の「第3次改造」と8月の「おためしください」

長期政権の安倍晋三内閣、
第3次の第3次改造。

第1次安倍内閣は、
2006年9月26日からほぼ1年間。

第2次安倍内閣は、
2012年12月26日から、
2014年12月24日まで。

そして第3次安倍内閣は、
第1次改造、第2次改造ときて、
今日、第3次改造内閣発足。
アベノミクス効果で長期政権。

日本の戦後の長期政権ランキング。
第1位は佐藤栄作内閣の2798日、
第2位は吉田茂内閣の2616日。

そして第3位に安倍晋三内閣で、
今、2048日。

何しろ第4位が、
あの小泉純一郎内閣の1980日。
そして第5位が中曽根康弘内閣の1806日。

第6位は池田勇人内閣の1575日。
最後に第7位の岸信介、1241日。

ここまでで戦後ならば、
1000日以上。

まあ、安倍さん、よく頑張っている。
新しい内閣にも期待しよう。
しかし前第二次改造内閣の諸々のこと、
忘れてもらっては困る。

今回の第3次改造を、
自ら「仕事人内閣」と命名。
距離のある野田聖子総務大臣と、
河野太郎外務大臣を起用して、
経済ファーストの体制づくり。

一方、小池百合子東京都知事。
改造内閣の顔ぶれを「3R」と表現。

「スキャンダルをReduce(削減)、
閣僚経験者をReuse(再使用)、
ちょっとRefresh(元気回復)」。

マスコミは取り上げるけれど、
私はあんまり、おもしろいとは感じない。

第一、東京都知事が言うことではない。
黙っていればいいのにと思う。
余計なお世話だろうが。

今日は、月刊商人舎8月号の、
最終責了日。

「責了」は、「責任校了」の略。
あとは任せますよ、と、
後工程にお任せして、
校了とすること。

その「校了」は、
校正がすべて終了すること。

ああ、お疲れ様。
IMG_2271.JPG7
月刊商人舎をスタートさせてから、
52冊目が終わりました。
12冊ずつ4年間で48冊と4カ月の4冊。

ありがとう。

朝日新聞「折々のことば」
第832回。
ものをつくる人には、
人が気づかないようなところを
掘り下げる役割がある
(絵本作家・荒井良二)

はい、心がけております。

遅いランチはイタリアン。IMG_3569.JPG7シェ・フルール横濱(chai fleurs)。

唐辛子とペッパー。IMG_3566.JPG7

ワタリガニのクリームパスタ。
これが絶品。
IMG_3560.JPG7
力をつけて、責了を目指した。

最後に今月の商人舎標語。
[Message of Augast]でもある。

「おためしください」

「おためしください」
…「では、いただきます」
「はい、喜んで!」

食べものは、
食べてみなければ、
良さがわからない。

だから「おためしください」。
だから、試食・試飲。
So, give it a try!

着るものも、
使うものも、
楽しむものも。

試してみなければ、
モノがもつコトは判明しない。
つまり価値は体験できない。

しかし「おためし」は、
誰のためにするのか。
顧客のためか?

いや、違う。
自分のためだ。
自分たちのためだ。

自分が選んだ商品、
自分たちがつくった商品。
それを顧客に評価してもらう。

その顧客の評価が、
次の商品の選別につながる。
次の商品の開発に結びつく。

しかしそれ以上に、
「おためし」で喜んでもらったら、
うれしいじゃないか。

そのうえ買ってもらったら、
幸せじゃないか。
君は、どうだ?

「おためしください」
…「では、いただきます」
「はい、ありがとう」
〈結城義晴〉

生きてゐる証暑さに立ち向かふ
〈朝日俳壇より 長崎市 徳永桂子〉

(稲畑汀子選評)
暑さに立ち向かう気力を、
生きている証と納得する作者の力。

今月のお盆商戦も、
「おためしください」で、
がんばろう。

〈結城義晴〉

[いつもの追伸]
商人舎流通SuperNews。

ユニクロnews|
アプリサービスに音楽「UNIQLO MUSIC」雑誌「タブホ」
ユニー・ファミマnews|
ファミリーマート公式アプリに「モバイルTカード」追加
そごう・西武news|
そごう千葉店「ジュンヌ」コト発想の体験型専門店館に
ドンキnews|
長野駅前ウェストプラザに3層447坪ピュアドンキ出店
セブン-イレブンnews|
横浜市内コンビニ2店舗に「ベイバイク」ポート設置
あらたnews|
日用雑貨卸トップは第1Q売上高3.6%/経常利益23%増
山崎製パンnews|
上半期は食パン・調理パン好調だが経常利益10%減
カワチ薬品news|
7月は医薬・化粧の季節関連堅調も既存店2%減

そごう千葉店別館のJUNNU。
GINZA SIXの大成功を見て、
「コト発想の体験型専門館」として、
全面刷新。

さて、銀座と千葉の違いを、
どう乗り切るか。

どんな経験価値マーケティングが、
具体的に展開されるか。

お手並み拝見。

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外 視察研修会
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会in湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.