結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年12月31日(金曜日)

月刊商人舎による2021年の振り返りと「毎日更新終了宣言」

2021年大晦日。

横浜には昼頃、
雪がちらついた。

1年間、
このブログに来てくださって、
心から感謝します。

ありがとうございました。

1年間を振り返ると、
月刊商人舎を12回発刊しました。

発行人として一番印象に残ったのは、
どれかと問われれば、難しい。

3月号のRetail「DX」は、
時代を捉えたでしょうか。
202103_coverpage-448x633

統計学者の西内啓さんは、
㈱データビークル代表ですが、
その西内さんと見解が一致した。
私のほうが少し早かったと思う。

DXに関しては、
エリック・ストルターマン教授の原文に、
目を通したほうがいい。
スウェーデンのウメオ大学教授。

商人舎でそれを主張した。

ストルターマン教授は、
「これからの企業は
DXを進めないとダメだ!」
「DXを進めることで
企業はうまくいくのだ!」とは、
言っていない。

“デジタル技術自体ではなく
デジタル技術によって
人間の生活をより良くするほうに、
注目しよう”と主張している。

1月号は「キャズムを凌ぐ」
コロナ禍の断絶的な溝を、
「キャズム」と表現して、
そのキャズム期間とポストコロナとを、
区分した考え方を提示した。202101_coverpage
この号でツルヤ群馬前橋の陣を取材した。

4月号では、
結城義晴「定義集」を特集した。
用語事典や単語集ではない。
定義集でなければいけない。
その定義からみんなが、
自分で考えるようになってほしい。
そんな意図があった。202104_coverpage-448x632
流通定義集は、
結城義晴のライフワークとなります。

5月号は、
小売業のXformation。
根本的な改革。
イオンとイトーヨーカ堂と西友を取り上げた。202105_cover

6月号は「競争は商人を鍛える」
つくばの陣のベニマルvsロピア。
大髙善興さんの言葉「自分の歌を歌え」を、
Messageに書いた。202106_coverpage-448x632

7月号は、
コロナは出店を遅らせたか?
コロナ禍の出店資料を総整理した。202107_coverpage-448x633

10月号は、
[実践]コロナ禍二度目の年末年始商戦。
この号の主張は、
「コロナ禍は固定客化を早めた」
202110_coverpage-448x631

そして10月号は、
客層は広げるか?絞るか??

この号でマーケティングにおける、
「エクスパンディング」と言う概念を提示した。
これは次の次の単行本のテーマの一つだ。商人舎2021-11月号表紙
私も少しだけマーケティングに、
貢献できるかもしれない。

そして12月号は、
Progressive Presentation。
この号が一番売れた。商人舎2021-12

9月号は例年通り、
「コロナ禍2年目のUS小売業」月刊商人舎9月号表紙
この号の特別企画は、
ヤオコー「Foocot」の正体。
時評は「コロナは経営統合を早める!!」

8月号は、
「現場ロスの処方箋」
フードロスと現場ロスに焦点を当てた。202108_coverpage-448x631

最後に2月号は、
キャズムと破壊的創造。
202102_coverpage-448x635
ブレイクスルー思考法を丁寧に書いて、
それを単行本にも転用した。
『コロナは時間を早める』
1tannkoubonnhyousi
それからこの号のMessage of February。
あすへの希望

新型コロナのおでましだ。
新型コロナのおとおりだ。
そうして一年、すぎました。
そうして一年、ゆきました。

ちいさな喜び、つくります。
ささやかな幸せ、ご提供。
あすへの希望、つむぎます。
そうして一年、ゆきました。

雨が、あがって、風が吹く。
雲が、流れる、月かくす。
そうして一年、すぎました。
そうして一年、ゆきました。

ちいさな喜び、つくります。
ささやかな幸せ、ご提供。
あすへの希望、つむぎます。
そうして今日が、おわります。

それが私のしごとです。
それが私のやくめです。
そうして今日が、はじまって、
そうして今日が、おわります。

新型コロナの行く手には、
まだまだ、深い、ため息が、
なんだかはるかな、幻想が、
湧くけど、それは、つかめない。

だれにも、それは、語れない
ことだけれども、それこそが、
いのちだろうぢゃないですか。
けれども、それは、示(あ)かせない……

新型コロナのおでましだ。
新型コロナのおとおりだ。
そうして一年、ゆきました。
そうして一年、すぎました。

ちいさな喜び、つくります。
ささやかな幸せ、ご提供。
あすへの希望、つむぎます。
そうして今日も、おわります。
??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????
1年間の商人舎特集テーマを振り返ると、
2021年と言う年がくっきりと出ている。
それが月刊雑誌の役目でもある。

そして私が、
自分で気に入った号をあえて選べば、
これでしょうか。
IMG_E99001
新型コロナのお出ましだ。
新型コロナのお通りだ。
そうして今日が、はじまって、
そうして今日が、おわります。

朝に希望、
昼に努力、
夕に感謝。

いつもこの心持ちでいたいものです。

では、結城義晴のブログ[毎日更新宣言]。
ご愛読を感謝しつつ、
終了を宣言します。

ありがとうございました。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.