結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2009年09月29日(火曜日)

自民党に求められる根本的考え方のチェンジと万代ドライデイリー会のChange

自由民主党第24代総裁に谷垣禎一氏。  
有効投票数498のうち、300を押さえて、当選。
しかし、何と世間の扱いの小さきことよ。

自民党にこそ、Changeが求められていることは、
さんざん言われてきたが、
気弱な派閥の長である谷垣氏自身の総裁就任が、
Changeを感じさせないという自己矛盾を内包する。

基本的な考え方として、現在の民主党は、
鳩山由紀夫氏が先祖がえりのように唱えた政党。
そこに自由党を表明した小沢一郎氏が合流して、
自由民主党ではなく、民主党となった。

さらに旧社会党系、旧自民党系の議員が集合し、
そこにプロパーとも言える新しい議員が加わり、
現在の大所帯の民主党が出来上がっている。

とすると、自民党自体が、
完全に民主党に飲み込まれていることになる。

欧米流を模倣すると、
アメリカでは民主党Democratic Partyに対して、
共和党Republican Party。
イギリスでは、労働党Labour Partyと、
保守党Conservative Party。

対極をなす必要がある。

これらはわかりやすく、
「貧乏派」と「金持ち派」。  
別の切り口ならば、
「個人派」と「法人派」  

日本の今の自民党は、
この根本的な考え方を鮮明にするところから始めるべき。

しかし貧乏派・金持ち派、個人派・法人派は、
20世紀的・階級的な考え方。

もっと21世紀的な発想が、あってよろしい。
そのあたりの考え方がいちばん、求められるもの。

「地方分権」か「中央集権」か。
「個」か「全体」か。  

これらは、例えば企業や組織の考え方にも通ずる。
チェーンストアの組織作りにも、
分権派と集権派がある。
個店主義と本部主導主義がある。

自民党が、目先の政策やマニフェストで、
差異性を出すことは、いまや、
量の勝負で民主党にかなわない。

さて自民党にそれが可能かどうか。
自民党が、新しくて面白い局面に入ってきたことは、
確かなのだが。

昨日は、大阪・堺リーガロイヤルホテルへ。
1

万代ドライデイリー会。
そのアメリカ勉強会報告会講演。
2

私は、2時間のところ、
2時間20分ほど語りまくった。
3

最初は、ゆっくりと、丁寧に。
4

途中は、スライド200枚ほどを使って。
脱線も多く…。

スライド説明で時間をとられ、
最後は、超ハイペースで。
5
しかし、「自ら、変われ」
「Can you change?」の、
結論には何とかたどり着いた。

アメリカ小売業、アメリカ消費産業について語ると、
いくら時間があっても足りない。

しかし、終わりよければすべてよし。
6
ご清聴と盛大な拍手、心より感謝。

講演会の後は、分科会。
ドライグロサリー、デイリー、
それにデリと住関連。

ドライグロサリーの分科会では、
アメリカ勉強会参加者のグループ別報告が行われた。

どのチームにもするどい観察と深い考察があった。
聴いていて、私は、本当にうれしかった。

続いて懇親会。
加藤徹㈱万代社長と並んで、懇親会に臨む。
p1

ドライデイリー会会長の今津龍三さんのごあいさつ。
p2

還暦を迎える加藤さんに、花束贈呈。
p3
「先週は、ユニオンの皆さんに還暦を祝っていただいた。
それがとてもうれしかった」
加藤さんらしい。

その後、食事と懇親。
そしてアメリカ勉強会参加グループごとのスピーチ。

まず、チームとんかつ。
p4

次に、チーム・プロペラ。
p5

そして、チーム・シロタク。
p6
シロタクは最後に、リーダーの胴上げ。

住関連、デイリー、デリ・グループ。
p7
万代ドライデイリー会副会長の坂本修三さん。

最後に「オジン・チーム」。
オジンと呼ばれつつも、
さすがに立派な調査と分析と報告がなされた。
p8

そして、締めは、今回のアメリカ勉強会リーダー。
万代執行役の磯田雅人さん。
p9
磯田さん、こういったまとめが、
とてもうまい。
玄人が舌を巻く。
磯田さんの挨拶で締まった。

私は、とにかくうれしかった。

現地でアメリカ流通業の解説をしていて、
さらに帰国してからも勉強の成果を報告し合う。

これこそ、あるべき形。
これこそ、一人ひとりの成長を促す勉強会。

皆さん、ありがとうございました。

Did you change?
Yes, we did.  

Were you able to change?
Yes, we were.  

そうです、これがイノベーションなのです。

<結城義晴>  


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 第17回
    2020年7月7日(火)~7月9日(木)
  • 第18回
    2020年9月8日(火)~9月10日(木)

詳細は決まり次第、ご案内いたします

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.