結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年07月24日(水曜日)

大阪の阪急オアシス・ダイエー・ライフ「Miniel」巡り

2020東京オリンピック1年前。
晴海のトリトンでセレモニーが行われた。

いよいよカウントダウンだ。
期待は膨らむばかりだが、
「祭りのあと」への危機感もある。

一方、九州全域、四国、近畿、
そして北陸地方が梅雨明け。
各地とも平年より遅く、
昨年に比べると2週間も遅い。

関東や東海、東北なども、
もうすぐ梅雨明けだ。

これだけ天候に異変があると、
前年踏襲の商売や仕事は、
予測外ればかりだ。

ジャズや芸人の「アドリブ」が求められる。
「臨機応変」な対処である。

しかし名人のアドリブは、
臨機応変であっても、
その名人らしさを持つ。

ポジショニングである。

さて、先週の大阪出張の際、
手早く、新店を巡った。

商人舎流通スーパーニュース。
実に便利なサイトだ。

阪急オアシスnews|
Kitchen&Market併設「福島ふくまる通り57店」出店 DSCN72919

5月15日(水)にオープンした78号店。
「福島ふくまる通り57店」
大阪環状線の福島駅から徒歩5分。DSCN73069
スケルトンの天井は、
阪急オアシスの専売特許となってきた。

キッチン&マーケットが併設されている。
これまた阪急オアシスの専売特許。DSCN73029

隣接する1階のホテル側出入口に、
圧巻の惣菜売場。DSCN73049

エスカレーターを登って2階が、
精肉・鮮魚、グロサリーと酒売場。
そこにバーがあって、
「グロサラント」そのもの。DSCN72958
ただしロケーションはちょっと苦しい。
阪急オアシスという会社に、
存分の仕事ができる物件を用意すれば、
凄い店をつくり続けるのだろうが。

だんだんそれが難しくなってくる。

次にダイエーnews|
地域住民&観光客狙う「イオンフードスタイル四ツ橋店」出店DSCN73189

バナーは「AEON FOOD STYLE」
(イオンフードスタイル)。DSCN733899

1階と2階の2フロアで、
こちらもエスカレーターでつながる。
売場面積は257坪。
3階から12階はビジネスホテル。

阪急オアシスと似ている。

入り口を入るとまず2階に誘導される。
そして農産部門。DSCN73229

鮮魚・精肉と続いて、
グロサリーがコンパクトに展開される。

この緑色の売場は、
明らかに中国人向け。DSCN73299

プライベートブランドも、
クォリティブランドがずらり。
インバウンド購買を狙っている。DSCN73319

1階は惣菜とベーカリー、飲料・酒。
コンビニエンスニーズに対応。DSCN73359
首都圏・関西圏、中京圏をはじめ、
都心型店舗開発が盛んだ。

2層でエスカレーター。
インバウンド消費と、
コンビニエンスニーズ。

その最たるものが、
ライフnews|
都心特化型フォーマット76坪の「Miniel西本町店」4/13出店

ライフコーポレーションのコンビニ型。
欧米ではエクスプレスストアと呼ぶ。
「Miniel西本町店」
DSCN73179

ホームセンターのコーナンの店舗の一部に入った。

これまた都心型超小型店、76坪。
簡単に言えば惣菜とグロサリーの店。DSCN73139

しかしインストアでの最後の加工もして、
コンビニよりも断然、
つくりたて感がある。
DSCN73109

冷凍食品や日配品、グロサリーは、
スーパーマーケットそのものだ。DSCN73159
ライフは中型総合スーパーと、
食料品スーパーマーケット、
そしてこのエクスプレスストア。

岩崎高治社長が、
三菱商事時代に仕事したのがイギリス。
かの地の「プリンセス」という会社の社長だった。
商事系の食品メーカーで、
もうイギリスで3番手くらいには入る。

その時にテスコの戦略を、
肌で感じるほどに学んだに違いない。

私の予測だが。

その頃はテスコの全盛期で、
テリー・リーヒーがCEOだった。

テスコエクストラ、
テスコスーパーストア、
テスコメトロ、
テスコエクスプレス。
そのうえでテスコ・ドット・コムと、
テスコ・ダイレクト。

このマルチフォーマット戦略で、
クリティカル・マスを達成し、
マーケットシェアを最高レベルまでもっていく。

ライフは明らかにこの戦略だ。

そのための必須のコマとして、
「Miniel」のフォーマットが実験された。

私はそう読む。

だからライフはネットスーパーもやるし、
Amazonのプラットフォームに出店もする。

ライフが目指すのは、
テスコであって、
ホールフーズではない。

念のために言っておこう。

店を見るのは楽しいものだ。
いつでも、どこでも。

日本の店も、もっともっと、
見ておかねばならない。

次の月刊商人舎は、
それで行きます。

乞う、ご期待。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.