結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年09月09日(日曜日)

日曜版【猫の目博物誌 その68】コスモスのフィボナッチ数列

猫の目で見る博物誌――。
IMG_6903-4-10
久しぶりです。
夏が過ぎて秋になりました。
台風、地震、お見舞いします。

コスモスは、
キク科コスモス属の一年生草本。
英語でCosmos、
学名もCosmos。
日本語では「秋桜」(アキザクラ)とも称する。

〈みんなの趣味の園芸〉より
main_00000000325

茎は2mから3mになる。
枝が多い。

葉は対生で二回羽状複葉。

花は二つに分かれる。
中心には黄色の筒状花がある。
管状小花ともいうが、
多数の筒状・管状の花びらが集まる。

周辺には桃色、白色、
あるいは紅色などの舌状花がある。

通常は舌状花は8枚である。

〈山と花のきまぐれブログ〉
DSC_0913

コスモスは「短日植物」。
日照時間が短くなると花が咲く。

だから秋の花。

熱帯アメリカ原産。
メキシコからスペインに持ち込まれて、
マドリード王立植物園で栽培された。
ここで「コスモス」と命名。

日本には1879年(明治12年)に渡来した。

〈くりはま花の国コスモスまつり〉より
kurihamacos-thumb-760xauto-1065

1・1・2・3・5・8・13・21・34・55……
「フィボナッチ数列」と言われる。

前の二つの数値を足し算した数が、
ずっと並んでいく。

1+1=2
1+2=3
2+3=5
3+5=8
5+8=13
8+13=21
13+21=34
21+34=55……

植物はフィボナッチ数列に従っている。
コスモスの葉もフィボナッチ数列。

植物の葉は、
光がまんべんなく当たるように、
少しずつ位置がずれている。

葉の付き方は「葉序」(ようじょ)と称される。

360度の2分の1の180度ずつ、
ずれる葉序の植物がある。

3分の1の120度ずつ、ずれる葉序もある。

次に5分の2ずつ、ずれる葉序は、
144度。

さらに8分の3ずつずれると135度ずつ。

2分の1、3分の1、5分の2、
8分の3、13分の5。

この分数の分母と分子は、
フィボナッチ数列で並んでいる。
そしてこの数列で並ぶことを、
「シンパ―・ブラウンの法則」という。

コスモスの周辺の舌状花は8枚。
だから花占いで「好き」からはじめると、
いつも「嫌い」が残る。

マリーゴールドは13枚、
マーガレットは21枚。
ガーベラは55枚。

花占いに向いている。

花びらの枚数。

ユリが3枚、桜が5枚。
コスモスが8枚、
マリーゴールドが13枚、
マーガレットが21枚、
デージーが34枚、
ガーベラが55枚。

そう、フィボナッチ数列なのだ。
植物の不思議。
〈稲垣栄洋著「面白くて眠れなくなる植物学」より〉

コスモスの花占いは、
「キライ」からはじめてください。

DSCN8963-2016-4-10-66666
あの原っぱがまだあって、
コスモスの花がさいてたら。
〈山﨑眞幹作詞〉

(『猫の目博物誌』〈未刊〉より by yuuki)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2018年の開催予定
  •  
  • 予告 第14回ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2018年9月
« 8月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.