結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年07月17日(土曜日)

春・梅雨・夏・秋・冬の「五季」と「厚い沈黙」で支援する「五輪」

近畿と東海地方で梅雨明け。
関東甲信よりも1日遅れた。

近畿・東海は5月16日に梅雨入りして、
7月17日に梅雨明け。
62日間で統計開始以来最長記録。

なんと2カ月以上も梅雨だった。

不思議なことに四国だけ残って、
あとの地域は梅雨が終わった。

その四国の梅雨入りは5月15日で、
まだ明けないから2カ月を完全に超える。

こうなると日本の四季は変わってくる。

はる・つゆ・なつ・あき・ふゆ。
春・梅雨・夏・秋・冬。

つまり「五季」となる。

[極端気象]であることは間違いない。
極端気象

そして新型コロナウイルス感染。
今日確認された新規感染者数は、
東京都が1410人、神奈川県も539人。
大阪府380人、埼玉県318人。
そして千葉県が244人。

全国で3886人。

1都1府3県で全国の74.4%。

重点的にこれらの地域に、
ワクチン接種はできないのか。

素人発想だが、そう思う。

作家の村上春樹さん。
ラジオ番組「村上RADIO」で発言した。
昨年末のこと。
murakamirajio-448x251
「コロナは突発的な疫病なんですけど、
グローバル化、気候の温暖化、SNSの普及、
ポピュリズムの台頭、貧富の差の拡大という
世界の全体的な潮流の一部みたいな
気がしてならないんです」

このブログでも紹介したし、
拙著『コロナは時間を早める』でも引用した。
1tannkoubonnhyousi
私は「その通りだ」と書いた。
「コロナはすべての事象に関連していて、
そのなかで突出した人類の弱みに、
つけ込んできた」

「旧約聖書の”バベルの塔”のごとき
パラドックスをはらんでいる」
61ir7Wd6RML._SX381_BO1,204,203,200_

異常変化の梅雨とその後の酷暑。
世界中の極端気象。
そしてCOVID-19パンデミック。

何か大きな力が働いて、
人間の自己過信や奢り・高ぶりを、
抑え込もうとしている。

そう考えるのは、
あまりに運命論者的であるか。
文学者的過ぎるか。

近代オリンピックも、
人間の自己過信や奢り・高ぶりを、
実は内包してきてしていると思う。

ピエール・ド・クーベルタンによって提唱され、
1896年にアテネで第1回が開催された。
8競技43種目で14カ国・地域の参加。
男子だけの大会だった。

基本はアマチュアリズム。
目的は古代ギリシャの平和の祭典の復興。

しかし、二度の世界大戦でそれぞれ中断され、
1972年のミュンヘンオリンピックでは、
「黒い九月」によるテロ事件が起こった。

1980年のモスクワ五輪には、
ソ連のアフガン侵攻に西側諸国が、
参加ををボイコットした。

政治によってオリンピックは、
その本質をゆがめられた。

次に、やってきたのは利益主義である。
1984年のロサンゼルス五輪で、
ピーター・ユベロス大会組織委員長が、
完全なショービジネス化を成し遂げて、
2億1500万ドルの利益を生んだ。

それ以来、五輪=儲けの構造が出来上がり、
「商業主義」が追求された。

こんなところで「商業」と言う言葉は、
使ってもらいたくはないが。

さらに1974年、ウィーンでのIOC総会で、
憲法ともいえるオリンピック憲章から、
アマチュア条項が削除された。

プロ選手の参加は、
各競技の国際競技連盟に任されている。

だから例えばサッカーでは、
男子で出場できるのは24歳以下の選手で、
特別に3人のオーバーエイジ枠がある。
一方、女子には年齢制限がない。

バスケットボールは、
国籍以外の制約条件はない。
だから1992年のバルセロナ五輪では、
米国NBA選手の「ドリームチーム」が結成され、
マイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソンが参加した。

アマチュアリズムはもう存在しない。
それでも「平和の祭典」の意義だけは、
まだまだ燦然と輝き続けている。

そしてコロナ禍の五輪が、
どこまで平和の祭典であり続けられるか。

それは変異株の感染拡大や、
巨大なクラスター発生が、
防御されることだ。

それを祈りたい。

朝日新聞「折々のことば」
一昨日の第2084回。

優しくしすぎない。
同情しすぎない。
気休めを言わない。
(村上信夫『嬉しいことばが自分を変える』から)
0af4f52d7f10d2582a274e1401567e6e_f54

「相手が
“自分自身で自分を助ける力を引っ張り出す”
まで、余計な励ましなどせずに
傍らでじっと待つこと」

「人を支えるというのは
そういう厚い沈黙のこと」

NHKの元エグゼクティブアナウンサー。
2012年9月に商人舎オフィスに来てくださった。
村上信夫
「”相手の絶望に完全に寄り添うのは難しい”
と思い知る人から、
“お気持ちはわかります”といった
生半可な言葉など出てくるはずはない」

さあ、平和のためのオリンピック。
アスリートたちを応援する。

本人が成果を出しても出せなくても、
優しくしすぎない。
同情しすぎない。
気休めを言わない。

コロナ下のオリンピックだ。

厚い沈黙によって、
とくに敗者たちを支えたい。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.