結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年06月26日(火曜日)

「全国地震予測」の千葉・横浜と商人舎海外流通newsのスピード感

日本列島は地震列島。

「全国地震動予測地図2018年版」が発表された。
政府の地震調査委員会の報告だ。

30年以内に震度6弱以上の地震に、
見舞われる確率が、
全国各地ごとに示されている。

震度6弱は、
今月発生した大阪北部地震と同じ規模。

jisin 11
焦げ茶色のエリアが、26%以上100%まで。
太平洋岸の南海トラフから、
相模トラフまでがべったりと焦げ茶。

南海トラフの軸は、
駿河湾の富士川河口付近を基点として、
御前崎沖まで南下する。
さらに南西に向きを変えて、
潮岬沖、室戸岬沖から九州沖に達する。

一方、富士川河口付近にある東端の先は、
富士山・箱根山・丹沢山地付近を経て、
相模トラフへと繋がる。

確定しているわけではないけれど、
そう考えられている。

今年の調査の県庁所在地別順位。

最も確率が高いのは千葉市の85%。
次が横浜市の82%、
三番目が水戸市の81%、
四番目が高知市の75%、
五番目が徳島市の73%、
六番目が静岡市の70%。

一方、大阪市は56%、
東京都庁は48%、
名古屋市は46%。

私の住む横浜は、
二番目に確率が高い。

それぞれの確率を頭に入れて、
最悪を覚悟して、
最善を尽くす。

いつもその心構えでいたい。

さて今朝は、
横浜市立白幡小学校へ。IMG_5403.JPG8

私の子どもたちがこの学校の卒業生。
私もPTA会長を務めていた。IMG_5400.JPG8

今日は白幡文化スポーツ事業の総会。
かつてはこの事業の会長だったが、
現在は、半ば引退して、
わずかに会計監査でお手伝いしている。IMG_5401.JPG8

校庭の端のブロックのボード。
絵が描かれていて、
児童がソフトボールをぶつけたり、
サッカーボールを蹴り当てたりする。IMG_5402.JPG8
しかし大阪北部地震で倒壊して、
9歳の女子が亡くなった。
このボードも建築基準法違反で、
改造されることになった。

なにしろ全国第2位の地震確率の横浜。
4月に人事異動してきた鈴木秀一校長が、
きっぱりと改造を言い切った。

頼もしい。

商人舎オフィスに戻って、
写真撮影。
IMG_5411.JPG8

商人舎magazineのお薦めコーナー。
結城義晴が月刊商人舎を推薦する。
そのページを含めて刷新する。
どうぞよろしく。
IMG_5406.JPG8

さて、商人舎流通SuperNews。
おかげさまで好評を博しているが、
とくに海外newsへのアクセス数、
急増している。

昨日はクローガーnews|
1Q売上高3.4%増・純利益6.8倍/オカド・ホームシェフ買収
kroger_02

全米第一のスーパーマーケット。
第1四半期決算で、
売上高は375億3000万ドル、
1ドル100円換算で3兆7530億円、
前年同期比3.4%増。
営業利益は10億2900万ドルで、
前年同期比62.6%増、
純利益は20億1800万ドルで前期比6.8倍。

そのクローガーが、
英米のオンライン事業の企業と、
資本提携や買収を進める。

第1がイギリスのオカド(ocado)。
英国はオンラインスーパーが盛んで、
トップはテスコ、
2位はセインズベリー&アズダ、
そして3位がこのオカド。

オンラインスーパー専業企業として、
イギリス第一の存在がオカドなのだ。
home-page-banner-1

そのオカドの株式を5%保有して、
プラットフォームのシステムを手中にした。

さらにクローガーは、
ホームシェフ社を買収する。
アメリカ第一の食材宅配サービス業だ。

直近の2017年売上高は、
2億5000万ドル(250億円)だが、
前年比150%増の絶好調企業。

オンライン事業はいまさら、
自前で始めたりしない。

どんどん資本提携や買収をする。

アマゾンとウォルマート・コムには、
それなくしては追いつけないし、
対峙できない。

6月22日はアマゾンnews|
集合住宅の配達用ロッカー「ハブ・バイ・アマゾン」全米に拡大

アマゾンロッカーを集合住宅に設置して、
「ハブ」機能を持たせる。
DSCN06858_-1
様々な生活局面に、
アマゾンが入り込んでくる。

さらにコストコnews|
「棚寿命」を長くする新技術を使ったアボカド実験販売

コストコが棚寿命4倍のアボカドを、
テスト販売する。
abokado
アピール・サイエンシス社開発の新技術。

植物に含まれる素材を使って、
表面に皮膜をつくる。
この皮膜は自然素材であるため、
そのまま食することができるし、
オーガニックにも使用が認可されている。

店頭での日持ちがよくなるため、
廃棄量は激減する。

すごい技術だ。

さらにさらにォルマートnews|
小型サムズクラブ(900坪)今秋ダラスで新実験開始

ウォルマートのMWCがサムズクラブだが、
その標準タイプは2800坪~4200坪で、
品揃えは6000SKU。

このサムズのダウンサイジング型実験。
面積は約900坪で約1000〜2000SKU。
samuzu

この実験店には、
セルフチェックアウトシステムが導入され、
「スキャン&ゴー」システムが、
顧客のスマホアプリを活用して作動する。

ウォルマートは表明している。
「利益のある良い仕事」。

この小型フォーマットはさらに、
オンライン注文を受けて、
商品をピックアップし、
同日配送するというオプションを持つ。

ウォルマート、アマゾン、
コストコ、クローガー。

急ピッチでイノベーションが進む。
そのスピード感に眼が眩む。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.