結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年01月26日(土曜日)

大坂なおみ/全豪オープン優勝と「ぎらりと光るダイヤのような日」

大坂なおみ。

テニス4大トーナメントの全豪オープン。
女子シングルスで優勝。IMG_17659
おめでとう。

感動した。

オーストラリアのメルボルン。
ロッド・レーバー・アリーナ。

懐かしい。
レーバーとローズウォール。
オーストラリアの両雄だった。

大坂はこの大会の第4シード。
世界ランキングは4位まで上がってきた。
21歳。

決勝の相手はペトラ・クビトバ。
ウィンブルドンで2度の優勝を飾っている。
今大会は第8シード。
チェコの28歳。

第1セットはタイブレークを制して、
大坂が先取した。

第2セットは、
このポイントを獲れば優勝という、
チャンピオンシップポイントを握った。
しかしクビドバの気力の粘りで、
第9ゲームから4ゲーム連続で取られ、
逆転された。

しかし、最終セットは大坂が、
気持ちを取り戻して、
ゲーム5対4の第10ゲーム。
それもフォーティ・ラブ。
IMG_176199

大坂のサービス。
IMG_17629

ダイナミズムにあふれている。
IMG_17639

第3セットは落ち着いて、
しっかりゲームを決めた。

表彰式も感動的だった。DSCN72949

大きな銀のトロフィー。DSCN72869

準優勝のクビトバは大きな銀杯。 DSCN73019

2016年、クビドバは、
オリンピックで銅メダル。
しかし12月20日に、
自宅に不法侵入した強盗に襲撃され、
利き手の左手に重傷を負った。

その左手の神経修復手術を受けて、
見事復帰。

このゲームでも復帰した精神力を発揮。
素晴らしい決勝戦となった。DSCN72839

大坂なおみは昨年8月、
全米オープンでグランドスラム初優勝。
そしてこの全豪オープン優勝で、
世界ランキング第1位。
DSCN72939

ハイチ系アメリカ人の父と日本人の母。
法的には日米二重国籍だが、
所属は日本テニス協会。

日本、アメリカ、ハイチ。
なおみは、3つの国を、
代表している自分を誇りにしている。
すばらしい。
DSCN73059
21世紀の日本人の在り方の一つだ。

それがさらに共感を呼ぶのだと思う。

レーバー・アリーナは開閉式のコートだ。
準決勝はコートの屋根が閉まっていた。
今、夏の南半球は酷暑だ。

なおみのコメントがいい。
「暑いのが好きなのに残念。
屋根が開いていると、
私が輝く日だと思えるから」

その大坂なおみに、
茨木のり子の詩を捧げよう。
51xEM42PuaL._SX346_BO1,204,203,200_

最近凝っていて、
いつも読んでいる。
41NYjuXO5VL._SX348_BO1,204,203,200_
ぎらりと光るダイヤのような日

短い生涯
とてもとても短い生涯
六十年か七十年の

お百姓はどれだけの田植えをするのだろう
コックはパイをどれくらい焼くのだろう
教師は同じことをどれくらいしゃべるのだろう

子供達は地球の住人になるために
文法や算数や魚の生態なんかを
しこたまつめこまれる

それから品種の改良や
りふじんな権力との闘いや
不正な裁判の攻撃や
泣きたいような雑用や
ばかな戦争の後始末をして
研究や精進や結婚などがあって
小さな赤ん坊が生まれたりすると
考えたりもっと違った自分になりたい
欲望などはもはや贅沢品になってしまう

世界に別れを告げる日に
ひとは一生をふりかえって
じぶんが本当に生きた日が
あまりにも少なかったことに驚くであろう

指折り数えるほどしかない
その日々の中の一つには
恋人との最初の一瞥の
するどい閃光などもまじっているだろう。

<本当に生きた日>は人によって
たしかに違う
ぎらりと光るダイヤのような日は
銃殺の朝であったり
アトリエの夜であったり
果樹園のまひるであったり
未明のスクラムであったりするのだ
〈『見えない配達夫』より〉

なおみはどれくらい球を追うのだろう
どれくらいラケットをふるのだろう
なおみはどれくらい球を打つのだろう

なおみのぎらりと光るダイヤのような日は
センターコートの勝利のときである。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2019年5月7日(火)~5月13日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベガス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年6月4日(火)~6月6日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.