結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年12月29日(金曜日)

田原総一朗「成長の時代は終わった」とドラッカー「成長の定義」

昨日の12月28日夜の10時ごろ、
月刊商人舎2018年1月号を責了して、
商人舎の仕事納めをした。

そのあと、1年の疲れが出たのだろう、
帰宅してからも昏々と眠り続けた。

こうして疲れをとる。
眠るのが一番だ。

詩集「あさ」
吉村和敏・写真 / 谷川俊太郎・詩。
0277
「朝のリレー」
カムチャッカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女がほほえみながら
寝返りをうつとき
ローマの少年は柱頭を染める
朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る

眠る前のひととき
耳をすますと
どこか遠くで
目覚まし時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受け止めた証拠なのだ
〈谷川俊太郎/詩〉

目覚めのリレーはないけれど、
ひとり熟睡して、夕方、
新横浜から東海道新幹線。
新大阪。
IMG_3978.JPG7

車を飛ばして、
アゴーラリージェンシー堺。

入り口はもう正月気分。
IMG_3983.JPG7

そして、ロビーには門松。
IMG_3980.JPG7

部屋の窓からは堺港。IMG_3985.JPG7

さて、12月26日の朝日新聞デジタル。
政治評論家の田原総一朗さん。

「これだけの議席と支持率を
持っている安倍政権が
『異次元の金融緩和』を続けても、
長期金利が全然上がらないのは、
『成長』の時代が終わったからだ」

そう、「成長の時代」は終わった。

「安倍政権は、
一生懸命やっているのだろうが、
逆説的に、
成長の時代が終わったことを
証明する役割を果たすことになるだろう」

日本経済全体の成長の時代は、
終わったかもしれないが、
ひとつの企業は成長するだろう。
ひとつの店は成長するだろう。

日経ビジネスon-line。

ドラッカーの「見方、考え方」
経営コンサルタント藤田勝利の連載。
12月27日の項。

某企業の人事部人材育成チーム長と、
コンサルタントとの会話。

コンサルタント:
「人材育成とは、つまり、
何をすることだとお考えですか?」

人材チーム長:
「仕事のやり方を教えて、
一日も早く部下が
一人前になるように
することなんじゃないですか」

そこでドラッカー。
「使っている言葉の定義を明確にすること」

そして学校教育のある専門家。
「成長とは『自立と協調』が、
できるようになることです」

そして再びドラッカー。
「人間にとって、
成長ないし発展とは、
何に対して貢献すべきかを
自らが決定できるように
なることである」

(「現代の経営」より)

とすると日本経済は、
自立と協調ができなくなっている。

とすると日本経済は、
何に対して貢献すべきかを
自ら決定できなくなっている。

「眠り」が足りないのかもしれないし、
「目覚めのリレー」がないのかもしれない。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.