結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年08月31日(火曜日)

二百十日の関西スーパーの「商人の本籍地と現住所」

立春から数えて210日目。
それが8月最後の今日、
二百十日。
「にひゃくとおか」

1985年から2020年までは、
平年なら9月1日が二百十日、
閏年なら8月31日が二百十日だった。

今年は8月31日。

台風来週の「特異日」とされるが、
実際に台風が来ることは少ない。

[極端気象]の今だから、
何が起こるかわからない。

商人舎流通スーパーニュース。
関西スーパーnews|
H2O傘下となってイズミヤ・阪急オアシスを子会社化

㈱関西スーパーマーケットが、
H2Oリテイリング㈱の子会社となる。
阪急と阪神が経営統合した、
エイチ・ツー・オーリテイリング。
IMG_40131

話はこの夏に急展開した。

関西スーパーは2016年10月27日に、
H2Oと資本業務提携契約を結び、
H2Oが筆頭株主となっていた。

その持株比率は10.65%である。

二番目の大株主は、
関西スーパー取引先持株会で9.19%。

そしてオーケー㈱の7.69%。

今回はこの筆頭株主のH2Oが、
100%子会社のイズミヤ㈱、㈱阪急オアシスと、
関西スーパーとの株式交換によって、
58.00%を保有し、完全子会社とする。

関西スーパーは12月に、
会社分割によって中間持株会社となる。
そのまえの9月中旬に、
100%子会社の分割準備会社を設立する。
この分割準備会社が、
現在の関西スーパーの事業を継承する。
IMG_40031

そのうえで、
持株会社は分割準備会社と、
イズミヤ、阪急オアシスを統合して、
3社の親会社となる。

関西スーパーの名前は残るし、
業容は単純計算で年商3727億円となり、
関西トップクラスのスーパーマーケットとなる。

現在の年商はそれぞれ、
関西スーパー1289億円、
イズミヤ1330億円、
阪急オアシス1107億円。

しかし関西スーパーは、
H2Oの完全子会社となる。

厳しい言い方だが、
関西スーパーが「名」を残し、
H2Oが「実」を取った形だ。

ただし、今日、
関西スーパーの株価は一時、
ストップ高となった。

関西スーパーの福谷耕治現社長。
よく頑張ったと思う。

玉村隆司会長も、
中西淳常務取締役も、
柄谷康夫常務取締役も、
よく会社に貢献した。

彼らは12月1日付で辞任する予定だ。
その後も準備会社の執行役などを務める。

【結城義晴の述懐】
202003_yuzawa_04
いつものように書いた。

あの関西スーパーが、
阪急百貨店と阪神百貨店の統合会社の
完全子会社となる。

感慨深い。

H2O子会社の阪急オアシスには、
すでにニッショーストアが吸収されていて、
かつてAJS加盟企業のリーダーだった、
トップ2社も今回、経営統合することになる。
それにイズミヤまでが統合される。

時代は進む。
「コロナは時間を早める」
??????????????????????????????????????????????????????????????????????

H2Oは7月下旬に、
㈱万代と資本の伴わない、
包括的業務提携をしている。

「オール関西はH2Oが牽引する」
そんな構想だろうか。

その万代は年商3676億円で、
㈱ライフコーポレーションは、
近畿圏の年商3758億円。

このライフ、万代と、
H2O傘下の関西スーパーの持株会社が、
ほぼ同じスケールで拮抗する。

関西スーパーの役職員諸君に贈ろう。
「商人の本籍地と現住所」という言葉を。

北野祐次・水谷久三イズムは、
永遠に本籍地として輝き続ける。
DSCN0295-1_01
その本籍地の輝きを失わず、
新しい現住所でさらに、
光らせてほしいものだ。

再び、コロナは時間を早める。

私たちはその早まる時間の中で、
生き抜いていかねばならない。

今日の朝日新聞「折々のことば」
第2131回。

理解すべきは、
このシステムは
悪人が悪意をもって
動かしているのではなく、
普通の人たちが
動かしているということです。
(英国の映画監督ケン・ローチ)

映画監督・是枝裕和との共著、
『家族と社会が壊れるとき』から。
ケンローチ

ローチ監督がここでいうのは、
「資本主義経済のシステム」のこと。

資本主義経済は、
「”不平等”を本質的に内在させ、
拡大してゆく」

ほったらかしにしておくと、
資本主義経済は不平等を増幅させる。

「経済格差とは別に、
他者の差別や排除も同じく、
“普通の人”の秩序感覚に
深く内在している」

そう、”普通の人”の秩序感覚が、
その格差や差別や排除を生み出す。

「その事実を見誤れば、
不幸を遠ざけることは
ついにできない」

この事実を見誤ることなく、
受け止めよう。

そうしなければ、
幸せは遠退(の)くばかり。

しかしこの事実を、
真摯に、正確に、受け止めれば、
どんな苦境のなかからも、
喜びと幸せと希望が見出される。

頑張れ。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.