結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年06月15日(金曜日)

全国的客数減・「スーパー玉出」全店売却と万代大学6月2日目講義

5月が悪い。

商人舎流通SuperNews。
セブン&アイnews|
コンビニ既存店0.3%増/イトーヨーカ堂・ベニマル苦戦

セブン-イレブン・ジャパンの既存店は、
かろうじて前年同月比売上高100.3%。
それでも客数98.2%、客単価102.1%。
客数は1.8%のマイナスだ。

イトーヨーカ堂は、
既存店売上高97.1%、客数97.2%。

ヨークベニマルも既存店売上高は97.8%、
客数99.4%、客単価98.3%。
全店ベースでは100.9%。

そごう・西武は既存店売上高97.4%、
全店ベースは84.1%。
H2Oに店舗を譲渡したから。

一方、U.S.M.H news|
5月客数減響き既存店売上高1.8%減

既存店売上高は2.2%減、
客数は2.4ポイント減少。

3月から5月までの累計既存店は、
98.2%で客数1.8%減がそのまま響いた。

アークスは既存店前年比96.9%、
客数96.9%、客単価99.9%。

ほとんどの企業が客数減に悩む。
深刻な状況だ。

ただしヤオコーだけは、
5月既存店101.1%と健闘。
それでも既存店客数は98.6%、
客単価の102.5%でしのいだ。

日本中に深刻な客数減の現象が訪れる。
もしかしたらeコマースの影響か?

関西で衝撃のニュース。
共同通信が配信した。
玉出ホールディングスが、
スーパーマーケット45店を、
イセ食品の関連会社に売却。
小売事業から撤退する。

「スーパー玉出」は派手な満艦飾の店で、
「日本一安売王」をモットーに掲げる。
「1円セール」など展開するが、
7月上旬に全店を売却する。

売却先は「フライフィッシュ」。
鶏卵業界トップのイセ食品の関連会社。

店舗バナーや設備はそのまま使われ、
従業員の雇用は原則的に引き継がれる。
つまりそのまま営業される。

売却額は約45億円。

45店を45億円、つまり1店1億円。
これは安過ぎるが、中身はわからない。

玉出ホールディングスは、
大阪府内外の不動産管理業となる。

共同通信の取材に玉出の幹部の答え。
売却の理由は「社長が高齢」となったため。
「格安の創業精神を継承する企業が見つかった」

「安売りだけの商売の終焉」
マーケットゲリラの時代も終わり。

しかしやはり4月5月の客数減は、
玉出にも大きな痛手となったに違いない。

深刻な状況が、表に出て来た。

さて私は一昨日から大阪。
昨日今日と万代知識商人大学。

ホテル・ロッジ舞洲の朝方、
滝のような雨が降った。

それも上がって、
テラスにも薄日。
IMG_5440-1

改装した1階のロビーは
開放的で、気持ちがいい。 IMG_5441-1

2階の会議室のホワイエ。
この左手が万代企業内大学の講義会場。
IMG_5442-1

8時前には全員が集合し、
講義がスタート。

講義の前に、各班から1人ずつ発表。
昨日の講義は、
マーケティング・マネジメントだった。
そこで学んだことから、
何を実行すべきか。
班ごとにディスカッションして、
それを代表者が発表。

1班は東篤志さん、畜産チーフ。
IMG_5185.JPG8

2班の友俊介さん。
上野芝店グロサリーチーフ。
DSCN3405-1

3班の山岡大輔さん。
ドライグロサリー部バイヤー。
DSCN3407-1

4班は岡本光二さん、
惣菜部バイヤー。
DSCN3408-1

5班は森田勝人さん。
伊川谷店店長。
DSCN3413-1

そして6班は寺田悟さん。
八雲店の店長に昇格したばかり。
おめでとう。
DSCN3417-1

そしてすぐに講義開始。
DSCN3425-1

2日目の今日の午前中のテーマは、
サプライチェーンマネジメント。
DSCN3421-1

製造業のプロダクトマネジメント、
小売業のオペレーションマネジメント。
その変遷の歴史。
さらにデミングの品質管理、
トヨタ生産方式。
DSCN3450-1

そしてサプライチェーンにおける、
「後工程はお客様」の重要性を強調して、
約2時間の講義を終えた。DSCN3455-1

第2講義のテーマは万代のSCM、
サプライチェーンマネジメント。
DSCN3432-1

講師は中筋浩二さん。
取締役ドライ・デイリー部門担当。DSCN3446-1

よくできた精密なスライドを使って、
万代のSCM政策と、
商品部の具体的な取り組みを、
解説してくれた。
DSCN3438-1

講義の後の質疑応答。
3期生も積極的に質問や提案をする。DSCN3444-1

実践的でクレーバーな講義だった。DSCN3447-1

中筋さんの講義が終わって、
サプライチェーンマネジメントを、
再整理する。
DSCN3451-1

さらにマーケティングの再確認講義。
1980年代に黒田節子さんが著した3部作。
⑴『買い方革命』
⑵『1200食のマネジメント』
そして⑶『売り方革命』。
実に先見性のある著作群だった。
それらを紹介しつつ、
現在のマーケティングのあり方を整理して、
午前の講義を終了。
DSCN3457-1

昼食をはさんで、
阿部秀行社長の講話。
DSCN3460-1

ちょっとおとなしい3期生を叱咤激励。DSCN3452-1

最終講義は、
万代大学学長の結城義晴。

2日間の講義をまとめながら
1人ずつ、学んだことを質問していく。
DSCN3465-1

答えは一つとは限らない。
DSCN3467-1

なぜか、なぜなのか。
それを5回繰り返して問う。
その姿勢が大事だ。
それを習慣化することがもっと大事だ。
DSCN3473-1

自ら考える。
それが知識商人だ。

そしてロイヤルカスタマーを、
増やし続けねばならない。
DSCN3478-1

このことを強調して、
2日間の合宿講義を終了。

事務局の津田睦さん(右)、
東尾里恵さん(左)に送られて、
ロッジ舞洲をあとにした。
IMG_5187.JPG8

それにしても玉出の店舗売却。
4月・5月の全国的な客数減。

強烈なチラシを打ち続けたり、
安売りしたりするだけでは、
客数は確保できない。

ロイヤルカスタマーをつくり、
増やし続けられる企業だけが、
生き残り、成長・発展するのだ。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.