結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年04月01日(日曜日)

[日曜随想]悪徳・美徳とまっとうな人間

日曜日のささやかな説教
〈エーリッヒ・ケストナー〉

日曜日が来ると
かなり憂鬱になる
明日の月曜日の新聞のことを
想わずにいられないからだ

それというのも
日曜日にはかならず
殺人事件の二十やそこらは
きまって発生するから
新聞に眼を通す者は
翌日の月曜日
それを眼にせざるをえない

ねたみやら そねみやらは
一週間近くまでは
なりをひそめている
しかし 日曜日ともなると
その朝から晩にかけて
事態は一変する

平日には誰も
そんなことにかかずらわっている暇がない
しかし 日曜日ともなると
ほっと気がゆるんで
ついつい手綱をゆるめてしまう

いくら何でも もうちょっと
ましなことはないものか
わけも分からぬ皆殺しをやらかして
女房や家族ばかりか 自分までをも
地獄送りするよりほかには

ああ たいがいの人間は
暇つぶしが下手だ
時間をもてあますあまり無分別になる
その結果 こんなくだらないことが起こるのだ

もし人間が
義務もない 目標もない 苦労もない
天国で暮らすことになったら
最初に始めることはおそらく
おたがいを殺し合うことだろう
IMG_4220.JPG8

ケストナーは1899年生まれ。
ドイツのドレスデン。
ドイツ文壇の中心人物。
ナチス政権のもとで、
焚書の憂き目にあいながら、
旺盛な活動をした。

20世紀のドイツでも、
21世紀に日本やアメリカでも、
日曜日の憂鬱と月曜日の事件はかわらない。

ああ、人間とは、何なのか。
IMG_4223.JPG8

まっとうな人間(オネットム)
〈ブレーズ・パスカル〉

人から、あの人は
数学者であるとか
説教家であるとか
雄弁家であるとか
言われるようではいけない。

むしろ、あの人は
オネットム(まっとうな人間)と
言われるようでなければならない。

わたしが欲しいと思うのは、
この普遍的な美質だけだ。
もし、ある人を見て、
その人の著作を思いだすようでは、
それは悪い兆候である。
(断章三五)

1623年、フランスのオーヴェルニュ生まれ。
哲学者、数学者、物理学者、思想家。
「まっとうな人間」――その普遍的な美質。

しかし、ドイツ人のケストナーは、
ニヒルにものを考える。
IMG_4224.JPG8

悪の生い立ち(ゲネシス)
〈ケストナー〉

いつも痛感する――
子どもは可愛くて純真で善良だ
それにひきかえ大人は我慢ならない
そのことを思うと 気が滅入る

邪悪で醜悪なじじいだって
子どものころは純粋だった
いまは気立てのいい
愛くるしい子どもだって
いつかは こせこせした大人になる

どうしてこんなことになるのか
一体これはどうしたことだ
子どもにしても その本性は
蠅の羽をむしっているときなんだろうか?
子どもにしろ そのころからすでに
悪なんだろうか?

善と悪とはないまぜだから
どんな人間の性格にも善と悪がある
しかし 悪は抜きがたく
善は子どものころにすでに息絶える

ケストナーは悪を見透す。
善を追い求めると悪に突き当たる。

美徳の徹底追求
〈ブレーズ・パスカル〉

美徳を両方の端まで
徹底的に追求しようとすると、
悪徳があらわれる。
それは、小さな無限のほうから、
感知できない道を通って、
こっそりと忍び込み、
大きな無限のほうからは、
群れをなしてあらわれる。

その結果、人は悪徳の中で迷子になる。
もはや、美徳の姿など見えない。
人は完全な悪さえ避難するようになる。
(断章三五七)

悪徳の中の迷子。
それが人間だろうか。
IMG_4235.JPG8

悪徳の均衡
〈ブレーズ・パスカル〉

わたしたちが美徳の中に
身を持していられるのは、
自身の力のおかげではなく、
二つの相反する悪徳の、
均衡によるものである。

それは反対方向から吹いてくる風のあいだで
立っていられるようなものである。
どちらかの悪徳を取り除いてみたまえ。
たちまち、もう一つの悪徳の中に
落ち込んでしまうだろう。
(断章三五九)

悪徳の均衡の間に美徳があるように、
何かと何かの均衡の間に私たちがある。
国がある。会社がある。
悪徳とは犯罪のようなものだけでなく、
日常的なちょっとした悪意も含まれよう。
美徳もおなじく日常の善意が含まれる。

どちらかを取り除いてみたまえ。
たちまち、もう一つの中に、
落ち込んでしまうだろう。

パスカルの真理を見透す眼は、
あくまで冷徹だ。

〈結城義晴〉

(出典)
『E・ケストナーの人生処方箋』(飯吉光夫訳・思想社)
『パスカル パンセ抄』(鹿島茂編訳・飛鳥新社)

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催予定
  • USA視察研修会 Basicコース2018年5月8日(火)~5月20日(日)<5泊7日>開催場所:ラスベガス
  • USA視察研修会 Beginnersコース
    2018年9月上旬
    開催場所:ハワイ・オアフ
  • USA視察研修会 Specialコース
    2018年10月中旬
    開催場所:シカゴ・ニューヨーク
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2018年の開催予定
  • 第13回ミドルマネジメント研修会2018年6月19日(火)~6月21日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原
  • 第14回ミドルマネジメント研修会
    2018年9月18日(火)~9月20日(木)<2泊3日>
    開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2018年4月
« 3月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.