結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年01月03日(木曜日)

初売りの「ネタばれ福袋」と夏井いつきの「添削」

1月3日。
三が日は年賀状。
2019年-年賀状_決定版

今日午後6時10分、
熊本県熊本地方を震源とする地震。
最大震度6弱、マグニチュードは5.0、
震源の深さは約10キロ。

佐賀県や長崎県、大分県、宮崎県でも、
震度3を観測した。

正月早々、地震列島に地震。
お見舞いしたい。

今年もまた、
最悪を覚悟して、
最善を尽くす。

さて、
2019年の初売り。
平成最後の初売り。

百貨店や総合スーパーは、
「おおむね活況」で「前年並み以上」

日経新聞が取材して報じた。

1日から営業開始した、
イオンリテール。
全国400店の売上高は前年比10%弱。
肌着や子ども向け商品、化粧品の福袋。
家電の5万円、10万円均一セールは、
昨年の2倍の売れ行き。

ワインの販売額も、
昨年比で10%弱の増加。

トイレや風呂などの「リフォーム袋」は、
10万~70万円の価格帯だが好調。

当然ながら、「消費増税を先取り」需要だ。

イオンは続けて「リフォーム祭」を開催。
20181221-formfestival-title

イトーヨーカ堂も、
元旦から営業。
しかし売上げは前年並み。
衣料品が伸び悩んだが、
鮮魚と精肉が約20%増。

百貨店の多くが、昨日の2日に初売り。
ほとんどが前年並みの売上げ。

三越日本橋本店の売上高は、
目標を2桁上回り、
前年実績も超えた。
高島屋も東京・大阪の主要5店舗で、
前年並みを確保した。

高島屋日本橋店には、
午前10時の開店前に5200人が並んだ。
昨年を1000人上回った。

松屋銀座店も2日、
2019円の福袋150袋が、
約30分で売り切れた。
ただ、全体的な単価はやや下がった。

阪急うめだ本店も、
2日の開店前に、
7500人が列をつくった。

池袋西武百貨店は元旦に、
約40万人が詰め掛けた。
福袋は15万個準備された。
前年比2%増は他の百貨店が、
元旦休業だったからか。

そごう・西武では、
元日初売りが毎年最も売上げが多い。

顧客が福袋を目当てにする店舗は、
元旦や2日から営業開始。

そうでない企業は3日や4日から。
それぞれでいいと思う。

朝日新聞「天声人語」

「中身は買ってのお楽しみ。
それが福袋かと思っていたが、
近頃はどうも趣が違う」

「衣類でも雑貨でも、
内容が表示されたものが目立つ。
「透明のビニール製の福袋もあった」

「わくわく感は減りつつあるか」

素直な疑問だ。

中国新聞巻頭コラムの「天風録」
お題は「ネタばれ福袋」

「”中身は開けてのお楽しみ”は今や昔。
のぞけたりふくろが透けて見えたりして、
買う前に確かめられるのが
当たり前になった」

「今どき、客の背中を押すのは、
お買い得感なのだろう。
ちょっと味気ないようにも思える」

大抵の福袋や福箱は、
お買い得になるようセットされている。
それでももっともっとお買い得が欲しい。
顧客の心理はそうなる。

ドキドキ感をさらに失わせるものがある。
それはネット上の「ネタばれ」情報。

「閲覧回数を競うユーザーが
人気の福袋の中身を知らせ、
前年と比べてお得かどうかを
値踏みしている」

コラムニスト。
「お得かどうかだけが
福袋の値打ちとは限るまい。
持ち帰り、家族や友人と
一緒に開けてみる」

「普段なら目に留めぬ品に
巡り合うこともあるだろう。
それがまた、お正月の思い出や
笑い話の種になる。
そんな福もいい」

私自身はと問われれば、
申し訳ないけれど、
福袋も宝くじも買ったことがない。

おいしいものは大好きだし、
宝探し的な買物も、
嫌いではないけれど。

宝探しと福袋は全然違うと思う。
人それぞれではあるが。

福袋商戦は、
企業や店のロイヤルティや、
商品のサプライズ感が高まらない限り、
少しずつ衰微していくのだろう。

しかしネットによる福袋は、
そのサプライズ性にも工夫が効く。

最後に俳人の夏井いつきさん。
世界文化社刊『超カンタン俳句塾』より。
夏井いつき

しかもりさんという小売業の俳人。
初商い声掛けねばと福袋

夏井さんがアマチュアの句を添削する。
声張って売る福袋三百個

元気が出てくる。
よろしい。

今日のTBSテレビ特番「プレバト!!」
purebato9
お題は「結露」で、
この番組の「名人」梅沢富美男が一句。

万華鏡
めける結露や
初明かり

ん~、名人ながら5位。
そこで夏井さんの添削。

万華鏡めく
結露の初明かり

素晴らしい。

夏井いつきさんを見ていると、
いつも思う。

先生も教授も師匠も、
編集者もコンサルタントも、
それぞれの専門分野で、
あの「添削」ができなければならぬ。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2019年5月7日(火)~5月13日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベガス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年6月4日(火)~6月6日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.