結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年08月09日(木曜日)

日本スーパーマーケット第1四半期決算の「三者三様」と「因果応報」

台風一過。横浜の空。IMG_6033.jpg8

みなとみらい。
ランドマークタワー。
IMG_6032.jpg8

そして帆船日本丸。
IMG_6031.jpg8

さて商業界流通スーパーニュース。
いなげやnews|
第1四半期営業損失4億円/営業収益621億円で2.4%減

(株)いなげやの第1四半期。
日本中のスーパーマーケットが、
4月・5月の深刻な客数減に悩まされた。

いなげやがその典型。

営業収益は前年同期比2.4%減で、
売上総利益は0.2%減、販管費は3.3%増。
結果、営業損失4億1200万円、
経常損失3億4000万円。

だがこの第1四半期に増収増益の企業もある。

関西スーパーnews|
第1Q営業収益304億円0.5%・経常利益2.4%の増収増益

(株)関西スーパーマーケットは、
前年同期比で営業収益0.5%増、
営業利益0.9%増、経常利益2.4%増。

苦しい状況のなか、よく頑張った。

ただし、営業利益率は0.9%、
経常利益率1.3%。
まだまだです。

バローnews|
営業収益1381億円2.6%増もSM既存店1.3%減響き減益

(株)バローホールディングスは、
同じく営業収益2.6%増、
営業利益2.3%減、経常利益2.2%増。

ただしスーパーマーケット業態は、
1.0%増収、2.8%減益。

ドラッグストア業態は、
7.8%増収、4.0%増益。

ホームセンター業態は、
0.3%減収、8.0%増益。

営業利益率2.9%、経常利益率3.2%。

一昨日のこのブログで書いたが、
アクシアルnews|
第1Q売上高571億円1.2%増/既存店客単価1.7%増

1.2%増収、2.3%営業減益、
1.4%経常減益。
つまりバローと同様に増収減益。

厳しい消費環境の中で、
客数増と販管費削減に努めた結果だ。

営業利益率3.6%、経常利益率3.7%と、
水準は堅持している。

4月・5月のひどく厳しい時期があったが、
上場スーパーマーケットの四半期決算は、
今日まで発表されている限り三者三様。

ただし非上場企業に関しては、
多くがいなげやレベルだったはず。
良くてもアクシアルやバローだった。

厳しい環境のときには、
自分の顧客に奉仕して、
客数増を最大の目標にする。
そして無駄な経費の削減に邁進する。

ピーター・ドラッカー先生が、
事業の定義をしている。
それは3つの要件からなる。
第一は、組織を取り巻く環境である。
第二は、組織の使命すなわち目的である。
第三は、使命を達成するために必要な、
強みについての前提である。

いつでもこの3要件を意識する。
苦しい時には特に、この3要件に戻る。

第1にわが社を取り巻く環境、
第2にわが社特有の使命、
第3にその使命を達成する強み。

いま、そのときだ。

最後に台風の中の妙蓮寺。
IMG_6030.jpg8

その門前の言葉。
IMG_6028.jpg8
打つ者は打たれる。
拝む者は拝まれる。
これが因果応報というものだ。

1902年、アメリカで、
JCペニーが創業した。

その店の看板には、
「ゴールデンルール」と書かれていた。
新約聖書マタイ福音書7章12節。

「さらば、すべて
人にせられんと
思うことは、

人にもまた
そのごとくせよ」

JCペニーはその後、
勢いよく成長を続けて、
シアーズ・ローバックに次ぐ、
非食品小売業第2位の企業となった。

打つ者は打たれる。
拝む者は拝まれる。

厳しい時にはこれだ。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.