結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年08月06日(日曜日)

日曜版【猫の目博物誌 その47】夾竹桃

猫の目で見る博物誌――。
DSCN8963-2016-4-10-66666
今日の72回目の「広島原爆の日」。
猫の目は、そんな季節も読み取る。

夾竹桃ピカドンの日をさりげなく
〈平畑静塔〉

暑さに一番強い花。
DSCN9635.JPG7

キョウチクトウは、
和名「夾竹桃」
葉は竹に似ているし、
花は桃に似ている。
「夾」ははさまっていること。
だから「夾竹桃」と名づけられた。
DSCN9640.JPG7

学名は Nerium oleander var. indicum。
キク類、リンドウ目、
キョウチクトウ科キョウチクトウ属。
常緑低木、もしくは常緑小高木。

原産はインド。
インドから中国、
そして日本に伝わった。
江戸時代中期の伝来。

観賞用の花だった。

葉は長楕円形で、
両端がとがっっている。
やや薄くて固い。
DSCN9644.JPG7

花弁は基部が筒状。
花の先端は平らに開いて、
五つの弁に分かれている。
それぞれがプロペラ状に曲がっている。
DSCN9636.JPG7
夾竹桃の白い花は一重咲き、
桃色の花は八重咲きが多い。

6月から咲き始めて、
残暑の9月まで花を開く。

暑さに強いだけでなく、
何事にも「強い花」「耐える花」の印象がある。

乾燥状態にも耐える。
大気汚染にも強い。

つまり土地を選ばず、やせ地でも育つ。
潮風や煙害にも強い。
そこで街路樹、工場の緑化樹、
砂防用などにも利用される。

たとえば神奈川県の川崎市では、
京浜工業地帯の公害で、
他の樹木が枯れてしまう中で、
夾竹桃だけが生育した。

だから現在も川崎では、
緑化樹として広く植栽されている。

煙突のけむりまつすぐ夾竹桃
〈佐藤麻緒「火星」より〉

全国各地の高速道路沿いでも、
夾竹桃が植えられていて、
夏の時期に花を開かせる。
DSCN9638.JPG7

広島市には、1945年の8月6日に、
原爆が投下された。
75年間、草木も生えないだろう。
そう、言われた。

しかし被爆した焼土に、
夾竹桃は花を開かせて、
人々の復興の象徴となった。

そして広島の「市の花」となった。

「市の花」として指定しているのは、
千葉県千葉市、兵庫県尼崎市、
そして鹿児島県鹿児島市。

清楚で地味な花だが、
意外に重要視されている植物である。
DSCN9643.JPG7

そんな夾竹桃だが、
強い毒性を持つ。

オレアンドリン(oleandrin)を含む。
このオレアンドリンは強心配糖体で、
構成要素は糖、ステロイド、ラクトン。
強心作用をもつ。

強心作用は、
心臓の筋肉の収縮力を強化する効力。

しかしオレアンドリンの強心作用は、
強すぎて、体内に入ると、
筋肉の収縮、肝機能の低下が起こり、
頻脈、下痢、めまいが生じ、
心臓麻痺などになることもある。

たとえば生姜(ショウガ)には、
血液を循環させる自然な強心作用がある。

しかし夾竹桃は、
花、葉、枝、根、果実すべての部分と、
さらに周辺の土壌にも経口毒性がある。

澤井智恵子さんの「被爆体験」
「廃墟の中に一番始めに咲いた 來竹桃、
この赤い花を眺める時、
何故か原爆で亡くなった人の
血の色を感じます。
その花の中に多くの人々の
叫びを聞くような気がします。
そして本当に平和の有難さ、
平和で寿命を全う出来ることの尊さを、
心から感じます。

広島の街に真 先に咲いた來竹桃に
原爆で亡くなった人の魂を感じ、
平和の願いが、
花に込められているように思うからです」

作家・檀一雄の命日は、
「夾竹桃忌」という。
1月2日。
DSCN9643.JPG7
亡くなった季節の花ではないけれど、
生前、壇は、宮崎市の夾竹桃並木に魅せられた。

それよりも「耐える花」が、
檀の心の中に咲いていたからだろう。

ふたたび、
夾竹桃ピカドンの日をさりげなく

真夏の花、夾竹桃。
DSCN8963-2016-4-10-66666
耐える花、強い花。
毒を持つ花。

だから夏の花なのです。

(『猫の目博物誌』〈未刊〉より by yuuki)

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催予定
  • USA視察研修会 Basicコース
    2018年5月15日(火)~5月21日(月)<5泊7日>
    開催場所:ラスベガス
  • USA視察研修会 Beginnersコース
    2018年9月上旬
    開催場所:ハワイ・オアフ
  • USA視察研修会 Specialコース
    2018年10月中旬
    開催場所:シカゴ・ニューヨーク
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2018年の開催予定
  • 第13回ミドルマネジメント研修会
    2018年6月19日(火)~6月21日(木)<2泊3日>
    開催場所:湯河原
  • 第14回ミドルマネジメント研修会
    2018年9月18日(火)~9月20日(木)<2泊3日>
    開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.