結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年01月13日(水曜日)

ファミリーマート社長交代と「資本の論理・人間の論理」

緊急事態宣言。
1都3県に7府県が加えられた。

大阪府、兵庫県、京都府、
愛知県、岐阜県、栃木県、
そして福岡県。

菅義偉首相は、
福岡県を静岡県と言い間違えたらしいが。

しかしこれで合わせて11都府県。
期間は2月7日まで。

勝負事は小出しにするのが、
一番いけない。
絶対に勝てない。

COVID-19との関係も、
人間が総力で取り組む勝負だ。

そしてその勝負の分かれ目は、
こちら側にある。

つまり人間の総力にかかっている。
そこに居住する人たちすべての力が必要だ。

だからリーダーにはすべての人が、
一つになるような一挙手一投足が求められる。

菅義偉首相。
suga 1gatu13i1
今日午後7時からの記者会見でも、
目が泳いでいた。
suga1.13.2
記者の質問を聞こうとはしていない。
手元のメモのどこを読もうかと、
そればかり気にしている。

だからちぐはぐなやり取りとなった。

尾身茂コロナ対策分科会会長が、
それを取り繕って、
どっちが一国のリーダーかわからない。
尾身2
まことに残念だ。

しかしそれでも一応、
政府や自治体の政策に従って、
そこに自分の意志をもって、
私たちは粛々とコロナと向き合おう。

さて小売流通業界でも、
今日はニュースがてんこ盛り。

商人舎流通スーパーニュース。
ファミマNews|
3/1付で社長交代/細見研介伊藤忠執行役員が就任

日経新聞がスクープして、
ファミリーマートと伊藤忠が、
遅れてリリースした。

その経緯は容易に想像がつく。

新任社長の細見研介さん、
私は知らない。

日経新聞によると細見さんは、
「伊藤忠のDX改革を担うエース」で、
伊藤忠によるファミマの子会社化を推進。
TOB(株式公開買い付け)で約5800億円を投じて、
完全子会社とした。

そしてファミマは上場が廃止された。

細見さんは、
伊藤忠の岡藤正広CEOの「秘蔵っ子」らしい。

繊維カンパニー出身で「糸偏」の人、
そしてブランドマーケティングが専門。

マーケティング本部を新設したり、
システム本部の構造改革をしたり、
社長直轄で「CRO」を新設したり。

CROは「Chief Risk Officer」で、
多分、リスクマネジメントを専門に担当する。

一方の澤田貴司社長は、
代表取締役副会長に就任予定。
澤田ファミマ
澤田さんも元々は新卒で伊藤忠入社。
その後、㈱ファーストリテーリング副社長、
コンサルタントなど経験した後、
2016年9月1日に、
ファミリーマート社長に就任。

㈱ユニーとの経営統合で役割を果たした。

さて、ファミマに残るのか。

セゾングループ総帥だった故堤清二さん。
ファミリーマートも考えてみれば、
堤さんの創業だ。
004777
その著『変革の透視図』は1979年発刊。

堤さんは書いている。
「流通産業の本質は、
“資本の論理”と“人間の論理”の境界に
位置しているというところにある」

「したがって
ここまでは工業化するべきであり、
ここからは工業化してはならない、
といった2つの性格をもった産業」である。

コンビニ産業は今でも、
資本の論理と人間の論理の境界にある。
ここまではDXすべきであり、
ここからは工業化してはならない、がある。

さて、どうするか。

細見研介新社長、
お手並み拝見だ。

今日はさらに、
コングロマーチャント2社の第3四半期決算。
イオンnews
第3Qまでの営業収益0.1%増/第3Qは営業利益も過去最高

営業収益は6兆3925億円で前年比0.1%増、
営業利益は681億円で33.9%減、
経常利益も590億円で36.8%減。
四半期純損失は626億円で、
これは前年よりも562億円の減。

しかしこの第3四半期連結期間だけ見れば、
営業収益は過去最高で、
営業利益も過去最高を更新した。

第3四半期連結期間は、
スーパーマーケット事業と。
ディベロッパー事業と、
サービス・専門店事業の業績も改善。

一方、
セブン&アイnews|
第3Q営業収益14.0%減/経常12.3%減/コンビニ5.3%減

セブン&アイは、
営業収益4兆2768億円で14.0%減、
営業利益2856億円で10.5%減、
経常利益2763億円で12.3%減、
純利益1310億円で22.9%減。
減収減益。

それでも営業利益率は6.7%、
経常利益率は6.5%。

この高収益は全部、
セブン-イレブンのおかげだ。

日米のセブン‐イレブン。
その加盟店を含めた総売上高は、
8兆2662億円となるが、
前年比は8.3%減。

国内のセブン‐イレブン・ジャパンは、
営業収益5.3%減、営業利益8.3%減。
つまり減収減益。

暗雲とは言わないが、不安が残る。

セブン-イレブンももちろん、
資本の論理と人間の論理の、
その境目に立っている。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.