結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年07月26日(月曜日)

東京五輪メダルラッシュと「艱難は人間を鍛える」

Everybody! Good Monday!
[2021vol㉚]

2021年第30週。
7月最終の第5週。

中日新聞「中日春秋」と東京新聞「筆洗」。
東京五輪の開会式の日の朝刊で、
市川崑映画監督の言葉を引く。
1964年に制作された映画『東京オリンピック』

その締めくくりの言葉。

「人類は4年ごとに夢をみる」
市川監督の説明。
「大きな戦争がない場合には
オリンピックは四年ごとに
どこかの国で開催されている。
夢ではないか。理想ではないか」

その通りだ。

今は一応、平和であるということ。

「が、コロナ禍によって
前回から四年後には開かれず、
あるはずの高揚感も祝祭の雰囲気もない」

「理想に思えたものが、
次々に消えてきた」

見込んだ経済効果はもうない。
五輪外交も当初ほど期待できない。
なにより観客は「なし」

コラムは指摘する。
「大会の意義も見えなくなった」

しかし、開会式後3日を迎えて、
日本のメダルラッシュ。

それをテレビ観戦するだけで、
「意義」は見える。

こんなにすごいアスリートたち。
そのための厳しい鍛錬があっただろう。
技術の向上や闘い方において、
幾多の試行錯誤もあっただろう。
自分の競技に対するロマンもあるだろう。

それらを思うだけでも、
胸は熱くなる。
意義も見えてくる。

開会式後3日が経過して、
日本のメダルラッシュ。

スケートボード女子ストリート。
今回からの新種目。

西矢椛(もみじ)選手が金メダル。
13sai

13歳10カ月で史上最年少のゴールドメダル。
nisiya momiji 2
これまでは14歳0カ月の岩崎恭子さんだった。
1992年バルセロナの女子200メートル平泳ぎ。

各種目が若返っている。
これも悪くない。

柔道男子73キロ級では、
王者の風格も出てきた大野翔平。
決勝戦では支え釣り込み足で技あり。
ラシャ・シャフダトゥアシビリを破った。
ooono3
ジョージアのラシャは、
ロンドン五輪で66キロ以下級で金、
リオ五輪では73キロ級で銅を獲得している。

技が決まって大野は大声を上げた。oooono5

そしてしばらく天を仰いだ。
柔道男子日本勢の五輪連覇は、
斉藤仁、野村忠宏、内柴正人に次いで4人目。
oono6
三連覇は野村だけ。
それを目指すのか。

それから快挙といえるのは、
卓球の混合ダブルス。
伊藤美誠・水谷隼ペアが、
最強の中国ペアを破って金メダル。takkyuu1

フルセットの苦闘の末の勝利。
二人は抱き合って喜びを表現した。tkyuu2
対戦中も終始、笑顔だった伊藤美誠が、
とりわけ印象的だった。

そしてわが器械体操男子団体。
惜しくも銀メダルになったが、
最後の最後の橋本大輝の鉄棒で、
中国に逆転した。
器械体操1
もちろんメダルを取れなかった選手も、
鍛錬と試行錯誤を繰り返し、
常人にはできないことをやり遂げた。

オリンピックは8月8日まで続く。

始まったばかりなのに、
終わってほしくない気分が生まれる。

祭りのあとの寂しさのようなものだ。

さて今日は横浜商人舎オフィス。

昼頃、菅原徹さん、来訪。
㈱日本リテールホールディングス参与。
㈱ジョイマート業務改革推進室室長。IMG_E54511
持株会社が日本リテールホールディングスで、
事業会社がジョイマートだ。

㈱ゼンショーホールディングス傘下にあって、
スーパーマーケット5社が統合して生まれた。

菅原さんはもともとは㈱イトーヨーカ堂出身。
だから大いに話が弾んだ。

そのあと、1時半から、
上地哲誠㈱サンエー社長と、
電話で話した。
??????????
私の『コロナは時間を早める』を、
上地さん自身、熟読していて、
感動した内容を一気呵成に語ってくれた。
1tannkoubonnhyousi

著者としては、何よりうれしい。

サンエーは幹部はもとより、
店長やバイヤーも読んで勉強している。

そこでオンラインで、
講義をすることになった。

これもうれしいことだ。

頑張ります。

夏の1日は早い。
すぐに夕方がやってくる。

しかし昼間の暑さが残って、
少しだけ涼しい夏の夕。

私は大好きだ。
IMG_54581

雲に夕日が当たり始める。IMG_54601
青い空と夕焼けが映った白い雲。IMG_54571

どんどん赤が濃くなってくる。IMG_54641

そして真っ赤な夕焼け。IMG_54621

台風第8号が上陸しそうだ。
それほど大きな台風ではないが、
関東の東を北北西へ進んで、
明日の27日夜遅くから明後日28日未明、
東北地方に接近して上陸する。

東京オリンピックも、
中止する競技が出るかもしれない。

それでも世界のアスリートたちに、
台風を体験してもらうのも、
いいかもしれない。

もちろん台風被害には十分に対策を講じたい。

今週もオリンピック一色。
私は月刊商人舎8月号の執筆と入稿。

オリンピック選手たちの、
厳しい鍛錬と試行錯誤を思って、
仕事に邁進したい。

最後に私の著書から、
上地さんも好きな言葉。
「艱難は商人を鍛える」

艱難はアスリートも鍛える。
艱難は人間を鍛えるのだ。

では、みなさん、今週も、
Good Monday!

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.